東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ 草門去来荘(富士見町) ]


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

超贅沢なお弁当

 東村山の飲食店の中で、秋津のケーキ屋「ロートンヌ」と並んで全国的に知名度が高いのが、今回紹介する「草門去来荘」だ。何しろ「紅虎餃子房」や「万豚記」などの飲食チェーン店を手がける「際コーポレーション」の社長・中島武氏の実家を改装したモノだから、3年前のオープン当初から人気で、テレビにも何度か登場している。
 これほどの有名店なのだが、実は私、行ったことがなかった。「行きたい」とはいつも思っていたのだが、どうも敷居が高くてなかなか行けないでいたのだ。また、「1人で行くのもちょっとなぁ……」と思っていたので、「行きたい、行きたい」と思いつつ、「また今度」と先延ばしにしていた。

 しかし「東村山グルメ日記」と名乗る以上、このお店を取材しないのはおかしい。読者の方からも「あのお店はどうなんですか?」という質問が過去に何度か来ている。
 というワケで、ようやく先日、ランチタイムにカミさんとともに行ってきました。例によって、赤ちゃんをお義母さんに預けてね。

 場所はまず八坂駅を出て府中街道を左に進み、最初の信号交差点である変則6叉路へ。これは府中街道と江戸街道、野火止用水道が交わっているのだが、右折して野火止用水道に入る。真っ直ぐ進み、西武国分寺線の踏み切りを越えると、すぐ右側にある。

草門去来荘

 見てくださいよ、いきなりこの門ですよ。「東村山にこんなお店があったの?」って誰もがビックリですよ。

風格のある看板

 大体、この看板だもん。風格あり過ぎ。私は食べ物屋さんだと知っているからいいけど、知らない人が見たらきっと、「何、コレ?」って感じだろうなぁ。

門をくぐると竹林

 門をくぐると涼しげな竹林。石畳の道が延びているだけで、建物らしきモノは見えない。中島社長の実家を改装したモノということだが、「どんだけ広い実家なんじゃい」と貧乏サラリーマンの私は突っ込みたくなる。カミさんはと言うと、「ステキねぇ」と雰囲気に感心しきり。
 石畳の道を進むと、ようやくお店が見えてきた。

これがお店

 デカいなぁ。木造の建物なのだが、まるでお寺のように天井が高い。でも庭に雰囲気に合っていて、違和感は全くない。
 お店に入ると、作務衣のようなモノを着た店員さんが丁寧に応対し、席まで案内してくれた。庭の見える座敷と、広間のテーブル席が空いていたのだが、私たちはテーブル席を選択。庭を見ながらの方がいいかなぁとも思ったんだけど、この時は天井の高い広間の方が雰囲気がよく見えたんだよね。それに広間からも庭は見えるからね。

 このお店のランチタイムメニューは「草門懐石コース」(5800円、8000円、1万2000円の3種類)と「お楽しみお弁当」(3500円)、そして平日限定の「特別昼懐石コース」(4500円)……となっている。予想通り、高い。私とカミさんは当然のごとく「お楽しみお弁当」をチョイスした。

 しばらくすると、店員さんがフタの付いた大きな箱を持ってきた。どうやらこれが「お楽しみお弁当」らしい。「フタをお開けください」と店員さんに促されて開けてみると……。

お楽しみお弁当

 ほほぅ、ちゃんと懐石料理になっているじゃないの。量的にはちょいと寂しいが、見た目は美しい。
 店員さんは味噌汁の椀を置くと、次に大きな丼みたいな器を中央に置いた。

大きな器に入った香の物

「香の物でございます」と言われて、のぞき込むと確かにナスとウリの漬け物が入っている。あざとい演出だが、お店の雰囲気には非常に合っている。
 じゃあ、そろったみたいだから食べますか。

大根の味噌汁

 まずはお味噌汁から。おっ、大根の味噌汁ですか。うん、旨い。というか、この雰囲気の中で食べたら、よほどマズいモノじゃない限り、どんなモノでも美味しい食べられると思うなぁ。

 お弁当の中身について、店員さんが1つ1つ解説してくれたのだけど、実はあんまり覚えてないんですよね。うろ覚えながら説明すると……。

生姜ご飯 翡翠ナス

 ご飯は生姜ご飯で、確か「モチ米が少し入っている」って言ってたと思う。生姜の香りと味がほのかにして美味しかった。お代わりしたかったなぁ。
 右は翡翠ナス。「翡翠ナス」という種類のナスを使っているワケではなく、翡翠のようなキレイな色合いに煮たナスという意味らしい。

スズキの焼き物 メジマグロの刺身

 焼き物はスズキ。刺身はメジマグロ。

鮎の天ぷら 煮物

 鮎の天ぷらは「頭から食べられます」というので、ガブッといってみた。多少引っかかるモノはあったが、骨まで食べられた。鮎らしい爽やかな苦味があり、美味。カミさんは骨を残しながら食べていた。せっかく食べられるのに、もったいないなぁ。
 煮物はレンコン、ナス、さつまいもといった野菜だけでなく、鴨肉も入っている。面白いのほおずきが入っていること。飾りかと思ったら、これも食べられるとのこと。中の実を食べると、一瞬、酸味がフワッと広がるが、後からほのかな甘みが舌に伝わり、旨かった。

山芋を使ったデザート

 食後のデザートは山芋を使った淡雪。お皿の下には抹茶ソースが敷かれ、淡雪の上には小豆がかわいく乗っている。食感はまさしく山芋で、何とも不思議な味。甘さ控えめでアッサリしていて、このお弁当の締めにピッタリと言えるかも。


 普通のお店でこの料理が出てきて「はい、3500円です」と言われたら、ちょっと納得いかないけど、この雰囲気なら納得。何しろウチのカミさんときたら、「外の世界と全然違って、ここが東村山だってことを忘れちゃう」と終始ご機嫌だったからね。「ココ、絶対誰かを連れて来たい」とカミさんが言ってたように、確かに誰かを連れて来たくなるお店であり、「誰かをもてなしたい」と思った時に真っ先に候補に挙がるお店だと思う。
 お金に余裕がある時に、今度は懐石コースを食べてみたいなぁ。



【DATA】
住所:東村山市富士見町1-1-7
電話:042-390-5288
営業時間:午前11時半~午後2時(ランチ)
      午後5時~9時(ディナー)
駐車場あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
わけあり商品などお買い得商品満載
買物が大変なママにおすすめ。大地を守る会のお試し野菜セット980円から



スポンサーサイト
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。