東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お腹いっぱいなのに、入ってしまう茶色メニュー

 10月のある仕事明けの午後。mixiを見ながら自宅でお酒を飲んでいたら、平日だというのに友人夫婦が八坂駅近くのお店で昼食がてら飲んでいる情報をゲット。「平日の昼間に一緒に飲む友人はいないだろう」と思って自宅で飲んでいたのだが、こうなると話は別。早速、コンタクトを取り、一緒に飲むことに。
 選んだお店は久米川駅南口の和食レストラン「まごころ亭」。このお店はオープンのランチタイムから閉店まで、休憩なしの通し営業をしているから、昼飲みにはもってこいなんだよね。

生ビールでお先に一杯

 待ち合わせの時間に私の方が早く来たから、まずは生ビールを飲みつつ待つことに。お通しが何気に旨いんだよね、このお店。

牛筋煮込み豆腐

 とりあえず「牛筋煮込み豆腐」(480円)をつまみつつ待っていると、来た、来た。この友人夫婦と飲むのは久しぶり。それにしても一緒に平日に仕事を休むなんて、仲いいよね。

カツオとアジの刺身

 お互いにある程度食べて、お腹はそこそこいっぱいの状態だから、「軽いモノを」とカツオとアジの刺身を注文。カツオはたたきも選べるんだけど、迷わず刺身を選択。
 いやあ、カツオもアジも旨いねぇ。刺身ならお腹いっぱいでもスルッと入る。今日のツマミはこの路線だね……と思いきや。

カニクリームコロッケ

 エッ、「カニクリームコロッケ」(1個180円)なの?

「マサさん、食べてみ。スルッと入っちゃうから」

 食べてみると、濃厚な味なんだけど、何だかスルッと食べられる。しかもお酒もスイスイと(笑)。

ネギ焼き

「このお店だったら、マサさんにコレを食べて欲しかったのよ」

 と続いて出て来たのは、またしても“茶色メニュー”の「ネギ焼き」(720円)。
 たっぷりのカツオ節の下は、こってりと小麦粉で固められたネギの入ったお好み焼きか……と思っていたら、コレが全然違った。確かに小麦粉も使っているけど、あくまでも繋ぎという感じ。主役はネギ。カツオ節の下には短く切られた青ネギがギッシリ並んでいて、溶いた小麦粉はそれをくっつける単なる接着剤みたいな役割。
 食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

「ねっ、旨いでしょ。お腹いっぱいでも入っちゃうでしょ」

 顔を上げると、そこには友人夫婦の勝ち誇ったような満面の笑顔。いやあ、参った。これは旨いし、確かにお腹いっぱいでもイケちゃうよ。

お新香盛合せ

 とはいえ、さすがに全員、ほぼ満腹状態なので、「お新香盛合せ」(480円)を頼んだりなんかして(笑)。
 いやいや、それにしても楽しかったなぁ。また一緒に飲みましょう。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-391-0556
営業時間:午前11時~午後11時(ランチタイムは午前11時~午後2時)
詳しくはこちらを参照




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






スポンサーサイト

青魚で夏バテ防止だ

 まだ本格的な夏バテ状態ではないけど、すっかりこってり系を避ける傾向になってしまっている私。この日も「刺身定食が食べたい」と思い、久米川駅南口の和食レストラン「まごころ亭」へ。このお店は魚系の定食が充実しているんだよね。

 お店に入ると、通常メニューのほかに店員さんが、こんなモノを手渡してくれた。

オススメらしい

 何だろう? オススメってことかな?

*あじ刺身又は叩き定食(各900円)
*いわし刺身又は叩き定食(各900円)
*ぶり刺身定食(880円)
*いわしとアジ二点盛定食(900円)
*紅鮭中落ち焼定食(850円)
*マグロスタミナ炒め定食(850円)
*かれい煮付定食(850円)
*ゴーヤチャンプルー定食(850円)
*アジといわしフライ定食(900円)


 青魚が好きな私としてはアジとイワシにすごく魅かれる。ということで、「どっちも食べよう」と、私は「いわしとアジ二点盛定食」をお願いした。

いわしとアジ二点盛定食

 これが「いわしとアジ二点盛定食」。ご飯と味噌汁にメインのイワシとアジの刺身2点盛り、そして冷奴、小鉢、香の物。ヘルシーでバランスのいい定食だと思いませんか? 我ながらいい選択をしたような気がする(笑)。

アジとイワシの刺身

 左の4切れがアジで、右がイワシ。醤油に付け、刻みネギと生姜でいただく……うーん、サッパリとした味わいで旨いなぁ。どちらも脂が乗っているのに、やはり肉と違ってサッパリと食べられるのは脂の質が違うからだろうなぁ。
 アジとイワシには、血流を改善する働きを持つEPA(エイコサペンタエン酸)や血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やすDHA(ドコサヘキサエン酸)が多く含まれているから体にいい。旨くて体にいいなんて言うことナシだよ。
 夏バテしないようにシッカリ食べておかなきゃね。ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-391-0556
営業時間:午前11時~午後11時(ランチタイムは午前11時~午後2時)
詳しくはこちらを参照




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





茶色ラバーを魅了するラードの香り

 都心で友人と仕事の打ち合わせをした後、「軽く飲もうか」という話になった。「どこで飲もうか?」となった時、「やっぱり地元に戻ってから飲もうよ」と友人。私もそう思っていたから、この提案はすごくうれしかった。どうしても都心で飲むと、“心の上着”を着たまんまという感じで、今ひとつ、くつろげないんだよね。

 ということで、電車に揺られて久米川に戻り、久米川駅南口の和食レストラン「まごころ亭」へ。友人が「マサさん、ここのハムカツが旨いんだよ」と言うから、「じゃあ食べよう」ということになったのだ。

生ビールで乾杯

 まずは生ビールで乾杯! はぁ~、地元だとホントに気がラクになる。どんなに酔っ払ったとしても、這ってでも帰れるという安心感だろうか(笑)。

かつおの叩きポン酢 カニみそサラダ

 まずは「かつおの叩きポン酢」(680円)と「カニみそサラダ」(630円)を注文。まあ、「軽く飲もう」ということだから、こんなモノだよね……なんてワケがない。だって、友人も私も“茶色ラバー”だから(笑)。すぐに揚げ物を注文。

海老の辛揚げ 牛蒡唐揚げ

 来たのは「海老の辛揚げ」(630円)と「牛蒡唐揚げ」(420円)。これがねぇ、どっちもメニューの写真と全然違って、第一印象は友人も私も超ガッカリだったんですよ。
 だけど、食べてみると……。

エッ、何? 旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 どちらも口に入れた瞬間、ラードの香りがフワッと広がり、噛み締めるとジュンッと広がる脂が、中の素材であるエビやゴボウの旨味をググッと引き出してくれる。いやあ、参った。このお店、何気に揚げ物、いいじゃんか。

ハムカツ

 となると、この「ハムカツ」(1枚180円)の期待がググッと増してしまうワケで。
 まずは何もつけずにガブッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやいや、期待通りの味だね。揚げたてだから余計に旨いよね。中濃ソースをかけて食べたらひと口分で、ビール1杯が飲めるって感じ。いやあ、これは友人が勧める気持ち、よくわかる。

とろとろネギチャーシュー

 揚げ物ばかりじゃね……ということで頼んだのが、「とろとろネギチャーシュー」(580円)。結局、茶色系なのね(笑)。まあ、友人も私もメタボ体型だから、今さらなんだけどね(笑)。

お新香盛合せ

 とは言っても、さすがに〆は「お新香盛合せ」(480円)。
 軽く飲んだつもりだけど、こうして記事にすると、かなり食ってるね。うーん、痩せないワケだ(笑)。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-391-0556
営業時間:午前11時~午後11時(ランチタイムは午前11時~午後2時)
詳しくはこちらを参照




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

バランスの取れた夕食を求めて

「食の三国志状態」だとか「定食三国志」だとか「メタボ三国志」だとか書いているモノだから、「マサさんって、食べ物のバランスとか全く考えてないでしょう」とよく言われる。
 確かに食べているモノを振り返ると、バランスは取れてないんだけど、「考えてないでしょう」と言われると、「それは違う」と言いたい。一応、考えてはいるんだよね。ただ、実行が伴わないだけでして……(笑)。

 仕事を終えるのが遅くなって、夕食が夜遅くになってしまう時は、「お酒を飲みながら軽く済ますか」という気持ちに流されそうになるんだけど、グッとこらえて「お酒抜きで、バランスの取れた食事を」と考えるようにしているんですよね、こう見えて(笑)。
 で、そういう時の候補店として必ず頭に浮かぶのが、久米川駅南口の和食レストラン「まごころ亭」だ。

 先日も遅くなったから、このお店に入ったんだよね。頼んだのは……。

牛筋肉豆腐定食

「牛筋肉豆腐定食」(980円)。どうです、なかなかバランスが取れていると思いませんか?

牛筋肉豆腐

 牛すじを使った肉豆腐は大根やニンジンなど、野菜たっぷりだし、

刺身が付いている

 刺身も付いている。さらに冷奴と鶏肉と野菜のトマト煮の2つの小鉢があり、そしてお新香も付いている。ヘルシーでいい感じでしょ。味もまずまずだしね。
 ただ問題は、この定食を午後10時過ぎに食べているということ。いくらヘルシーでもそんな遅い時間に食べちゃダメだよね。こうしてダイエットの目標が遠ざかっていくのであった……(笑)。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-391-0556
営業時間:午前11時~午後11時(ランチタイムは午前11時~午後2時)
詳しくはこちらを参照




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

定食もいいけど、一品料理も旨かった

 久米川駅南口の和食レストラン「まごころ亭」は、私の中では「夜遅くても定食があるお店」として情報がインプットされているんだけど、考えてみればお酒もいろいろあるし、一品料理も充実している。どちらかというと居酒屋に近い営業形態かもしれない。
 だから「いつか友人を誘って飲みに行ってみるかな」と思っていたのだが、その「いつか」は意外と早く訪れた。というのも、オープン5周年記念ということで、4月16日から20日まで生ビールが250円になるなどのサービスを行う情報を入手したからだ。
 早速、友人3人を誘って飲みに行ってみた。

焼酎のお湯割りとお通し

 この日は雨が降って寒かったので、私は焼酎のお湯割りを注文。焼酎も5周年記念ということで半額になっていたのだ。
 グラスにお湯の入ったポット、そして焼酎の入った器が出てきた。これはちょっとうれしい出し方だよね。これだとグラスに先にお湯を入れて、あとからゆっくりと焼酎を流し込むことができる。この方がお湯とゆっくり混じり合っていくから、私は旨く感じるんですよね。

あじの叩き タラバガニ

 5周年記念ということで、ツマミも一部安くなっている。
 まずは特別価格のメニューを注文しようということで頼んだのが、「あじの叩き」(500円)と「タラバガニ」(680円)。いやあ、焼酎に合うなぁ。

鮪元気炒め 特大海老フライ

 続いても特別価格の「鮪元気炒め」(480円)と「特大海老フライ」(500円)。この「鮪元気炒め」のマグロは柔らかい肉って感じ。「特大海老フライ」もカラッと揚がっていて、中はプリプリ。これも旨かったなぁ。

カニみそサラダ 手羽先のやみつき揚げ

 お次は一般メニューから「カニみそサラダ」(630円)と「手羽先のやみつき揚げ」(580円)。「カニみそサラダ」は予想通りの味だったけど、「手羽先のやみつき揚げ」はコロモがシッカリ付いていて、ちょっとイメージしたモノとは違ったけど、これはこれで旨かった。

いかわたのホイル焼き

 で、これは何かというと、「いかわたのホイル焼き」(480円)。アルミホイルを開くと……。

開けると旨そうな香りが広がる

 独特の旨そうな香りが広がって、もうたまんないって感じ。いやいや、5周年記念ということで、お酒の値段が安くなっているせいもあるけど、みんなガンガンお酒を飲みまくっている。まあ、ツマミがどれも旨いから、わからなくもないけどね。

ネギマ串

 これは「ネギマ串」。これは特別価格で1本150円になっていた。どちらかというと、魚がメインというイメージのあるお店だけど、意外と肉料理もイケる。これもちょっとビックリしてしまった。

あんかけ黒焼そば

 と、ここで「あんかけ黒焼そば」の登場。
 今回注文したのは、前回食べた時の記事に、

 マサさんのこの写真を見て4/10に食べに行ったら……。あんかけの「あん」の量が3分の1ぐらいしかかかってなかったのです……(悲)。
 黒焼きそばが見えないほどの餡を想像していたのに……餡のかけ忘れ?というほど少ないのです。


というコメントをいただいたから、確認したくて頼んだんですよね。
 今回はちゃんとあんがかかっていて大丈夫だった。でも、ひょっとしたらスタッフが変わると、料理が変わる可能性があるかもしれません。というのも、実は後日、私はまたこのお店に飲みに行ったんですよ。焼酎のお湯割りの出し方が気に入ったので、焼酎のお湯割りを頼んだら、焼酎がすでに入ったグラスとお湯の入ったポットが出てきました。
 飲み物の出し方が変わるって、あまりないことだと思うけど、スタッフが知らないとこういうこともあり得るかもしれません。
 でも、いいお店なのだから、こういうことは極力なくして欲しいですね。

牛蒡唐揚げ とろとろネギチャーシュー

「あんかけ黒焼そば」を食べても、ツマミの注文はまだまだ続く……。
 これは「牛蒡唐揚げ」(420円)と「とろとろネギチャーシュー」(580円)。ちょっと話に熱中していたら、「とろとろネギチャーシュー」はすでになくなっていた。ちょっと悔しい(笑)。

豆腐もんじゃ焼き

 これはグラタンっぽいけど、料理の名前は「豆腐もんじゃ焼き」(530円)。どこが「もんじゃ焼き」って思うでしょ?

中はふわふわとろとろ

 焼けた表面をスプーンで破ると、豆腐とベーコンとチーズが混ざり合った、ふわふわとろとろ状のモノが出てきた。確かにこの状態だけを見ると、「もんじゃ焼き」っぽいかも。
 ひと口食べると……おおっ、これは旨い! 結構食べているハズなのにスルスル入っちゃうよ。

お新香盛合せ さっぱりたこポン酢

 じゃあ、そろそろ〆ようかということで頼んだのが、「お新香盛合せ」(480円)と「さっぱりたこポン酢」(580円)。
 いやあ、飲んだ食った。このお店、考えたら昼から営業しているんだよね。昼飲みするのにピッタリのお店かも。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-391-0556
営業時間:午前11時~午後11時(ランチタイムは午前11時~午後2時)
詳しくはこちらを参照




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

黒焼そば食べ歩き2010 エントリーNO.3

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年分46店
2010年04月03日「ますも庵」
2010年04月04日「竜苑」



 何気なく久米川駅南口の和食レストラン「まごころ亭」の前を通ったら……。

まごころ亭

 おおっ、このお店も「黒焼そばキャンペーン」に参加しているんだ。ちょうど小腹も空いていることだし、ちょっと食べてみようかなぁ……軽い気持ちでお店に入り、メニューをいろいろと見るが、黒焼そばメニューがない。店内の張り紙を見回してみてもない。
 しかし店内には「黒焼そばキャンペーン」の張り紙が大きくドーンと張り出されているから、メニューはあると思うんだよね。
 そこで店員さんに聞いてみると……。

「当店では黒焼そばに海鮮あんをかけたモノをお出ししています」

とのこと。オッ、ということは「あんかけ焼そば」ってこと? ついこの間、コメント欄で八王子のお店があんかけタイプの黒焼そばを出しているという情報を読者の方からいただいて、「東村山でもそういうスタイルの黒焼そばが出てくるといいなぁ」と思っていたんだけど、すでにやっているお店があったとは……。これはうれしいなぁ。
 私は「あんかけ焼そば」を注文した。

あんかけ焼そば

 しばらく待って出てきたのが、こちら。
 うわっー、キレイだねぇ。白菜、モヤシ、ニンジンなどの野菜に混じって、エビやイカ、小柱、アサリなどのシーフードがたっぷり入ったあんがかかっている。その海鮮あんの下には……。

中は黒焼そば。しかもおこげがある

 ジャジャーン! 黒焼そば! しかも見て見て! わかりますか? ちょっと揚げたような焦げ目があるんですよ。つまり……そうなんです、五目焼きそばと同じスタイルの麺なんですよ。
 ではでは、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 これはいいね。五目焼きそばみたいなモノだから、カラシがあった方がいいのかなと思ったけど、食べてみると黒焼そばソースのスパイシーさが効いていて、カラシの必要を全く感じなかった。これは旨いなぁ。
 驚いたのはこれだけではない。メニューに載ってなかったので、値段がわからなかったのだが、会計で「680円になります」と言われた時には、少しのけぞってしまった。すっごくお得な値段じゃないの。
 この「あんかけ焼そば」はオススメだね。早くちゃんとメニューに出して欲しいなぁ。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-391-0556
営業時間:午前11時~午後11時(ランチタイムは午前11時~午後2時)
詳しくはこちらを参照




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

とろとろ+とろとろ=うまうま

 体のためには良くないという食べ物ほど、旨かったりするのが世の常。
 先日も仕事の関係で夕食を食べ損ね、夜9時ごろ「お腹が空いたなぁ」と久米川駅南口周辺を歩いていた私。本音を言えば飲みたいところだけど、メタボな体のことを考えれば控えた方がいい。ラーメンや肉料理などのこってり系もやめた方がいいだろう……ということで、私が向かったのは、久米川駅南口の和食レストラン「まごころ亭」。ここなら魚料理をメインにした定食が多いから、「今夜はヘルシーに魚を食べて家に帰ろう」と思ったワケだ。

 でもメニューを見ていたら、気になるモノを発見しちゃったんだなぁ。それは……。

「とろとろチャーシュー丼」(900円)

 普通に「チャーシュー丼」と書けばいいものを、わざわざ「とろとろ」を付けてるんですよ! 気になるじゃないですか。
 というワケで、「とろとろチャーシュー丼」を注文することにした私。店員さんを呼んで注文を告げると……。

「温泉玉子を付けると美味しいですよ」

と言うではないか。私がタマラーであることを見抜かれてしまったのだろうか? 言われた次の瞬間、「お願いします」と私(笑)。
「とろとろチャーシュー丼」といい、温泉玉子の追加といい、結局、頼んだのは“メタボ一直線メニュー”。一体何のために、このお店に入ったのやら……。
 注文した後、さすがにちょっと自己嫌悪に陥ってしまったが、「とろとろチャーシュー丼」が運ばれて来た途端にそんな気持ちは消えてしまった。

とろとろチャーシュー丼+温泉玉子

 だってコレですよ! 味噌汁と冷奴、香の物が付いていて、メインの「とろとろチャーシュー丼」プラス温泉玉子は……。

見るからに旨そう!

 コレですよ! もう、見るからに旨そうじゃないですか。

脂たっぷりのチャーシュー

 チャーシューは脂たっぷり。これは確かに「とろとろ」だと思うな。では、1切れ、食べてみますか……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 思った通りの味付けと、とろけ具合。たまんないねぇ。これに温泉玉子ですよ!
 ワクワクしながら黄身を箸で崩すと……。

黄身がもっとトロッとしていれば最高なんだけどなぁ

 うーん、惜しい! もっと、とろ~りと黄身が流れ出てくれると最高なんだけどなぁ。
 でも気を取り直して、とろとろチャーシュー1切れに温泉玉子のとろとろ黄身を絡めると……。

これがマズいワケがない!

 グハッ! 何たるビジュアル! ではお口にIN!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 この後、黄身をご飯に混ぜ込み、ご飯と一緒にチャーシューをかき込む……。

幸せじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ああ、幸せ! 確実に脂肪とコレステロールが体内に蓄積されるんだろうけど、この幸せ感が味わえるならいいや(笑)。

 とっても満足して家路に着いたのであった。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-391-0556
営業時間:午前11時~午後11時(ランチタイムは午前11時~午後2時)
詳しくはこちらを参照



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

脂ギッシュなステーキ定食

 焼き肉店に行くと、「肉の旨味は脂なんだなぁ」と実感する。
 例えばカルビ。上質のモノになるほど、サシがビッシリと入っている。「サシ」と言えば聞こえはいいが、要するに脂だ。
 昨年ブームになった牛ホルモンもそう。あの独特の甘みは、すべて脂だ。

 だけど、脂が旨いとわかっていても敬遠されてしまうのが、ステーキの脂部分だ。まあ、ステーキの場合、多くは肉の部分と脂の部分がハッキリ分かれているから、残してしまいがちなんだよね。あれがサシのように肉と一体になっていたら、いいんだけどなぁ……なんて思っていた私。

 前置きが長くなってしまったが、サシのように肉と一体となっているステーキ、つい先日、見つけちゃったんですよ。
 どこで見つけたかと言うと、久米川駅南口の和食レストラン「まごころ亭」なんですよ。
 もともとこのお店、魚料理がメインの定食が多く、最初は魚を食べるつもりだったんだけど、メニューをよく見ると、意外と肉料理もあったりして、さらにチェックすると「国産牛のガーリックステーキ定食」(1350円)なんてモノを発見。ちょいと値は張るけど、2009年の〆の定食のつもりだったから、「少し贅沢しちゃうか」ということで注文。

国産牛のガーリックステーキ定食

 しばらくして運ばれて来たのが、コレだ。
 メインのガーリックステーキのお皿にはポテトサラダ、ソテーされたほうれん草、そしてとうもろこしが乗り、そのほかにサラダ、ハスきんぴら、冷奴がおかずとして並んでいる。定食としてはなかなか豪華じゃないの。

レア気味なステーキはかなり脂が乗っている

 肝心のステーキはというと、中心部は赤いんだけど、周りは白っぽい。食べてみると、これが見事に甘い脂。でも、おろし醤油とガーリックチップのおかげで、それほどしつこくは感じない。
 私としては柔らかいし、旨いと思うんだけど、ダイエット中の人はやめた方がいいかもね。普通のステーキと比べたら、脂ギッシュだから。でもね、私なんかが食べると、その脂ギッシュさが、エネルギッシュに変化しそうで、2009年の〆の定食にピッタリって感じだった。
 このお店、肉料理も結構イケるんだね。ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-391-0556
営業時間:午前11時~午後11時(ランチタイムは午前11時~午後2時)
詳しくはこちらを参照




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

おかずが充実!満足度の高い魚定食

 ちょっと仕事で遅くなり、夕食もまだ食べていなかったある夜。こんな時は大抵、「自分へのご褒美」とか思いつつ、居酒屋などで一杯やっちゃうんだけど、この日はどうもお酒を飲む気にはなれなかった。
 どうにもこうにも疲れていて、「普通に焼き魚とご飯と味噌汁が食べたいなぁ」と思った私。「こんな時はあのお店しかない」と思い、私が向かったのは、久米川駅南口の和食レストラン「まごころ亭」
 思った通り、メニューにはいろんな焼き魚の定食がある。私はその中から「サバ文化焼き定食」(1000円)を注文した。

サバ文化焼き定食

 しばらくして運ばれて来たのが、コレ。見た瞬間、うれしくなっちゃった。だっておかずがいっぱいじゃないですか。

マグロとアジの刺身

 メインのほかにマグロとアジの刺身が付いてくるなんて、思ってもみなかったよ。いやあ、これはうれしいなぁ。

冷奴とブロッコリー

 2つの小鉢は冷奴とブロッコリー。このお店の定食には必ず豆腐が付くんだけど、これが結構旨いんだよね。

サバの文化焼き

 で、これがメインのサバの文化焼き。時間をかけて焼いてあるせいか、身はふんわりと柔らかい。醤油を含ませた大根おろしを少し乗せてパクッと口に放り込み、すかさずご飯をかき込む……うーん、旨い!
 味噌汁は赤だしで、疲れた体に塩分が染みわたっていく。
 特別旨いってワケじゃないけど、この普通の旨さが疲れた体にはちょうどいい感じ。全部食べ終えると、すっごく満たされた気分になった。
 夜遅くにこういう魚定食が食べられるってありがたいなぁ。ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-391-0556
営業時間:午前11時~午後11時(ランチタイムは午前11時~午後2時)
詳しくはこちらを参照





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
わけあり商品などお買い得商品満載
買物が大変なママにおすすめ。大地を守る会のお試し野菜セット980円から



こりゃもう肉だよ、肉!

「あー、遅くなっちゃったなぁ」と思いつつ、仕事を終えて外に出たのは、午後9時すぎ。この時間から飲みではなく、ご飯を食べようと思うと、かなりお店が限定される。最初は面倒だから「ファミレスに行こうかなぁ」と思ったが、何となく魚料理が食べたい気分だったので、思い直して、私は久米川駅南口の和食レストラン「まごころ亭」に向かった。このお店、居酒屋のようにツマミも充実しているけど、ちゃんと定食も用意してある。しかも魚系の定食が充実しているんだよね。

 ということで、お店に入りメニューをチェック。煮魚の定食を頼もうと思って見ていると、こんな定食を発見してしまった。

「マグロのスタミナ炒め定食」(900円)

「マグロ」を「炒める」というだけでも、「エッ!?」という感じなんだけど、さらに「スタミナ炒め」だからね。「何なんだ、コレ?」って感じですよ。こってりした肉料理の気分じゃないからこのお店に来たんだけど、気になっちゃったから仕方がない。私は「マグロのスタミナ炒め定食」を注文した。

 どんなモノが来るのかなぁと、ワクワクしながら待っていると、来ました、来ました!

マグロのスタミナ炒め定食

 これが「マグロのスタミナ炒め定食」だ。ご飯と味噌汁、メインのマグロのスタミナ炒めに小鉢の煮物、冷奴、そして香の物。おかずの種類が多くて、ちょっと贅沢感のある定食じゃないの。
 それにしてもスタミナ炒めらしく、ガーリックの香りがかなりするなぁ。もう少しよく見てみようかなぁ……。

これがマグロのスタミナ炒め

 ええっと、あのぉ……これって、入っているのはマグロですよね? マグロなんですよね?
 だけど、コレ、見るからに、

肉じゃん!!

 いやあ、これ驚いたなぁ。こんなにも肉々しくなっちゃうのね、マグロって。

もはや肉ですよ、これは

 だってさ、コレですよ。

肉じゃん!!

 いや、どう見ても肉だよ。では、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 これは不思議だねぇ。食感は焼き魚に近いんだけど、味は肉なんですよ。いやいや、旨いなぁ。このガーリックを効かせた味付けがよくて、タマネギ、ニンジン、ピーマンの野菜も旨い。これは面白い料理だわ。

 この日は家に帰ってもうひと仕事しなければならなく、ちょっと気分がブルーだったけど、この定食のお陰で元気が出たよ。
 ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-391-0556
営業時間:午前11時~午後11時(ランチタイムは午前11時~午後2時)
詳しくはこちらを参照




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
わけあり商品などお買い得商品満載
買物が大変なママにおすすめ。大地を守る会のお試し野菜セット980円から



料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。