東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


黒焼そば食べ歩きエントリーNO.10

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年04月02日「ほや」
2009年04月03日「いなげや市役所前店」
2009年04月04日「幸多加(こたか)」
2009年04月05日「どんどん」
2009年04月08日「CLOUD(クラウド)」
2009年04月09日「小料理となり」
2009年04月11日「ぼん天」
2009年04月12日「炭味坐(すみざ)」
2009年04月14日「中華洋食 一番」



 今回行ったのは、久米川辻を武蔵野うどんの「ますや」の方向に曲がり、踏み切りを超えて割とすぐのところにある中華料理店「柳屋」

幟が立ってます

 入り口近くには、ちゃんと例の幟が立っている。

こんな看板まである。力入ってるなぁ

 おおっ、こんな看板まで置いてあるよ。このお店、力入ってるなぁ。
 お店に入るとカウンターに座り、早速、「イカ墨黒焼きそば」(700円)を注文した。

これが「イカ墨黒焼きそば」

 これが「イカ墨黒焼きそば」。スープのほかに冷奴とお新香が付く。写真のスープとの比較でわかると思うが、この黒焼そば、かなりのボリュームだ。これで700円ならお得と言えるだろう。

よく見ると、ナント、ポテトフライが乗っている

 キャベツ、モヤシ、キクラゲ、豚肉、そして一番上には紅生姜……麺が見えないほど具だくさんだ。
 おや?……よく見ると、上の方に細長い棒状の物体が乗っている。これは何だろう?
 ま、いいか。とりあえず食べてみよう。ではでは、いただきま~す……エエッ!

 上に乗っているから、最初に麺と一緒に細長い棒状の物体も食べたのだが、食感と味から判断すれば、これはナント、ポテトフライだ! 「焼そば」と「ポテトフライ」が全く結びつかないので、最初は凄く違和感があったのだが、食べ進むと「これはアリかも」と思うようになってきた。不思議なんだけど、妙にイケるんですよ。いやあ、いろんな黒焼そばがあるモノだねぇ。
 見た目通りボリュームもあるし、食べ終えるともうお腹いっぱい。ごちそうさまでした。






【DATA】
住所:東村山市諏訪町1-28-2
電話:042-391-7598
営業時間:午前11時~午後11時
定休日:水曜
駐車場あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




[ 2009/04/16 18:15 ] 【中華料理】 柳屋(諏訪町) | TB(-) | CM(0)

アイランド向きの担々麺

 夕方、レンタルビデオ店「TSUTAYA」に行った帰り道。府中街道を歩いていると、ふと「担々麺が食べたいなぁ」と思ってしまった。さて、この辺で中華料理店と言うと……私の頭の中のデータベースが弾き出したのは、久米川辻を「ますや」の方向に曲がり、踏み切りを超えて割とすぐのところにある中華料理店「柳屋」
 真っ直ぐ東村山駅方面に歩いて府中街道沿いにある「重慶」も候補として考えたのだが、「柳屋」にはここしばらく行っていない気がしたので、こちらを選んだのだ。

 お店の前に行くと、「担々麺」の幟が出ている。イチ押しってことだよね。これは来て良かったかも。
 私はお店に入ると、「担々麺」(700円)と「餃子」(500円)を注文した。

担々麺

 しばらくして「担々麺」が運ばれて来た。丼の大きさにまずビックリ。ちょっとコレ、かなりのボリュームじゃないの? 次に丼の横にあるモノにビックリ。ナント、冷奴とお新香が付いているではないか。何だかうれしいなぁ。

「担々麺」のアップ

 モヤシなど野菜がたっぷり入っているんだけど、丼が大きいから少しにしか見えないんだよね。レンゲでスープをひと口飲むと……おおっ、辛くて旨いじゃない。ややジャンクな味がするけど、街の中華料理店ならではの味。私は好きな味だ。

麺のアップ

 メニューによると麺は自家製らしい。少し平たい麺はスープをよく持ち上げて旨い。ちょっと柔らかめだったから、固めで頼めば良かったなぁ。

餃子

「餃子」は以前は確か、もっちり系の厚めの皮だったと思うが、薄めの皮に変わったようだ。これはこれで旨いけど、私としては以前の方が好きかも。

スープがこんなに残ってしまった

 汗だくになりつつ、麺と野菜を食べ終えたが、まだスープは丼にこんなに残っている。しかも底にはたっぷりと挽き肉もある。

ライス登場

 ということで、ライス(250円)を注文。すでにお腹は結構いっぱいだったのだが、このスープを残すのは「担々麺」に失礼だろう。
 で、このライスをどうするかと言うと……。

アイランド!

 愛読している「シャバゾウblog」でおなじみのQT鈴木さんのワザ、

アイランド!

ですよ。ポッカリと浮かぶ白い孤島。これを崩しておじや状態にしてスープまで全部食べてしまう、ガッツリ食べる人向きのワザだ。
 いやあ、このスープにまみれたライスの旨いこと。挽き肉をサルベージしながらスープを飲むのもいいけど、このお店の「担々麺」の場合、アイランドをするのがオススメだね。というか、しなきゃもったいないとすら思えてくる。

 食後は当然ながらパンパンにお腹が張ったけど、満足感もひとしおだったね。ガッツリ食べたい人はぜひ!


【DATA】
住所:東村山市諏訪町1-28-2
電話:042-391-7598
営業時間:午前11時~午後11時
定休日:水曜
駐車場あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




[ 2008/09/24 13:55 ] 【中華料理】 柳屋(諏訪町) | TB(-) | CM(0)

もはやサイドメニューではない餃子

 中華料理屋やラーメン屋に行って、メインの料理を頼んだ後、「餃子も食べるか」と追加することってありますよね。「マクドナルド」で言うなら、ポテトやチキンナゲットみたいなサイドメニュー的な存在だ。今回紹介する中華料理屋の「柳屋」でも、私は軽い気持ちで餃子を追加したのだが、これが大きな間違いだった。
 場所はちょっと駅から遠いです。最寄りの駅は東村山駅で、西口を出て最初の信号交差点を右折し、そのまま道なりにひたすら真っ直ぐ1・2キロほど進むと、T字路にぶつかるのでそこを右折。ちょっと歩くと左側にある。

柳屋

 このお店、読者の方に教えてもらったのだが、その人が言うには「水餃子と冷やし中華が美味しい」のだとか。もう冷やし中華の時期じゃないと思ったが、表にはなぜか「冷やし中華」の幟が立っている。「まだやっているのか」と喜んで入ったのだが、ランチメニューにもないし、店内にも「冷やし中華」のメニューはない。「水餃子」の文字もどこにもなかった。おそらくメニューには載っているのだろうが、ランチタイムということで、通常のメニューは持ってきてもらえなかった。言えば持ってきてくれたのだろうが、店内は結構お客さんが入っていて、忙しそうだったから、私はランチメニューから「なす味噌炒め定食」(800円)を頼み、追加で「ジャンボぎょうざ」(500円)を注文した。

なす味噌炒め定食

 見てくださいよ、この「なす味噌炒め定食」。おかずの盛りがいいし、冷奴とお新香が付いているのもいい。スープの代わりに味噌汁が付いているのも、個人的にはかなりヒットだ。

なす味噌炒め

 素揚げしてから炒めたナスをはじめとした野菜はツヤツヤして旨そう。ボリュームがあるから食べ応えありそう……とまあ、普通の私ならこう思うハズなのだが、実はこの時、私は全然違うことを思っていた。

「何でこんなにボリュームあるの。食べきれるかなぁ……」

 その原因となったのが、サイドメニューとして頼んだ「ジャンボぎょうざ」だ。この時、「なす味噌炒め定食」より先に「ジャンボぎょうざ」が出てきて、私はシッカリ食べてしまったのだ。

ジャンボぎょうざ

 これがその「ジャンボぎょうざ」。普通の餃子の倍はあるだろう。しかし、これくらいの大きさの餃子は決して珍しくはない。「すぱいす」の餃子もこれと同じくらい大きい。だけど、この5つの餃子を食べただけでかなりお腹いっぱいになってしまった。
 皮は厚くてモッチリしていて、あんはひき肉がギッシリ。ニラと生姜が効いていて旨い。旨いから調子に乗っていっぺんに5個全部食べてしまったのだが、これはお腹にズシッときたね。考えてみれば、肉まんを5つ食べるようなモノだからね、お腹いっぱいになって当たり前と言えば当たり前なのかも。しかし、普通の餃子なら5皿、6皿、当たり前という感じで食べていた私にとって、これは初めての体験だ。別にこのお店に来るまでに何か食べたワケでは決してない。

 何とかランチの「なす味噌炒め定食」も完食したけど、お店を出た時はもうお腹パンパンではちきれそうだった。このお店の餃子、「ミニ」(300円)というのもあるので、初めての人は「ミニ」を頼むことをオススメする。
 しかし、焼き餃子でこれほど旨かったら、水餃子はかなり期待できそう。それから私以外のお客さんはほとんど麺類を頼んでいたから、このお店、麺類もイケるのかも。今度はディナータイムに麺類と水餃子を食べに行ってみよう。


【DATA】
住所:東村山市諏訪町1-28-2
電話:042-391-7598
駐車場あり





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2005/10/11 18:24 ] 【中華料理】 柳屋(諏訪町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR