東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メニューの豊富さに面食らってしまう中華料理店

 西武池袋線の秋津駅からJR武蔵野線の新秋津駅までの乗り換えルート上にある中華料理店「寿楽」。でもこのお店、「中華料理」という枠に収まり切らないほど、メニューが幅広く、その種類もハンパじゃない。例えば「サービス定食」というページを見ると……。


*ポークカツ(950円)
*ポークソテー(950円)
*生姜焼き(770円)
*メンチカツ(770円)
*カニコロッケ(740円)
*ミックスフライ(780円)
*アジフライ(650円)
*サバミソ(680円)
*カジキ(750円)
*ハンバーグ(770円)
*若鶏クリームソース(800円)
*豚肉薄切りクルミソース(770円)
*オニオンソース(770円)
*焼肉(770円)
*スタミナ(800円)
*鮭バター(800円)
*鮭フライ(800円)
*白身魚・醤油ソース(750円)
*白身魚・トマトレモン煮(750円)
*豚肉とキャベツの味噌炒め(720円)
*レバニラ(720円)
*マーボー豆腐(740円)
*マーボーナス(740円)
*カキフライ(10月~3月 780円)



 凄いでしょ。中華料理店らしいメニューは「豚肉とキャベツの味噌炒め」以下の4つだけ。あとはほとんど洋食メニュー。中には「サバミソ」なんて和食メニューまである。
 でも、これで驚いていてはいけない。このお店にはカレーもあるし、スパゲディとグラタンもある。さらには「ステーキ」(900円)までも!
 たぶん間違いなく、ファミレスよりメニューの数は多いと思うなぁ。

 これだけメニューがあると、もう迷いまくり。「多すぎて選べないよ」と顔を上げ、視線をメニューから店内の壁に転じると、ナントそこにも「おすすめ品」と書かれたホワイトボードが……。一体どれだけメニューがあるというのだろうか(笑)。

 私は「とにかくスタミナをつけよう」と思い、「おすすめ品」の中から「レバニラとギョウザ」(740円)を選んで注文した。

「レバニラとギョウザ」のレバニラが到着

 まず運ばれてきたのは、レバニラ定食。へぇ、このお店はご飯をお皿に盛って出すんだ。ますます洋食店っぽいなぁ。
 味噌汁と冷奴、そして沢庵2切。これだけでも740円なら悪くないと思うなぁ。

レバニラはレバーたっぷり

 だってね、レバニラがコレなんだよ。写真ではわかりにくかもしれないけど、分厚くて、ゴロゴロといっぱい入っているんだよね。
 味付けが見た目通りの、ちょい濃い目で、白いご飯と一緒に食べてちょうどいい感じ。

ギョウザが到着

 旨い、旨いとレバニラを食べていると、ギョウザが到着。4個だけど、大振りでボリュームありそう。早速ラー油多めの酢醤油につけて食べると……中身のあんは私の苦手なペーストだけど、これもご飯が進むタイプで旨い。
 今の私はこれぐらいのご飯で十分なのだが、ガッツリ君なら大盛りにしないと、おかずが余って仕方なくなっちゃうんじゃないかなぁ。


 それにしてもこのお店、凄いなぁ。よく見ると、店名の上に「らーめんレストラン」と書いてあるけど、メニューを見る限り、「らーめん」より「レストラン」の方に力が入っている感じ。今度は思い切って洋食メニューを頼んでみようかなぁ。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-8-2
電話:042-391-2651
営業時間:午前11時30分~午後10時30分
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





スポンサーサイト
[ 2012/06/18 04:30 ] 【閉店したお店】 寿楽(秋津町) | TB(-) | CM(6)

懐かしい味のする広東麺

 西武池袋線の秋津駅からJR武蔵野線の新秋津駅までの乗り換え通りにある中華レストラン「寿楽」。基本的には中華料理のお店なのだが、なぜかスパゲッティも置いてあり、洋食メニューも充実している。しかも夜遅くまで営業しているから、夜にはスーツ姿のいかにも乗り換え途中のサラリーマンという感じの人が結構入っている。
 先日、私が夜10時ごろ、このお店に入った時もサラリーマンの姿が目立った。私は、ネットで調べた時に「美味しい」と書き込まれていた「広東メン」(770円)を注文した。
 広東麺というと、醤油ラーメンの上に中華丼に乗っているような豚肉と野菜のあんが乗っかっているモノと、私は認識している。というか、私が今まで広東麺を注文して出て来たのはいずれも、そういうタイプだった。上のあんがフタになっているから、下のスープと麺が熱々で、いつも最初のひと口で軽く火傷をするのが、私が広東麺を食べる際の“お約束”だった。

 そんなことを思い出しながらボーッと待っていると、「広東メン」が運ばれてきた。

広東メン

 おおっ、これはまさしく私がよく食べた広東麺だ。この野菜たっぷりのあん! 下がご飯ならまさしく中華丼だ。それにしてもコレ、盛りがいいねぇ。早速、レンゲを差し込んで、下の方からスープをすくってひと口。
 旨いとかそういう問題じゃなくて、これはかつて私が食べた広東麺と同じだ。すごく懐かしい。昔は化学調味料全盛だったから、昔の味が決して旨いとは限らない。ただ、それを食べてきた人間にとっては、懐かしい味だ。この「広東メン」にも化学調味料は入っているだろうが、気になるほどじゃないし、私にとってはそれをひっくるめて懐かしく感じる味だ。

麺のアップ。熱々で湯気が立ち上る

 しかもコレ、見てくださいよ。麺を箸ですくい上げるとホラ、こんなに湯気が立ち上るんですよ。麺はかなり柔らかくなっているけど、そこがまた私には懐かしい。「広東麺の麺は柔らかいモノ」と私の中ではインプットされているからだ。
 この味、この麺は40代以上の人にはかなり郷愁を誘うと思う。ただ、量が多いから、食べる時は要注意ですよ。






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2006/02/06 18:06 ] 【閉店したお店】 寿楽(秋津町) | TB(-) | CM(0)

東村山カキフライ選手権エントリーNO.11

【過去のエントリーはこちら】
*エントリーNO.1「かつ秀」
*エントリーNO.2「新々飯店」
*エントリーNO.3「若松」
*エントリーNO.4「ひの食堂」
*エントリーNO.5「じゃがいも」
*エントリーNO.6「たけくらべ」
*エントリーNO.7「野島うどん」
*エントリーNO.8「あさひ」
*エントリーNO.9「中華洋食 一番」
*エントリーNO.10「巴屋」

 第11回目に取り上げるのは、秋津駅南口から新秋津駅に向かう道沿いにある中華料理屋「寿楽」の「カキフライ定食」(780円)。夜10時半までやっていて、遅くまでサラリーマン客で賑わっている。

寿楽

 私がよく情報収集に使っている「BIT St.」の秋津周辺情報によると、このお店は広東麺と餃子がオススメなのだとか。でも、このお店、ちょっと変わっていて、中華がメインなのにスパゲッティーなどの洋食も扱っている。だから最初は広東麺が目的だったのだが、「ひょっとして……」と店内を見回すと、やっぱりありました、「カキフライ定食」の文字が。そこで方針変更。「カキフライ定食」を注文したというワケ。ちょっとお腹が空いていたので、「餃子」(420円)も一緒に頼んでみた。
 しばらくして、まずは「カキフライ定食」の登場。

カキフライ定食

 見た瞬間、ちょっとガッカリ。写真で言うと、一番右のカキフライ、コロモが付いてなく、身が剥き出している。ウーン……。
 定食の構成はカキフライにご飯に味噌汁、冷奴、香の物とまずまず。

カキフライのアップ

 カキフライは5個だが、どれも小振りだ。果たして味の方はどうなんだろう?
 食べていると、「餃子」がやってきた。

餃子

 餃子のあんは私の苦手な細かく刻んだペースト系だが、味はなかなかいい。
 まあ、餃子はともかくとして、早速カキフライの評価に移ろう。


【コロモ】★☆
 サクッとしてはいるが、コロモのムラは致命的。均等ならば美味しく感じると思うのだが、ムラがある分、食感がよくない。

【カキ】★★
 小振りだが、ジューシーで旨い。しかし、定食のメインのおかずとしてはちょっと大きさに物足りなさがあるかな。

【ソース】★★☆
 タルタルソースが添えられていて、それで食べるのが一番旨かった。

【値段】★★
 単純にカキフライ5個の値段に対してなら妥当な値段だが、カキフライの大きさを考えると、やや高く感じる。

【総合評価】★★
 今回は餃子を一緒に頼んだからご飯を食べきれたけど、このカキフライだけではきっとご飯を残していたと思う。せめてコロモがキチンとしていて見た目が良ければ、その分、食欲も沸いてくるのだが……。


 今回はちょっと厳しい評価になってしまったが、このお店はもともと中華料理が専門なのだから、やっぱりそっちを食べなきゃね。近いうちに広東麺を食べに行こうと思う。





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2005/12/15 18:18 ] 【閉店したお店】 寿楽(秋津町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。