東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

このお店だけのオリジナルメニューで惜別

 このブログの読者からこんな情報をいただいた。

「東村山駅前のグリム館が12月いっぱいで閉店してしまうみたいです」

「エッ!」と絶句して一瞬パソコンの前で固まってしまった。
 東村山駅東口には以前、チェーン系の喫茶店「シャノアール東村山店」があったのだが、2013年に閉店。東村山駅構内にあった「珈琲館」系のカフェ「CAFE DI ESPRESSO」も今年7月末に閉店し、東村山駅近くで待ち合わせや打ち合わせのできる喫茶店は、東口にあるカフェレストラン「グリム館」と、喫茶店「ゆ~もあ」の2店だけになってしまった。その内の1つである「グリム館」が閉店するというのだ。私は、にわかには信じられなかった。
 駅前の貴重なカフェであるし、料理も旨いから、営業不振で閉店ということは考えられない。何かの間違いじゃないのかなぁ……そう思いつつ、私は確認のため、「グリム館」に向かった。

グリム館

 いつもと変わらない感じで、お客さんも入っているように見える。

入り口階段近くにあるメニュー紹介のショーケースに貼り紙はない

 2階へ上る階段近くにあるメニューを紹介してあるショーケースを見ても、閉店の告知は貼られていない。

2階の入り口にも貼り紙はナシ

 トントントンと階段を上がって、入り口の前に立っても、貼り紙はナシ。
 何だ、入り口にも貼ってないってことは、閉店しないってことかな。いやあ、ホッとした。ホッとしたらお腹が空いてきたから、久しぶりにこのお店の「カレーライス」(625円)でも食べようかなぁ。絶品なんだよなぁ、このお店の「カレーライス」(記事はこちら)。

 お店に入り、空いている禁煙テーブル席に座ると、私は念のため店内を見回してみた。すると……。

店内のレジ横の壁に告知の貼り紙が!

エエッ! (゚д゚lll) やっぱり閉店なの!!

 レジ横の壁に「12月30日をもって閉店する事となりました」と書かれた貼り紙が!
 信じたくない気持ちが強いモノだから、ここでも絶句してしまった。
 うーん、改めて惜別メニューを何にしようかと思った私。このお店の「カレーライス」はほかでは味わえない旨さがあるから、やっぱり初志貫徹で「カレーライス」にしようかな、と思いつつ、メニューをめくっていると……。

「東村山黒焼そばソース」を使ったオリジナルメニュー

 おっ、「東村山黒焼そばソース」を使ったメニューか。これは食べたことなかったなぁ。

 と、そこへ「お決まりになりましたか」と店員さん。「閉店するなんて、急ですねぇ」と話すと、「私も驚いてますし、残念です。この場所で30年以上も頑張ってきたお店ですから」と店員さんもとても残念そう。
 30年以上かぁ。そう言えば、私がこのお店の「カレーライス」を食べるキッカケは、「30周年感謝フェア」ということで通常より安かったからなんだよね。あの時が2009年だったから、今年は39周年だったんだ。あと1年で40周年だったのになぁ。

「そうなんですか。料理も美味しかったのに…」と私が残念そうな顔をすると、「でもシェフは小川店に移りますので、そちらに行けばここと同じ味が楽しめます」と店員さんは慰めてくれたが、私が開いているメニューを見て、「あっ、だけどこのメニューは東村山店だけのメニューだから、小川店では食べられないと思います」と話してくれた。

 なるほど。まあ、そりゃそうだよね。「東村山黒焼そばソース」を使ったメニューだからね。ならば、惜別メニューはここから選びますか。私は「カレーライス」を食べたい気分だったので迷わず、「黒カレー」(725円)を注文した。

これが「黒カレー」

 しばらくして運ばれて来た、来た。これが「黒カレー」。スパイシーな香りがしていいねぇ。

ニンジンも角が丸くなっていて、よく煮込まれていることがわかる

「カレーライス」もそうなんだけど、具材がよく煮込まれていて、ほとんど形がない。ゴロッとしているのは色からニンジンとわかるけど、角が取れて丸くなっている。

スプーンですくっていただきま~す

 それではスプーンですくって、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 口に入れた瞬間は、従来の「カレーライス」と「東村山黒焼そばソース」ががっぷり四つでお互いの味を主張しているんだけど、口の中ですぐになじんで旨さとなって調和していく感じ。旨いなぁ。これがもう二度と食べられなくなっちゃうんだなぁ。

この場所に「グリム館」があったこと、私は忘れない

 食べ終えて、東村山駅に向かう途中、振り返ってみた。当たり前だが、「グリム館」はまだある。でも12月30日を過ぎると、オレンジ色の窓枠も「グリム館」と書かれた看板も、たくさんのメニューが紹介されているショーケースも消えてしまうだろうな。そして、消えた姿が日常となって、また「当たり前」になっていくんだろうな。
 39年もこの場所に存在していたというのに、人間の記憶は残酷で数カ月と経たないうちに、忘れてしまう。新しいお店が入って、看板が変われば、その忘れるスピードはさらに速まるだろう。
 でも私は忘れないよ。この場所にホッとできる空間があったことを。美味しい料理を出すお店があったことを。そのお店の名が「グリム館」だったことを。

 関係者の皆さん、39年間、ご苦労様でした。そしてありがとうございました。




【DATA】
住所:東村山市本町2-3 伊わ多ビル2階
電話:042-395-9417
営業時間:午前11時~午後11時





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。



黒焼そば食べ歩き2012 エントリーNO.2

【これまでの食べ歩きリスト】
2012年04月23日「どんどん」




 今回やって来たのは、東村山駅東口のカフェレストラン「グリム館」。「黒焼そば食べ歩きキャンペーン」に参加するのは、おそらく今回が初めてのハズ。
 行ってみると……。

ついに「グリム館」が参加

 おおっ、キャンペーンの幟が立ってるよ。じゃあ、表に出ているメニューにも書いてあるのかな……とチェックしてみると、あらら、ないよ。このお店、洋食店だから、焼きそばというスタイルでは出さないと思うんだよね。どういう形で「東村山黒焼そばソース」を使うのだろうか?……興味津々で私はお店に入った。

 メニューを開くと……あった、あった!

黒焼そばメニューを発見

海の幸のブラックぱすた(820円)

 ほぉ、やはりパスタで来ましたか。何やら説明が書いてあるなぁ。どれどれ……。


 東村山ご当地グルメ「黒やきそば」ソースをベースにグリム館風にアレンジしました。海の幸が入ったピリ辛味のブラックぱすたと、まろやかなホワイトソースとの相性が絶妙です。つけたり、かけたり、お客様のお好みでお召し上がりくださいませ…


 エエッ! ホワイトソースが付くって!? で、「つけたり、かけたり」だって!?
 うーん、全く味が想像つかない。これはもう食べてみるしかないよね。まあ、そのつもりで入ったんだけどさ(笑)。

海の幸のブラックぱすた

 ということで、これが「海の幸のブラックぱすた」でござ~い。これって、新しいパターンだよね。ビジュアル的には黒と白のコントラストがいい感じだ。

見た目はパスタというより焼きそばっぽい

 ブラックぱすたは一見すると、パスタと言うより焼きそばっぽい。でも食べてみると、確かにパスタ。エビとイカがたっぷり入っているし、ニンニクも効いていて旨い。説明には「ピリ辛味」と書いてあったが、それほど辛くはない。

ホワイトソース

 で、こちらはホワイトソース。スプーンでひと口食べると、濃厚なクリームシチューという感じ。さて、どうやって食べようかなぁ?
 かけると、今ひとつだった時に取り返しがつかなくなりそうだから、私は付けて食べてみることにした。

付けて食べてみると…

 フォークでクルンとブラックぱすたを巻いて、ホワイトソースにザップン。そしてお口にIN!……うーん、ちょっとホワイトソースを付けすぎたかなぁ。ホワイトソースの味しかしなかったよ。
 付けるのはほんの少しでいいかもね。

 それにしても面白い試みだなぁ。洋食店ならではの発想だね。
 私は今回やらなかったけど、「海の幸のブラックぱすた」には一緒に粉チーズとタバスコが出されるから、これらを使ってブラックぱすたをアレンジしてから、ホワイトソースに付けるといいかもね。




【DATA】
住所:東村山市本町2-3-2
電話:042-395-9417
営業時間:午前11時~午後11時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
濃厚&上品な味わい!『ベイクドチーズケーキ』





私好みの味と再認識したカレー

 もはや日本人の国民食と言ってもいいんじゃないの?と思えるのが、ラーメンとカレーだ。それだけに、好みは人それぞれ。旨いラーメンやカレーがあっても、それが「自分好み」かというと、それはまた別問題。意外と「エーッ、これってそんなに旨い?」「普通じゃん」というようなモノが、「自分好み」という名のツボにハマッたりするんだよね。

 ここ数年、東村山では本格的なインドカレーのお店が次々とオープンして、それぞれ旨いんだけど、「自分好み」のカレーと言うと、また別。私の場合は、以前にも紹介した、東村山駅東口のカフェレストラン「グリム館」の「カレーライス」(680円)が超好みなんだよね。

 ということで、久しぶりに食べに行ってみた。サラダとコーヒーが付く「カレーライスセット」が900円というので、私はさらに大盛り(プラス100円)にして注文した。

カレーライスセットの大盛り

 これが「カレーライスセット」の大盛り。大きな具がゴロゴロと入っているワケでもなく、極めて普通っぽいカレーだ。

一見すると普通のカレーなんだけど…

 よく見ると、ニンジンやジャガイモなど具が小さくなって入っているのがわかる。最初からこの大きさに切った具材と考えるのはむずかしい。どの具材も全体的に角が取れ、丸っこくなっているのを見れば、もともと大きく切った具材が煮込んでここまで小さくなったことがわかる。

大盛りだからボリューム抜群

 大盛りにすると、ここまでボリュームアップ。これもうれしい。

細かい具がいっぱい

 ジックリと煮込んだ結果、すっかり細かくなってしまっているけど、そこかしこに肉の姿が見える。ザクッとスプーンを突っ込んで、たっぷり具材の乗ったカレーライスをパックンチョ!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 1つ1つの具材は、そのものが持つ甘みや旨味を主張しているのだが、全体的にはスパイシーさが支配し、噛むほどに旨さが増す。賛否は分かれると思うが、これは間違いなく「私好み」の味だ。
「コレだよ、コレコレ」と思いつつ脳内で、「旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!」が連呼され、スプーンが止まらなくなり、あっと言う間に完食。

食後にはコーヒーが付く

 食後にコーヒーを飲んで、ホッとひと息。これで1000円だなんて、私には「ファンタスティック!」の一語だよ(笑)。たぶん好みは分かれるだろうけど、機会があれば一度食べてみて欲しいなぁ。



【DATA】
住所:東村山市本町2-3-2
電話:042-395-9417
営業時間:午前11時~午後11時





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

タマラー魂を鷲づかみにするドリア

 読者に勧められたメニューを食べようと思い、東村山駅東口のカフェレストラン「グリム館」に向かった私。
 しかし、入り口前にはこんな誘惑が……。

魅力的な冬期限定メニュー

 うーん、冬期限定メニューか。

*牡蠣とホタテのドリア(930円)
*チキンドリア(820円)
*牡蠣のクリームスパゲッティ(1100円)
*カニのクリームスパゲッティ(1100円)
*サーモンクリーム煮ライス添え(980円)


「牡蠣とホタテのドリア」は以前に食べたことがあるけど、ほかは食べたことないなぁ。どれも旨そう……いかん、いかん、初志貫徹だ。

シーフードドリア

 ということで、私が頼んだのは、この「シーフードドリア」(930円)。パッと上から見た感じ、器が小さく思えるのだが、結構、底が深くてボリュームがある。
 それより気になるのは……。

真ん中にあるのは玉子?

 この真ん中の白い塊。中央にほんのりベージュの丸いモノが見えるから、玉子だと思うんたけど……。
 スプーンで中央の部分をソーッとめくると……。

めくると生の黄身がこんにちは

 おおっ、生の黄身ではないか! 毎日のように見ているハズなのに、こんな場所の、こんな料理で出合うと、何だか色っぽく見える(笑)。

ホワイトソースの下はチキンライス

 でもまあ、とりあえずは玉子抜きで、そのままの「シーフードドリア」を味わってみないとね。
 グツグツして熱そうだけど、スプーンを突き入れてご飯とともにすくう。ほぉ、ご飯はチキンライスなんだね。ホワイトソースとともにパクッといただくと……うーん、旨い! このままでも十分旨いんだけど、これに玉子を加えると、どうなっちゃうんだろう?

 というワケで、黄身をスプーンで崩すと……。

グハッ、たまんないビジュアルだね

グハッ! (゚д゚lll) たまんないッス!!

 何て妖艶なビジュアルなの! もうトリコです。

たっぷりの黄身とともにパクッ!

 たっぷりの黄身とともにスプーンですくってパックンチョ!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 エビやイカなどのシーフードもゴロゴロ入っているし、こりゃもう、たまんないね。旨いです。まさにタマラーのためのドリアだと思う。いいメニューを教えてもらったなぁ。



【DATA】
住所:東村山市本町2-3-2
電話:042-395-9417
営業時間:午前11時~午後11時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

懐かしいナポリタン

 東村山駅東口のカフェレストラン「グリム館」の前を通りかかった時、私はこのお店に宿題があったことを思い出した。「宿題」とは、「スパゲッティセット」(1000円)のこと。
「カルボナーラ」、「ナポリタン」、「ミートソース」、「トルゼーヌ」と4種類あって、前回私は「カルボナーラ」を食べた。これが不思議な「カルボナーラ」で、ある意味、感動モノだった。
 で、残る3つのうち、「ナポリタン」と「トルゼーヌ」が気になっていたんですよね。

 ということで、「宿題」を思い出した私は、トントントンと階段を上って「グリム館」に入った。

 さて、「ナポリタン」と「トルゼーヌ」、どっちを食べようかなぁ……いろいろと考えた末、「そう言えば、ナポリタンって、出すお店も少ないし、このところ久しく食べてないなぁ」と思い、私は「スパゲッティセット」の「ナポリタン」を注文することにした。

「スパゲッティセット」のナポリタン

 これが「スパゲッティセット」の「ナポリタン」。1プレートの上にスパゲッティとサラダ、そしてデザートが乗っている。 

これがナポリタン

「ナポリタン」のこの色! オレンジがかった朱色が何とも郷愁をかき立て、旨そうに見えて仕方がない。
 では、いただきま~す。フォークでクルンと巻いて、パクリ……うーん、コレコレ。少し甘さを感じるケチャップ味。子どもが好きそうな味だ。一気に気持ちが小学生のころに戻っていく。
 でも、今は大人になっちゃったから、この味で全部を食べるのは、ちょっとキツい。
 そこで登場するのが……。

必須の調味料

「ナポリタン」と言えば、やっぱ粉チーズとタバスコでしょう。
 まずはタバスコをパッ、パッ……辛さもいいけど、独特の酸味がとってもよく合う。

粉チーズをたっぷりかけて…

 そして粉チーズ。ビジュアル的にもやっぱりコレだよね。これをまたフォークでクルッと巻いてお口にIN!……うん! 旨いッ!
 1プレートにサラダやデザートとともに乗っているから、見た目はボリュームがないように感じるが、結構、量があって、食べ終えると、お腹いっぱい。

デザートはヨーグルト

 デザートのヨーグルトにはブルーベリーのジャムがかかっている。これを食べて、ごちそうさま。

食後にはコーヒーが付く

 食後にはコーヒーが付く。これを読書しながら、ゆっくりと飲む。こうやって食後、ゆったりできるから、このお店はいいんだよね。
 さて、残る「宿題」は「トルゼーヌ」か。そもそも「トルゼーヌ」って何だろう? ネットで調べてもわからないんだよね。というワケで次回「トルゼーヌ解明編」をお楽しみに(笑)。



【DATA】
住所:東村山市本町2-3-2
電話:042-395-9417
営業時間:午前11時~午後11時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

びっくり!ニュータイプのカルボナーラ

 ひと仕事を終え、お昼時に東村山駅東口周辺を歩いていた私。「どこで昼ご飯を食べようかなぁ」と思いながら歩いていると、カフェレストラン「グリム館」のメニューが目に入った。
 気になったのは「スパゲッティセット」(1000円)なるメニュー。これは1プレートにスパゲッティとサラダが乗り、デザートとドリンクが付くというセットだ。スパゲッティの種類は、次の4つ。

*カルボナーラ
*ナポリタン
*ミートソース
*トルゼーヌ


 ナポリタンも気になるけど、「トルゼーヌ」って何だろう? これも気になる。
 メニューにはカルボナーラとナポリタンの写真だけが載っていた。この写真を見て、私はカルボナーラを注文することに決めた。
 というのも、このカルボナーラ、パスタの上にスクランブルエッグが乗っているのだ。
「たぶん、玉子の絡んだ普通のカルボナーラの上に、さらにスクランブルエッグが乗った“タマラー殺し”の一品だろう」と私は思ったのだ。

 待つこと、しばし。運ばれて来た「スパゲッティセット」を見て、私はびっくりした。

スパゲッティセットのカルボナーラ

 これが「スパゲッティセット」のカルボナーラなんだけど、とにかくカルボナーラをよく見て欲しい。

玉子はパスタに絡んでなく、スクランブルエッグとして乗っている

 これですよ! スクランブルエッグの下は、塩コショウの効いたパスタで、玉子は一切絡んでいない。スープっ気も一切ナシ。
 エーッ、これがこのお店のカルボナーラなんだ! このタイプは初めて見たなぁ。

 まあ、とにかく食べてみよう。まずはパスタのみをフォークにクルンと絡めてパクッ……いやいや、参ったなぁ。普通のカルボナーラとは似ても似つかぬ味なんだけど、このパスタ自体はとっても旨い。パスタをまるでチャーハンのような味付けで炒めたら、こんな味になるんだろうなぁ。この味は個人的にストライクだね。

 で、スクランブルエッグと一緒に食べると……ハハハ、笑っちゃうなぁ。旨いよ。いやいや旨いよ、コレ。
 パスタなんだけど、これってチャーハンだと思う。変な説明の仕方だけど、「パスタ版チャーハン」というのが自分の中で一番しっくり来る。面白い料理だなぁ、コレ。

食後のコーヒー

 食後はコーヒーを飲んでまったり。このお店の「スパゲティセット」は、ちょっと4種類全部を制覇してみたいなぁ。それぞれ、ひと工夫というか、ひとひねりされているような気がするんだよね(笑)。


 ところで最近、読者の方から「シチリア風サラダが目茶苦茶美味いですよ!」という情報をいただいたのだが、お店のメニューを見ると、ないんですよね。あるのは「イタリアンサラダ」なんだけど、これなのかなぁ? 今度お店の人に聞いてみようと思います。



【DATA】
住所:東村山市本町2-3-2
電話:042-395-9417
営業時間:午前11時~午後11時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

大盛りでも1コイン以下!超私好みの激旨カレー

 カレーの好みは、人それぞれだと思う。ある人が「美味しい」と勧めるカレーが自分好みとは決して限らない。いや、むしろそうじゃないことの方が多いと思う。

 じゃあ私好みカレーは何か? と聞かれたら、今までなら私は答えに窮していたと思う。というのも「旨いカレー=私好み」とは限らないからだ。
 でも今ならハッキリ言える。東村山駅東口にあるカフェレストラン「グリム館」の「カレーライス」が、私好みのカレーだ。

 ということで、前回食べてからそんなに日は経ってないのだが、またしても「グリム館」に行ってしまった。前回は普通盛りで頼んで後悔したので、今回は大盛り(プラス100円)でお願いした。

カレーライス大盛り

 これが「カレーライス大盛り」。見てくださいよ、このボリューム! 凄いよね。それでいて30周年感謝フェアということで、「カレーライス」が390円、大盛りにしても490円だからね。もう驚きだよ。

よく煮込んでいるせいか、具材はどれも小さくなっている

 見て見て、よ~く煮込んであるから、具材がどれも小さくなっている。肉なんか繊維になって解けているほどだ。

一度食べだすと、もう止まらないのだ

 スプーンですくうとスパイシーな香りが鼻を突く。パクッと口に入れると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 もうこのひと言に尽きるね。あとはひたすら食うベシ、食うベシ。もうスプーンが止まらない。人目がなければお皿を舐めたいくらいこのカレーは超私好み。まさにど真ん中ストライク。
 ああ、書いているとまた行きたくなっちゃった。たぶん年内にもう1回食べに行くだろうなぁ。



【DATA】
住所:東村山市本町2-3-2
電話:042-395-9417
営業時間:午前11時~午後11時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
高級・輸入食材のスーパーマーケット
ブルックス 簡単便利なドリップコーヒー




超旨カレー、しかも期間限定で激安

 ある日の午後3時過ぎ。ランチタイムが終わってしまったこの時間に、何か食べようと思ったら、ファミレスかファーストフード店ぐらいしかない。
「ファミレスで遅いランチでも食べるかな」と思って府中街道を歩いていたら、あるお店を思い出した。

 そうだ、「グリム館」があるじゃないか。あそこなら新聞が置いてあるし、食事も充実しているからいいんじゃないの……そう思って私は、東村山駅東口にあるカフェレストラン「グリム館」に向かった。

 禁煙席に座り、メニューを眺めていると……。

「カレライス」がナント390円!

 エエッ! 「カレーライス」が390円だって!
 いやあ、知らなかったなぁ。1階の通り沿いにあるメニューディスプレイにも、お店が「30周年」だなんて書いてなかったし。
 でも、このお店の「カレーライス」、実は前から気になっていたんだよね。そば屋の日本カレーもいいけど、洋食屋さんのカレーも侮れないからね。

 ということで、私は「カレーライス」を注文した。

カレーライスはボリューム満点

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。しまったなぁ。スプーンとか比較するモノを置くのを忘れちゃったよ。このお皿、結構大きくてボリュームはかなりある。
 で、運ばれて来た時に漂う香りが、すっごくいいんだよね。

よく煮込まれているのがわかるでしょ

 よく見ると、具材がすごく煮込まれていることがわかる。肉もほら、繊維になっている。ではでは、いただいてみますか。スプーンですくってパクッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、これは旨い! 口の中で複雑な味わいが交錯し、ピリッと最後に辛さを残していく。うーん、大盛り(プラス100円)にしなかったことを大後悔。
 カレーって個人によって好みが大きく分かれると思うけど、これは私にとって超旨です。

 帰り際に「いつまで390円なんですか?」と店員さんに聞くと、「ちょっとわからないんですよね」とのこと。この「カレーライス」、早めに食べにいくことをオススメします。390円でこの味は凄すぎる! 私も近いうちに大盛りを食べに行こうっと。



【DATA】
住所:東村山市本町2-3-2
電話:042-395-9417
営業時間:午前11時~午後11時





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

洋食と中華のコラボ

 いろんな料理をアレンジして無国籍っぽいオリジナル洋食メニューを出している、東村山駅東口のカフェレストラン「グリム館」。この日は普通にハンバーグを食べようと思っていたのだが、メニューを見ていると、「これってどんな味なんだろう?」と思う料理に出くわしてしまい、予定変更してしまった。
 この日、私が頼んだのは、こちら。

チキンソテー・オリエンタル

「チキンソテー・オリエンタル」。ライス(またはパン)が付いて870円ナリ。
 料理が出てくる前に、ナイフとフォークとともに、タバスコが運ばれてきたから、「一体どんな味の料理なんだろう?」と思っていたのだが、料理が運ばれて来たときに漂ってきた香りは、中華料理のホイコーローのようなモノだった。

ゴロゴロッとチキンがたっぷり乗っている

 野菜の上にソテーされたチキンがゴロゴロと乗っているのだが、よく見ると、野菜はどうやら炒められてないようだ。ホラ、写真左下のシメジを見て欲しい。炒めた形跡がないでしょ。どうやら温野菜の上に特製ソースをかけているようだ。
 食べてみると……おっ、最初に感じた香りと同じで、ピリ辛の味噌風味だ。ホイコーローとかなり味が似ている。チキンをナイフでひと口大に切って、ソースをたっぷり絡めた野菜と一緒に食べると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、これはご飯が進むなぁ。
 それにしても本当にこのお店って、面白い料理を出すよなぁ。ほかにも気になるメニューを発見したので、近々また行ってみようっと。



【DATA】
住所:東村山市本町2-3-2
電話:042-395-9417
営業時間:午前11時~午後11時





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
高級・輸入食材のスーパーマーケット
ブルックス 簡単便利なドリップコーヒー




ヘルシーなようで実はメタボ系…でも旨いランチ

 そう言えば、あのお店のランチって食べたことあったっけ? うーん、ないかもなぁ……ということで、お昼時に私が行ったのは、東村山駅東口のカフェレストラン「グリム館」。駅前にあるお店だし、ランチは絶対やっているだろうと思って行くと、予想通り、お店の前にランチメニューの看板が出ていた。それによると……。

1.和風ハンバーグ(1160円)
2.洋風ハンバーグ(1160円)
3.ポークソテーわさびソース(1170円)
4.ポークジンジャー(1130円)
5.ポークソテー香味ソース(1170円)
6.カレーライス(910円)
7.ハッシュドビーフ(1240円)


 うーん、「カレーライス」をのぞいて全部1000円以上か……ちょいと高いかなぁ。
 そう思ったが、よくよく見ると、この値段はサラダと飲み物が付いたセット料金らしい。単純に料理+ライス(またはパン)の場合だと次のようになる。

1.和風ハンバーグ(860円)
2.洋風ハンバーグ(860円)
3.ポークソテーわさびソース(880円)
4.ポークジンジャー(820円)
5.ポークソテー香味ソース(870円)
6.カレーライス(610円)
7.ハッシュドビーフ(940円)


 おおっ、これならいいかも……早速、私は2階にあるお店に入り、ランチを注文した。7つのランチの中から何を頼んだか、わかりますか?
 とれもメタボ系の洋食ですよね。だけど、できるだけヘルシーにしたい私……となれば、選ぶのは「ポークソテーわさびソース」、これしかないでしょう。

ポークソテーわさびソース

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。
 何だか酸っぱい香りがするなぁ。でも旨そう。

「ポークソテーわさびソース」のアップ

 これが「ポークソテーわさびソース」ですよ。縁がカリッとするまでソテーされた豚バラ肉にわさびソースがかかっていて、その肉の下にはたっぷりと生野菜。ヘルシーじゃないですか。
 では、いただきま~す。まずはやっぱりポークソテーだよね。1枚がなかなか大きい。数えてみると9枚も乗ってるよ。いやあ、うれしいねぇ。ではでは、パックンチョ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 酸っぱいのは何だろう? バルサミコ酢なの? とにかく酢が軽く入っていて、後からワサビのツンとした味わいがくる。だけど何より旨いのは豚肉の脂だね。結局、このサッパリ系のソースは、脂の旨味を引き出す役目なんだよね。ということはだ、この料理も実はメタボ系ってワケ。でも旨いんだよね。
 途中から豚肉で野菜を巻いて食べたんだけど、これがまた旨いんだ。

 いやいや、なかなか幸せなランチだったよ。ごちそうさまでした。
 今度は一番安い「カレーライス」か一番高い「ハッシュドビーフ」を食べてみようかなぁ。このお店ならちょっと他とは違う味が楽しめるかも。



【DATA】
住所:東村山市本町2-3-2
電話:042-395-9417
営業時間:午前11時~午後11時





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
高級・輸入食材のスーパーマーケット
ブルックス 簡単便利なドリップコーヒー





料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す56歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR