東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


ファミレスで昼飲み

 KIJITORAさんとスーパーマーケット「いなげや市役所前店」の中にあるネパール・インド料理店「エベレスト&富士」で昼飲みをしようと考えていたのだが、これが見事に失敗(詳しくはこちらの記事を参照)。
 さて、どうしようか? ということで、2人が向かったのは、鷹の道沿いにある中華ファミレス「バーミヤン東村山店」。2人とも懐具合がちょっと寂しかったので、「安く飲める所を」という考えから、ココになったんだよね(笑)。

梅酒ロックで乾杯!

 まずは梅酒ロックで乾杯! これで105円だなんて、ありがた過ぎる!

メンマ おつまみ辣油

 軽いツマミとして「メンマ」(94円)と「おつまみ辣油」(105円)を注文。「おつまみ辣油」は後から来る餃子のために頼んだんだけど、メンマにかけても旨いんだよね。

海老の特製マヨネーズソース

 続いて頼んだのは「海老の特製マヨネーズソース」(499円)。ボリュームは今ひとつだけど、なかなか旨いんだよね。

陳年紹興酒ボトル

 と、ここで紹興酒にチェンジ。これは「陳年紹興酒ボトル(5年熟成)」(1048円)。お燗してもらい、ザラメを入れてグビリ……ああ、旨いなぁ。

W焼餃子

 ここでようやく餃子が到着。「焼餃子」(199円)を2つ注文したら、「お客様、それでしたら『W焼餃子』の方がお得ですよ」と店員さんがアドバイスしくれた。確かに「W焼餃子」は367円で、「焼餃子」を2つ頼むより31円もお得だ。ありがとう、店員さん。

 さらに追加で梅酒ロックを頼んだりしたけど、1人1300円もしなかった。安いなぁ。
 外に出ると、まだ時刻は午後3時前。
「もう1軒、行っちゃいますか」と2人してフラフラと歩きだしたのだった(続く)。




【東村山店DATA】
住所:東村山市久米川町4-3-35
電話:042-390-0251
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら


【秋津店DATA】
住所:東村山市秋津町2-13-1
電話:042-390-7001
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






飲んだ、食った、安かった

 古い話で恐縮なのですが……すっごく寒かった2月のある夜。寒かったのは体だけでなく、実は懐具合も寒かった私。でも一杯飲んで温まりたい。できればお腹も満たしたい……そう思って、友人とともに向かったのは、「バーミヤン東村山店」。何しろこのお店は、紹興酒が1杯105円で飲めちゃうからね。

紹興酒をデキャンタで注文

 メニューを見ると、「デキャンタ」の文字があり、400mlで408円と書いてあったから、迷わず「デキャンタ」を注文。寒かったからホットにしてもらった。
 ザラメを入れて飲むと……うーん、染みるねぇ。

 さて、ツマミを頼みますか。

蟹肉豆腐皮乳湯

 最初に頼んだのは「蟹肉豆腐皮乳湯」(523円)。豆乳が入っているからヘルシーだと思ったんだけど、クリームシチューのような濃厚さだった。

三元豚と春野菜の麻辣火鍋

 こちらは「三元豚と春野菜の麻辣火鍋」(733円)。ちょっとした鍋料理って感じでお酒によく合う料理だ。

アサリの酒蒸し葱ソース

 これは「アサリの酒蒸し葱ソース」(523円)。中華風だとこういう仕上がりになるのね。濃い味付けで、旨いんだけど、個人的にはもう少しアッサリした味の方が好きだなぁ。

 アッと言う間に紹興酒のデキャンタがなくなったので、おかわりを注文していると、来ました、来ました。

W焼餃子とおつまみ辣油

「W焼餃子」(367円)と「おつまみ辣油」(105円)。これをどうやって食べるかと言うと……。

焼餃子におつまみ辣油をかけて、いただきま~す

 焼餃子に「おつまみ辣油」をかけて食べるんですよ。まあ、一度やってみてくださいよ。これがマジで旨いんだから。
 間違いなくお酒が進みますよ。

メンマには黒胡椒をかけて

 続いては、ちょっとしたツマミとして頼んだ「メンマ」(94円)。写真をすぐに撮らなくて、あとから気づいて撮ったんだけど、結構、量があるんだよね。これに黒胡椒をかけて食べると旨いんですよ。

〆に頼んだのは鶏肉とナスの唐辛子炒め

 最後に頼んだのは、「鶏肉とナスの唐辛子炒め」(576円)。いやあ、お腹いっぱいになったねぇ。
 紹興酒もデキャンタを3つ頼んだから、結構酔ったなぁ。
 これで1人2080円ぐらいなんだから、安いよね。懐具合をそれほど痛めずに、お腹が満たされ、体も温まり、大満足で帰途についたよ。




【東村山店DATA】
住所:東村山市久米川町4-3-35
電話:042-390-0251
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら


【秋津店DATA】
住所:東村山市秋津町2-13-1
電話:042-390-7001
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
・業務用中華食材を1個から卸価格で通販!
中華惣菜に欠かせない調味料のほか、冷凍食品や干物・乾物に加え中国食品の材料、台所雑貨など専門店ならではの豊富なラインナップ!
点心庵




ファミレスで“せんべろ”

「せんべろ」という言葉、知ってますか? これは「1000円でベロベロに酔える」という意味で、最近は雑誌などで安く飲める居酒屋などを「せんべろな居酒屋」「せんべろできる居酒屋」と紹介したりしている。

 だけどこの「せんべろ」、居酒屋以外でもできちゃったりするんですよね。どこかと言うと、ファミリーレストランなんですよ。
 ファミレスは基本的にはその名の通り、家族向けのお店なんだけど、いかにもお父さんをターゲットにしたようなメニューがここのところ増えてきているんですよ。しかもお酒が安かったりする。
 私は外食する際、できるだけ地元の個人飲食店で食事をするようにしているけど、懐具合が寂しい時や、1人でのんびり本を読みながら飲みたいと思った時は、ファミレスに行っている。

 先日もまったりと本を読もうと思い、鷹の道沿いにある中華ファミレス「バーミヤン東村山店」へ行った私。このファミレスは結構お気に入り。だってね……。

梅酒と紹興酒のロックがナント105円!

 ホラホラ、「紹興酒ロック」が105円なんだよ! 「梅酒ロック」も105円。何、この安さ!

 ファミレス飲みのいいところは、2つあると私は思っている。まず1つは、チャージ(お通し代)がないこと。これだけでかなり安く上がる。
 そしてもう1つは……。

お冷と一緒に紹興酒ロック

 こうやってお冷をチェイサーにしながら飲めること。居酒屋などではお冷は頼みにくいけど、ファミレスなら気軽に頼める。(このお店の場合はセルフだけどね)。

おぼろ豆腐のピリ辛冷奴

 頼んだツマミは「おぼろ豆腐のピリ辛冷奴」(241円)。真っ赤っ赤で辛そうに見えるけど、これは食べるラー油がかかっていて、見たほど辛くはない。料理名通り、「ピリ辛」程度だ。

本格焼餃子

 そして「本格焼餃子」(199円)も注文。この「本格焼餃子」と「おぼろ豆腐のピリ辛冷奴」を私は必ず頼む。なぜかと言うと……。

このラー油に付けるとバカ旨!

 餃子を「おぼろ豆腐のピリ辛冷奴」の食べるラー油に付けて食べると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

となるからなんだよね。たまたま付けたら旨かったんだけど、一度味わっちゃうと、これ以外の食べ方はちょっとできないね。もうバカ旨。紹興酒との相性もバッチリ。

餃子を追加

 ということで、「紹興酒ロック」をお代わりし、「本格焼餃子」ももう1皿追加。
 これで〆て849円ナリ。

 1000円で151円のお釣りが来る。もう1杯「紹興酒ロック」が飲めたなぁ(笑)。でも、これくらいの酔い加減で済ませるのが、ファミレス飲みにはいいかも。いい気分にはなっても、足元はまだフラつかないしね。



【東村山店DATA】
住所:東村山市久米川町4-3-35
電話:042-390-0251
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら


【秋津店DATA】
住所:東村山市秋津町2-13-1
電話:042-390-7001
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

変化が楽しいちゃんぽん

「軽く食事でもしておくか」と思って飛び込んだのは、鷹の道沿いにある中華ファミレス「バーミヤン東村山店」
「野菜を食べなきゃね」ということで、私が選んだのは「海老たっぷりちゃんぽん」(698円)。メニューを見ると、プラス52円で特製ダレを付けることができるらしい。
 特製ダレは2種類。


*特製辛味ダレ……唐辛子・山椒の刺激的な辛さ
*黒麻油……焦がしニンニクの香ばしさ


 ちょっと面白そうなので、私は黒麻油を頼んでみた。

「海老たっぷりちゃんぽん」と黒麻油

 これが「海老たっぷりちゃんぽん」と黒麻油。

海老たっぷりちゃんぽん

「海老たっぷりちゃんぽん」は野菜が310gも入っているのだとか。このところ野菜の摂取不足が気になっていたから、ちょうどいい。
 まずスープをいただくとしますか……豚骨スープだけど、野菜と一緒だからなのか、かなりマイルド。

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。野菜が多いせいなのか、あっさりとした味わい。私は好きだけど、物足りないという人の方が、ひょっとしたら多いかもね。

これが黒麻油

 ということで、いよいよ黒麻油の出番。顔を近づけると、ニンニクの香りがする。

黒麻油をちょっと入れてみると…

 まずはちょっとだけ、スプーンで垂らしてみる。周辺を少しだけかき混ぜてからレンゲでスープをひと口……おおっ、あっさりした味わいが、いきなり濃厚になったよ。これはいいね。
 気に入ったので、思わず黒麻油を全部入れてしまった(笑)。野菜とも麺ともよく合って旨い。
 へぇ、これは変化が楽しいなぁ。色合いの変化も白から黒へと面白い。チェーン店もいろいろと工夫しているねぇ。
 ごちそうさまでした。



【東村山店DATA】
住所:東村山市久米川町4-3-35
電話:042-390-0251
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら


【秋津店DATA】
住所:東村山市秋津町2-13-1
電話:042-390-7001
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

たっぷり野菜にKO

 ランチを食べ損ねたせいもあるのだが、午後4時ごろという、何とも中途半端な時間帯に猛烈にお腹が空いてしまった私。「こういう時はファミレスに行くしかないよね」ということで、向かったのは鷹の道沿いにある「バーミヤン東村山店」

「少しでもヘルシーな食事を」と心がけている私の目にとまったのは、秋の限定メニューである「秋の旨塩タンメン」(628円)。メニューに書いている説明によると……。

1日分の野菜(350g)が摂れるタンメン。じっくりと炊いたガラスープと沖縄の真塩という不純物の少ない上等な塩で仕上げたすっきりとした透明感のある塩スープが野菜の美味しさを引き立たせます。

 ほほう、野菜が350グラムもあるってことなのか。凄い量だと思うけど、まあ、所詮野菜だから、物足りないかも……と思い、私は「半チャーハンセット」(418円)をプラスした。今思えば、これが間違いだったなぁ……。

「秋の旨塩タンメン」と半チャーハンセット

 しばらくして運ばれて来たのがこちら。「秋の旨塩タンメン」と半チャーハン、そして鶏の唐揚げが付いている。

秋の旨塩タンメン

 うーん、確かに野菜がたっぷりだ。麺が全く見えない。

スープはスッキリ澄んでいる

 スープはメニューに書いてある通り、澄んでいる。では、レンゲでひと口……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いいねぇ、この味。スッキリしているんだけど旨味たっぷり。

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺で、そのまま食べると普通なんだけど、野菜と一緒に食べると抜群に旨くなる。というか、野菜がメチャ旨い。特にキャベツの甘さといったら、もうたまんない。
 スープに浸しつつ、野菜と麺を食べるんだけど、麺の方が先になくなってしまった。本当に野菜がいっぱい入っていて、これがなかなか減らない。
 何とか食べ終えたけど、すでにこの時点でお腹いっぱい。

半チャーハン

 せっかく頼んだのだからと、半チャーハンと鶏の唐揚げを食べたけど、いやあもうお腹が苦しいぐらいパンパン。「秋の旨塩タンメン」だけで十分だったなぁ。野菜好きの人はぜひ食べてみて欲しい一品だね。



【東村山店DATA】
住所:東村山市久米川町4-3-35
電話:042-390-0251
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり


【秋津店DATA】
住所:東村山市秋津町2-13-1
電話:042-390-7001
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

カレー気分を中華料理店で満たす

「カレーを食べたい気分なんだけど、中華を食べたい感じでもあるんだよなぁ」と、夕食に何を食べようかと迷いながら鷹の道を歩いていた私。ふと前を見ると、「バーミヤン東村山店」の看板が見えたので、「今日は中華にしちゃおうかな」と、お店に入った。

 メニューを見ると、今は「秋の上海フェア」をやっているようだ。「どんなモノがあるのかなぁ?」と見て私は驚いた。だって「まさに今日の気分にピッタリ」というメニューがそこにはあったからだ。そのメニューとは……。

*海老ときのこのカレービーフン(733円)

 これならカレー気分も満たしてくれるハズだ。私はコレに半チャーハンセット(418円)を付けて注文した。

「海老ときのこのカレービーフン」と半チャーハンセット

 これが「海老ときのこのカレービーフン」と半チャーハンセット。半チャーハンセットには、半チャーハンと鶏の唐揚げが付く。

海老ときのこのカレービーフン

「海老ときのこのカレービーフン」からは、カレーの香りがして旨そう。しかも野菜たっぷりでボリュームもある。メニューには、

 丁寧に焙煎したスパイスで炒めてカレー味に仕上げたビーフンを、さらに特製のカレーソースで具材と一緒に調理したWカレー仕立てです。

と書いてあったから、ちょっと期待。早速いただいてみますか。

麺のアップ

 カレー色に染まったビーフンを口に入れると……旨ぇ! こりゃ旨いなぁ。カレーはそれほど辛くなく、ビーフンや野菜などを引き立てる役回りに徹しているという感じ。
 半チャーハンもパラッとしていて旨い。鶏の唐揚げも旨いけど、できれば唐揚げよりはスープが欲しかったかな。
 すべて食べ終えると、もうお腹いっぱい。カレーと中華を食べたいという2つの気分も満たすことができたし、いい夕食だったかな。
 ごちそうさまでした。



【東村山店DATA】
住所:東村山市久米川町4-3-35
電話:042-390-0251
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり


【秋津店DATA】
住所:東村山市秋津町2-13-1
電話:042-390-7001
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

食べやすさ重視の白

 鷹の道を歩きながら「お腹が空いてきたなぁ」と思った私。ちょうど目に入ったのが、「バーミヤン東村山店」だったので、私は入ることにした。
「そう言えば、このお店には担々麺の宿題があったなぁ」と思い出した私は、「白タンタン麺」(628円)を注文することにした。もちろん「ごはん」(208円)も一緒だ(笑)。

白タンタン麺とごはん

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。「白」というほど、スープは白くない。

これが白タンタン麺

 以前食べた「赤タンタン麺」から、たっぷりのラー油と糸唐辛子を取り除いただけという感じ。
 レンゲでスープを飲んでみると……ああ、これは食べやすいなぁ。辛さはちょっとピリッと来る程度。白ゴマの風味と味わいが口に広がり、旨い。これなら「辛いのは苦手」という人でも食べられるんじゃないかなぁ。

麺のアップ

 麺は縮れのある細麺。「赤タンタン麺」の時はスープに負けている感じがしたが、今回はよく合っている気がする。

アイランドはちょっと失敗

 麺を食べ終えたら、お約束のアイランド……なんだけど、ちょっと失敗して半分、水没してしまった。まあ、結局はかき混ぜるのだから問題ないんだけどね(笑)。
 ご飯にたっぷりとスープを染み込ませながらキレイに完食。いやあ、アイランドをやるとお腹いっぱいになるねぇ。
 ごちそうさまでした。



【東村山店DATA】
住所:東村山市久米川町4-3-35
電話:042-390-0251
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり


【秋津店DATA】
住所:東村山市秋津町2-13-1
電話:042-390-7001
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

赤はやはり刺激的だった

 4月だというのに、なぜか冷たい雨が降り、いまだに防寒用の上着が手放せない私。
 この日も雨で体が冷えたので、何か食べて中から暖めたいと思い、鷹の道沿いにある「バーミヤン東村山店」に入った。
 メニューを見ると、現在、「担々フェア」なるモノをやっていて、黒、白、赤の3種類の担々麺を出しているという。それぞれのキャッチコピーを挙げると……。

*黒タンタン麺……黒ゴマ香る濃厚スープは本格派!
*白タンタン麺……白ゴマたっぷり、風味豊かなコク旨スープ!
*赤タンタン麺……本場四川の刺激、厚みと深さの激辛スープ!


 いずれも値段は628円。写真を見る限り、どれも旨そうで迷ってしまったけど、私は「赤タンタン麺」をチョイス。メニューでは焼売2個と半チャーハンが付く「半チャーハンセット」(プラス418円)がオススメとして載っていたが、半チャーハンだとアイランドがやりにくいので、私は「ごはん」(208円)を合わせて注文した。

赤タンタン麺とごはん

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。麺が薄っすらと見えるから、かろうじて担々麺とわかるけど、パッと見たら、ご飯と一緒だからカレーセットみたいにも見える。 

赤タンタン麺

 スープは「赤」というよりオレンジっぽい。そこに赤いラー油が浮かんでいる。

スープはガツンと辛い

 では、スープをひと口……来た、来たーッ! 最初にゴマの甘みが少し感じられたと思ったら、すぐに辛さが軍団になってドドーッと舌の感覚を占拠した。スープそのものは結構、辛い。
 でも、肉味噌を崩して混ぜると、少しマイルドになった。

麺のアップ

 麺は縮れのある細麺。ちょっとスープに負けているかな。でもスープが辛くて旨いから、グイグイ食べられる。

 で、麺を食べ終えたら……。

お約束のアイランド

 お約束のアイランド! うん、決まったね(笑)。
 レンゲでワシワシと食べていくと、次第に汗が出てきて、体はポカポカに。
 食べ終えると、お腹いっぱい。ふぅ~ッとひと息つきながら、何気なくメニューを見ると、「赤タンタン麺」のところに「激辛できます」という文字を発見。

「激辛をご希望の方には特製辛味ダレをおつけします。お好みの辛さに調整してお召し上がりください」

 さらに辛くできるだ。ファミレスにしては大胆だなぁ。「黒タンタン麺」も「白タンタン麺」も気になるし、激辛バージョンも気になる。何だかまた来ちゃいそうだなぁ(笑)。



【東村山店DATA】
住所:東村山市久米川町4-3-35
電話:042-390-0251
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり


【秋津店DATA】
住所:東村山市秋津町2-13-1
電話:042-390-7001
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

満足度の高い冷し担々麺

 秋津での用事を何とか済ませ、「やっと昼飯が食える」と思った私。しかし、時刻は無情にも午後3時近く。大抵のお店のランチタイムは終わっている。
「こういう時はチェーン店に行くしかないなぁ」と思い、私は志木街道沿いの中華ファミレス「バーミヤン秋津店」に入った。

 気になるのはやっぱり期間限定メニュー。「旨かったら記事にしよう」と軽い気持ちで私は「冷しタンタン麺」(628円)を頼んだ。あわせて、ちょっとゆっくりしたかったので「ドリンクバイキング」(208円)も注文した。

冷しタンタン麺

 これが「冷しタンタン麺」。正直に言って、あんまり期待してなかったんだけど、メニューに載っている写真通りのビジュアルで、なかなか旨そうじゃないの。
 挽き肉たっぷりの肉味噌に白髪ネギ、サンチュ、エビ、そして糸唐辛子。具材の彩りがいいんだよねぇ。

スープは少ない

「汁なしの担々麺なのかなぁ」と思ってよく見ると、少なめではあるがスープがちゃんとある。
 改めてメニューを見ると、

「麺とタレを良く混ぜてお召し上がりください」

という注意書きが小さく書かれていた。スープというより、油そばみたいなスープダレなのね。
 では、かき混ぜてみますか。

ワシワシとかき混ぜて…

 ということで、ワシワシかき混ぜたあとの姿がコレ。肉味噌とスープダレがいい感じに絡んで旨そうだ。

麺のアップ

 ではでは、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、参ったなぁ。チェーン店がこの値段で、こんな旨いラーメン出すのは反則でしょう。
 麺はよく冷水で引き締められていて、冷たく、そしてコシがある。これが肉味噌とスープダレによく絡めて食べると、旨いこと、旨いこと。途中、麺にラー油を垂らして食べると、これも旨い! もう一気に食べ切っちゃったよ。

残ったスープ

 で、麺を食べたあと、スープが残った。この中にはまだたっぷり挽き肉が残っている。
 さて、どうしたモノか……。

ご飯セットを注文

 やっぱりご飯だよね。スープバーの付いた「ごはんセット」(271円)があったので、私はこれを注文した。
 そして、お約束の……。

お約束のアイランド!

アイランド!!

 スープが少ないけど、たぶん味は濃い目なので、かき混ぜれば十分いい味になるだろう。

挽き肉がたっぷり残っていた

 ほらね、たっぷり残っていた挽き肉とうまく混ざり合って旨そうじゃないですか。これはもう見た目からして間違いない味だと思うけど、まあ、食べてみないとわからないからねぇ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 こりゃ旨いわ。これだけでも単品料理になると思うよ。
 いやあ、満足、満足、満腹、満腹。

 会計は合計で1107円。あとで気付いたのだが、「ごはんセット」ではなく「小ごはん」(124円)にすれば合計額が960円になり、1000円を切ることができた。ちょっと失敗したなぁ。まあ、1107円でも十分納得なんだけどね。

 いやいやこれは旨かった。オススメですね。



【東村山店DATA】
住所:東村山市久米川町4-3-35
電話:042-390-0251
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり


【秋津店DATA】
住所:東村山市秋津町2-13-1
電話:042-390-7001
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




結果的に満足だった中華ランチ

「隣の芝生はよく見える」という感覚なのかもしれないが、どうもほかの街と比べて東村山市にはファミレスが少ない気がする。回転寿司は1店もないしね。
 でもそんな東村山市に、珍しくも2店舗も出店しているファミレスがある。それは全国にチェーン展開している中華ファミレス「バーミヤン」。私はよく「バーミヤン秋津店」に行くのだが、もう1つ、鷹の道沿いに「バーミヤン東村山店」があるのだ。実はこっちの方が自宅から近いんだよね。
 ということで先日、ランチを食べに行ってみた。

 ランチメニューを見ると、「日替りランチ」(628円)をはじめ、「麺ランチ」(838円)、「おこのみランチ」(838円)など種類が豊富。写真を見る限り、どれも旨そうだ。私は迷った末、「おこのみランチ」の「中華丼&海老のチリソースランチ」を選択。「ごはん大盛り無料」と書いてあったので、大盛りでお願いした。

中華丼&海老のチリソースランチ

 で、しばらくして運ばれて来たのが、コレ。見た瞬間、「あれれ?」と私は思った。というのも中華丼がミニ丼っぽいからだ。メニューの写真を見ると、丼が大きくてちゃんと1人前という感じだったんだけどなぁ……何となくショボンとしてしまったが、まあ、エビチリとサラダ、それからお代わり自由のスープが付いて838円なら、まずまずかな。

中華丼

 中華丼はキクラゲとチンゲンサイの下にホタテと豚バラ肉がゴロゴロ。大盛りにしているから、よく見ると、ご飯のボリュームはかなりある。
 では、いただきますか……おおっ、さすがファミレス。ツボを外さない、いい味付けだね。パッと見ただけでは3つしか見えなかったホタテは、後から後から出てきて、ゴロゴロと6個ぐらい入っていたのではないだろうか。結構つゆだくで(この場合は「あんだく」と言うのだろうか?)、ご飯に染みていて、ボリュームのあるご飯も何なく食べることができた。

海老のチリソース

 エビチリはスパイシーさは控えめで、ケチャップの味がやや強め。これはこれで旨い。
 中華丼を食べては、エビチリをつまみ、サラダを食べ、スープを飲む。全部食べ終えた後、もう一度スープだけお代わりして飲み干し、完食。
 見た目に物足りなさを感じたものの、結果的にはお腹いっぱいになったし、満足のいくランチだった。





 なお、お店は違うけど、同じ「バーミヤン」であり、食べる料理内容に変わりはないので、今後「バーミヤン秋津店」「バーミヤン東村山店」の記事の扱いは一緒にします。



【東村山店DATA】
住所:東村山市久米川町4-3-35
電話:042-390-0251
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり


【秋津店DATA】
住所:東村山市秋津町2-13-1
電話:042-390-7001
営業時間:午前9時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」





料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR