東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


【極める!】2018冷やし麺 1杯目

 暑くなってくると、冷たい麺類が食べたくなりますよね。冷やし中華、冷やしたぬき、冷やしきつね、冷やし担々麺、冷やしラーメンなどなど、いろんな冷やし麺が世の中にはあるし、もちろん東村山市にもある。
 ということで、「今年は冷やし麺を積極的に食べてみよう」と思い、こんな企画を始めてみた。大体、冷やし麺のシーズンは6月から9月までかな。4カ月の間に何杯食べられるだろうか(笑)。とりあえず、20杯を目標に頑張ってみようと思う。


 さて、1杯目をどこで食べるか。実は私の中では決まっていたんだよね。

もみじ

 やってきたのは、久米川駅南口のラーメン店「もみじ」。このお店には夏季限定の冷やし麺が2つある。「冷やし味噌らーめん」(880円)と「盛岡冷麺」(880円)だ。
 たぶん、もうやっているとは思うけど、一応確認しないとね。

「夏メニューやってます」の文字が!

 看板を見ると……おおっ! 「夏メニューやってます」という貼り紙が出ている。
 では、入るとしますかね。
 券売機で私が買ったのは「盛岡冷麺」。「冷やし味噌らーめん」も旨いんだけど、私はこのお店の「盛岡冷麺」が大好きなんだよね。

 カウンター席に座って、待つことしばし。来たよ、来たよ!

盛岡冷麺

 これが「盛岡冷麺」。このビジュアル、旨そうだよね。冷麺に茹で玉子が乗っていることは多いけど、このお店の場合は黄身までしっかりと味が染みた味付け玉子。これがまた旨いんだなぁ。

後ろから見ると、こんな感じ

 後ろから見ると、こんな感じ。このトマトがまたいいんですよ。

このスープが旨いんだよなぁ

 さてさて、スープからいただいてみますかね……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 冷たくて、スッキリ&サッパリしている。これにキムチの辛さが溶け込むと、さらに旨くなるんだよね。

麺のアップ

 透き通ったクリーム色の麺を引き上げて、一気にズズズッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 相変わらずのプリプリ麺。冷たくてのど越しが気持ちいい。キムチと一緒に食べると、これがまた旨いんだなぁ。
 途中でラー油や酢を入れて、味変を楽しむのも手だけど、この「盛岡冷麺」はキムチによる味変だけでも十分楽しめる。脇に添えられているキュウリやトマトが、キムチの辛さを程よく中和してくれて、いいんだよね。

当然の完食

 当然の如くスープも飲み干して、完食。いやあ、旨かったなぁ。
 このお店の「盛岡冷麺」は本当にイチ押し。「冷麺が好き」という人は、ぜひ食べてみて。
 



【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時30分~午後3時/午後6時~11時(ラストオーダーは10時30分)
定休日:火曜
店内禁煙
ホームページはこちら
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2018/06/24 07:33 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

優しい味から激変する味噌ラーメン

 何となくラーメンを食べたい気分になり、久米川駅南口に繰り出した私。目指すお店は……。

もみじ

「もみじ」昨年食べて旨かった「煮干の宴」をまた食べたいと思って来たのだが、残念ながらこの日は「煮干の宴」をやっていなかった。

メニュー

 ということで、メニューを改めてジックリと見ることに。
 どうせなら食べてないラーメンがいいかなと思いつつ、眺めていて目に付いたのが「味噌らーめん」(830円)。確か「ねぎ味噌らーめん」(900円)は食べたことがあるけど、「味噌らーめん」は食べたことがないと思うんだよね。

 券売機で「味噌らーめん」のチケットを手にした私は、お店に入りカウンター席へ。

味噌らーめん

 しばらくして、来た、来た。これが「味噌らーめん」。以前食べた「ねぎ味噌らーめん」とは、明らかにスープの色が違う。
 具材はたっぷりの刻みネギの下にチャーシュー、メンマ、そして奥にキクラゲが乗っている。

優しい味わいのスープ

 まずはスープをレンゲですくって、ひと口……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 見た目の色合い通りの優しい味わい。味噌ラーメンというと、こってり濃厚でピリ辛なスープが最近の傾向としては多い気がするんだけど、そういう味噌ラーメンが好きな人には物足りなく感じるかもしれない。でも、私はこういう優しい味の味噌ラーメン、好きだなぁ。年のせいかな(笑)。

プリップリの麺

 麺は中太で、食べるとプリップリ。これは旨い麺だねぇ。

豆板醤

「辛さが欲しかったら、コレを使ってください」と店長さんが小皿を渡してくれた。これは豆板醤かな? 
 優しい味わいのスープをひとしきり堪能した後、豆板醤を箸で少し取ってスープに入れて飲んでみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 おおっ、あの優しいスープが少し入れるだけでここまで旨くなるのか。
 私は今度は小皿にレンゲでスープを少し入れ、箸で豆板醤を溶いて、丼に入れてみた。全体をかき混ぜた後、麺を引き上げ、ズズズッ……。

うんうん!O(≧∇≦)O旨いッ!!!

 ここまで味が変わるなんて、面白いねぇ。

完食

 チャーシューもメンマもキクラゲも旨く、スープも飲み干して、アッと言う間に完食。いやあ、旨かったなぁ。
 暑くなってきたから、今度は「つけ麺」の味噌でもいただこうかな。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時30分~午後3時/午後6時~11時(ラストオーダーは10時30分)
定休日:火曜
店内禁煙
ホームページはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2018/04/15 08:19 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(2)

余韻が続く煮干ラーメン

 ラーメンが大好きな私なのだが、一昨年あたりからなぜかだんだん食べなくなってきた。まずお店で食べることが減り、常に家に置いていた袋麺も次第に消えていった。
 最後にラーメンを食べたのは、昨年の7月30日。久米川駅南口のラーメン店「ガッツラーメン」が閉店するというので、惜別記事を書くために食べにいったのが最後だから、もうかれこれ半年、ラーメンを食べてない。

 でも東村山市内には新しいラーメン店ができてるし、新メニューも増えているんだよね。「そろそろちゃんと取材しないと」と思い、私は久しぶりにラーメンを食べに行った。
 ラーメン取材再開の1杯目に選んだのは……。

もみじ

 久米川駅南口の「もみじ」だ。このお店に「食べたい」というか、「食べに行かなきゃ」とずっと思っていたラーメンがあるんだよね。

これが気になっていたのだ

 それがこの「煮干の宴」(650円)だ。
 実は2015年4月の10周年の時に食べに行った際、店長さんから「マサさん、今度、『煮干の宴』を食べてみてくださいよ」と言われ、「近いうちに行きますね」と答えたものの、なかなか行けないでいたのだ。
 確か「期間限定」と書いてあったので、「早く食べに行かなきゃ、メニューからなくなっちゃう」と思いつつ1年10カ月が経過。まだメニューにあるということは、この「煮干の宴」、きっと人気があるってことだね。

 行ったのはランチタイム。券売機で「煮干の宴」の券を買い、お店に入ると、お客さんでほぼ満席。ポツンと空いている席に座り、券を出すと、「無料で麺を大盛りにできますけど、大盛りにしますか?」とお姉さんがニッコリ。体のことを考えたら、普通盛りにした方がいいのだが、何となく「無料」という言葉に反応してしまい、「お願いします」と言ってしまった私(笑)。
 立て続けにお姉さんは「サービスでライスを付けることもできますけど、どうしますか?」と聞いてきた。いやいや、さすがにライスを付けたらアカンでしょう。そう思った私は、「いや、ライスはいいです」とかろうじて断った。

 待つことしばし。来た、来た、来ましたよーーッ!

煮干の宴

 これが「煮干の宴」。もう煮干の香りがハンパない。具はチャーシューとネギ、玉ねぎ、海苔とシンプル。ゴテッとしていない分、ビジュアルが美しい。

澄んだスープが旨そう

 この澄んだスープの色がたまんないね。

煮干の香りが凄い

 まずはスープからいただいてみますか……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 ラーメンを食べるのが久しぶりだからというのもあるかもしれないけど、煮干の香りが口いっぱいに広がり鼻から抜けていくこのスープ、旨いよ。ひと口飲んだら、麺を……と思っていたのに、気がつくとレンゲで3回も、4回もすくって飲んでいた。いやいや、止まらないなぁ。

麺のアップ

 ようやく箸を取り、麺をいただくことに……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 麺はちょい固めでシッカリとした歯応えがあるんだけど、この麺が煮干のスープによく合っているんだなぁ。こりゃ旨いよ。
 チャーシューは相変わらず柔らかく、ほろほろと崩れていく。どの具材も、スープによく合い、旨さを引き立てている。
「本当にコレ、大盛りなの?」と思うほど、アッと言う間に麺を食べ終えてしまった。丼にはネギと刻み玉ねぎ、 崩れたチャーシューが沈んだ煮干スープが残っている。

「これにライスを入れて食べたら旨いだろうなぁ」

 想像しただけで、よだれが出てくる。「あのう、すみません。サービスのライス、いただけないでしょうか?」と何度お姉さんに言いそうになったことか。でも我慢しましたよ。
 よくやった、オレ。よく誘惑に勝った(麺を大盛りにした時点で誘惑に負けているという話もあるが…笑)。

 スープを飲み干し、ひと息つきつつ、水を飲んだのだが、そのあともずっと口の中に煮干の余韻が続く。凄いなぁ、煮干スープ。
 と、そこに「マサさん、どうでした?」と店長さん。「いやあ、美味しかったですよ」と答えると、店長さんから意外な言葉が。

「ちょっとアッサリしてたんじゃないですか? 本当はもっとコッテリなんですよ。今日の煮干は九十九里産で、いつもよりアッサリしている感じなんですよね。いつもは境港産を使っているんですよ」

 へぇ、煮干の産地によって味が違うんだ。そう言えば閉店してしまった久米川駅北口のラーメン店「まいど」は、置き看板に「本日の煮干」ということで産地を紹介してたっけ。そんなに違うなら、また「煮干の宴」を食べに来なきゃね。
 今回は我慢したけど、次回は最後にライスを入れよう(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時30分~午後3時/午後5時~11時(ラストオーダーは10時30分)
定休日:火曜
店内禁煙
ホームページはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2017/02/07 06:22 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

10周年記念で初めて一番人気を食す

 2015年4月3日、私は「しまった、しまった」「あるかな、どうかな」とブツブツつぶやきながら、息子とともに久米川駅南口の改札前を通り過ぎ、急いで「西友」の横の路地へ入っていった。時刻は午後2時45分。向かったのは……。

もみじ

 ラーメン店の「もみじ」だ。なぜ、そんなにブツブツ言いながら急いで行ったかというと……。

置き看板にはこんな貼り紙が

 実はこのお店、2015年4月3日でオープン10周年を迎えるんですよ。で、それを記念して、この日はお店の一番人気のメニューである「地鶏醤油らーめん」を感謝価格の300円で出しちゃうというのだ。通常価格の半額以下だから、お客が殺到して売り切れている可能性も十分考えられる。
 それなのにウカツにも私は、忘れていたんだよなぁ。気がついたのが午後2時20分。だから「しまった、しまった」「あるかな、どうかな」とブツブツ言ってたんだよね。

 お店の暖簾は出ているし、のぞいてみると、まだお客さんがいる。どうやら大丈夫のようだ。よかったぁ!
 券売機で「地鶏醤油らーめん」の券を2枚買って息子とともにカウンターへ。待つことしばし。

「地鶏醤油らーめん」には刻み玉ねぎが付く

「お待たせしました」と「地鶏醤油らーめん」が運ばれて来た。「お好みで玉ねぎをどうぞ」と刻み玉ねぎの入った小皿を一緒に差し出された。
「へぇ、玉ねぎを入れるんだ。以前はなかったような気がするなぁ」と思いつつ、玉ねぎを入れていく。息子が「パパ、ちょっとこれは…」と言うので、息子の玉ねぎも私の「地鶏醤油らーめん」の中に投入。

刻み玉ねぎを加えて「地鶏醤油らーめん」の完成

 ということで、これで「地鶏醤油らーめん」の完成!
 相変わらずの真っ黒なスープなんだけど、飲むと意外なほどにアッサリしていて旨いんだよなぁ……と思いつつ、レンゲでひと口。
 ん? 旨いんだけど、何か違う。いつも自分が食べている味と違う気がするなぁ……と思いながら、何気なく壁のメニューを見て、ようやくその理由がわかった。
 実は私、いつも好んで食べていたのは「魚醤油らーめん」なんだよね。私の中での「このお店の定番メニュー」だったから、食べるまでずっと「魚醤油らーめん」と勘違いしていたみたい。そりゃ味は違うよね(笑)。
 でもよくよく考えてみたら、このお店の一番人気である「地鶏醤油らーめん」を食べるのは、今回が初めてかもしれない。ブログを調べても記事にしてないしね。
 いやあ、お店の一番人気メニューを10年周年になるまで食べてなかったなんて、何てひねくれたグルメブロガーなんだろうか(笑)。ちょっと反省だな。

麺のアップ

 中太の麺をズズズッといただくと……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 大感激するようなインパクトのある旨さじゃないけど、毎日食べても飽きないホッとするような味わいだ。
 味がシッカリ染みこんだシナチクに、トロトロのチャーシューも旨い。息子はチャーシューに感激してたなぁ。

スープも飲み干して、ごちそうさま

 スープを飲み干して完食。旨かったなぁ。ごちそうさま。


 それにしても、この街で10年もラーメン店を続けてきたっていうのは、凄いことだと思う。ここ数年、ラーメン店がいくつもオープンしたが、多くは2年足らずで、中には1年も経たずに閉店してしまったお店もある。そういう中で10年も続けてこられたのは、このお店が絶えず「より旨いラーメンを」と進化してきたからだと思う。10年前と今の「地鶏醤油らーめん」はスープの色こそ同じだけど、味も具材も麺も変わっている。
 たぶん、これからも進化していくことだろう。

 改めて10周年おめでとうございます。また食べに行きますね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時30分~午後3時/午後5時~11時(ラストオーダーは10時30分)
定休日:火曜
店内禁煙
ホームページはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2015/04/04 12:09 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

たぶん現時点で私が一番好きな冷麺

 もうかれこれ2週間ぐらい前から「何か食べ忘れている気がする」と思っていた私。恩多町のラーメン店「味六」の「冷しラーメン」は食べに行った(記事はこちら)。「何だっけ?」と思いつつも、いつも「ま、いっか。そのうち思い出すだろう」と放っていた。

 で、「そのうち」が先日、休みの日に家でゴロゴロしていたらついに来た。

「あー! 忘れてたよ! 冷麺食べに行かなきゃ! あのお店の冷麺を食べに行かなきゃ! 夏季限定だから終わっちゃうよ!」

 急いで向かった先は、久米川駅南口のラーメン店「もみじ」。ちょうどお昼時だったせいか、カウンターは満席で、私は券売機で「盛岡冷麺」(800円)のチケットを買い、入り口横の長椅子に座って待つことに。
 ふと入り口を見ると、こんな貼り紙がしてあった。

こんな貼り紙が…

 8月16日からライスが100円になったのだという。ライス食べ放題という夢のようなシステムだったけど、やっぱりこのご時勢じゃ維持するのは大変だもんね。仕方ないと思うよ。
 それでもランチタイムには小ライスのサービスがあるんだから、ガッツリ君にはありがたいよね。

盛岡冷麺

 カウンターが空き、しばらく待っていると、来ました、来ました。これが“食べ忘れていた”「盛岡冷麺」だ。どうしてすぐに思い出せなかったのかなぁ。
 あれ? ビジュアルがまた変化したねぇ。味玉がトップに来たんだ。でもこの方がインパクトがあっていいんじゃないの。納まりがいいって感じ。

ゴマたっぷりのスープ

 白黒のゴマがたっぷり散らされたスープはよく冷えていて旨いんだなぁ。これにキムチの辛さが溶け込むとまた旨さが増すんだよね。

麺のアップ

 スープもいいんだけど、このお店の冷麺は麺が旨いんだよね。では、いただきますか……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 うわっ、凄いなぁ。冷え冷えでプリプリだったのが、今回はプリプリを超えてコリコリになってるよ。すんごい歯応え。でも抜群に旨いッ! いつもなら、このお店の自家製ラー油を入れたり、酢を入れたりして味の変化を楽しむところだけど、今回は全くそんなことはしなかった。ひたすら麺とスープを楽しんだって感じ。それだけでも十分満足。
 いやあ、食べに来て良かったよ。タイトルにも書いたけど、たぶん現時点で私が一番好きな冷麺だね。これは「冷麺が好き」という人にはぜひ食べて欲しいなぁ。超オススメです。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時30分~午後3時、午後5時~10時30分
お店のホームページ




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2012/08/30 02:53 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(2)

スルスル食べられるつけ麺

 私が愛読しているグルメブログの1つに、「がぶがぶ君 ラー・つけ日記」(現在はブログの容量がいっぱいになったため、「がぶがぶ君Ⅱ」に移して書いている)。ブログ管理人のがぶさんは、東村山に住んでいるようで、「がぶがぶ君 ラー・つけ日記」には東村山のラーメン店やうどん店がよく登場する。

 そんな中、私がずーっと気になっていたのは、がぶさんが娘さんを連れて久米川駅南口のラーメン店「もみじ」に行くと、必ず娘さんが「つけそば塩」(750円)を頼んでいることだ。ほかにもいろいろなラーメンがあるんだけど、ひたすら「つけそば塩」を頼んでいる。これって気になりませんか?

 ということで、先日、ランチタイムに「もみじ」に行ってみた私。ランチタイムは大盛が無料になるから、店員さんが「大盛にしますか?」と聞いてきた。「期間限定」と「無料」の言葉に弱い私は、つい「お願いします」と言ってしまったのだが、言った後に後悔。このお店の大盛は400gもあり、山のようになっていることを思い出したからだ。

つけそば塩

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。旨そうなんだけど、思った通り、麺が多いなぁ。

たっぷり400gの麺

 これだよ! と上から見てもわからないか。

まさに山盛り

 ほらほら、横から見れば一目瞭然。山だよ、山。まさに“山盛り”。食べられるかなぁ……。でもまあ、この麺はノド越しがいいし、前回も食べ切ることができたから、大丈夫かな。

つけ汁

 つけ汁はこんな感じ。ナルトや海苔、チャーシュー、メンマなど、具材はすべてつけ汁の方に入っている。

麺のアップ

 ではでは、麺をザブンとつけ汁に浸してからいただきますか。ズッ、ズズズ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 へぇ、こういう味なんだ。この味、説明しにくいなぁ。「つけそば塩」だから、塩味って言えばいいのかもしれないけど、そんな単純な味じゃないんだよね。むしろ「これがこのお店の塩なんだろうけど、塩って普通、こういう味だっけ?」と思わず自分のこれまでの食の記憶を探ってしまう感じ。
 ガツンと来るインパクトはないんだけど、ノド越しのいい平打ち麺との相乗効果もあってか、スルスル食べられる。
「飽きの来ない味」というのだろうか? どんなにインパクトがあって旨いと思っても、「これなら1回食べればいいや」というラーメンがあるでしょ。それとまるっきり反対で、「これなら毎日でも食べられるかな」って感じにさせられる。
 うまく説明できないけど、これは食べてみて欲しいメニューだね。

スープ割りを頼むと、別の器で熱々のスープが出てくる

「食べられるかなぁ」という不安は杞憂に終わり、アッと言う間に完食。スープ割りをお願いしたら、刻みネギを散らした熱々のスープが別の器で出て来た。これをつけ汁に入れて飲むのだが、「少しずつ入れるのは面倒だ」とドバッと全部入れてしまった私。それをレンゲですくいながらグビグヒと全部飲めば、もうお腹いっぱい。いやあ満腹感もあるけど、満足度も高いなぁ。これはオススメだね。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時30分~午後3時、午後5時~11時30分
お店のホームページ



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2011/07/13 11:57 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

期間限定かも…ノド越し抜群のつけ麺

 私は取材をするにあたっていろんなブログを参考にさせてもらっている。「がぶがぶ君 ラー・つけ日記」もその1つ。実はこのブログを書いているがぶさんは東村山に住んでいるらしく、割とちょくちょく東村山のラーメン店やうどん屋が登場するんだよね。
 先日も「がぶがぶ君 ラー・つけ日記」を眺めていたら、久米川駅南口のラーメン店「もみじ」記事を発見。「旨辛つけそば」を紹介しているんだけど、これが旨そうなんですよ。

 ということで、ランチタイムに行ってみることにした。
 お店の前に行くと……。

表に張り出されている告知

 東日本大震災の影響で、食材調達に影響が出ているらしい。
 券売機で「旨辛つけそば」(750円)を購入し、ランチタイムは大盛りが無料になるので、私は「大盛りで」とお願いした。

 店長さんの話によると、例えば玉子は青森から仕入れており、現在は震災の影響で営業に必要な量がそろわないため、通常メニューから玉子を抜いているのだいう。

「玉子はトッピングとして注文していただければ、お出しするようにしています。玉子を抜いた分、通常メニューは少し価格を下げています」

「旨辛つけそば」はもともと玉子は入ってなかったと思うけど、言われてみればがぶさんが食べた時は800円だったけど、今回は750円と少し下がっている。震災の影響でほかの食材が変わったり、抜けたりしたのだろうか?

「今回困ったのは麺です。実は麺も向こうから仕入れていたので……。今はちょっと違った麺を使っています。でもつけそばの麺は、以前よりノド越しが良くなってますよ」

 麺を変えざるを得なかったとは、お店としては大変な苦労をされたのだろうなと思う。

旨辛つけそば

 そうこうするうちに、「旨辛つけそば」が運ばれて来た。

大盛りはさすがに多い

 いやあ、さすがに大盛りは量が多いね。確か400グラムって言ってたっけ。

これだもんね

 横から見ると、これだもんね。頼んだものの、食べられるだろうか?
 麺を改めてよく見ると……なるほど。言われてみれば確かに違う。がぶさんの記事だと、縮れの入った、断面の丸い中太麺だったのだが、これは断面がきしめんのような平打ちの縮れ麺だ。

つけ汁はラー油で真っ赤

 つけ汁はラー油で真っ赤っかなんだけど、このお店のラー油は香り重視でそれほど辛くないからちょっと安心。

麺のアップ

 では、早速ザブンとたっぷりつけ汁につけてからズズズッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 程よい辛さと、スープのシッカリとした旨味が平打ちの麺にたっぷりと絡み、すするとそのままツルルンとノドを通り過ぎていく。がぶさんの記事によると、以前も「キュリリとした喉越しのいい麺」だったみたいだけど、この平打ちの麺はさらにその上をいってると思うなぁ。何だか食べていて楽しくなってくる。

スープ割りを頼むと、もう1つ器が出された

 麺を食べ終えたあとにスープ割りを頼むと、ネギがたっぷり入った熱々のスープが別の器で出て来た。
 こんなにスープがいっぱいあるなら、スープだけ飲むって言うのはもったいないよなぁ。だけど大盛りを頼んだせいで、お腹いっぱいだし……。

こうなるとやっぱりライス投入だよね

 迷った末にやっぱりライスを入れることに。だってこのお店、ライス無料なんだもん(笑)。とは言っても、さすがに盛りは控えたけどね(笑)
 ではでは、ドバッと入れて、レンゲで混ぜ混ぜ。そしてそのレンゲでひと口……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ヤバいなぁ。レンゲが止まらない。お腹いっぱいのハズなのに、スルスルッと入っちゃうよ。
 今回の麺は震災の影響で仕方なく変えたモノだから、以前の麺にまた戻る可能性があるだろう。期間限定かもしれないので、今のうちにこのノド越しのいい平打ち麺を使った「つけそば」、味わってみてはいかがだろうか。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時30分~午後3時、午後5時~11時30分
お店のホームページ




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2011/04/06 22:48 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

入れたくなるなる禁断スープ

 先日、友人から「最近、マサさんの記事でアイランドを見ないけど、どうしたの?」と言われた私。
 わかる? フフフ、実は密かに脱メタボを目指して“アイランド断ち”をしているんですよ……なんてのはウソで、たまたまアイランドしたくなるスープのラーメンを食べていないだけのことなんだよね。

 だからこの間、久々にアイランドをやっちゃいました。場所は久米川駅南口のラーメン店「もみじ」。頼んだのは「ねぎ味噌らーめん」(900円)。

ねぎ味噌らーめん

 これが「ねぎ味噌らーめん」。何とも旨そうなビジュアルじゃないの。分厚いチャーシューの後ろには自家製ラー油を絡ませたネギがたっぷり乗っている。半熟トロトロの玉子もいいし、シッカリと味の染みたメンマ、食感のいいキクラゲなど具材を1つ1つ観ているだけでヨダレが出てくる。
 しかもこのスープ! いかにも辛そうで旨そうじゃないの。

麺のアップ

 では、ネギと一緒に麺を持ち上げ、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 予想通りの辛旨スープがよく絡んで旨いこと! 途中途中で玉子やチャーシュー、メンマなどを食べることで口の中でいろんな味が踊り、絡み、食べるほどに旨さが増していく。

スープが残ったので…

 アッと言う間に麺を食べ尽くし、スープだけが残った。
 となると……。

ライスの登場

 まあ、このお店はライスは無料だから、当然ここはライスの登場だよね。このスープの色を見ていると、ライスを入れたくなるんだよね。ひょっとして、そう思うのは私だけ?(笑)

アイランド!

 で、アイランド! これをよくかき混ぜて……あれれ、スープの方が多くて、ライスが底に消えちゃったよ。ライスをもう1杯追加しようかなぁ……いやいや、さすがにWアイランドはマズいだろう。
 てなワケで、シッカリとライスにスープが染みるのを待って、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 旨いなぁ。というか、このスープは最後にライスを入れるべきだね(笑)。でもさすがお腹いっぱい。
 ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時30分~午後3時、午後5時~11時30分
お店のホームページ




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/11/14 00:44 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

旨さもボリュームも最高!超オススメの冷麺

 先日、ちょうどお昼時に久米川駅南口のラーメン店「もみじ」の前を通りかかったら……。

エエッ、大盛無料だって!

 エエッ、午後3時まで「大盛無料」だって!? いつからやっていたんだろう? いやあ、気づかなかったなぁ。じゃあ、お言葉に甘えて、ガッツリと大盛りをいただいちゃおうかなぁ(笑)。
 ということで、お店に入った私。「冷し味噌らーめん」(850円)と「冷麺」(800円)とで迷った末、「冷麺」を頼むことにした。もちろん、大盛りでね(笑)。

冷麺の大盛

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。いやあ、旨そう! というか、2年前に食べた「冷麺」とビジュアルが違う感じがする。

後ろはこんな感じ

 後ろはこんな感じ。2年前の「冷麺」と比較すると、キュウリが新たに入っているのと、以前はチャーシューの細切りだったのが、鶏肉になっている。何気ない変化だけど、以前よりグッと旨そうに見えるよ。

 スープをひと口飲むと……うーん、コレコレ。このサッパリ&スッキリがたまらない。

麺のアップ

 では、いただきま~す。「冷麺」専用のクリーム色の細麺をズズズッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 冷え冷えのプリプリの旨々。2年前も旨いと思ったけど、今回はさらに旨さが増した気がする。
 途中からキムチと一緒に食べると、これがまた辛味が加わって旨いこと!


 食べていると、店長さんが「マサさんは辛いのが好きでしたよね。自家製のラー油をかけると、いいと思いますよ」とひと言。

ラー油を投入

 そこで目の前にある自家製ラー油のボトルを手にして、軽くひと回し。そしてラー油のかかった部分をズズッとお口にIN!

メッチャ旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 辛さより香り重視の自家製ラー油だから、口に麺を入れた瞬間、ゴマ油の香りがフワーッと鼻に抜けていく。そして後からピリリと辛さが来る。これは旨い! というか最高!
 ボリュームも凄くて、食べ終えたらもうお腹パンパンだよ。いやあ、それにしても、こんなに満足感のある冷麺を食べたのは久しぶりかも。これはこの夏、超オススメだね。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時30分~午後3時、午後5時~11時30分
お店のホームページ




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/08/02 19:30 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)

ラーメンライスの贅沢版

 昼食を食べ損ない、すんごくお腹が空いて仕方のない夕方。私は久米川駅南口のラーメン店「もみじ」に入った。麺類を頼めば、ご飯が無料で食べられるからだ。
 しかし、私は券売機の前でハタと考えてしまった。原因はコレ。

「炙りチャーシュー丼 大(醤油・塩)」(300円)

 以前に「炙りチャーシュー丼 小」(200円)を食べたことがあるんだけど、旨かったんだよね。
 もともと今回食べようと思っていたのは「魚醤油らーめん」(650円)だし、「炙りチャーシュー丼 大」を頼んでも、1000円を超えない。ちょっと贅沢なラーメンライスを思えばいいかな。それに、「炙りチャーシュー丼」の塩味ってのが気になるし……ということで、私は「魚醤油らーめん」と「炙りチャーシュー丼 大」の塩味を頼んだ。

魚醤油らーめん

 まず最初に来たのは、「魚醤油らーめん」。このスープ、私は大好きなんだよね。

麺のアップ

 プリプリの麺に変わってから「魚醤油らーめん」を食べるのは初めてかも。ではでは、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 これはいいねぇ。麺がすごく旨い。スープに合っているってことだね。

炙りチャーシュー丼 大

 と、ここで「炙りチャーシュー丼 大」の塩味が登場。おおっ、チャーシューの枚数が「炙りチャーシュー丼 小」より明らかに違う。旨そうだし、これだけでも十分ボリュームあると思う。


 ふと、ここで妙な疑問が頭に浮かんだので、お客さんが誰もいないこともあり、私は店員さんに聞いてみた。

「あのう、この『炙りチャーシュー丼』だけ頼む人っているんじゃないですか?」

 何たって300円だもん。チェーン店の牛丼並みの値段だから、そういう利用の仕方を考える人もいるんじゃないかと思ったんだよね。
 店員さんの答えは予想通り、「います」とのこと。本当は麺類と一緒にサイドメニューとして頼んで欲しいけど、「今の時代、みんな厳しいから仕方ないですよね」とニッコリ笑顔で話してくれた。
 そう考えると、今回食べた「魚醤油らーめん」と「炙りチャーシュー丼 大」の組み合わせは本当に贅沢だよね。
 またこの贅沢なラーメンライスが食べられるよう頑張らなきゃ……そう思ったよ。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-29
電話:042-394-3003
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~11時半
お店のホームページ




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/05/06 18:21 ] 【ラーメン】 もみじ(栄町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す55歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR