東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

辛さよりもサッパリ感の方が強い冷やし担々麺

 基本的に私は、同じお店に立て続けに行ったりしないようにしている。でも、そうは言っても気になるメニューを出していたりすると、ついフラフラッと入ってしまうんだよね。

 先日も久米川駅北口のラーメン店「まいど」の前を通った時のこと。
「ここはこの間、ランチセットを紹介したばかりだから、取材は当分控えないとなぁ」と思いながら歩いていると、いつものメニューの看板の横に、小さな置き看板があるではないか。

何やら小さい置き看板が…

 へぇ、ランチセットをここで紹介することにしたのか……と、そのまま過ぎ去ろうとした時、その置き看板の下の方の文字がチラッと目の端に入り、「ん?」と思い直して再び近づいて、よく見てみると……。

新作だって!?

「新作!」だって!? ナニナニ……。

*カレーつけ麺(850円)
*冷やし担々麺(750円)


 うーん、どっちも魅力的じゃないの(笑)。困るなぁ、こういうモノを出されるとさ。食べたくなっちゃうじゃない(笑)。

 ということで、入ってしまった私。注文したのは「冷やし担々麺」。

冷やし担々麺

 これが「冷やし担々麺」。挽き肉が乗っていて、ビジュアルはまさに担々麺なんだけど、辛さを示す赤色が何となく足りない感じ。

底の方に汁がある

 麺の下にあるスープを見ても、それほど辛そうには見えない。実際、これだけを飲んでみると、辛いというよりむしろ酸味の方が強い。ゴマの甘さが加わって、甘酸っぱい感じ。

麺のアップ

 ガーッと底のほうから麺を引っ張り出すような感じで、底にあるスープを麺にシッカリと絡めてズズズッ……ん?
 もう一度、ズッ、ズズズッ……ああ、なるほどなぁ。


「冷やし担々麺」というイメージで食べると、どうしても辛さを求めてしまうから、何となく物足りなく感じるんだけど、「ゴマだれ冷やし中華」と思えば、これほどサッパリして旨いモノはないと思う。
 本当なら「辛さが足りない」ということでラー油をブッかけるべきなのかもしれないが、私はこの酸味からくるサッパリ感を壊したくないから、ユズ酢を投入。さらにサッパリ感が増して、旨い、旨い。
 辛いモノを期待するとガッカリするかもしれないけど、「冷やし中華」と思って食べれば、これは暑い時期にピッタリのメニューだと思うなぁ。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-4-3
営業時間:午前11時~午後11時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2011/05/23 21:37 ] 【閉店したお店】 まいど(栄町) | TB(-) | CM(0)

満腹必死!ラーメン店のランチ

 久米川駅北口のラーメン店「まいど」の前を何気なく通った時のこと。お店の前には、いつものように写真入りのメニュー看板が置いてあったのだが、その上の方に何やら黄色い小さな張り紙があるのに気づいた私。看板に近づいてみると……。

こんな張り紙を発見

 エッ、ランチセット? いつの間にそんなモノを始めたの? しかも「塩中華そば」って何よ? 「四川風肉味噌ごはん」も気になるなぁ……ということで、ハイ、お店に吸い込まれてしまいました(笑)。

 店員さんに「大盛りにできますけど」と聞かれ、貧乏性の私はつい「お願いします」と答えてしまった。うーん、もう若くないのだから、考えないとね。

ランチセット

 しばらくして、「お待たせしました」とカウンター越しに手渡されたのが、こちら。見るからに「やっちまったなぁ」感が漂う。かなりのボリュームだ。

塩中華そばの大盛り

 これが「塩中華そば」。チャーシュー、ナルト、メンマに囲まれて、真ん中にタマネギのみじん切りが入っている。その上に焦がしネギと青ネギ、そして白ゴマが散らされている。

スープは透き通っている

 スープが透き通っていてキレイ。ひと口飲むと……おおっ、煮干が効いてるなぁ。でも以前に食べた醤油味の「中華そば」よりは煮干が控えめに感じる。

麺のアップ

 麺は中太で、ツルツル&シコシコの食感がいい。ただ、スープのインパクトが足りないのか、そのままだと何となく味に飽きが来てしまう。私は味に変化をつけるために、途中でブラックペッパーを入れてしまった。

四川風肉味噌ごはん

 麺を食べ終えたら、今度は「四川風肉味噌ごはん」。具が少ないなぁと最初は思ったけど、意外とラー油が効いていて、そのまま一気に食べることができた。
 残った「塩中華そば」のスープを全部飲み干して完食。いやあ、満腹、満腹。このボリュームはガッツリ君にオススメだね。
 張り紙には「本日のランチセット」と書いてあったから、日替りでメニューが変わるのだろうか? しばらくチェックしてみよう。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-4-3
営業時間:午前11時~午後11時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2011/05/06 22:21 ] 【閉店したお店】 まいど(栄町) | TB(-) | CM(0)

“三味一体”のバランスのいいつけ麺

 地元ブログ「人間のクズ!」の記事を参考に、久米川駅南口のラーメン店「麺屋 清琉」辛い「濃厚つけ麺」を食べたのだが、その時に「人間のクズ!」ぽ子さんから、こんなコメントをもらった。

辛つけがあると、2度楽しめますね^^
次は駅前の方かな??(笑)


「駅前の方」とは、おそらく久米川駅北口のラーメン店「まいど」のことだろう。そう言えば、「辛つけ麺」というメニューがあったような気がする。
 ぽ子さんの評価はどうだったんだろう?と思い、記事を探してみると……あるには、あったけど、何、この記事。4軒ハシゴしたあとに入って食べたらしく、ほとんど念写状態。おいおい(笑)。当然ながら舌の記憶はなく、評価はナシ。

 うーん、全くの情報ナシで食べるのは不安だけど、行ってみますかね。
 ということで、私は「まいど」に行き、「辛つけ麺 中盛」(850円)を注文した。

辛つけ麺の中盛

 これが「辛つけ麺 中盛」。麺はあつもりでお願いしたから、湯気が立っている。

極太の麺はまるでうどん?

「中華そば」の方は太い平打ちの縮れ麺に変わっていたけど、つけ麺の方は以前と変わらない極太麺。アップで見ると、うどんのようにも見える。

つけ汁はそれほど赤くない

 意外なことに、つけ汁はそれほど赤くない。というか、全然赤くなくて辛そうに見えない。
 レンゲでひと口飲んでみると……おっ、後から結構、辛さがくるねぇ。でもコレ、どうして辛いの?

よく見ると鷹の爪が入っている

 すくったレンゲをよく見ると、鷹の爪が見える。辛さの元はどうやらコレらしい。
 早速、麺をつけ汁にザブンと付けて、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 辛いのが大好きという人には物足りないと思うかもしれないけど、極太麺がうま~く辛さを弱めて、このスープの魚系の味と豚骨系の味を引き出している感じ。辛味と魚味、豚味がバランスよく一体になって旨いんだよね。
 途中でつけ汁にユズ酢をひと回し入れると、さらに味がマイルドになり、私好みの旨さになった。

スープ割りで〆

 麺を食べ終えたら、スープ割りをしてもらって、グビグビ。スープ割りをすることで辛さが弱まるのだが、一番最初に飲んだ時のように辛さが最後まで残ることがなく、3つの味が均等に口の中に残る。いやあ、これは旨かったなぁ。
 辛いモノが大好きなぽ子さんには物足りないと思うけど、一度、シラフの時に食べてみて。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-4-3
営業時間:午前11時~午後11時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2011/02/20 02:42 ] 【閉店したお店】 まいど(栄町) | TB(-) | CM(0)

スープも麺も大変身!

 2011年最初のラーメンは、実は昨年のうちから「このお店にしよう」と決めていた。
 それは、久米川駅北口のラーメン店「まいど」だ。「2010年「東村山グルメ日記」アワード PART1」で、「2010年マサのラーメンこの1杯賞」に選んだお店だからね。あの「中華そば」は旨かったんだよなぁ。

 ただ、不安もあったんだよね。前回、このお店に行った時、大幅にメニューが変わり、ポスターに載っている「中華そば」の写真も何となく以前と違う感じがしたんだなぁ。
 それを確認する意味もあって、2011年最初のラーメンは「まいど」と、早いうちから決めていたんだよね。

 お店に入ると、私は「おすすめ中華そば」(780円)を注文した。

おすすめ中華そば

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。見た瞬間、「エエーッ!」と声が出そうになった。丼がデカいのもビックリだけど、それより何より、ビジュアルが全然違うのだ。
 ちなみに以前の「中華そば」(680円)はというと……。

以前の「中華そば」

 ねっ、色から何から全然違うでしょ。
 しかも驚いたのはビジュアルだけではない。香りも違うのだ。ほのかに香るこのにおいは……煮干だ!

スープの色が全く違う

 少し濁ったキツネ色のスープを飲むと、煮干の香りが鼻から抜けていくほど、思い切りニボニボしている。

麺のアップ

 箸で麺を持ち上げて、またまたビックリ。以前は細いストレート麺だったのだが、太い平打ちの縮れ麺に変わっている。食べてみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 確かに旨い。モチッとした麺は煮干たっぷりのスープとよく合っている。スープは最後まで熱々で旨かった。
 旨いんだけど……正直に言えば、以前の「中華そば」の方が好きだなぁ。この「中華そば」も私のストライクゾーンではあるけど、ド真ん中じゃないんだよね。

 これはこれでアリだと私は思うけど、1つ違和感があるのが「中華そば」という名称。私の中では「中華そば」というと、澄んだ醤油スープが思い浮かぶんだよね。それに煮干ベースだから、「中華」というより「和風」じゃないのかなぁ。
 このラーメンも好きだけど、できれば以前の「中華そば」も復活させて、選べるようにしてくれるとうれしいなぁ。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-4-3
営業時間:午前11時~午後11時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2011/01/06 17:18 ] 【閉店したお店】 まいど(栄町) | TB(-) | CM(0)

意外な味の油そば

 先日、久米川駅北口のラーメン店「まいど」を通ったら……。

何か変わっている!?

 あれ? 何か変わっている気がするなぁ……そうだ、看板だよ! 以前は確か……。

以前の「まいど」

 思いっきり「つけ麺」をアピールしていたんだけど、何となく「つけ麺」が控えめになった感じ。
 表に出ているメニューの看板を見ると……。

メニュー、変わった?

 あれれ? 「中華そば」がメインになっているよ。どうしちゃったんだろうか?
 しかも左下には「油そば」なんて文字があるじゃないの。エーッ、どうしちゃったんだろう?
 不思議に思った私は、お店に入ってみることにした。

いつの間にか中華そばがメインに!

 カウンター前に張ってあるメニューも「中華そば」がメインになっている。こっちの方が人気だったからだろうか?
 しかも「濃厚つけ麺」はそのままだけど、「淡麗豚汁つけ麺」は「和風つけ麺」に名称が変わっている。値段も以前は並でも大盛りでも780円だったのだか、並が750円、中盛・大盛が800円と微妙に変わっている。

 でも一番の変化は「油そば」(680円)がメニューに加わったことだろうなぁ。
 ということで、私は「油そば」を食べてみることにした。

調味料と一緒に出てきた油そば

「はい、お待ちどうさまです」と出されたのが、こちら。酢、醤油だれ、マヨネーズの入った油そば専用の調味料ボックスとともに出てきて、ちょっとビックリ。

これが油そば

 これがこのお店の「油そば」。シンプルだけどキレイにまとまっているという感じ。底にタレがあるだろうから、箸で天地返しをするようにグワッとかき混ぜる。
 これまで食べてきた油そばなら、ここで強烈な豚骨の香りがするのだが、このお店の「油そば」は香ばしい醤油の香りがする。

麺のアップ

 醤油で茶色く染まった極太麺をズズズッと食べると……あれ? これって本当に油そば? 豚骨の味はほとんどなく、バター醤油のような味がする。バター醤油の味そのものは好きだからいいんだけど、油そばだと思って食べるから、何となく違和感がある。

 少し食べたあと、ラー油を投入。しかし、これはイマイチだった。

ユズ酢を投入

 次に試すのは酢なんだけど、一緒に出された酢ではなく、やはり卓上にあるユズ酢を使ってみたいよね。
 てなワケで、ユズ酢を少し多めにかけてからズズズッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 これはサッパリした味になっていいよ。うんうん、ユズ酢は大正解。

マヨネーズを試してみたけど…

 本当はユズ酢のまま食べ終わりたかったけど、マヨネーズが出されたから、ちょっと試してみることにした。私は今までいろいろ油そばを食べてきたけど、たぶんマヨネーズを出されたのは初めてだと思う。お店としても「旨い」と思うから出すんだよね、きっと。

 ということで、試してみましたよ。かき混ぜてから食べてみると……うーん、これは好みが分かれるだろうなぁ。ちなみに私はちょっと苦手かも。
 でもこのお店の「油そば」は、豚骨が全面に出ていない分、食べやすいと思うなぁ。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-4-3
営業時間:午前11時~午後11時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/12/19 18:30 ] 【閉店したお店】 まいど(栄町) | TB(-) | CM(0)

ガッツリ君に超オススメのラーメンライス

 先日食べた「特製中華そば」(880円)の味が忘れられず、またフラフラッと久米川駅北口のラーメン店「まいど」に来てしまった私。

 今度は「中華そば」(680円)の大盛り(プラス100円)にしようと思って、券売機の前に立ったのだが、こんな文字が目に入ってしまった。

「焼チャーシュー飯」(280円)

「中華そば」と合わせても960円で、1000円を超えない。この日はすごくお腹が空いていたので、私は「これだッ!」と思い、「中華そば」と「焼チャーシュー飯」を注文した。

中華そばと焼チャーシュー飯

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。見た瞬間、「やっちまったかな」とちょっぴり後悔。いやいや、なかなかのボリュームじゃないの。
 では、まずは「中華そば」からいただいてみますか。

中華そば

「特製中華そば」のビジュアルもグッと来たけど、「中華そば」のビジュアルもソソるねぇ。「特製中華そば」がグラマーな美人だとしたら、「中華そば」はスラリとした美人という感じ。

スープがバカ旨!

 この透き通ったスープがいいんだよね。レンゲでひと口すすると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 この味、好きだなぁ。ちょっと甘めなんだけど、そこが個人的にはツボだったりする。

麺のアップ

 で、この細いストレート麺が……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 見た目はフニャと柔らかそうなんだけど、シッカリとした歯応えがあって旨いんだよね。スープに浸すとホロッと崩れるチャーシューも、シャッキリ歯応えのメンマも旨い。ヤバいなぁ、この「中華そば」。食べながら「また明日も食べに来ようかなぁ」と思っちゃってるよ(笑)。

 麺を食べ終えたら、お次は「焼チャーシュー飯」。

焼チャーシュー飯

 これが「焼チャーシュー飯」なんだけど、チャーシューの盛りが半端じゃない。たっぷり乗ったネギもうれしい。
 ではでは、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、やられた。これはいいよ。下手な牛丼を食べるくらいなら、こっちの方が安くて旨いと思うなぁ。
「焼チャーシュー飯」を食べながら、残った「中華そば」のスープを飲み、「焼チャーシュー飯」を食べ終えたあと、「中華そば」のスープを飲み干して完食。

満腹じゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、食った、食った。満腹感とともに、「旨かったぁ」という満足感もいっぱい。これはガッツリ君に超オススメだね。1000円以下で、この満腹感と満足感が味わえるなんて最高だよ。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-4-3
営業時間:午前11時~午後11時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/09/20 10:04 ] 【閉店したお店】 まいど(栄町) | TB(-) | CM(0)

太麺つけ麺もいいけど、細麺の中華そばも超イケるぜ!

 昨年末からラーメン店、特につけ麺のお店がドッと増えたけど、個人的な好みを言えば、私はつけ麺より普通のスタイルのラーメンの方が好きなんですよね。

 ということで今回やって来たのは、今年6月に久米川駅北口にオープンしたばかりのラーメン店「まいど」。このお店も基本というか、ウリはつけ麺なんだけど、

*中華そば(680円)
*特製中華そば(880円)


というメニューがあるんだよね。「つけ麺が極太麺だから、中華そばもやっぱり極太なんだろうなぁ」と思いつつ、券売機で「特製中華そば」のボタンをポチッと押した私。

特製中華そば

 しばらくして運ばれて来たのは、こちら。あまりにオードックスで美しいビジュアルに、しばし見とれてしまった。和服の似合う少し古風な美人に出会った感じだ(どんな感じやねん!)。

脂の浮いた透明スープ

 シッカリ脂は浮いているものの、スープは透き通っていて旨そう。レンゲでひと口飲むと……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 脂が浮いている割にはアッサリ、スッキリとした味わい。中華そばの王道、鶏がら醤油スープなんだと思う。もう、この味、個人的に大好き!

柔らかそうなチャーシュー

「特製」ってたぶん「全部乗せ」のことなんだろうね。チャーシューがこんなに乗っているんだもん。しかも見るからに柔らかそう。実際、スープに浸すとホロホロと崩れていくんだよね。これもいいよね。

麺のアップ

 でも一番意表を突かれて、一番気に入ったのは、このストレートの細麺。まさかこんな細麺が出てくるとは思わなかったなぁ。しかも食べると、ほんの少しだけ芯が残っているようなボキッと感があって……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 もうスープとの相性バッチリ。いやいや、このラーメンはヤバいわ。

黄身がしっとりとしている味付玉子

 味付玉子も黄身がしっとりとして旨いし、もう言うことナシ。こんな私好みのラーメンが、こんな自宅から近いところにできてしまうなんて……ますますメタボになりそうな予感がしてならない(笑)。
 だけど、このラーメンは超オススメだね。昔ながらの中華そばタイプが好きな人には、たまらないと思うなぁ。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-4-3
営業時間:午前11時~午後11時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/08/25 18:39 ] 【閉店したお店】 まいど(栄町) | TB(-) | CM(0)

武蔵野うどん的なつけ麺

 今年6月にオープンしたばかりのラーメン店「まいど」は、

*濃厚つけ麺(780円)
*淡麗豚汁つけ麺(780円)


この2つをどうやらウリにしているらしい。ということで、前回、「濃厚つけ麺」を食べた私は、「淡麗豚汁つけ麺」を食べてみることにした。
 同じ値段で特盛(440g)までできるので、今回は特盛でお願いしてみた。

淡麗豚汁つけ麺の特盛

 これが「淡麗豚汁つけ麺」の特盛。

器からこぼれんばかりの麺

 極太の麺が器からこぼれんばかりに入っている。これはすごい量だねぇ。食べられるのかなぁ?

つけ汁

 これがつけ汁。豚バラ肉がたくさん浮かんでいて、濁りのない澄んだ醤油色のスープを見た時、私の頭に真っ先に思い浮かんだのは、武蔵野うどんだ。
 スープだけ飲んでみると、醤油スープに豚バラ肉の脂の甘さが溶け込んでいて、武蔵野うどんっぽい。というか、武蔵野うどんのつけ汁より、旨味が強い。

麺のアップ

 では、麺をつけ汁にサブンと浸してから、いただきま~す……おおっ、やっぱりコレって武蔵野うどんだよ。旨い、旨い。
「武蔵野うどん」だと思えば、この特盛の量、余裕だね。「きくや」で言えば、4~5Lぐらいだもん。軽い、軽い(笑)。

ユズ酢を投入

 と、ここで卓上調味料の中に、あるモノを発見。「ユズ酢」だ。確か「淡麗豚汁つけ麺」はユズ酢を入れると、さらに旨くなるという話をどこかで聞いたなぁ……てなワケで、ユズ酢をつけ汁に軽くひと回し。で、極太麺を付けて、ズッ、ズズズズッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 これは驚いたね。ここまで劇的に変わるの?というぐらい旨くなった。ユズ酢を入れたら、まさに「淡麗」になったよ。酸味とユズの香りでサッパリ感が倍増。さらに武蔵野うどんっぽくなった。
 こういう変化をするなら、最初から入れれば良かったなぁ。
 途中、さらにユズ酢を追加投入。最後まで味に飽きることなく完食することができた。

最後はスープ割り

 残ったつけ汁をスープ割りしてもらったのだが、スープ割りをしたらユズの香りがさらに引き立って、ゴクゴク飲める。
 いやあ、旨かったなぁ。でも私の中では、これをラーメンと言うことには何だか違和感があるなぁ。それほど武蔵野うどんっぽいんだよね。これならたぶん、デカ盛(550g)もイケるね。近々チャレンジしてみようっと(笑)。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-4-3
営業時間:午前11時~午後11時



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/08/08 19:25 ] 【閉店したお店】 まいど(栄町) | TB(-) | CM(0)

意外とアッサリ食べられた濃厚つけ麺

 6月8日にオープンして以来、ずっと気になっていたラーメン店が、今回紹介する「まいど」だ。

まいど

 気になるのは当然だろう。だって久米川駅北口を出たらすぐ右隣にあるんだから。久米川駅北口を利用する人は必ずこのお店の看板を目にすることになる。
 毎日、看板を目にしていたら、一度は「入ってみようか」と思うのが人情ってモノだろう。

 店内はカウンター席のみ。厨房を3方から取り囲むようにして15席ほどだろうか。
 お店に入って右側に券売機がある。ウリであるつけ麺は、

*濃厚つけ麺(780円)
*淡麗豚汁つけ麺(780円)
*辛肉そぼろつけ麺(880円)
*特製「まいど」つけ麺(980円)


の4種類。迷ったけど、最初だし、オーソドックスに「濃厚つけ麺」を注文することにした。

特盛までは同じ料金でOK

 このお店のつけ麺は並盛(220g)、大盛(330g)、特盛(440g)、デカ盛(550g)と量を変えることができるのだが、ナント、特盛までは同じ料金でOKなのだという。デカ盛だけ料金がかかるのだが、それでもプラス100円でOKというのだから驚きだ。ガッツリ君はチャレンジしてみるべきだろう。
 私はというと、一応最初だから、控えめに大盛でお願いした。

濃厚つけ麺の大盛

 で、これが「濃厚つけ麺」の大盛。何だか麺が太くてウネウネしている。

極太麺

 麺はカネジン食品に特注した極太麺。もう少し太かったら、うどんと間違えると思うなぁ。

これが濃厚なつけ汁

 これが濃厚つけ汁。泡立ってはいるけど、脂が浮きまくっているワケではなく、それほど見た目は濃厚という感じはしない。

麺のアップ

 では、極太麺をザブンとつけ汁に入れてから、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 豚骨などの動物系と魚介系のいわゆるWスープにさらに魚粉が入っているタイプだと思うんだけど、思っていたほど豚骨の味はしない。魚介系が強く、さらに酸味があるモノだから、私には「濃厚」というより「アッサリ」に感じられた。
 この酸味は好みが分かれるところじゃないかなぁ。私は好きだけどね。

チャーシュー

 つけ汁の中にはトロトロのチャーシューが割とゴロゴロ入っていた。その他にメンマやナルトも入っている。

 大盛は見た目、かなりの量だと思ったけど、食べてみると意外と簡単にお腹に収まった。つけ汁が思っていたほど「濃厚」と感じなかったせいだろうか? これなら特盛はイケたかもね(笑)。

スープ割りをお願いすると、ミツバを入れて返してくれた

 麺を食べ終えたあと、店員さんにスープ割りをお願いしたら、ミツバを散らして返してくれた。これは何となくうれしい。
 さすがにスープ割りをしたら動物系スープが感じられるかなと思ったら、やはり最後まで魚介系の味が強かった。
 普通、「濃厚」って言うと、唇がコラーゲンでくっつくほど動物系が強い感じがするんだけど、このお店は違うんだね。そう思って改めてメニューを見ると、「濃厚つけ麺」に対抗するメニューとして存在する「淡麗豚汁つけ麺」のネーミングが気になった。
「淡麗」なのに「淡麗つけ麺」とせず、わざわざ「豚汁」を間に入れている。本来ならこっちの「淡麗」こそ魚介系を強くするハズなのに、あえて動物系、中でも豚骨を強調するということなのだろうか?
 うーん、気になるなぁ。近いうちに確かめに行ってみよう。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-4-3
営業時間:午前11時~午後11時



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/07/22 19:47 ] 【閉店したお店】 まいど(栄町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告