東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

惜別のサンマーメン

 ちょっと寂しい気持ちを抱きつつ、やって来たのは、本町の鷹の道沿いにある中華料理店「どんどん」

どんどん

 なぜ「寂しい気持ち」を抱いていたかというと、友人からこのお店が閉店するという話を聞いていたからだ。ウソであって欲しいと思いつつ、お店に近づくと……。

閉店告知の貼り紙

 やっぱり閉店ですか。ちょっとここ数年、まちの中華料理店の閉店が多過ぎるよ。
 まあ、事情があってのことだろうから、仕方ないのだろうけど、寂しいなぁ。7月29日までなのかぁ。最後に食べるのは、やっぱりアレだよね。

やっぱり最後に食べるならコレだよね

 この幟のメニューがウリだもんね。最後に食べるなら、コレしかないでしょう。

 店内に入ると、ご主人と奥さんが仲睦まじく切り盛りしている。お二人ともすごく元気そうだ。だとしたら、どうして閉店しちゃうんだろうか?……そんなことを思いつつ、私は「サンマーメン」(700円)を注文した。

サンマーメン

 しばらくして「お待ちどうさま」と運ばれて来たのが、こちら。これが“幻のサンマーメン”だ。
「サンマーメン」についてのウンチクは、このお店を最初に紹介した2005年の記事に書いてあるので、興味のある人は読んでみてください。

野菜あんかけと醤油スープのコントラストがいいんだよね

 考えてみれば、このお店のウリである「サンマーメン」を食べるのは、2005年の取材以来だから、8年ぶりになるのか。
 でも、たっぷりの野菜あんと醤油スープのコントラストは変わらないなぁ。値段も8年前と同じだ。

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。トロみの強い野菜あんに絡めながら食べていると、次第に野菜あんが醤油スープに溶け出して、微妙に味が変化していく。これが何とも楽しいんだよね。
 本来は途中で酢をかけるのが、「サンマーメン」の食べ方なんだけど、最後だから自分がやってみたい食べ方を試してみた。

ちょっと邪道だけどラー油を垂らしてみた

 ラー油を少し垂らして、ズズズッ……ああ、思った通り、いい味だ。
 そして酢をひと回しして、サッパリとした味わいに変化させ、スープまで全部飲み干して……。

スープを飲み干して完食

 完食! 別に狙ったワケじゃないんだけど、丼に書かれた「どんどん」の文字に光が当たっていて、まるで「忘れないでくれよ」と言っているようだ。

とっても美味しゅう(´ ▽`).。o♪♪ ございました!

 会計の際、ご夫婦に「お二人とも、とても元気そうなのにどうして閉店なんですか?」と聞いてみた。すると奥さんは右手で鍋を振るうポーズをしながら、

「二人とも、35年も鍋を振ってきたから、もう腕がね」

と話し、左手で右肩をさすった。
 そうでしたか。この地で35年間も頑張って来られたんですね。本当にご苦労さまでした。そして、今まで美味しい料理をありがとうございました。




【DATA】
住所:東村山市本町3-6-12
電話:042-394-3292
営業時間:午前11時30分~午後8時15分
定休日:火曜(祝日の場合は翌水曜)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。







スポンサーサイト

黒焼そば食べ歩き2012 エントリーNO.1

 今年も始まった「黒焼そば食べ歩きキャンペーン」。4月1日からのスタートだから、かなり出遅れてしまったけど、これから食べまくって盛り返すつもりだ。

 ということで、最初のお店として選んだのは鷹の道沿いにある「サンマーメン」がウリの中華料理店「どんどん」だ。このキャンペーンは2009年から始まったのだが、このお店はその第1回目から参加していて、私も3年前に食べたことがある

「食べたことがあるなら、また取材で行くことないじゃん」と思うでしょ。私もそう思って第2回目と第3回目のキャンペーンでは紹介しなかったんだけど、今回、「ポールスタア」のキャラクターであるよしくんのツイッターを見て「これは行かなきゃ」と思ったんだよね。
 というのも、よしくんが紹介していた「どんどん」の「東村山黒焼そば」(650円)の写真が、以前食べたモノと変わっていたんですよ。
 どんな風に変わっていたかというと……まあ、それは見てのお楽しみ。

 早速、お店に行き、カウンターに座って「東村山黒焼そば」を注文。しばらくして、来た来た来たーッ!

東村山黒焼そば

 これがリニューアルしたこのお店の「東村山黒焼そば」だ。食べたことのある人なら、変化は一目瞭然だよね。
 エッ? わからない? じゃあ、これを見て。

3年前に食べた「東村山黒焼そば」

 これは3年前に食べた「東村山黒焼そば」。もうわかったでしょ?

玉子が乗っている!

 そう、生玉子が乗っているんですよ。黒焼そばに玉子を乗せるお店は割とあるけど、大抵は目玉焼きだったり、温泉玉子だったり、オムライス風だったりするんだよね。生玉子を乗せるパターンはひょっとしたら初めてかも。

 でも、いきなり黄身を崩すのも何だから、まずはそのままでいただいてみますか……おっ、何となく以前よりも味にコクがあるような感じ。旨いじゃない。

黄身を崩して…

 それでは黄身を崩して……いやあ、このビジュアル、たまんないねぇ。

黄身を絡めていただきま~す

 ではでは、黄身をシッカリと麺に絡めて、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 少しスパイシーな黒焼そばが、黄身の甘さでマイルドになって旨いねぇ。ヌルンとした白身もいい感じで麺に絡んで、黄身とは違う味わいで旨い。
 黄身を崩してからは食べるスピードがアップし、すぐに食べ終えてしまった。

 スープを飲み、「食べたなぁ」と思いつつ前にある写真付きの「東村山黒焼そば」のメニューを見ると……。

あれ?何か違うような…

 あれ? 何か違うような気が……。
 あっ、そうか! 紅生姜が付いてなかったんだ。まあ、そういうこともあるよね(笑)。

最初のシールをゲット

 ということで、最初のシールをゲット。

食べ歩きのスタートだ

 さあ、ここから私の黒焼そば食べ歩きがスタートだ!




【DATA】
住所:東村山市本町3-6-12
電話:042-394-3292
営業時間:午前11時30分~午後8時15分
定休日:火曜(祝日の場合は翌水曜)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
美味しい餃子を通販でお届け!餃子工房 RON





思った通りの醤油スープに大満足

「サンマーメン」をウリにしている鷹の道沿いにある中華料理店「どんどん」。「サンマーメン」こそ700円と、ちょいと値を張るけど、メニューを見ると700円以下のラーメンはいっぱいある。

*ラーメン(500円)
*ワンタン(500円)
*タンメン(630円)
*わかめラーメン(630円)
*コーンラーメン(630円)
*味噌ラーメン(630円)
*メンマラーメン(630円)
*カレーラーメン(630円)
*野菜ラーメン(630円)
*ワンタンメン(630円)


 この中で私が気になったのは「野菜ラーメン」。なぜかというと、単に野菜炒めが乗っているだけなら「タンメン」でいいハズなのに、あえて「野菜ラーメン」という別メニューがあるということは……スープが違うということだよね、きっと。「タンメン」は普通、塩味だから、「野菜ラーメン」はたぶん醤油ベースのスープなのだろう……と推測してみたものの、正解かどうかはわからない。
 ということで、私は「野菜ラーメン」を頼んだ。

野菜ラーメン

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。うんうん、予想通りだ。

醤油ベースの鶏がらスープに野菜炒めの油が溶け込んでいく

 これこれ、この感じ。醤油ベースの鶏がらスープに野菜炒めの油が溶け込んでいく、この感じがいいんだよね。では、レンゲでスープをひと口……ああ、旨い。決してバカ旨じゃないけど、ホッとする旨さだね。

麺のアップ

 麺はかなりの細麺。だけど、そんなにクッタリとはしてなく、歯応えがあって旨い。野菜と一緒に食べると、さらに旨いんだよね。
 スープを飲み干して完食。ラーメンのスープを飲み干すのは体に良くないと思うんだけど、野菜の旨味が溶け込んだこのスープは飲んじゃうなぁ。
 ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市本町3-6-12
電話:042-394-3292




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

完全汁なしの冷やし担々麺

 ある夜のこと。たまたま鷹の道沿いにある中華料理店「どんどん」の前を通りかかったら、こんな張り紙が目に入った。

表に張り出された新メニュー

 エエッ、このお店まで冷やし担々麺を始めたんだ。ちょっとビックリ。
 というか、冷やし担々麺って今年のブームなんだろうか? ブームと言えば、今年は汁なしの冷やし担々麺が多い気がするんだけど、このお店はどうなんだろうか?

 気になった私は早速お店に入り、「冷しタンタン麺」(750円)を注文した。

冷しタンタン麺

 これが「冷しタンタン麺」。よく見ると、汁が全くない。今まで食べた冷やし担々麺は「汁なし」とは言っても、スープだれみたいな感じで少しは入っていたから、ここまで完全汁なしは初めてかも……というか、コレってジャージャー麺じゃない?

 まあ、そんな疑問はさておき、食べてみようじゃないですか。
 全体的に混ぜ混ぜして、肉味噌が麺に絡んだところでいただきま~す……おっ、これはなかなか旨いんじゃないの。肉味噌の適度な辛さとキュウリのサッパリ感が合っている。
 で、麺を食べ終えると……。

残ったのは見事に肉味噌のみ

 こんな感じで肉味噌が残る。やっぱり汁はなし。さてさて、どうしたモノかなぁ。このまま肉味噌を食べてしまうか、それとも……。

半ライスを注文

 やっぱり半ライス(100円)を注文してしまいました。

アイランド…という感じではないな

 一応、お皿に半ライスを入れたものの、「アイランド」という感じには程遠い。

かき混ぜたあと、ラー油をひと回し

 それでもレンゲでワシワシとかき混ぜ、最後にラー油をひと回しすると、いい感じに仕上がった。食べてみると、なかなかイケる。

 それにしても、冷やし担々麺っていろいろあるんだねぇ。ブームならちょっと極めてみようかなぁ。



【DATA】
住所:東村山市本町3-6-12
電話:042-394-3292




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




黒焼そば食べ歩きエントリーNO.4

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年04月02日「ほや」
2009年04月03日「いなげや市役所前店」
2009年04月04日「幸多加(こたか)」



 サンマーメンがウリの、鷹の道沿いにある中華料理店「どんどん」。どうやらこのお店も黒焼そばのキャンペーンに参加しているらしい。
 幟が立っているのはもちろん……。

おっ、このお店も参加しているようだ

 お店の入り口近くには、こんな張り紙までしてある。このお店の「東村山黒焼そば」は650円らしい。よし、じゃあ入って食べてみよう。

これが「東村山黒焼そば」

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。真ん中にチョンと乗った紅生姜の赤が際立つほど黒い。

見事に黒い

 近くで見ると、キャベツや豚肉、ニンジン、モヤシが入っているのがわかるが、全体的に見事に黒い。このお店は、オーソドックスに焼そばをつくるスタイルで、ソースだけ「ポールスタア」の「東村山 黒焼そばソース」に変えたようだ。
 見た目は悪いが、味はなかなかいい。「東村山 黒焼そばソース」自体が結構旨いからね。

 このお店はご夫婦で切り盛りしているのだが、食べ終えると奥さんが「どうでしたか?」と聞いてきた。「まだ試行錯誤なんで、お客さんにいろいろと聞いているんですよ」とご主人。
 話を聞くと、お客さんは一様に見た目のことを口にするという。確かに一緒に炒めると、全体が黒くにってしまい、彩りがよくないからねぇ。私は「参考になるかどうか、わからないけど」と前置きして、これまで食べてきたお店の出し方をご夫婦に話した。

 だけどマネしたって仕方のないことで、お店独自の個性ある黒焼そばに変化して欲しいなぁ……と思いつつ、お店を出た私。しばらく歩きながら考えて、ハッとあることに気付いた。
 このお店って、サンマーメンがウリじゃないか。トロみのある野菜あんを、豚肉だけで炒めた黒焼そばにかけるってのはどうだろうか? 結局は混ぜて食べるから、彩りは悪くなるけど、最初の見た目はいいんじゃないかなぁ。
 でも果たして野菜あんと黒焼そばのソースは合うだろうか?……やっぱり素人の思いつきじゃダメだよね。試行錯誤をしているというから、またしばらくしたら行ってみようっと。



【DATA】
住所:東村山市本町3-6-12
電話:042-394-3292





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




中華料理店の看板メニュー

 中華料理店の看板メニューと言えば、「ラーメン」「チャーハン」「ギョーザ」……まあ大体、こんなところだろう。
 鷹の道沿いにある中華料理店「どんどん」の場合は、「ラーメン」ではなく「サンマーメン」が看板メニューとなっている。でも、このお店、「サンマーメン」のほかに意外なモノを看板メニューにしている。私もつい先日まで気が付かなかったのだが、ふと看板を見たら……。

看板には「カツ丼」の文字が

「サンマーメン」「ギョーザ」の文字の下に、ナント「カツ丼」と書いてあるではないか!
 中華料理店の看板メニューに「カツ丼」? 「新々飯店」「昭和軒」のように、なぜかカツ丼が旨い中華料理店があるのは知っているが、看板メニューにしている中華料理店は初めて見たよ。

 何だかとっても気になってきたので、私はお店に入ってカツ丼を食べることにした。カウンターに座り、メニューを見てまたビックリ。ナント普通の「カツ丼」(780円)のほかに、「上カツ丼」(930円)があるのだ。まるで、とんかつ屋さんだよ。
 迷った末、私は「上カツ丼」を頼んでみることにした。

これが「上カツ丼」

 しばらくして出て来たのがコレ。一緒に出されたのが味噌汁ではなく、スープというところで、かろうじてココが中華料理店だということがわかる。

「上カツ丼」のアップ

 よく見ると、ちょっと色が濃いかな。味付けそのものが濃いめなのかもしれない。

結構お肉は分厚い

 お肉はホラ、結構、分厚い。では、いただきますか。
 シッカリとした食べ応えと、少ししょっぱめの味付けで、ご飯が進む。食べ終えると「肉を食った」という満足感。やっぱり中華料理店のカツ丼って、侮れないよね。本気で中華料理店のカツ丼巡りをしてみようかなぁ。


【DATA】
住所:東村山市本町3-6-12
電話:042-394-3292





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」





ど真ん中ストライクのレバニラ炒め

 ある夜のこと。夕食を食べようと思い、私は何も考えずにたまたま自転車で通りかかった中華料理店「どんどん」に入った。取材する気などサラサラなく、「ちょっとこってりしたモノを」という考えから「レバニラ炒め定食」(800円)を頼んだ。

 出て来たレバニラ炒めは、小さなお皿に盛られていて、見た目は量が少ない感じ。「まぁ、こんなモノだろう」と思いつつ、ひと口食べた途端、箸が止まらなくなってしまった。
 旨いんですよ! もろ私好みの味付け。これまで東村山で食べてきたレバニラ炒めの中では間違いなく一番自分好み。
「何で写真を撮らなかったんだろうなぁ」と思いながら完食し、私はお店を後にした。

 数日後、どうにもこうにもあの味が忘れられなくて、私はまた「どんどん」へ行き、「レバニラ炒め定食」を注文した。

レバニラ炒め定食

 しばらくして出て来たのがコレ。ボリューム的には何となく少なく感じるでしょ。このレバニラ炒めにご飯とスープ、そしてタクアン。シンプルな普通の構成の定食だ。

レバニラ炒めのアップ

 だけどね、このレバニラ炒めが旨いんだなぁ。ちょっとしょっぱめの味付けなんだけど、ニラとレバーの甘さのせいで、口の中でバランスが取れるんですよ。レバーも臭みがなくて柔らかいし、ニラもシャキシャキしている。
 かつて私が「旨い、旨い」と毎日のように食べていた中華料理店のレバニラ炒めの味なんですよね。私個人の“舌の思い出”が入っているせいもあるけど、これは私にとってど真ん中ストライクの味。しばらくハマッちゃいそうです。


【DATA】
住所:東村山市本町3-6-12
電話:042-394-3292





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」





どんどん食べられる丼モノ

「幻のサンマーメン」という幟でおなじみの、鷹の道沿いにある中華料理屋「どんどん」。前回行った時に、このお店で気になるメニューを見つけちゃったんですよね。

「どんどん丼」(700円)。

 お店の名前を冠しているだけに、メニューの中の「当店自慢」という項目に入っているのだが、どういう料理なのかサッパリ想像がつかない。というワケで先日、お店に行ってきました。
 注文する前にお店の人に「この『どんどん丼』って、どういうモノなんですか?」と聞いてみた。すると、「玉子丼ってあるでしょ。あれだけじゃ栄養がつかないから、たっぷりの野菜とお肉を入れたモノなんですよ」という答え。うーん、何となくわかったような、わからないような……。まあ、出てきてからのお楽しみということで、「どんどん丼」を注文。しばらくして、謎の「どんどん丼」が運ばれてきた。

これが「どんどん丼」だ

 一見すると、他人丼に似ている気もするが、キャベツの緑やニンジンの赤がチラチラ見えて、こっちの方がカラフルだ。これにザーサイとスープが付いている。
 アップで見ると、こんな感じ。

どんどん丼のアップ

 どうやら野菜の上に豚肉が乗せられ、その上を玉子でとじているようだ。まあ何はともあれ、食べてみようじゃないの。
 箸を差し込んでグワッと持ち上げると、たっぷりの野菜が出て来た。キャベツとニンジンのほかにシイタケやタマネギが入っている。野菜はすでにやや甘めの味付けがしてあり、玉子と一緒になると旨い。

割と大きな豚肉が入っていて食べ応え十分

 入ってる豚肉が割と大きめで、食べ応え十分。「肉野菜炒めを乗せて玉子でとじたモノ」と思っている人もいると思うが、味は微妙に違うと思う。たぶんこっちの方が食べやすいのではないだろうか。私はすいすいと食べて、あっと言う間に完食してしまった。
 カツ丼だとタマネギが入っているとはいえ、ほとんど肉だけなので野菜不足。その点、この「どんどん丼」は野菜たっぷりだから、栄養のバランスもいいと思う。700円という値段がちょっとネックだけど、このメニューはなかなかいいと思うなぁ。


【DATA】
住所:東村山市本町3-6-12
電話:042-394-3292





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





武蔵野うどん風なつけ麺

 鷹の道沿いにある「幻のサンマーメン」という幟でおなじみの中華料理屋「どんどん」。読者の方からこのお店の「肉入りつけめん」(700円)が美味しいという情報をいただいたので、早速行ってみた。
 ちょっとお腹が空いていたので、「餃子」(450円)も一緒に注文。しばらくして「どうぞ」と2つ一緒に運ばれてきた。

肉入りつけめん

「あれ? これって、何かに似てる……」と見た瞬間、私は思った。そしてすぐ、何に似ているのかわかった。
「武蔵野うどんだ!」
 麺は確かにラーメンだが、つけ汁の中に入っているのは豚バラ肉。これだけでも普通のラーメン屋で出すつけ麺とはかなり違う。

つけ汁

 まずはつけ汁をひと口。確かにラーメンのスープだが、豚バラ肉とタマネギの甘みが際立っている。そして最後に舌にほのかに酸味が残る。豚バラ肉とタマネギは炒めてあり、スープには油が浮いているのだが、なぜかサッパリした味わい。

麺のアップ

 細い縮れ麺をつけ汁にくぐらせてズズッと食べる。思った通り、武蔵野うどんのラーメン版だよ。旨い。ただ残念なのは、つけ汁がすぐに冷めてしまったこと。それだけ麺をキッチリ冷水で締めているということだから、これは仕方ないか。
 でもこれは旨かったなぁ。他のお客さんが3玉頼んでいたけど、その気持ち、食べてみたらよくわかる。スルスル食べられちゃうからね。
 一緒に出て来た餃子は、あんがすべてを細かく刻んだペースト状のモノで、ちょっと苦手なタイプだったけど、味は何となく懐かしい感じがした。

餃子

「なぜだろう?」と考えながら、もうひと口食べて、その懐かしさの原因がわかった。
 ニンニクだ。昔は餃子にニンニクは付き物だったけど、今はむしろ入れていない方が多い。代わりに生姜をたっぷり入れるのが主流だ。だから懐かしく思ったんだろうな。私自身、ニンニク入りの餃子は本当に久しぶりだ。

「いやあ、食った食った」とお冷を飲みながら何気なくメニューを見ると、変な文字が目に飛び込んできた。
「エエッ! 『どんどん丼』? 何じゃそりゃ?」
 またしても宿題ができてしまった。「どんどん丼」とは一体何なのか? 近いうちにまた来て謎を解明しようと思う。


【DATA】
住所:東村山市本町3-6-12
電話:042-394-3292






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





幻のサンマーメン

「幻のサンマーメン」……このうたい文句を見て「何じゃそりゃ?」と思わない人は相当なラーメン通か、かなりの年配者か、どっちかだろう。当然、私は「何じゃそりゃ?」と思いましたよ。だから行ってきました、そのうたい文句のお店に。それが今回紹介する「どんどん」だ。
 場所は東村山駅東口を出て、府中街道を八坂方面へ歩き、郵便局のある交差点を左折。道なりに400メートル歩くと交差点の左角に看板が見えてくる。



 お店はこぢんまりとしていて、老夫婦が仲睦まじく切り盛りしている。もちろん、私は「サンマーメン」(700円)を注文。待つこと8分。ついに「サンマーメン」とご対面だ。



「およっ? タンメンか?」と、野菜たっぷりの表面を見て思ったが、よく見ると何やらトロッとしている。まずはスープをひと口。トロみのあるタンメンスープという感じ。旨い。私の好きな味だ。続いて野菜を掻き分けて麺を探り当て、ズズズッ。これまたタンメンによく使われる中細麺で、野菜と一緒に食べると美味しい……と、食べていると、あれあれ、野菜あんかけの下は醤油スープですか。箸で麺と野菜あんかけをよく混ぜると、また違った味わいになってきた。
 このお店のことを書いた新聞記事のコピーがメニューの裏に破産でり、それによると酢を入れると、また違った味が楽しめるらしい。半分食べた時点で私は酢を垂らしてみた。
 あれあれ!? トロみがなくなってサラサラになり、しかも味がややコッテリからアッサリに変化している。1つの丼の中で味が3度も変わるなんて、凄いよ、サンマーメン。あっ、ひょっとしてそれで「サンマーメン」って言うのかな……なんて思っていたのだけど、これは全くの不正解。
 家に帰り、ネットで調べると、この「サンマーメン」、横浜の中華料理店が考案したモノらしいのだが、誰が生み出したのかには諸説があるのだという。最も有力なのが、横浜中華街の老舗「聘珍樓(へいちんろう)」のオーナーが昭和5年に考案した説。今でこそタマネギ、ニンジン、タケノコ、しいたけなどなど野菜いっぱいだが、当時はモヤシ、豚肉、ターサイ(中国の青菜)と具は3つだけだったのだとか。それで「三馬麺」となったのだという。馬(マー)は「すぐに」という意味で「3つの具を使ってすぐに食べられるラーメン」という意味だったのだが、その後、「食べれば馬のような活力がつく」との意味を込め、「生馬麺」(これも「サンマーメン」と読む)と表記されるようになった……というのだが、これはあくまでも有力説であって他にも諸説いろいろあるらしい。
 一時は日本全国にサンマーメンは広まったのだが、あるサイトの調査によると今では神奈川、東京、宮城、長野、三重、熊本の6県にしか残ってないのだとか。うたい文句の「幻のサンマーメン」は、あながちウソでもなさそうだ。まだ食べたことのない人は一度食べてみてはどうだろうか?







★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。