東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

萌えるパン

 先日、掲示板に読者の方から、こんな情報をいただいた。


市役所そばのいなげやの中のパン屋さん『ボンマタン』の「3匹の子ぶたパン」(160円)かわいくておいしいんですよ。チョコ、あずき、カスタードクリームがおなかの中に入っている子ブタさんのパンが3つつながっています。ぜひお子さんのおやつにご賞味あれ~


「へぇ、そうなんだ」と思いつつ、スーパー「いなげや市役所前店」へ行ってみた私。パンのコーナーに行き、「3匹の子ぶたパン」を見つけた瞬間、固まってしまった。

3匹の子ぶたパン

か、かわいいじゃ (゚д゚lll)ないッスカ!!

 何これ! このかわいさ!
 私はいわゆる「3色パン」だと思って、三つ葉のクローバーみたいに丸くなっていると思っていたら、これだもんなぁ。意表を突かれてしまったよ。
 もっと近づいて見ると……。

表情がかわいい

か、かわえぇ~ッ!!

 よく見ると、表情が1つ1つ違う。チョコチップの目が何とも愛くるしい。豚だとわからせるためには鼻は絶対必要で、普通は鼻だけだったりするんだけど、このパンには耳が付いているのがまたいいんだよね。しかも逆三角形で垂れ下がった感じが、かわいくて萌える。

 このパン、すでにかなりの人気なんだろうね。だって、いっぱい入ったカゴが3つも並んでいるんだよ。ほかのパンでこんなに大量に並べられているのはないからね。

「3匹の子ぶたパン」を買った私は、店内の奥にある休憩コーナーで早速、食べてみることにした。
 袋から取り出すと……。

袋から取り出すとこんな感じ

か、かわえぇ~ッ!!

 改めてよく見ると、左右の子ぶたは鼻の位置をズラしてあるんだね。何だか癒されるなぁ。

3つに分けて遊んだりして

 3つに分けて、「キミはブー、キミはフーね、そしてキミはウー」と名前を付けて遊んだりして……いかん、いかん。危ないオジサンと思われてしまう。しかも「ブーフーウー」とは古いではないか(笑)。
 だけど、かわいいなぁ、コレ。

左はチョコ

 一番左のブーはチョコ。

真ん中はクリーム

 真ん中のフーはカスタードクリーム。

右は小豆

 右端のウーは小豆。中身はどれもほんの少ししか入ってないけど、パン自体が旨いし、目の部分のチョコチップと、鼻と耳の部分のクッキーが旨いから、中身の少なさが全然気にならない。いやあ、これは人気になる理由、わかるなぁ。
 中身が少なくて甘さが抑えられている分、ひょっとしたらこのパン、疲れた大人向けなのかもしれない。だって癒されますよ。実際に行って、手にとってみると、きっと「かわいい」と思うハズだから。

 くるみさん、かわいくて美味しい情報、ありがとうございました。



【DATA】
住所:東村山市本町3-42
電話:042-398-7141
営業時間:午前10時~午後10時45分
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
スポンサーサイト

黒焼そば食べ歩きエントリーNO.2

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年04月02日「ほや」



 いつも外食しているように思われている私だけど、家で食べることももちろん、ある。ただねぇ……何の連絡もなく家に帰ると、当然のことながら私の夕食は用意されないんですよね。
 先日も連絡を忘れていたから、家で食べるためには自分で食事を調達しなければならない。ということで向かったのは、職場の近くにあるスーパー「いなげや市役所前店」

 弁当&総菜コーナーをフラフラとチェックしていると……。

おや、この黒い焼そば軍団は…

 おおっ、この黒い焼そば軍団はもしや……。

やっぱり「いか墨焼そば」なんだ

 やっぱり「いか墨焼そば」(298円)だよ。待てよ、あまりにキャンペーンとタイミングが合い過ぎてるなぁ。これってソースはもしかすると……。

しかも「ポールスタア」のソースを使っている

 やっぱりね。「ポールスタア」のソースを使ってるんだ。キャンペーン参加のお店リストにも載っていないし、例の幟がないから一瞬「違うのかな?」と思ったけど、これは間違いなく「東村山 黒焼そばソース」を使った黒焼そばだ。
 参加リストに載っていないのは、きっと「いなげや市役所前店」の方から辞退したんじゃないかなぁ。レジで「黒焼そばパスポート」にシールを張るのは面倒だからね。それならそれで、容器にシールを付けるという手もあると思うんだけど、それも考えたら手間だからねぇ。

 それにしても298円とは安いねぇ。私は午後8時半ごろに行ったからさらに20%割引になって238円で買うことができた。ラッキー!

これが「いか墨焼そば」

 家に帰って早速、食べてみると……おっ、意外とソースをたっぷり使っているみたいで、スパイシーさが際立って旨い。後乗せしたイカと紅生姜もいいアクセントになっている。
「黒焼そば」って、どんなモノなの?……と疑問に思っている人は、まずコレを食べてみるといいかも。値段もお祭の模擬店で売られている焼そば並みだし、まさに“黒焼そば初心者”向きという感じ。
 これを基本形として、キャンペーン参加店がどんな風にアレンジして、独自の黒焼そばを出すのか、比較しながら食べ歩くといいかもね。



【DATA】
住所:東村山市本町3-42
電話:042-398-7141
営業時間:午前10時~午後10時45分
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

家族で楽しめそうなスーパー

 3月9日、府中街道から東村山市役所に入る道をそのまま真っ直ぐ100メートルほど進んだ左側に「いなげや市役所前店」がオープンした。というワけで、「どういう感じか行ってみようよ」と、おのぼりさん気分で家族総出で行ってみた。

いなげや市役所前店

 店内は明るく、広々としている。オープンしたばかりで、人が多く、ベビーカーでは進みづらかったけど、それほどのストレスは感じなかった。人出が落ち着けば、店内はすごく歩きやすく、見やすくなるんじゃないかなぁ。

保谷納豆のコーナー

 おっと、納豆コーナーに「地元納豆」ということで、「保谷納豆」がドーンと取り上げられているじゃないの。地元の商品を扱うなんて、やるじゃん。ということは……。

ソースの棚には「ポールスタア」の商品が!

 おおっ、あった、あった。「保谷納豆」のようにコーナーにまではなっていないけど、ちゃんと「ポールスタア」のソースがある。でも桜井社長イチ押しの「二段仕込みソース」と「ウスターソース」は見当たらなかった。ちょっと残念。
 焼き肉のタレのコーナーには「焼肉のたれ」と「100%青森県田子町産のおろしにんにく」「コチュジャン」が置いてあった。「ポールスタア」の「焼肉のたれ」は、この辺では置いているお店があまりないから貴重かも。
「ポールスタア」のソースが置いてあるのは素直にうれしいけど、どうせなら地元ソースということで「竹田食品」のソースも置いて、地元コーナーをつくって欲しかったなぁ。


 店内の奥には、フードコートと言うほど大きくはないが、ちょっとした飲食スペースがある。

オレンジキッチン

 その飲食スペースの食べ物屋さんとして営業しているのが、この「オレンジキッチン」。クレープやたい焼き、たこ焼きといったおやつ系から、ラーメンやカツ丼などの食事系まで扱っている。
 こういう飲食スペースって、小さい子を持つ親にとってはありがたいんだよね。もともとざわついた店内に設けられたスペースだから、子供が多少騒いでも音的に気にならないからね。

 じゃあ我が家も軽く食べますか。

アイスバナナチョコ

 ということでまず買ったのが、クレープの「アイスバナナチョコ」(320円)。これは息子用。

醤油ラーメン 味噌ラーメン

 カミさんは「醤油ラーメン」(本来は500円なんだけど、この日はオープン記念ということで400円だった)、私は「味噌ラーメン」(500円)を注文。味は……まあ、こんなモノでしょう。普通ですよ。

麺のアップ

 麺はちょっと柔らかかったかな。でも子供も食べることを考えれば、これくらいでいいのかも。

お好み焼き風たい焼き

 たい焼きは3種類あって、あんことカスタード、そしてお好み焼き風。「お好み焼き風って何だろう?」って思うじゃないですか。だから買っちゃいましたよ(笑)。あんことカスタードが100円なのに対して、お好み焼き風は150円。

中はこんな感じ

 食べると、中にはハムやキャベツが入っていて、口の中ではソースとマヨネーズの味が広がる。確かにお好み焼きの味がする。皮の粉っぽさもお好み焼きって感じ。小腹が空いた時にいいかもね。

 何だかんだで買い物したり食べたりしつつ、2時間ほど楽しむことができた。これで近くに遊具のある公園でもあれば、1日中楽しめるかも。売っている物の値段は、他のスーパーと比べてそれほど安くは感じないが、結構楽しめたので、カミさんは「また行こうね」と言っている。
 安さを追究する人には物足りないかもしれないけど、我が家のように小さい子がいる家族には、ちょっとした“娯楽施設”として楽しめるかもね。


【DATA】
住所:東村山市本町3-42
電話:042-398-7141
営業時間:午前10時~午後10時45分
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





〔PR〕
有機野菜・低農薬野菜宅配のらでぃっしゅぼーや。まずは安心食材を試してみませんか?





料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。