東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


飲める中華料理店

 もともと中華料理店にはビールなどアルコールは置いてあり、「飲める」んだけど、それは「ご飯のついでにどうぞ」という感じだ。
 中華料理の一品料理はツマミになるけど、基本的にはご飯のおかずなので、量が多く、1人飲みにはあまり向かない。お店も積極的に「飲むだけでもOK」という感じではない。
 でも最近ではツマミを充実させた「飲めるラーメン屋」とかファミレスが増えているから、「中華料理店でも、チェーン系ではなく、個人店でそういうお店があるといいんだけどなぁ」と私は常々思っていた。

 で、先日のこと。友人と久米川駅周辺を徘徊し、久米川駅南口の中華料理店「笑顔(にこ)」の前を通ったのだが……。

笑顔

 お店を通り過ぎて、何気なく振り返った時にチラリと見えた置き看板に「ん? エエッ!」と驚いてしまった。

焼酎と日本酒のラインナップ

「プレミア焼酎、日本酒入荷しました」と、日本酒と焼酎の銘柄がズラリと書いてある。しかも「焼酎は全部500円です」だって。
 凄いなぁ。いつの間にこんなにお酒に力を入れだしたの? 「これは入ってみるしかないよね」と友人とともお店の中へ。

 テーブル席に座り、何気なく店内を見回すと……。

ツマミがあるよ

 エエッ、ツマミがあるの? あんまり中華とは関係ないラインナップだけど、200円からっていう価格設定はうれしいねぇ。
 ということで、お酒とともに早速、「豆苗炒め」(350円)を注文。

豆苗炒め

 お酒よりも先に「豆苗炒め」が出てくるあたり、さすが中華料理。これがシャキシャキとした食感で、ニンニクがバッチリ効いていて、旨いんだなぁ。早くお酒、来ないかなぁ(笑)。

「熟柿」という焼酎の水割り

 そこへ来ました、来ました。私が頼んだのは鹿児島県の芋焼酎「熟柿」の水割り。飲みやすくて旨いなぁ。

ご主人からウコンのサービス

 なぜか厨房からご主人がテーブルにやってきて、「これ、よかったら飲んでください」とウコンの錠剤をくれた。「いっぱいお酒を飲んでくれ」ということなのだろう(笑)。でも、こういう気遣いはうれしいなぁ。友人とともにありがたく飲ませてもらった。

ちょっとした小皿が出てきた

 ツマミとして「自家製餃子」(450円)を2人前頼んでいたのだが、それが来る前にこんな小皿を出してくれた。これもサービスみたいだ。いやあ、うれしいなぁ。

「自家製餃子」2人前

 しばらくして「自家製餃子」2人前が運ばれてきた。このお店の餃子は肉がたっぷりで、食べ応えがあるんだよね。

干鍋

 これは「干鍋(ガングォ)」(750円)。初めて見るメニューで、「四川麻辣野菜炒め」という説明書きがあったので頼んでみたんだけど、これはイケる! ご飯のおかずにもいいけど、お酒のツマミにピッタリ。山椒系の痺れる辛さと野菜の旨味がよく合っている。

友人が頼んだ「〆のラーメン」

 私は十分飲んでお腹いっぱいになったんだけど、友人は「〆のラーメン」(500円)を注文。一見、塩ラーメンみたいに見えるけど、これは以前に食べた白醤油ラーメンのようだ。ネギが乗っているだけの、具材のない素ラーメンだけど、飲んだあとの〆にはピッタリかも。


 いやあ、それにしてもわが家の近くに「飲める中華料理店」ができたのは、うれしいというか、危険だな(笑)。今度は日本酒をいただいてみるかな。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-9
電話:042-394-5623
営業時間:午前11時30分~午後2時/午後5時30分~11時
定休日:水曜
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2015/11/09 15:47 ] 【中華料理】 笑顔(栄町) | TB(-) | CM(0)

見た目は塩ラーメンだけど…

「さて、今日のお昼は何を食べようかなぁ」と思いつつ、久米川駅周辺を歩いていた私。
「そうだ、久しぶりにあのお店に行ってみようかな」と向かったのは、久米川駅南口にある中華料理店「笑顔(にこ)」

 カウンターに座り、メニューを手に取ると……あれ! 変わってる!

メニューが写真付きに

新しく追加されたメニューもある

 メニューを絞り込んでいるのは以前と同じだが、料理の写真が何点か載っている。これはいいねぇ。
 よく見ると、新メニューもあったりして。私が気になったのは、コレ。


*白醤油ラーメン(750円)


「白醤油」って確かにあるけど、ラーメンに使うとどうなるんだろうね? 写真を見ると、何だか塩ラーメンっぽいんだよね。でも、味は醤油ってことだよね。
 何だか気になってしまったので、私は「白醤油ラーメン」を頼むことにした。あわせて「自家製ぎょうざ」(450円)も注文。ちょっと贅沢なランチになってしまったけど、まあ、たまにはいいでしょう。

自家製ぎょうざ

 まず運ばれて来たのは「自家製ぎょうざ」。この焼き加減、さすがだね。中は挽き肉がたっぷり。食べ応えのある肉餃子だ。ビールが欲しくなるなぁ(笑)。

白醤油ラーメン

 と、そこへ「白醤油ラーメン」が登場。写真の通り、澄んだスープで、見た目はまさに塩ラーメン。

手まり麩にクコの実、玉子焼きが入っている

 乗っている具が面白い。手まり麩にクコの実、そして玉子焼き……普通のラーメンの具としてはちょっとお目にかからないモノが乗っている。食べてないから味のことまだ言えないが、ビジュアル的には彩り豊かでキレイだ。

柚子コショウが添えられている

 よく見ると、柚子コショウの入った小皿が添えられている。これで味変も楽しめるワケだ。

スープは塩ラーメンのように透き通っている

 では早速、スープから……。これ、どう見ても塩ラーメンのスープだよなぁと思いつつ飲んでみると……。

おおおっ! (゚д゚lll) 醤油味じゃないッスカ!!

「白醤油ラーメン」と書いてあるのだから、醤油味で当たり前なんだけど、見た目とのアンバランスで「エッ!?」と驚いてしまう。

麺のアップ

 このお店は麺を太麺や平打ち麺に変えることができるんだけど、今回は何も言わずに頼んでみた。麺は醤油ラーメンによく合う細い縮れ麺。何も言わないと、この麺なんだね。
 食べると、スープによく合っていて旨い。

 途中で、添えられている柚子コショウを少し入れてみると、キリッとスープの味が引き締まった。ただ、少し辛くなる。それをうまく中和させてくれるのが、ラーメンでは珍しい具材である手まり麩、クコの実、玉子焼きだ。どれも、ほんのりと甘さがあり、柚子コショウの辛さをうまく抑えて、スープの旨さを引き出している。

スープを飲み干して完食

 いやあ、気が付くとスープを飲み干してしまった。バカ旨というワケじゃないけど、見た目と味のギャップが楽しいラーメンだよ。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-9
電話:042-394-5623
営業時間:午前11時30分~午後2時/午後5時~11時
定休日:水曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。







[ 2013/12/20 10:18 ] 【中華料理】 笑顔(栄町) | TB(-) | CM(2)

意外と旨い中華料理店の生姜焼き

 この夏、久米川駅南口の中華料理店「笑顔(にこ)」の前を通るたびに気になっていたのが、入り口横のこの貼り紙。

「冷やし中華」が気になるんだけど…

「冷やし中華」と書いてあるんだけど、それだけなら別に何の問題もない。このお店には「1日10皿」限定の豪華な「冷やし中華」(1000円)があるからだ(記事はこちら)。
 気になったのは、その下に書いてある値段。「850円」と書いてあるんだよね。「1日10皿」限定の豪華な「冷やし中華」とは別バージョンというワケなのだろうか?
 気になるから食べてみようと思い、お店に入ったものの、この時はすでに9月の下旬だったので、「記事として紹介する時には終わっているかも……」と思った私。方針を変更して、「生姜焼き ライス・スープ付き」(850円)を頼むことにした。

 生姜焼きと言えば、定食屋の定番メニューだけど、中華料理店でも割と出すお店がある。中華料理店のカツ丼が意外とイケるように、中華料理店の生姜焼きも実は侮れないんだよね。

生姜焼き、ライス・スープ付き

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。メインの生姜焼きに、ご飯とスープ、そしてお新香が付く。まずはスープをひと口。味噌汁ではなく、スープってところが中華料理店なんだけど、このお店のスープって旨いんだよなぁ。

生姜焼き

 メインの生姜焼きはご飯が進む、ちょい濃いめの味付け。生姜の風味がバッチリ効いていて旨い。ボリュームもあるし、ご飯を大盛りにしなかったことをちょっぴり後悔。でも今の私には、腹八分目がいいんだよね。ガッツリ君はぜひ大盛りでどうぞ。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-9
電話:042-394-5623
営業時間:午前11時30分~午後2時/午後5時~11時
定休日:水曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2012/10/16 05:07 ] 【中華料理】 笑顔(栄町) | TB(-) | CM(4)

滝汗間違いなしの担々麺

 暑い時はサッパリしたモノをと考えがちだ。でも、暑い時こそ辛いモノを食べて汗をかいて涼をとる……という考え方もある。
 この日はあまりに暑くて、思考回路がすでに溶け気味だった私。

「よし、こうなったら滝汗をかいて涼しくなってやろうじゃないか」

と妙な決意をして家を出た。向かった先は、久米川駅南口の中華料理店「笑顔(にこ)」。で、頼んだのは「四川坦々麺」(850円)。しかもよせばいいのに「大辛で」とお願いしてしまった。

四川坦々麺

 これが「四川坦々麺」。こぢんまりとした白い器に入って、おとなしい雰囲気だけど、これがなかなか手強いんですよ(笑)。

ゴマと山椒の香りがいい感じ

 スープからはフワッとゴマと山椒の香りがする。そうなんですよ、この「四川坦々麺」、ラー油の辛さに加えて、山椒の痺れがあるんですよね。

辛さもあるけど旨味もたっぷりのスープ

 まずはスープをひと口。辛さはあるんだけど、すぐにゴマの甘さが来て、山椒のヒリヒリした痺れが追いかけてくる感じ。いやあ、辛さの程度で言えば、辛いモノ好きな人には「大辛でコレなの?」と思うかもしれないけど、普通の人には旨味を感じられるギリギリの辛さだと思う。だってスープをひと口飲んだだけで、すでにジワッと汗がにじんできたからね(笑)。

麺のアップ

 麺はスープがよく絡む細い縮れ麺。ではでは、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、久しぶりに食べたけど、これは旨いよ。7年前に食べた時は辛さの耐性がそれほどなかったから、最後は舌がおかしくなってしまったけど、今回は最後まで旨さを感じながら食べることができた。

スープが残ったので…

 さて、この残ったスープをどうしようかなぁ。まだ底には挽き肉がたっぷりと残っている。
 となると、やっぱり……。

ライスを注文

 ライス(200円)を注文だよね(笑)。そして……。

アイランド!

アイランドじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 しっかりレンゲでかき混ぜたあと、ワシワシと食べる。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 でも麺で食べた時より辛さが増すのか、汗が滝のように噴き出してきた。汗がただ出るだけならいいんだけど、目に入って染みて痛い、痛い(笑)。

食ったどーッ!

 ハンカチをグッショリと濡らしつつ完食! 「大辛」ということで入っていた3つの鷹の爪は、申し訳ないけど残してしまった。さすがにこれは食べられないです。

 お店を出ると、モワッとした暑さがまとわり付いてくるけど、滝汗のお陰でしばらくは涼しく過ごすことができた。暑い時の辛い料理チャレンジ、たまにはいいかもね(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-9
電話:042-394-5623
営業時間:午前11時30分~午後2時/午後5時~11時
定休日:水曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2012/07/26 00:00 ] 【中華料理】 笑顔(栄町) | TB(-) | CM(4)

黒焼そば食べ歩き2012 エントリーNO.4

【これまでの食べ歩きリスト】
2012年04月23日「どんどん」
2012年04月24日「グリム館」
2012年04月26日「ローラル」




 今回行ったお店は、久米川駅南口にある中華料理店「笑顔(にこ)」。このお店は2年前の「黒焼そば食べ歩きキャンペーン」では、こんなメニューを出していた。

黒焼きそばのチャーハン

「黒焼きそばのチャーハン」というそば飯だ。レタスが入っていて彩りもよく、味も抜群だった。
 でも今年は違うメニューを出していると聞いたので行ってみることにしたのだ。

 店内を見回すと……あった、あった。「黒焼炒麺」(900円)と書いてある貼り紙を発見。早速、注文してみた。
 しばらくして運ばれて来た「黒焼炒麺」を見てビックリ!

黒焼炒麺

エエッ! (゚д゚lll) こう来ましたか!!

 このスタイルは見たことがある。以前、このお店で食べて超旨かった「什景炒麺(五目焼きソバ)」と同じスタイルだ。

こんがりと焦げ目が付いている

 麺に付いたこのキツネ色の焦げ目! カリッとした食感が目から伝わってくる。

ナイフで切ると…

 添えられているナイフでザックリと麺を切ると……おおっ、中には「東村山黒焼そばソース」で味付けした五目あんが入っている。
 今ひとつよくわからないだろうから、麺をめくってみると……。

麺の下はこんな感じ

 こんな感じ。ニンジン、モヤシ、タマネギ、ニラ、豚肉と具材たっぷりの“黒五目あん”。

下のあんかけと一緒にいただきま~す

 ではでは、あんと共にいただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、これは参った。旨いし、ボリュームもハンパないから途中からお腹パンパンになってきたよ。それでも麺を食べ終え、残った“黒五目あん”をスプーンでキレイにすくって食べて完食。
 まさに「お見事!」という感じの黒焼そばメニューだね。満足、満腹、ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-9
電話:042-394-5623
営業時間:午前11時30分~午後2時、午後5時~11時
定休日:水曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
美味しい餃子を通販でお届け!餃子工房 RON





[ 2012/04/30 07:39 ] 【中華料理】 笑顔(栄町) | TB(-) | CM(0)

花椒の効いた本格的な麻婆豆腐

 街の中華料理店が出す麻婆豆腐は、基本的に「子どもでも食べられるように」という配慮からなのか、それほど辛くなくて食べやすいモノが多い。それはそれで私は好きなのだが、やはりたまに花椒の効いた辛さ&痺れのある本格的な麻婆豆腐を食べたくなる。
 そこで今回は、読者からの情報に基づいて、久米川駅南口の中華料理店「笑顔(にこ)」に行ってみた。このお店の「四川麻婆豆腐」が、かなり本格的なのだというのだ。

 カウンターに座り、メニューを見ると……あった、あった。「四川麻婆豆腐」は単品だと650円で、ライスとスープを付けると850円。もちろん私は、ライスとスープを付けて注文した。

四川麻婆豆腐

 これが「四川麻婆豆腐」。おお~、色からして本格的じゃないの。

たっぷりと花椒が振りかけられている

 近づいて見ると……うわっ、花椒がたっぷりと振りかけられている。いいね、いいね。
 豆腐も1つ1つが大きくてたっぷり入っている。

辛い鷹の爪が2つ

「辛めでお願いします」と言ったせいなのか、鷹の爪が2つも入っている。
 では、いただきますか。スプーンですくって、麻婆豆腐だけをパクッ……おおっ、辛いけどそれほどヒーヒー言ってしまうほどの辛さではなく、旨さをシッカリ感じ取れる辛さ。そして花椒の香りが旨さを増幅させ、食べ終えたあと、舌にピリピリと痺れを残していく。
 ご飯と一緒に食べると、旨い、旨い。黙々と食べ進み、アッと言う間に完食してしまった。
 豆鼓もちゃんと入っていたし、これは本当に本格的。いやあ、どうして今まで食べなかったんだろう。これからは本格的な麻婆豆腐を食べたくなったら、このお店に来よう。自宅から近いしね(笑)。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-9
定休日:水曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/11/21 00:29 ] 【中華料理】 笑顔(栄町) | TB(-) | CM(0)

黒焼そば食べ歩き2010 エントリーNO.11

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年分46店
2010年04月03日「ますも庵」
2010年04月04日「竜苑」
2010年04月05日「まごころ亭」
2010年04月06日「まるみ」
2010年04月09日「美・ちゅら」
2010年04月11日「上海酒家 好(はお)」
2010年04月13日「しげ老鮨」
2010年04月13日「illuminazione(イッルミナツィオーネ)」
2010年04月15日「ダイヤ寿司」
2010年04月22日「氣ごころ」




 この黒焼そばキャンペーンでは、中華料理店はオーソドックスに黒焼そばソースを使った焼きそばを出すお店が多い。でも、久米川駅南口の中華料理店「笑顔(にこ)」は何か違うメニューを出してくるんじゃないかと期待しつつ、私はお店に向かった。

 お店の前には例の幟が出てないから、「本当にキャンペーンに参加しているのかなぁ」と一瞬、入るのをためらったが、よく見ると、入り口横にキャンペーンのポスターが張ってあった。
「おっ、やっぱりやってるんだ」そう思った私はお店に入り、カウンターに座った。

 メニューには黒焼そばキャンペーン用の料理は載ってなかったので、店内の壁を見回してみた。すると……あった、あった!

「黒焼きそばのチャーハン」(750円)

 ん? どういう意味だろう? 黒焼そばソースを使ったチャーハンということだろうか?……たぶんそうだろうと思いつつ、私は「黒焼きそばのチャーハン」を注文した。

黒焼きそばのチャーハン

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。
 うん、やっぱり思った通り、黒焼そばソースを使ったチャーハンだ。私は自宅で黒焼そばソースを使ったチャーハンをつくったことがあるけど、このソースはご飯にもよく合うんだよね。
 野菜たっぷりのスープも付いている。黒チャーハンだけど、レタスの緑、玉子の黄色、紅生姜の赤、そして器の白とスープ、全体的にバランスの取れた彩りだと思う。

よく見ると焼きそばが入っている

 黒チャーハンはレタスと玉子のほか、豚肉とイカが入っている。それから長細いのは細切れのモヤシかな……と思ったら、よくよく見ると、それは中華麺だった。
 あっ、なるほどね。これは黒焼そば入りの黒チャーハンなんだ。だから「黒焼きそばのチャーハン」という料理名なんだね。

 ではでは、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、やっぱりプロは違うねぇ。自分でつくる黒焼そばソースを使ったチャーハンと全然違う。こっちの方が断然旨い。レタスがまたいい味と食感を出しているんだよね。
 いやいや、期待通りのいい仕事っぷり。ご主人、お見事です。ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-9
定休日:水曜



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/04/23 20:13 ] 【中華料理】 笑顔(栄町) | TB(-) | CM(0)

決定!私のキング・オブ・五目焼きそば

 ブログの掲示板にとっても気になるコメントが寄せられた。

笑顔(ニコ)の五目焼きソバはなかなか面白いです。
あんかけが引き詰めてあってその上にかりかりのソバが乗っています。
最後までカリカリの食感を楽しめるようにそのようにしたという事です。
他にもちょっと面白い心使いがありますので是非お試しください。
テーブルのお品書きには書かれていませんが壁に貼って有ります。


 これって、ひょっとするとあの有名な横浜中華街の「梅蘭」と同じタイプの五目焼きそばってこと? 
 五目焼きそばが大好きな私にとっては、この上もない飛び切りの情報なんだけど、仕事でなかなか行くことができず、情報をもらって3週間後の先日、ようやく久米川駅南口の中華料理店「笑顔(にこ)」に行くことができた。

 メニューを見ると、確かに載っていない。そこで店内の壁を見回すと……あったあった!

「什景炒麺(五目焼きソバ)」(900円)

 期待を込めて注文し、しばらく待っていると……。

五目焼きソバ

キタ──ヽ('∀')ノ──!!!

 いやいや、来ちゃったよ。まさか東村山でこのスタイルの五目焼きそばに出合えるとは……ホント、感激!

 ナイフとスプーンが添えられているのは、麺をナイフで切って、中の五目あんをスプーンですくい取るように、ということだろう。
 ちゃんとカラシの入った小皿が付いているのもいいねぇ。

麺の表面はカリッ

 でも何よりいいのは、この少しキツネ色に焦げて、いかにもカリッとしていそうな、この麺だよ! もうたまんない。このビジュアルに完全KO。

 では、ナイフ、行きま~す!

ナイフで麺を切ると、具だくさんのあんがトロリと出てくる

グハッ (゚д゚lll) 何たるビジュアル!!

 もう写真は止め、止め! 食うぞ! 食ったるぞぉ! 小皿のカラシを麺にチョンと付け、箸で麺を持ち上げると、おもむろにガブッ……。

メチャクチャ旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやもう、たまんないです。五目あんはとっても具だくさんで、前回食べた「鉄鍋五目御飯」と同じだと思うけど、このカリカリ麺と一緒に食べる方が断然旨い。

 普通の五目焼きそばは、麺の上に五目あんが乗っているから、食べているうちにカリカリの麺が汁を吸ってフニャフニャするんだけど、この「五目焼きソバ」の場合、この情報をくれた李玉鈴さんも書いていたけど、麺が上に乗っているから、いつまでもカリカリ状態。これはいいよね。
 途中、スプーンで五目あんをすくって麺にかけたり、直接口に放り込んだり、いろんな食べ方をしながら完食!
 いやいやいや、ボリュームも満点だし、言うことなし! 気になるのは「五目焼きソバ」の張り紙に書いてあった「期間限定」の文字。一体いつまでなんだろう? これは何としても、もう1回、いやもう2回食べたいなぁ。

 東村山に引っ越してきて、いろんな五目焼きそばをこれまでに食べてきたけど、私の中では間違いなくこの「五目焼きソバ」がナンバーワン。いや、もうキングだね。キング・オブ・五目焼きそばだよ。
 五目焼きそばが好きな人には超オススメです!



【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-9
定休日:水曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




[ 2009/12/28 18:46 ] 【中華料理】 笑顔(栄町) | TB(-) | CM(0)

具だくさんの五目ご飯

 久しぶりに久米川駅南口の中華料理店「笑顔(にこ)」に入った私。というのも、このお店で食べたい料理があったことを思い出したからだ。
 その料理とは、「鉄鍋五目御飯」(950円)。料理名から何となく内容がわかる感じがするんけど、よくよく考えてみると、「どんな料理なんだろう?」と悩んでしまう。
 たぶん熱々の鉄鍋で出されるのだろうが、問題はその中身だ。普通に五目ご飯が入っているのかなぁ……中華料理なんだから、そんなワケないよね。

 ということで、以前から抱いていた疑問を解決するべく、私は「鉄鍋五目御飯」を注文した。

鉄鍋五目御飯

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。鉄鍋の中は、ナント、中華丼だった。
 考えてみれば、そうだよね。中華料理で五目入ったご飯と言えば、中華丼だよ。

「よくかき混ぜてから、お食べください」と店員さん。なるほど、かき混ぜるためにスプーンが2つあるのか。それにしてもボリューム、あるなぁ。

スープは後から来た

 こちらは後から運ばれて来たスープ。「鉄鍋五目御飯」をメインに、スープと香の物が付くワケだ。

とにかく具だくさんなのだ

 全体的なボリュームもさることながら、この具だくさんぶりが凄い! 「五目」どころの話じゃないよ。シイタケ、キクラゲ、シメジ、フクロダケ、マッシュルームとキノコだけで5種類入っている。海鮮類はイカ、ホタテ、エビ、野菜は白菜、ニンジン、ピーマン、パプリカ、ヤングコーン、クワイ、タケノコ、ギンナンなどなど。これにさらに豚肉、ウズラの玉子などが入っているのだから、「凄い」としか言いようがないよね。

 2つのスプーンでかき混ぜると、ところどころにオコゲがあって、これがまた旨そう!
 ではでは、いただきま~す……。

アチチッ!!

 かなり熱々だ。でも……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、これはいいねぇ。食べると体がホカホカしてくる。これから寒くなる季節にピッタリの料理かも。
 最後まで熱々で、食べ終えると、もうお腹いっぱい。猫舌の人はやめておいた方がいいと思うけど、そうでない人にはオススメだね。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-9
定休日:水曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




[ 2009/09/20 17:23 ] 【中華料理】 笑顔(栄町) | TB(-) | CM(0)

宝探し的ワクワク感のあるラーメン

 寒いときに食べたくなる、体を温める食べ物と言えば、まず思い浮かぶのが辛い系だ。韓国料理のユッケジャン、中華料理の担々麺なんかいいよねぇ。次に思い浮かぶのが、あんかけ系のラーメン。広東麺がその代表格かな。
 で、先日のこと。広東麺が無性に食べたくなっちゃったんですよね。ということで、入ったお店は、久米川駅南口の中華料理店「笑顔(にこ)」
 が、メニューを見ても「広東麺」の文字がない。「しまった」と思いつつ店内を見回すと「五目うま煮そば」(850円)と書かれた張り紙を発見。これって「広東麺」のことでしょ?……そう思った私は「五目うま煮そば」を注文した。

 しばらくして運ばれて来たのだが、ひと目見てまずビックリしてしまった。

五目うま煮そば

 だってコレだよ! 左上にある湯のみと比較して欲しいんだけど、とにかく丼がデカい! 「ナンじゃこりゃあ!」と松田優作なら叫んだであろうデカさだ。

とにかく具だくさんなのだ

 しかもよく見ると、かなりの具だくさんなんだよね。早速、いただきますか。
 まずはスープをひと口……ああ、コレだよ、コレ。ホッとする醤油ベースのスープ。旨いなぁ。

麺のアップ

 麺は緩い縮れの細麺。あんが絡んで旨いこと、旨いこと。
 でもこの「五目うま煮そば」で特筆すべきなのは、何よりも具材の豊富さだね。
 写真からわかるエビ、ヤングコーン、うずらの玉子、ニンジン、白菜、ピーマン、パプリカ、タケノコ、シイタケのほかにフクロダケ、シメジ、クワイ、豚肉、さらには銀杏まで入っていた。
 麺を食べ終えた後、「何が出るかな」という感じでスープをすくい続け、気が付くと全部飲み干していた。たぶん私は1人で「おっ、銀杏、見っけ」などと心の中で思いつつニヤニヤしながら食べていたと思う。でもね、そういう楽しい気分にさせてくれるラーメンなんですよ。
 完食後はお腹いっぱい、体ぽっかぽか。いやあ、これはいいメニューだよ。ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-9
定休日:水曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」






[ 2009/03/01 19:18 ] 【中華料理】 笑顔(栄町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR