東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


最後まで熱々で絶妙な味付けのあんかけラーメン

 所沢街道沿いにある中華料理店「さんらいず亭」は定食やセットメニューが充実しているお店。でも、麺類にもこだわりがあって、結構、人気がある。でも種類は多くない。ラーメン系は次の7種類しかない。

*ラーメン(450円)
*モヤシソバ(580円)
*タンメン(580円)
*味噌ラーメン(600円)
*五目うま煮そば(700円)
*チャンポンメン(750円)
*海老ソバ(750円)


 この日の私はとにかく温まりたかったから、あんかけ系のラーメンを頼むつもりだった。候補に残ったのは「五目うま煮そば」と「海老ソバ」。メニューの写真を見ると、どちらも旨そうだったけど、この日は塩味系のスープが飲みたかったので、私は「海老ソバ」を選択した。

海老ソバ

 これが「海老ソバ」。置いてあるマイ箸と比較してもらえばわかると思うけど、丼が異様にデカい。

丼がデカい

 これですよ! 深さもあるし、ボリュームたっぷりという感じ。

海老がたっぷり

 改めて「海老ソバ」を見ると、海老がたっぷり入っているし、野菜もたっぷり。

湯気が全く出てなく、熱さが閉じ込められている

 よく見ると、湯気が立っていない。あんかけ部分によって、熱さが閉じ込められているんだろうなぁ、きっと。これはヤケド注意だぜ。
 気をつけながら、レンゲでスープをすくってひと口……。

熱ッ! でも旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 バシッと決まっているという旨さじゃなく、何となくひと味足りないような、でも何か入れると味が壊れてしまうような、絶妙なバランスの繊細な味なんだよね。

麺のアップ

 麺は細く柔らかいのだが、あんがよく絡み、しなやかに伸びるものの決して切れない。スープによく合っているよ。
 プリプリの海老は食べると、フワッとかすかにお酒のような香りがして、これがまた旨いんだよね。
 スープは最後まで熱々。食べ終えると、辛くもないのに汗が薄っすらとにじんでくる。いやあ、旨かったなぁ。

 会計の際にご主人に「海老ソバって人気なんじゃないですか?」と聞くと、「そうだね。ウチに来ると、これしか食べないお客さんもいるからね」とのこと。ああ、そのお客さんの気持ち、わかるなぁ。マジで旨いですよ。
 寒いこの時期にピッタリだと思うから、一度食べてみて欲しいなぁ。



【DATA】
住所:東村山市久米川町1-57-8
電話:042-391-3665
営業時間:午前11時~午後8時30分
駐車場あり(10台)



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

黒焼そば食べ歩きエントリーNO.28

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年04月02日「ほや」
2009年04月03日「いなげや市役所前店」
2009年04月04日「幸多加(こたか)」
2009年04月05日「どんどん」
2009年04月08日「CLOUD(クラウド)」
2009年04月09日「小料理となり」
2009年04月11日「ぼん天」
2009年04月12日「炭味坐(すみざ)」
2009年04月14日「中華洋食 一番」
2009年04月16日「柳屋」
2009年04月17日「彩雅(さいか)」
2009年04月18日「じゃがいも」
2009年04月19日「Don5」
2009年04月22日「ふたば」
2009年04月23日「小料理みどり」
2009年04月25日「とん八」
2009年04月28日「星の都」
2009年05月02日「一翠」
2009年05月07日「まーちゃん」
2009年05月14日「庄や久米川北口店」
2009年05月16日「肉のむら田」
2009年05月17日「味の松華」
2009年05月25日「虎楽(こらく)」
2009年05月27日「Bo Jangle(ボージャングル)」
2009年06月03日「メルポーチ」
2009年06月08日「星の都」
2009年06月11日「Kitchen KEIJI」



 子どもたちのためにDVDをレンタルしようと、仕事を終えた後、府中街道沿いの「TSUTAYA」までテクテクと歩いていった私。子どもたちの最近のお気に入りである「かいけつゾロリ」と「仮面ライダークウガ」を借りて外に出ると、時刻はもうすぐ午後8時。
「せっかくココまで来たのだから」と私はさらに歩いて、所沢街道沿いにある中華料理店「さんらいず亭」に向かった。というのもこのお店、6月からキャンペーンに参加しているのだ。

おっ、幟が立ってる!

 お店の前に来ると……あった、あった。ちゃんと幟が立っている。
 中に入り、テーブル席に座ると、テーブルの上には……。

こんな感じで紹介されていた

 こんなモノが置いてあった。いいねぇ。ヤル気満々だねぇ。どれどれ……。

*「東村山黒焼そば」(630円)
*「東村山黒焼そばセット」(790円)


 単品のほかにセットメニューがあるのか。じゃあセットかな。お腹空いてるしね。
 ということで、「東村山黒焼そばセット」を頼んだ私。しばらくすると……。

東村山黒焼そばセット

 来た、来たーッ! いいね、いいね。
 黒焼そばをメインに、おにぎり3個と味噌汁、餃子、そして香の物。プラス160円でこれだけ付くんだから、セットの方がお得だよね。

これが「東村山黒焼そば」

 黒焼そばは見ての通り、それほど黒くない。むしろ普通の焼そばより「少し濃いかなぁ」というくらいの色合いだ。具材も豚肉、モヤシ、ニンジン、キャベツ、ニラと普通の焼そばと同じ。
 では、いただきま~す……エッ? おおっ! これは旨い! しかも確かに黒焼そばの味がする。どうしてなんだろう?
 いろいろ考えてみたけど、これはたぶん、細麺を使っているからではないだろうか? このお店の麺はほかよりもちょっと細いんだよね。だから黒焼そばソースがよく絡まって、色合いはそれほど黒くなくても、しっかり黒焼そばソースの味がするのかもしれない。
 いやあ、これは旨いなぁ。ご飯にもよく合うよ。

餃子が旨かった

 旨いと言えば、この餃子も旨かった。今どき珍しい、ニンニクの味がしっかりする餃子で、この2個の餃子だけでおにぎり全部食べられるくらい、旨かった。

 料理を全部食べ切ると、お腹いっぱい。食べ応えのある、いいセットだと思う。黒焼そばも旨かったし、これはガッツリ君にオススメだね。





【DATA】
住所:東村山市久米川町1-57-8
電話:042-391-3665
営業時間:午前11時~午後8時半
駐車場あり(10台)





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




久しぶりに“昔の恋人”を堪能

 かつて私は「大」をいくつ付けても足りないくらいホイコーロー(回鍋肉)が好きだった。もう20年以上も前になるが、一時期、中華料理店に入るたびにホイコーローを食べていた。
 しかしブームは必ず去るモノで……一時期にまとめてガーッと連食したモノだから、飽きてしまって、そのうちあんまり頼まなくなったんですよね。

 そんな私が先日、久しぶりにホイコーローを食べたんですよ。場所は所沢街道沿いにある中華料理店「さんらいず亭」
 お店に入る前は「ホイコーロー」のことなど全く頭になかった。食べたかったのはナス味噌だ。しかし……メニューを見ると、ナス味噌がなかったんですよね。
 さて、どうしよう? 「マーボナス定食」(780円)にしようかなぁ……と思っていたその時に、チラッと目の端に入ったのが、「ホイコーロ定食」(780円)なんですよ。
「私はどう?」とさり気なく主張しているように見えて、ついつい久しぶりに注文しちゃったんですよね。

ホイコーロ定食

 さほど待たずして運ばれて来たのが、コレ。中華料理って早いから、お腹が空いている時なんかホントうれしいよね。中華スープじゃなく味噌汁が付いているのも個人的にはうれしい。
 これにお新香と冷奴が付いている。メインこそ中華料理だが、全体として和食系の定食っぽい。

ホイコーローのアップ

 で、これが久しぶりに食べるホイコーロー。まあ、何はともあれ、キャベツからだよね。食べてみると……うーん、これこれ。甘くて旨いなぁ。色からすると、かなり濃い味付に見えるが、キャベツがたっぷり入っているから、キャベツを噛み締めるとそれほど濃くはない。というか、ちょうどいい感じ。甘辛くてご飯によく合う。
 改めてホイコーローの旨さを認識。ナス味噌とともに極めたくなっちゃったよ。


【DATA】
住所:東村山市久米川町1-57-8
電話:042-391-3665
営業時間:午前11時~午後8時半
駐車場あり(10台)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




普通っぽいのにシッカリ辛い麻婆豆腐

 今年は意識して中華料理店で麻婆豆腐を食べるようにしてきたから、見れば大体、辛さや味の見当はつく……と思っていた私。しかし先日、所沢街道沿いにある中華料理店「さんらいず亭」へ行って、「まだまだ修行が足りない」ことを思い知らされた。

 たまたま近くを通りかかったので、フラッと入って「麻婆豆腐定食」(720円)を注文。ほどなく料理が運ばれて来た。

麻婆豆腐定食

 メインの麻婆豆腐にご飯と味噌汁、小鉢と香の物。小鉢はナスの煮びたしかな。こういう一品が付いてるとうれしいよね。

麻婆豆腐

 麻婆豆腐はというと……パッと見、普通っぽい。つまり、山椒が効いてなく、ファミリー向けに辛さを抑え、ちょいピリ辛の、ご飯のおかずにはピッタリというタイプだ。
 そう思いながら食べてみると……口に入れた瞬間は「やっぱり自分の想像通りだ」と思ったのだが、後からジワッと来る辛さは予想を超えていた。ファミリー向けの辛さじゃない。すぐに額にじんわりと汗が滲んできた。
 見た目は本当に辛そうに見えないんだけど、一体この辛さは何だろう? ご飯が進むよ。
 完食する頃にはもう汗が流れまくり。自分仕様でラー油をかける必要など全くなかった。やっぱり料理は食べてみないとわからないモノなんだね。


【DATA】
住所:東村山市久米川町1-57-8
電話:042-391-3665
営業時間:午前11時~午後8時半
駐車場あり(10台)





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」





初めてかも…細麺の味噌ラーメン

 今や何でもアリのラーメンだが、そうは言っても「このスープには、この麺」と言った定番の組み合わせは存在する。例えば白濁系の豚骨ラーメンには極細ストレート麺、昔風の「中華そば」と言われる醤油ラーメンには中細の縮れ麺……などだ。で、私の中では、「味噌ラーメンには中太以上の太麺」という組み合わせのイメージがある。というか、今まで細麺の味噌ラーメンに出合ったことがなかったんですよね。
 でも先日、ついに出合っちゃいました。お店は所沢街道沿いにある中華料理店「さんらいず亭」。以前に行った時、メニューの「味噌ラーメン」(600円)に「店長自慢のオリジナル」と書いてあったのが気になっていたので頼んでみたのだ。

味噌ラーメンと餃子

「餃子」(450円)と一緒に頼んだんだけど、見た目は普通の味噌ラーメンという感じ。丼が大きく、ボリュームはかなりありそうだ。

味噌ラーメン

 モヤシ、ニラ、キャベツ、ニンジンなどなど野菜たっぷり。スープの色は濃くなく、飲みやすそう。ではスープからいただいてみましょう。見た目の印象通り、飲みやすいが決して薄くはない。野菜との相性はバッチリだ。

麺のアップ

 それでは麺をいただきますか、と箸で持ち上げて私は驚いた。まさか味噌スープの中から細麺が、それもストレートに近い細麺が出てくるとは全く思っていなかった。でも食べると旨いんだよね。よくスープが絡むし、「これもアリなんだなぁ」と食べながら思ったよ。
 ただね、丼の大きさから想像はしてたけど、量が多い。若い人にはちょうどいい量かもしれないが、私はには少し多かったなぁ。

餃子

「餃子」の方は普通かな。個人的には皮がもう少しモチッとしている方が好きだけど、これはこれで旨いと思う。
 それにしてもこのお店は量が多い。私が行った時、ほとんどのお客さんは若い人とガテン系の人だった。やっぱりみんなわかってるんだね。ガッツリ食べたい人には、このお店はオススメだね。


【DATA】
住所:東村山市久米川町1-57-8
電話:042-391-3665
営業時間:午前11時~午後8時半
駐車場あり(10台)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





セットメニューが魅力の中華料理屋

 以前から気になっていた所沢街道沿いにある中華料理屋「さんらいず亭」。読者の方からも情報が寄せられ、「よし、行ってみよう」と思ってはいたものの、なかなか行けないでいた。というのも、このお店、最寄り駅からかなり遠く、車以外の交通手段ではちょっと不便な場所にあるからだ。
 一応、場所を最寄り駅から説明すると、新秋津駅を出ると、そのまま線路沿いの正面の道を真っ直ぐ進む。約700メートル進むと、所沢街道とぶつかるので、そこを右折。またそのまま真っ直ぐ約700メートル進んだ先の左側にある。歩くと結構な距離だ。

さんらいず亭

 外観はちょっとシャレたレストラン風。それだけに中華料理専門というのが意外な感じ。店内は明るくて気持ちいい。メニューを見てまず目に付いたのがセットメニュー。別にランチタイムメニューではないのだが、オーソドックスな半チャーハンとラーメン、サラダがセットになった「チャーハンセット」(720円)から、半親子丼とラーメンがセットになった「親子丼セット」(770円)や半カレーライスとラーメン、サラダがセットになった「カレーライスセット」(770円)など12種類ある。どれもボリュームがありそうだ。
 私は悩んだ末、半中華丼とラーメンがセットになった「中華丼セット」(770円)を注文した。

中華丼セット

 しばらくして運ばれて来たのがコレ。確かに器こそ小さいが「どこが半中華丼やねん!」と突っ込みたくなるほど、中華丼の盛りがいい。
 でも麺が伸びてはいけないので、まずはラーメンからいただきま~す。

セットのラーメン

 スープをひと口……アチチッ 、こりゃあスープは熱々だなぁ。それでも飲むと、普通に旨い醤油ラーメンのスープ。いいじゃないですか。

麺のアップ

 麺は細く緩い縮れ麺。やや柔らかめだけど、スープに合っていて旨い。麺をひと通り食べ終えてから、今度は半中華丼にトライ。

半中華丼

 ラーメンを食べるのに5~6分かかっていると思うから、その間、冷めているハズなのに、中華丼にレンゲを入れると湯気が立ち上る。ひと口入れると、こちらも熱々。味もなかなかいい。時々、残ったラーメンのスープを飲むのだが、これがまだ熱いんだ。
 半中華丼を食べ、ラーメンのスープを飲み終えると、もう満腹。相当カロリーは高いと思うけど、食べ盛りの10~20代の人にはいいんじゃないだろうか。
 今度は「店長自慢のオリジナル」とうたっている「味噌ラーメン」(600円)を食べてみようかな。


【DATA】
住所:東村山市久米川町1-57-8
電話:042-391-3665
営業時間:午前11時~午後8時半
駐車場あり(10台)





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR