東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

ニンニク&バターの誘惑

 ちょっと間を置いて行くと、必ずと言っていいほど新作メニューが出ている東村山駅東口のラーメン店「まるみ」
 つい先日も、以前食べて気に入った「キノコあんかけ湯麺」を食べようと思って入ったら、もうなくなっていてガッカリ。その代わりに新しく出ていたのが、今回紹介する「鶏にんにくバター麺」(800円)だ。

 本当は、気分はあんかけ系のラーメンだったから「とろみモヤシ麺」にしようと思っていたんだけど、ニンニクとバターってのは魅力的なコンビだからねぇ。ついつい、その誘惑に負けてしまった。

鶏にんにくバター麺

 これが「鶏にんにくバター麺」。何となく、見た目がオシャレじゃないですか。というか、上に乗っている、黄色い物体は何だ?

スープが旨そう

 スープは醤油味。レンゲでひと口飲んでみると……ん? 普通の鶏がらベースの醤油スープって感じ。あれれ、ニンニクとバターは?
 ……そうか、この黄色い物体が「にんにくバター」なのかも。
 箸で黄色い物体をスープに移動させると、途端に溶け出し、いい香りが漂い始めた。
 溶け出した周辺のスープを飲んでみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ニンニクにバターに醤油、最強だね。これは旨いよ。

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。スープがよく絡んで旨いんだ。いけないと思いつつ、スープまで飲み干してしまったよ。
 それにしても、このお店の新作メニュー、ハズレないなぁ。今度はどんなラーメンを出してくるんだろうか? まあ、その前に気になっている「ヤングスタミナラーメン」を食べないとね。



【DATA】
住所:東村山市本町2-16-31
電話:042-395-5093
営業時間:平日が午前11時15分~午後3時、午後6時~10時30分
      日曜・祝日が午前11時15分~午後3時30分、午後5時30分~10時
定休日:月曜(祝日の場合は翌日が休み)






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2008/12/22 22:15 ] 【ラーメン】 まるみ(本町) | TB(-) | CM(0)

キターッ!私のツボにズッポシのラーメン

 東村山駅東口のラーメン店「まるみ」とは“味の相性”がいいのだろうか? 今年はこのお店で「アサリ湯麺」(期間限定で今はない)と「ネギラーメン」を食べたのだが、どっちも超私好みだった。
 で、今回、お店の前を通りかかったら期間限定メニューとして「キノコあんかけ湯麺」(800円)が出ていたから食べてみたんだけど、これもズバリ、私のツボだったんだよね。

キノコあんかけ湯麺

 これがその「キノコあんかけ湯麺」。この色! そして油膜の艶! 見るからに私好みなんだけど、確認するためにレンゲでスープをひと口……。

う(◎o◎)ま~~~!!!

 あんかけのとろみのせいか、少し甘めになっている醤油味のスープがたまんない。そうなんだよなぁ、「ちょい甘めの醤油味」ってのが私のツボなんだよね。

麺のアップ

 麺は縮れた細麺。これがあんかけスープとよく絡んで旨いんだ。
 具のシイタケはすでに甘く煮込んであり、食べるとジュワッと旨味が口に広がる。キクラゲと舞茸もいい感じ。これに細切りのタケノコと豚肉が入っている。

 麺を食べ終えても、タケノコなどの具が丼の底に残っているので、私はライスを頼もうかと考えたが、グッと堪えた。最近、体重が増えてきているからだ。
 でも、スープが旨いモノだから、全部飲んでしまった。スープを飲み干してしまうくらいならライスを入れても良かったかもね(笑)。たぶん、このラーメンは必ずまた食べに来るだろうな。その時は我慢せず、最後にライスを入れてみよう。楽しみ、楽しみ。



【DATA】
住所:東村山市本町2-16-31
電話:042-395-5093
営業時間:平日が午前11時15分~午後3時、午後6時~10時30分
      日曜・祝日が午前11時15分~午後3時30分、午後5時30分~10時
定休日:月曜(祝日の場合は翌日が休み)







★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2008/11/25 22:12 ] 【ラーメン】 まるみ(本町) | TB(-) | CM(0)

旨さのバランスがバッチリのネギラーメン

 ゴールデンウイーク明けぐらいから風邪を引き、いまだに鼻声の私。「マサさん、風邪、長いですねぇ」とよく言われている。もともと風邪を引くと、治るまでに時間を要するタイプなのだが、やっぱり基礎体力が落ちているのだろうか、なかなか治らない。
 仕方ないから、またネギラーメンを食べてしまう(「関係ないだろ!」と一応、独りツッコミ)。

 今回行ったのは、東村山駅東口のラーメン店「まるみ」。注文したのはもちろん「ネギラーメン」(840円)。「塩」や「味噌」に変えることもできるのだが、私は変えないまま頼んでみた。

ネギラーメン

 それほど待つこともなく運ばれて来たのが、コレ。ネギはてんこ盛りになっていない。でも見た瞬間、「あっ、ネギラーメンだ」と思うほどのネギが中央に乗っている。他の具は細切りしたチャーシューだけ。とってもシンプルなんだけど、すっごく旨そうに見えるのは私だけだろうか?

 特に私のハートをグッと鷲づかみにしたのは……。

澄んだスープがうれしい

 この澄んだスープ。よく見ると、シッカリ油膜があるのだが、スッキリして体に優しそうな感じがするじゃないですか。
 ということで、まずはスープを……アチッ! 結構、熱々だねぇ。でも旨いなぁ。思った通りのアッサリ、スッキリ味。旨いなぁ。

麺のアップ

 麺はストレートに近い細麺。たぶんこの細麺だから、割と早く出て来たんだろうなぁ。茹で加減は固めで、旨い。
 ネギもすでに味がついていて旨い。でもこのラーメン、何より凄いのが、ネギを沈めても全くスープが冷めないこと。
 ネギ好きの人にとっては、ネギの量が物足りないかもしれないけど、ネギラーメンの最大の欠点である「スープがぬるくなる」ということが、ここまで完璧にクリアされているネギラーメンは初めてだ。いやあ、これは旨かったなぁ。
 スープの最後の1滴まで夢中になって食べてしまったよ。何か元気が出そうな1杯だった。
 ごちそうさまでした。


【DATA】
住所:東村山市本町2-16-31
電話:042-395-5093
営業時間:平日が午前11時15分~午後3時、午後6時~10時30分
      日曜・祝日が午前11時15分~午後3時30分、午後5時30分~10時
定休日:月曜(祝日の場合は翌日が休み)





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2008/05/30 21:33 ] 【ラーメン】 まるみ(本町) | TB(-) | CM(0)

超私好みの期間限定ラーメン

 前回、東村山駅東口のラーメン屋「まるみ」で「麻婆豆腐定食」を食べた際、すっごく気になる情報を見ちゃったんですよね。それは4月2日から始めるという期間限定ラーメン。どういうモノかというと……。

「アサリ湯麺」の説明書き

「アサリ湯麺(たんめん)」(800円)ですよ。アサリ好きの私としては、これは食べないワケにはいかないでしょう。この説明書きがまた旨そうじゃないですか。

「アサリにアスパラ、筍、舞茸を加えてバターで炒めコクのあるアサリ塩ラーメンに仕上げました」

 というワケで、行ってきましたよ。

これが「アサリ湯麺」

 これが「アサリ湯麺」。ではでは早速スープを……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

スープの色だけを見ると、九州の豚骨ラーメンや鶏白湯ラーメンみたいだけど、全然違う。見事に材料の旨味がすべて出た塩ラーメンなんですよ。

麺のアップ

 麺はほとんどストレートに近い細麺。ズズズッと食べると……。

う(◎o◎)ま~~~!!!

 この麺だと、せっかくの旨いスープをあんまり持ち上げないのではと思ったのだが、余計な心配だった。程よいスープの絡み具合で、旨い、旨い。いやあ、これはモロに私好みだね。
 スープまでキレイに飲み干して完食。「ふぅ~っ」とひと息ついた途端、気分は……

しは(´ヘ`;)わせ!!

 いやあ、旨かったなぁ。チャーシューとか肉類が入ってないから、物足りない人にはトコトン物足りないラーメンかもしれないけど、私は大満足。初夏までの限定というから、近いうちにまた食べに行こうっと。


【DATA】
住所:東村山市本町2-16-31
電話:042-395-5093
営業時間:平日が午前11時15分~午後3時、午後6時~10時30分
      日曜・祝日が午前11時15分~午後3時30分、午後5時30分~10時
定休日:月曜(祝日の場合は翌日が休み)






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2008/04/07 21:48 ] 【ラーメン】 まるみ(本町) | TB(-) | CM(0)

こだわりを感じる麻婆豆腐

 東村山駅東口のラーメン屋「まるみ」は、ラーメンの種類によって麺の太さを変えるなど、こだわりを持っているお店。
「そういうお店だから、ひょっとして……」と期待をしながら先日、私は「麻婆豆腐定食」(950円)を頼んだ。

 カウンターに座り、厨房をボーッと眺めていると、ご主人が振っていた中華鍋を置いて、ちょっと離れると、ひょいと麺の茹でザルを引き上げた。見るとそこには白い塊が……豆腐だ! ちゃんと茹でた豆腐を入れるんだ。これはうれしいなぁ。
 なんて思いながら見ていると、ここからはさすが中華料理。アッと言う間に出来上がり。

麻婆豆腐定食

 というワケで、これが「麻婆豆腐定食」。ご飯にスープ、麻婆豆腐にザーサイ。中華料理の定食って感じだね。

麻婆豆腐

 この麻婆豆腐が何ともいい色だと思いません? 

挽き肉以外の旨味たっぷり

 アップで見ると、ほら、山椒もちゃんとかかっている。手前の色が濃くなっているのは、私の手の影のせい。すみません。でも旨そうな色でしょ。

 ではでは、いただきま~す……あれれ、ほとんど辛くない。でも何だろう? 味噌みたいな味がして、すごくコクがある。旨いなぁ。
 そうか! 豆鼓(トーチー)が入っているんだ。あと、何だかシャクシャクという食感があるんだけど……これは何だ? 食感はニンニクなんだけど、味はそんな感じじゃないんだよね。だけど、これもいいなぁ。

 辛さが欲しくてラー油を垂らしたけど、やっぱりもう少し山椒が欲しいかな。
 でもこの味、ちょっと他では食べられないと思う。確かこのお店には激辛ラーメンがあったハズだから、「辛くしてください」と頼めば、また違う味になるかも。
 辛さにちょっぴり不満はあるけど、この麻婆豆腐は個人的にハマる味だ。

 キレイに完食し、満足してお店を出た私。しばらくすると、口の中にニンニクの臭いが広がってきた。「てことは、やっぱりあのシャクシャクした食感のモノはニンニクなのだろうか?」……それを確かめるためにも、またこのお店に行って麻婆豆腐を食べてみよう。


【DATA】
住所:東村山市本町2-16-31
電話:042-395-5093
営業時間:平日が午前11時15分~午後3時、午後6時~10時30分
      日曜・祝日が午前11時15分~午後3時30分、午後5時30分~10時
定休日:月曜(祝日の場合は翌日が休み)






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2008/03/04 21:50 ] 【ラーメン】 まるみ(本町) | TB(-) | CM(0)

体の温まる冬季限定ラーメン

「2007年度版 東村山逸品倶楽部」の中で私がチェックしていないお店や料理を紹介する企画の第2弾。
 今回紹介するのは東村山駅東口のラーメン店「まるみ」の「とろみモヤシ麺」(780円)。このラーメン、11月から翌年3月までの冬季限定メニューらしい。

 注文して待つことしばし。来た、来た、来ましたよ。

とろみモヤシ麺

 真ん中に万能ネギが散らされ、彩りはキレイなのだが、具はモヤシとシイタケしか見えず、ちょっと寂しい感じ。でも「2007年度版 東村山逸品倶楽部」の記事によると、モヤシとシイタケのほか、豚ロースとタケノコも入っているという。
 まあ、まずはスープからいただきますか。レンゲですくってひと口……んっ! 旨いなぁ。醤油ベースのスープなんだけど、クイクイ飲めちゃう。これは好きな味だなぁ。

麺のアップ

 麺はモヤシより遥かに細い、極細の縮れ麺。これがトロッとしたあんに絡んで旨いんだ。いやあ、こりゃいいねぇ。
 気が付くとスープも飲み干していたよ。汗が出るほどではないけど、体はポッカポカ。温まるねぇ。確かに冬にピッタリのラーメンかも。ごちそうさまでした。


【DATA】
住所:東村山市本町2-16-31
電話:042-395-5093
営業時間:平日が午前11時15分~午後3時、午後6時~10時30分
      日曜・祝日が午前11時15分~午後3時30分、午後5時30分~10時
定休日:月曜(祝日の場合は翌日が休み)





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。







[ 2007/11/15 14:39 ] 【ラーメン】 まるみ(本町) | TB(-) | CM(0)

ピキピキの麺が旨い冷やし中華

 前から不思議に思っていたんだけど、冷やし中華って「冷し中華」と表記するところが多いですよね。でも送り仮名としては「冷やし中華」が正しいハズなんだけどなぁ。どうしてなんだろう……なんてことを、たまたま考えながら歩いていたら、偶然にも「冷やし中華」と表記しているお店を発見。東村山駅東口のラーメン店「まるみ」だ。

 だからというワケではないんだけど、私は「冷やし中華」(800円)を注文した。冷やし中華って、茹でた麺を冷水で冷やすひと手間があるから時間がかかるんだよね。私より後に注文した人の料理がドンドン出て行くのを、ちょっとだけ悔しく感じながら待っていると、来ました、来ました。

冷やし中華

 少しこぢんまりしているけど、彩りはキレイでいいじゃないですか。乗っているのは、薄焼き玉子にチャーシュー、かまぼこ、椎茸、キョウリ、紅生姜。そして中央に刻み海苔とうずらの玉子。

麺のアップ。これが旨いんだ

 皿の底の方に醤油ダレがたまっているので、麺を少しかき混ぜてから持ち上げ、ズズズッ……おおっ、何だろうこの食感! 旨いなぁ。冷水で締めているから、いつもと違う麺の食感が楽しめるのが、冷やし中華の魅力なんだけど、この食感は凄い。「固いかなぁ」と思う一歩手前で噛み切れる感じ。「パキパキ」ではなく「ピキピキ」という感じなんだけど、わかっていただけるだろうか。
 これが旨いんだなぁ。具材と一緒に食べても、麺の主張の方が強い。この麺だったら、冷やし中華もいいけど、つけ麺の方がもっといいかも……と思っていたら、メニューに「激辛つけめん」の文字が。「今度はコレだな」……そう心に誓って、私はお店を後にした。


【DATA】
住所:東村山市本町2-16-31
電話:042-395-5093
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。








[ 2007/08/04 15:14 ] 【ラーメン】 まるみ(本町) | TB(-) | CM(0)

甘いけど辛さもたっぷりの冷やし坦々麺

 辛いモノを腹いっぱい食べたい……仕事帰りにそう思った私は、東村山駅東口にあるラーメン屋「まるみ」に向かった。このお店の「坦々麺」は替え玉ができるからだ。さて今日は何玉食べようかなぁ……と思いつつお店に入ると、壁に何やら面白そうなメニューが張られていた。
 ん? 「冷やし坦々麺」だって?
 張り紙には「ごま風味の冷麺」という言葉が添えられ、さらに「期間限定」の文字が……。

「すみませ~ん。『冷やし坦々麺』をお願いします」

 アッサリ予定変更(笑)。まあ、普通の「坦々麺」はオールシーズン食べられるのだから、当然と言えば、当然かな。というか単に「期間限定」という言葉に弱いんですよね。
 待つことしばし。「はい、どうぞ」と「冷やし坦々麺」(800円)が運ばれてきた。

冷やし坦々麺

 うわあ! 何とも旨そうな彩りじゃないですか! とろりとした白いごま風味のスープの上に鮮やかに浮かぶ朱色のラー油。人によっては「気持ち悪い」と映るかもしれないが、私には「旨そう」にしか見えない。挽き肉の上に散らされているのは、砕いたピーナッツだろうか。そして緑のネギ。いやあ、美しい。
 ではでは、スープからいただきますか。

このスープの彩りがたまらない

 レンゲですくうとホラ、固まっていたラー油が細かく崩れて、また美しいこと! 飲んでみると……甘い! ごまの甘みが一気に広がる。しかし、あれだけのラー油が浮いているのだ。当然のごとく辛さも追いかけてくる。そして口の端にピリリとした刺激。おそらく山椒だろう。旨いじゃないっスか!

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。通常の「坦々麺」とはまた違う麺だ。とろっとしたスープによく絡めてズズズッ。うーん、旨いねぇ。この麺の量がまた多いんだ。大盛りにしなくて正解だったかも。

鷹の爪が入ってました

 食べていると、鷹の爪が丸ごと1本出てきた。辛いモノ好きの人だったら、このままガリガリと食べるのだろうが、私はそこまでの辛いモノ好きではないので、ワキによけさせてもらった。
 麺を食べ切ったあと、底に沈んだ挽き肉をすくいながらスープをズズッ。甘さの方が強いから、普通の人ならだんだんまったりとしてくるのだろうが、私はこの手の味が好きだから、グビグヒ飲んじゃって完食。食べ終わったあと、思い出したかのように、口の周りがヒリヒリしてきた。やはり辛さも相当なモノなのだろう。
 大体「冷やし」が付く麺類はアッサリ系が多いのだが、この「冷やし坦々麺」はすごくこってりしている。他の人にウケるかどうかは疑問だが、私はとっても気に入ったね。近いうちにまた食べに行きたいなぁ。


【DATA】
住所:東村山市本町2-16-31
電話:042-395-5093
定休日:月曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2006/06/14 16:03 ] 【ラーメン】 まるみ(本町) | TB(-) | CM(0)

初めてのジャージャー麺

 世の中には私が食べたことのない食べ物や料理がいっぱいある。意外に思うかもしれなが、ジャージャー麺も食べたことのない料理の1つだ。肉味噌がかかった汁ナシのラーメンであり、これが盛岡で「盛岡じゃじゃ麺」と変化した……ということは何となく知っているのだが、食べたことはない。理由は単純に食べる機会がなかったからだ。
 で、先日、東村山駅東口のラーメン屋「まるみ」の前を通ったら、「ジャージャー麺」と書かれたポスターが張ってあるではないか。しかも「期間限定」なんて言葉も添えられている。こりゃあもう、食べるしかないでしょう。

 というワケでお店に入って「ジャージャー麺」(800円)を注文。しばらくして「お待ちどうさま」と運ばれてきた。

ジャージャー麺

 黄色い麺に白いネギ、緑の千切りキュウリ、そして焦げ茶色の肉味噌……思い描いていた通りのビジュアルだ。これを問答無用でかき混ぜるてから食べるのだが、その前に肉味噌をひと口……うーん、温かくて甘い。もう少しピリ辛かと思ったが、全然そんなことはない。
 それでは、よ~くかき混ぜて……。

麺のアップ

 麺は細麺。肉味噌は温かいが、麺はよく冷水で締めている。食べると、少しシコッとして旨い。ただ、やっぱり肉味噌が甘い。となればやはり、ラー油の登場でしょう。

ラー油をかけてみました

 わかりにくいかもしれないけど、ラー油を集中的にぶっかけてみた。食べると……うんうん、これこれ、この味は私の好きな味だ。というワケで全体的にラー油をかけて、アッと言う間にごちそうさま。この味ならもっと食べたい。だけど大盛りで1000円は、普通はためらうよね。もう少し安いとうれしいんだけどなぁ。


【DATA】
住所:東村山市本町2-16-31
電話:042-395-5093
定休日:月曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2006/04/17 16:18 ] 【ラーメン】 まるみ(本町) | TB(-) | CM(0)

ひと手間が旨い塩ラーメンと餃子

 前回、東村山駅東口にあるラーメン屋「まるみ」で「東京ワンタンメン」(790円)を食べた際、「こんなにワンタンが美味しいのなら、餃子も美味しいかも」と思った私。しかしなかなか食べに行く機会がなく、ようやく仕事が早く終わった先日、お店に行くことができた。
「餃子」(450円)だけ頼むのは何だからと、メニューを見ると「塩ラーメン」(640円)の文字が。「そう言えば、このお店の塩ラーメンって食べたことなかったなぁ」と思った私は「塩バターラーメン」(740円)を一緒に頼んだ。
 カウンター越しにボーッと厨房を見ていた私は、店主が麺を取り出すたびに両手で軽く2~3回持ち上げて麺を解していることに気づいた。麺を取り出すとポンと深ザルに入れて、菜箸でクルクルッと深ザルの中の麺を解す作業はよく見かけるが、深ザルに入れる前にキッチリ麺を手で解すお店は、この辺ではあまり見かけない。
 奥の方では餃子を焼いているのだが、たっぷりの水で蒸し焼きにしたら、水を捨ててキッチリと皮に焼きを入れている。こちらも美味しくなるよう作業にひと手間、施している。
「へぇ」と思いながら眺めていたら、「塩バターラーメン」が運ばれてきた。

塩バターラーメン

 キレイに澄んだスープ。ひと口飲むと……旨い! 私はバターを入れたことを激しく後悔した。これはバターなんていらない。むしろ邪魔かも。こんなにあっさりスッキリしたスープだとわかっていたら、バターなんて入れなかったんだよなぁ。バターが混じると、それなりに旨いが、塩気が強くなって、せっかくのスッキリ感が消えてしまう。あ~あ、もったいないことをしたなぁ。

麺のアップ

 麺は細く緩い縮れ麺。固さが程よくて旨い。チャーシューは分厚いのに柔らかく、美味しい。麺も具材もスープによく合っている。これは美味しいなぁ。私の好みのストライクゾーンで言うと、もろにド真ん中。もう一度食べたいラーメンだ。今度はシンプルに「塩ラーメン」を頼もう。
「旨い、旨い」とラーメンを食べていると、餃子がやってきた。

餃子

 この焼き色、見事だと思いませんか? 食べると焦げ目が付いている皮の部分は揚げ餃子のようにパリッとしているけど、ほかの皮の部分は蒸しているからモチッとしている。中のあんも肉と野菜の旨味がハッキリわかり、旨い。
 でもこの餃子の一番の“美味しさ”はコレかも。

丁寧に包んであり、見るからに美味しそう

 見てよ、この丁寧な包み方。見るからに美味しそうでしょ。5個で450円は、餃子の大きさから言っても、ちょっと高いと思うけど、作り上げるまでの手間と、焼く時の手間、そして出来上がった餃子の旨さから考えると、すごく妥当な額だと思う。むしろ安いかも。やはりワンタンで感じた通り、餃子も旨かった。
 このお店には何度か来ているけど、今回が一番うれしい発見だと思う。


【DATA】
住所:東村山市本町2-16-31
電話:042-395-5093
定休日:月曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2006/01/13 21:08 ] 【ラーメン】 まるみ(本町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告