東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メニュートップにあるのはダテじゃない

 温かくなったなぁと思ったら急に寒くなったりして、お陰で体調が今ひとつの私。でもまあ、こうして春が来るんだから、むしろそういう気候の変化を楽しむ余裕を持たなくちゃね……とは思うものの、この日はとても寒くて、「温かいモノを食べて体を中から温めよう」と、私は所沢街道沿いにある中華料理店「ぼん天」に飛び込んだ。

 麺類を食べようと思ってメニューを見て、私は「おや?」と思った。今まで気づかなかったけど、何となく並びが不自然なのだ。
 麺類は14種類あるのだが、上からこういう順に並んでいた。

*五目タンメン(770円)
*海老タンメン(770円)
*五目あんかけ焼そば(770円)
*海老あんかけ焼そば(770円)
*ハーフラーメン(280円)
*ラーメン(正油味、500円)
*豚骨ラーメン(塩味、670円)
*野菜タンメン(塩味、610円)
*モヤシそば(560円)
*味噌ラーメン(670円)
*オロチョンラーメン(からみそ味、720円)
*タンタンメン(煎りゴマ風味、720円)
*ジャージャーメン(サラダ付き味噌風味、770円)
*フカヒレラーメン(980円)


 メニューのトップに「五目タンメン」が来ているんですよね。普通は「ラーメン」か、もしくは一番安いメニューが来るモノだと思うんだけど、なぜか「五目タンメン」がトップ。不思議だと思いませんか?
 これってやっぱり、「五目タンメン」がイチ押しメニューだと考えるべきなんだろうね。
 ということで、私は確かめてみるべく「五目タンメン」を注文した。

五目タンメン

 これが「五目タンメン」。醤油ラーメンの上に中華丼のあんが乗っているという感じ。「タンメン」というから塩味スープを想像したのだが、これっていわゆる「広東麺」じゃないかなぁ。
 しかし、それにしてもこのお店は丼がデカいなぁ(笑)。

このテカりが旨そうなんだよね

 乗っているあんのテカりが旨そうなんだなぁ。スープを飲むと……うんうん、ジワーッと染みる、やや甘みのある醤油味。これはあんの旨味、特に野菜の旨味がスープに溶け出しているからだろうな。

麺のアップ

 細く緩い縮れの麺を箸ですくい上げると、あんのテカりをまとってツヤツヤと光る。これがまた旨そうで、いいんだなぁ。
 乗っているあんの具材は、白菜、ニンジン、豚肉、タケノコ、キクラゲ、うずらの玉子、チンゲンサイ、海老、イカ……ともう、盛りだくさん。全部食べてスープを飲み干すと、もう満腹。額に薄っすら汗がにじむほど体が温まった。
 いやあ、これは旨いと思うなぁ。メニューのトップに置いてあるのはダテじゃないと思ったよ。



【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~午後11時30分
駐車場あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
スポンサーサイト
[ 2011/02/27 03:35 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)

暑い日にピッタリの酸っぱさ

 暑いのに秋津方面まで歩いたりなんかして、もう汗ダラダラ。お腹も空いたし、涼みがてら入ったのが、所沢街道沿いにある中華料理店「ぼん天」
 お店に入った途端、ひんやりとした空気に一気に癒される。しかし、汗はなかなか引かない。こういう時は中からも冷さなきゃということで、私が頼んだのは「冷し中華」(770円)。

冷し中華

 運ばれて来た瞬間から立ち上る、醤油だれの酸っぱい香り。以前はコレが苦手だったのに、今は逆にもうたまらない香りとなってしまっている。
 確かこのお店の「冷し中華」を食べるのは2度目なんだよね。1度目はマヨネーズを入れる名古屋式を頼んでみたんだ。その時の記事がコレ。2年前だから、まだ醤油だれの冷やし中華が苦手だったころだ。
 今はとてもじゃないけど、わざわざこの酸味を消そうとは思わない。

麺のアップ

 ガーッと具材と麺をかき混ぜてから、いただきま~す……ああ、麺が冷え冷えで旨いッ! 麺を口に入れたあと、カラシをちょこっと箸ですくって口に入れると、これがまた旨いんだ。
 パッと見た感じ、量が少ないように見えるけど、ボリュームがウリのこのお店でそんなことはあり得ない。食べてみると、ズーンとシッカリお腹に来る。結構なボリュームだ。
 いやあ、満足。体の中からも冷すことができて、すっかりクールダウンできたよ。やっぱり暑い日は冷やし中華だね。



【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜0時
駐車場あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/07/24 19:43 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)

量と旨さに文句ナシの唐揚げ丼

 秋津方面でちょっとした力仕事をしたあと、「お腹が空いたなぁ」と思いつつ自転車を走らせていると、所沢街道沿いにある中華料理店「ぼん天」が見えてきた。
 このお店は盛りがいいし、味付けも私好みが多くて、今のところメニューにハズレがないんだよね。ということで、この日の昼食は「ぼん天」に決定!

 カウンターに座り、「今日はガッツリと『豚肉生姜焼丼』を食べようかなぁ」と思いつつメニューを見ると、「からあげ丼」(680円)なるモノを発見。別に期間限定メニューではなく、定番メニューとして中華丼などとともに並んでいる。
「へぇ、定番メニューなんだ」……何となくその点に興味を抱いた私は、「からあげ丼」を頼んでみた。

からあげ丼

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。カイワレ大根と白髪ネギを和えたモノがドバッと上に乗っているから、わかりにくいかもしれないけど、その下に鶏の唐揚げが「これでもか!」という感じでドドッと入っている。ご飯の量も多い。相変わらずこのお店、盛りがいいなぁ。

タレがかかった唐揚げは見るからに旨そう

 カイワレ大根と白髪ネギ、そして唐揚げには、全体的に甘酸っぱいタレがかかっている。油淋鶏のタレに近いかな。というか、唐揚げが1枚肉じゃないだけで、ほとんど油淋鶏と言っていいかも。
 だってね、唐揚げのコロモ部分が、タレがかかっているにもかかわらずパリッとして、中がジューシー。まさに油淋鶏だよ。

 この唐揚げを白髪ネギやご飯とともに食べると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、旨いなぁ。そりゃ定番メニューにもなるよね。
 食べ終えると当然ながら満腹。ちょうどお昼時に行ったからお客さんがいっぱいだったけど、隣に「餃子の王将 秋津店」という強敵がありながらこの人気ぶり。その理由は、やっぱり盛りの良さと料理の旨さだろうなぁ。



【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜0時
駐車場あり





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




[ 2009/12/17 19:05 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)

赤焼そばが食べられるお店を発見!

 たまたま自転車で所沢街道沿いにある中華料理店「ぼん天」の前をサーッと通り過ぎた時のこと。

エエッ!!

と思って、私は「ぼん天」の前に引き返した。すると……。

赤焼そばの幟を発見

赤焼そば (゚д゚lll) だって!!

 確か「どんこい祭」での赤黒対決を前にしての「赤焼そばプレデビュー」企画として、10月12日に「ぼん天」で限定30食、「赤焼そば」を出したという話はあったと思うが、この幟はその名残なのだろうか? それとも「赤焼そば」をメニューとして出しているのだろうか?
 気になった私は、ちょうどお昼時だったということもあり、「ぼん天」に入ってみることにした。

 メニューを見ると……おおっ、あったよ! 「炎の赤焼そば」(680円)。驚いたことに「黒焼そば」(680円)もある。すごいなぁ。このお店だけで、赤黒焼そばの食べ比べができちゃうよ。

 実は私、「どんこい祭」で赤焼そばを食べられなかったんですよね。「ソースを買って自分で作って食べるしかないか……」と思っていたところだったので、お店で食べられるなんてすごくありがたい。私はすぐに「炎の赤焼そば」を注文した。

炎の赤焼そば

 これが「炎の赤焼そば」。一見すると、焼そば麺を使ったナポリタンって感じ。

旨そうな色だよね

 でも顔を近づけると、ナポリタンとは明らかに違う、スパイシーな香りがする。それにしてもこの色、旨そうだよね。

 では、いただきま~す……ほぉ、思っていたほど辛くはないが、ピリッとした刺激がいい感じ。旨さという点では「黒焼そば」の方に軍配は上がるけど、これはこれで旨いと思う。辛さが足りない人は、ラー油を垂らすといいかもね。
 それにしてもこのお店、盛りがいいよね。食べ終えると本当に満腹になってしまった。

 せっかく黒と赤の焼そばがあるんだから、両方を少しずつ食べられるハーフ&ハーフとか出してくれるといいのにね。それから、このお店がもともと出している焼そばと合わせて、3種類の焼そばを1皿で食べられるようにして「焼そば三昧」なんてメニューをつくったら面白いと思うんだけど……調理が面倒だから無理かな? 
 まあ、そんなことをお店に望むより、3人くらいでお店に行って、いろんな焼そばを注文して、シェアすればいいんだよね。私、焼そばはもともと好きだから、一度そういう“焼そばオフ”をやってみたいなぁ。



【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜0時
駐車場あり





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




[ 2009/11/20 19:10 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)

大盛り注意のチャーハン

 秋津方面での用事を済ませて、「さて、そろそろ昼ごはんでも……」と時計を見たら、すでに時刻は午後2時を回っていた。大抵のお店はランチタイムが終わり、休憩に入っている。
 さて、どうしよう? 考えた結果、私が向かったのは、所沢街道沿いにある中華料理店「ぼん天」。ここなら休憩なしの通しで営業していると思ったからだ。
 行ってみると、思った通り、営業していた。

 お店に入り、メニューを見て、「おおっ、これはいいねぇ」と私が思ったのは、「あんかけチャーハン」(770円)。ちょうど「中華丼」を食べたい気分だったから、まさにピッタリという感じ。
「よし、じゃあ大盛りで頼んじゃうか」と店員さんに向かって「すみません」と手を挙げた瞬間、私はあることを思い出した。

 待てよ。このお店って、異様に盛りが良かったんじゃなかったっけ?

 確かそんな気がした。前回、このお店で「黒焼そば」(680円)を食べたけど、かなりのボリュームだった。
 私は「大盛りで」の言葉を飲み込んで、「あんかけチャーハン」を注文した。

あんかけチャーハン

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。スープのカップは、ごく普通のコーヒーカップのサイズ。ということは、この「あんかけチャーハン」、かなりのボリュームだということが、おわかりだろうか?

こうやって見ると、量がわからないかもしれないが…

 こうやってアップで見ると、かなり旨そうで、ボリュームなど関係なく食べられそうな気がするけど、横から見ると……。

かなりの山です

山じゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 結構なボリュームなんだよね。いやあ、大盛りにしなくて、正解、正解。

 では、いただきますか……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、これはいい。「中華丼」より遥かに好きかも。

中はシッカリと玉子チャーハン

 中はほら、シッカリと玉子チャーハンなんだよね。これに肉野菜のあんが絡んで、旨い、旨い。ちょっと濃い目の味付けだけど、この日は割と歩いて疲れていたから、この味付けがかえって旨く感じる。

 全部食べると、かなりお腹がパンパンになった。大盛りを頼むと、どうなっちゃうんだろうねぇ。普通の人は、2人でこれ1つを頼み、シェアするのがオススメだね。大盛りは自信のあるガッツリ君のみがするべき。普通の「大盛り」感覚で頼むと、痛い目に遭うよ。私でもよほど体調がよくない限り、ちょっと頼めないなぁ(笑)。



【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜3時
駐車場あり





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




[ 2009/11/02 19:12 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)

黒焼そば食べ歩きエントリーNO.7

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年04月02日「ほや」
2009年04月03日「いなげや市役所前店」
2009年04月04日「幸多加(こたか)」
2009年04月05日「どんどん」
2009年04月08日「CLOUD(クラウド)」
2009年04月09日「小料理となり」



 所沢街道沿いにある中華料理店「ぼん天」の前を通りかかったら……。

このお店にも幟が出ていた

 おっ、このお店にも例の幟が立っているではないか。でも、黒焼そばも気になるけど、その横に立っている「カレーラーメン」も気になるなぁ……いかん、いかん。今回は黒焼そばを食べなきゃね。
 お店に入ってメニューを見ると……。

特別メニュー扱いだ

 おおっ、いかにも「特別メニュー」という感じで、別紙に書かれている。私は「黒焼そば」(680円)を注文した。

これが「黒焼そば」

 しばらくして運ばれて来たのが、コレ。いやあ、オーソドックスな調理だねぇ。普通に焼そばをつくるパターンで、ソースだけ「東村山 黒焼そばソース」を使ったという感じだ。
 でも、これねぇ、凄いんですよ。何が凄いって……。

ボリュームが凄い!

このボリュームですよ!!!

 普通の焼そば麺が2玉ぐらい入ってるんじゃないの? というくらい盛り上がっている。もともとお皿が平たいモノじゃないからわかりにくいかもしれないけど、これは平皿に盛ったら相当な高さだよ。

 麺の量も凄いけど、具材も多い。豚肉もたっぷり入っているし、モヤシ、タマネギ、ニンジン、ニラ、キャベツなどなど野菜もたっぷり。「あれ、ニラが焦げてるよ」と思いつつ食べたらキクラゲだった(笑)。普通のソース焼そばだったら、すぐにキクラゲとわかるハズだけど、黒いソースだから野菜の焦げたモノにしか見えなかったよ。

 味の方も侮れない。旨いんですよ。具材が多いせいもあるけど、麺が妙に旨いんだ。まるで五目焼そばのように表面をカリッと焦がしている部分があり、そこがソースを吸ってフニャッとした、普通の麺とは違う食感がして旨いんですよ。

 見た目の工夫こそないけど、これは旨かったなぁ。ガッツリ君は大盛りを頼むと、間違いなく満足すると思うよ。






【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜3時
駐車場あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




[ 2009/04/11 18:17 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)

メガ生姜焼き丼に負けないボリュームのラーメン

 秋津に自転車で向かう途中、所沢街道沿いにある中華料理店「ぼん天」の記事に、「オススメは酸辣湯麺(サンラータンメン)ですよ!」というコメントが寄せられていたことを思い出した私。「そうだ、この機会に食べてみよう」とお店に立ち寄った。

 メニューを見ると、あるある。「酸辣湯麺」(830円)……ん? 830円ということは「豚肉生姜焼丼」、別名「メガ生姜焼き丼」と同じ値段ではないか。あのボリュームは凄かったなぁ。何しろコレですよ。

メガ生姜焼き丼

 ドーン!という感じでしょ。値段が同じってことは、どうしても比較しちゃうよなぁ……と思いつつ、私は「酸辣湯麺」を注文した。

酸辣湯麺

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。おおっと、これもかなりのボリュームだねぇ。
 おっ、来た、来たッ! 立ち上る湯気とともに香りが鼻腔に入ったのだが、それは酢の香りだった。結構、酢が効いている感じだ。

ラー油がキレイだ

 で、表面には鮮やかな朱色のラー油がたっぷり。さてさて、どんな味なんだろう? まずはレンゲでスープをひと口……あれっ、意外なほどマイルドじゃないの。辛さはそれほどなく、酢も思っていたほど効いてない。いいバランスの味だ。「あとは卓上にある酢とラー油で自分好みに調整して」ということなのだろう。

麺のアップ

 麺は少し柔らかめの中太麺。いわゆるあんかけラーメンなんだけど、あんの部分が重たいんだよね。ネットリと麺に絡んで、持ち上げるのが大変。でもそれだけあんが絡んでいるから、旨いこと旨いこと。しかも具がたっぷりなんだよね。
 何とか食べ切ったけど、スープは少し残しちゃったなぁ。だってもうお腹に入らないんだもん。いやあ、このボリュームは侮れないねぇ。これはメガ生姜焼き丼に負けてないよ。
 これはたぶん大盛りが可能だから、ガッツリ君は大盛りを試してみては? 間違いなくお腹いっぱいになると思うよ。私はたぶん残しちゃうだろうなぁ。



【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜3時
駐車場あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」



[ 2009/01/21 17:38 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)

侮れない、というかオススメの380円ラーメン

 秋津方面での用事を済ませた帰り道、所沢街道沿いにある中華料理店「ぼん天」を見て、私はハッとあることを思い出した。

「あのメニューを食べてみなきゃ」

「あのメニュー」とは、前回食べに行った時に気になった「すっぴんラーメン」というモノ。何が気になったかというと、その値段だ。ナントこの「すっぴんラーメン」、380円なのだ。
 どうです、何となく気になるでしょ?

 ということでお店に入った私。「すっぴんラーメン」だけだとお腹が空くかもと思い、「ハーフチャーハン」(290円)も注文した。

「すっぴんラーメン」と「ハーフチャーハン」

 しばらくして運ばれて来たのがこちら。いやいや、思っていた以上に旨そうじゃないの。「ハーフチャーハン」なんか、「ホントにハーフなの?」と思うほど盛りがいいし。

すっぴんラーメン

 これが「すっぴんラーメン」。メニューには「青ネギたっぷり豚骨醤油味」と書いてあるが、まさにそのまんま。いやいや、このたっぷりの青ネギはうれしいなぁ。具材はこの青ネギだけの「すっぴん」だけど、ゴテゴテ乗っていればいいってモノじゃないからねぇ。
 ではスープをいただいてみますか……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 これはイケる。好きな味です。また青ネギとよくマッチしているんだ。

麺のアップ

 麺は極細のストレート。メニューの解説によると米粉が入っている特製麺らしいのだが、これがまた旨いんだ。メニューには「替え玉」が書いてなかったからしなかったけど、これは替え玉したくなるなぁ。

ハーフチャーハン

「ハーフチャーハン」は、やや薄味。味が物足りない人は胡椒を振るといいんじゃないかな。私は残ったスープを飲みながら食べると、ちょうどいい感じだったから、何もかけずに食べた。

「すっぴんラーメン」と「ハーフチャーハン」で計670円ナリ。いやあ、抜群のコストパフォーマンスだねぇ。お腹いっぱいになったしね。
 それにしてもこの「すっぴんラーメン」は旨いよ。たぶん、また食べに行くね、私は。



【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜3時
駐車場あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」



[ 2008/12/04 18:46 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)

命名!メガ生姜焼き丼

 mixi(ミクシィ)での友人が日記に書いていて、気になっていたメニューがあったので、私は所沢街道沿いにある中華料理店「ぼん天」に行ってみた。「気になっていたメニュー」とは、「豚肉生姜焼丼」(830円)だ。
 料理としては珍しくも何ともないのだが、気になったのはメニューに「大盛りはできません」と書いてあるということだ。それはつまり、大盛りの必要がないくらい、すでに盛りがいいということだ。
 実際、「豚肉生姜焼丼」を食べたその友人は少し残してしまったという。

 何となく気になるでしょ? エッ、気になりませんか?
 私ね、もう40代半ばのオヤジだから、大食いはできない体になりつつあるし、ホントは大食いなんてしちゃいけないと思うんですよ。でも、大食い系の話って、なぜかすごく気になるんですよね。
 これって、食べ切ることで「オレもまだまだ若いなぁ」と思いたいからなのかなぁ。

 ということで、頼んじゃいました、「豚肉生姜焼丼」。
 待つことしばし。おっ、来た、来た、来た。

これが「豚肉生姜焼丼」

 おい、おい、おい……確かにこれは大盛りにする必要はないね。メニューにもチラッと書いてあったけど、これはすでに特盛り状態だよ。

この迫力!

 アップで見ると、さらに迫力が増すねぇ。

 生姜焼き!
 キャベツ!
 ご飯!


 パッと見た感じ、三すくみの“丼界の三国志”状態なんだけど、実は全く違う。生姜焼きの下にも、キャベツの下にもご飯があるんだよね。
 そのご飯の量、私の見立てではお茶碗3杯分くらいじゃないだろうか?
 まあ、お茶碗3杯分ぐらいなら、軽いよね……と思いつつ、レンゲを突き立て口に運び、モグモグ、ワシワシ。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 生姜焼きはニンニクがちょっと効いていて、旨い。ちょい濃い目の味付けだけど、たっぷりのご飯や千切りキャベツと一緒に食べると、口の中で絶妙な旨さに変化する。
 生姜焼きの下にある、汁が染みたご飯がまた旨いんだ。

 とはいえ、なかなか減らない。何とか最後まで食べ切ったが、さすがにお腹パンパン。このボリュームは絶対ウリになるよ。「豚肉生姜焼丼」なんて平凡なメニュー名じゃもったいない。
 ということで、私が勝手に命名します。

「メガ生姜焼き丼」

 ガッツリ食べたい気分の人はぜひチャレンジしてみて。





 とまあ飲食リポートはここで終わるんだけど、ふとした弾みで丼をヒジでちょっと押したら、お盆ごとズズッと動いたんだよね。
「どういうこと?」と思いつつ、丼の下を見ると……。

こういう気配りはうれしいよね

 滑り止めのシートが置いてあるではないか。この「豚肉生姜焼丼」ではあまり効果はないかもしれないけど、ラーメンなどスープの入った丼なら効果はあるかも。ちょっとした気配りに「へぇ」って感心しちゃったよ。


【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜3時
駐車場あり





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




[ 2008/10/01 13:52 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)

名古屋式、食べてみました

 先日、久米川駅北口のラーメン店「一代元」の「冷し担々麺」を紹介したら、ちょっと変わった冷やし中華の食べ方ということで、「名古屋式」のことがコメント欄に寄せられた。「名古屋式」とは、冷やし中華にマヨネーズを入れて食べることなのだとか。

 それってホントに旨いの?

 そう思った私はまずmixi(ミクシィ)の日記に「冷やし中華にマヨネーズって組み合わせはアリなの?」と書いて、友達に聞いてみた。すると、半数近くから「アリ」という答えが……。

 ということで、「試してみよう」と思った私。「全国チェーンの中華料理店なら、『マヨネーズを付けて』と言っても戸惑わないだろう」と思い、所沢街道沿いにある「餃子の王将 秋津店」へ行ったのだが、あいにく並ぶほどの満席状態。
「どうしようかな?」と思ったが、「まあ、頼めば何とかなるだろう」と思い、隣にある中華料理店「ぼん天」に入った。

「冷し中華そば」(770円)を頼むとともに「マヨネーズを添えてください」と頼んだら、店員さんは「エッ?」という表情をしつつ、「あ、はい」と答えた。「ぼん天」は他にもお店があるのだが、基本的には東京のお店だから「名古屋式」に馴染みはないのだろう。当然の反応だ。

「冷し中華そば」とマヨネーズ

 で、しばらくして運ばれてきたのがコレ。マヨネーズを別皿にするところに、お店側の“戸惑い”を感じる。そりゃそうだよね。私だって「名古屋式」がどういうモノか知らないから、最初からマヨネーズが乗っているのか、分量はどれくらいなのか、サッパリわからないからね。逆の立場で「マヨネーズを添えてください」と言われたら、やっぱり小皿にマヨネーズを入れて出すと思うなぁ。

「冷し中華そば」のアップ

 どちらかと言うと、醤油だれの冷やし中華は苦手な私だが、この「冷し中華そば」は見た目がなかなか旨そうだ。バンバンジーに使うような蒸し鶏じゃなく、ちゃんと鶏チャーシューが乗っているのもうれしい。

麺のアップ

 麺もシャキシャキしていて旨い。このまま全部食べたいところだが、そうもいかない。「名古屋式」を試さなくては。

いよいよマヨネーズを投入

 というワケで、マヨネーズをドバッと投入。目をつむって、「エエイッ!」と全体をかき混ぜた。
 全体がうっすらとクリーム色がかっている。「旨いのか、ホントに?」と、ついつい躊躇してしまうが、気合で麺を持ち上げ、ズズズッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 醤油だれの酸味がマイルドになって、なかなか旨いよ。へぇ、こんな味になるのか。

残ったつゆはこんな色になっていた

 食べ終わった後、お皿に残ったつゆはこんな色になっていた。とても旨そうな色には見えないが、試してみる価値はあるかも。ただし、私が思うに「醤油だれの冷やし中華が大好き!」という人は、やらない方がいいかも。「醤油だれも好きだけど、どちらかと言うとゴマだれの冷やし中華の方が好き」という人なら、「名古屋式」は割と受け入れやすいかもね。


【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜3時
駐車場あり





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




[ 2008/06/16 16:04 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。