東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


カレードーナツを発見

 突然ですが、「カレーパン」って不思議だと思いませんか?
 だってね、あんこをパン生地で包んで揚げたら「あんドーナツ」でしょ。カスタードクリームをパン生地に包んで揚げたら「クリームドーナツ」でしょ。だったら、カレーをパン生地に包んで揚げたら「カレードーナツ」のハズじゃないですか。でも、大抵のパン屋さんではカレーをパン生地に包んで揚げたモノを「カレーパン」って呼ぶんだよね。
 あんこをパン生地に包んで焼いたら「あんパン」で、カスタードクリームをパン生地につつくで焼いたら「クリームパン」って呼ぶんだから、「カレーパン」も本来はカレーをパン生地に包んで焼いたモノであるハズなんだけど、カレーをパン生地に包んで焼いたモノには別の名称があるんだよね。

「焼きカレーパン」

 何だよ、「焼き」って(笑)。これはたぶん、「あんパン」や「クリームパン」と違って、「カレーパン」は焼いたモノより、揚げたモノが最初に出回ったからなんだろうね。だから単純に「カレーの入ったパン」ということで「カレーパン」になったんだろうなぁ。


 ……なんて、くだらないことを考えながら歩いていたら、何だか無性にカレーパンが食べたくなった私。時間は午前10時。「ちょっと遅い朝食にカレーパンを食べようかな」と思った私が向かったのは……。

オーブンフレッシュキッチン久米川店

 久米川駅南口の改札左横の売店の隣にある「オーブンフレッシュキッチン久米川店」。今年になって店内を少し改装し、イートインスペースがちょっと広がったという話。

 お店に入ると、トレーとトングを持ち、すぐにカレーパン探し。すると……。

カリカリカレードーナツ

エッ! (゚д゚lll) 「カレードーナツ」じゃないッスカ!!

 これには驚いたね。「カリカリカレーパン」じゃなくて「カリカリカレードーナツ」(170円)。今まで気づかなかったけど、このお店って、ずっと「カレーパン」を「カレードーナツ」と表記していたのかな。
 さらに左横を見てビックリ!

カレーリングドーナツ

これこそまさに! (゚д゚lll) 「カレードーナツ」じゃないッスカ!!

「カレーリングドーナツ」(160円)という、リング状のまさにドーナツタイプのカレーパン。凄いなぁ。何か一気にテンションが上がってきたよ。
 ニヤニヤしながら写真を撮っていたから、お店の人に変な人と思われただろうな、きっと(笑)。

 じゃあさ、じゃあさ、「カレードーナツ」があるってことは、本来の「カレーパン」もあるってことなのかな? そう思って店内を探すと……。

カレーバターパン

あったよO(≧∇≦)O!!!

「カレーバターパン」(110円)だって。こりゃもう、カレーパン尽くしで決まりだね。

アメリカンコーヒーを付けて、本日の私のランチ

 ということで、アメリカンコーヒーを付けて、これが本日の私の朝食。

さてどれから食べようかなぁ

 買ったのは「カリカリカレードーナツ」と「カレーリングドーナツ」、「カレーバターパン」の3つ。さて、どれから食べようかなぁ。

カレーバターパンからいただきま~す

 まず手に取ったのは「カレーパターパン」。クルッと生地を巻いた形からして、中にカレーが包んである感じじゃないなぁ。食べてみると……。

カレー、入ってないんだ

 ああ、なるほどね。バターたっぷりの生地にカレーが練り込まれているんだ。中は空洞だけど、ちゃんとカレーの味がする。これはこれで旨いなぁ。

カリカリカレードーナツ

 続いては「カリカリカレードーナツ」。世間一般で言うところの「カレーパン」ね(笑)。いただきますか。

カレーがギッシリ

 ほぉ、ホントにカリッ、サクッて感じの食感だ。そのてカレーがたっぷり。旨いなぁ。

カレーリングドーナツ

 最後にいただくのは「カレーリングドーナツ」。これはもう、形からして「カレードーナツ」としか言いようがないよね。

生地が薄くて旨い

 食べると、生地が薄い分、「カリカリカレードーナツ」よりもカリッとしていて、それがカレーにうまくマッチして旨い。

 それにしてもこのお店が「カレードーナツ」という表記をしているのにはビックリしたなぁ。市内のほかのパン屋さんはどうなんだろう? 「カレーパン」なのか「カレードーナツ」なのか、名称を検証しつつ、カレーパン巡りをしてみようかなぁ。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-3-1
電話:042-398-3378
営業時間:平日は午前7時30分~午後9時/日曜・祝日は午前8時~午後8時
定休日:なし
店内禁煙
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




オンリーワンのカレーパン

 東村山駅西口から北へ大踏切の方に進み、化成小学校、諏訪神社と通り過ぎて西宿通りに入り、突き当たりを左に曲がって少し歩いた左側にあるパン屋「マドンナ」。距離にすると、東村山駅西口から約1.3キロもある。

マドンナ

 私がこのお店に最初に来たのは、10年前の2005年のこと。外観は10年前の当時と全く変わらない。変わったことと言えば、お店の目の前にグリーンバスの停留所ができたぐらいか。
 東村山駅西口からは約1.3キロだけど、私は久米川駅近くの自宅から歩いて来たから、約3キロ歩いている。それだけ歩けば、お腹も空くというモノだ。
 ちょっと栄養補給ということで、私はお店に入った。

自家製天然酵母を使ったパン

 まず気になったのは、自家製天然酵母を使っているという「イチジク・レーズン・クランベリー入りカンパーニュ風」(380円)。旨そうなんだけど、これは今すぐ食べるってワケにはいかないよね。
 あきらめてほかを見て回ると……。

黒焼そばとキムチのパン

 おおっ、東村山黒焼そばを使ったパンか。そう言えば、表に幟が立っていたなぁ。食べ歩きキャンペーンが終わっても販売してるんだ。
「黒焼そばとキムチのパン」(150円)というのが商品名なのね。そうか、この赤いのは紅生姜じゃなくてキムチなのか。

確かにキムチが挟んである

 おっ、説明が書いてあるな。

マヨネーズをトッピングしたパンで、炒めたキムチと黒焼そばをはさみました

 今まで見てきた黒焼そばパンとは違う感じ。このお店は本当に個性的なパンをつくるよなぁ。

「個性的」と言えば、「やっぱりこのパンだよなぁ」と私が近づいていったのは……。

らっきょう入りカレーパン

「らっきょう入りカレーパン」(125円)だ。確か10年前にも食べたんだよね。その時は「らっきょう入りビーフカレー」という商品名で、値段は115円だった。
 この10年間、私は東村山市内に限らず、いろんなパン屋に行ったけど、らっきょう入りのカレーパンは、このお店以外で見たことがない。凄く個性的なパンなんだけど、10年経った今も販売されているということは、根強い人気があるということなのだろう。


 ということで、私は「黒焼そばとキムチのパン」と「らっきょう入りカレーパン」を購入。お店のすぐ隣にあるベンチに座って食べることにした。

パンの上にマヨネーズがトッピングされている

 まずは「黒焼そばとキムチのパン」からいただきますか。
 マヨネーズのトッピングって、パンの上の波線みたいな筋のことね。

パンが白いから黒さが目立つ

 いやあ、パンが白いから、黒焼そばの黒と、キムチの赤が際立つなぁ。それではいただきま~す……。

キムチがいいアクセントになっている

 パンがモチッとしていて旨いなぁ。黒焼そばもいいけど、キムチがいいアクセントになって、旨さをグッと引き立ててくれる。

10年ぶりにいただきます

 続いては「らっきょう入りカレーパン」だ。ではでは、10年ぶりにいただきますか……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

らっきょうがそのまま入っている

 おっ、らっきょうが見えた。では今度は、らっきょうと一緒にいただいちゃいますか。パクッとな……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 らっきょうの甘酸っぱさもいいんだけど、食べているとカレーの辛さがドンドン増してくる。次をかじると、今度はらっきょうナシ。2個目のらっきょうが見えたので、この部分を残しつつ食べ、最後にらっきょう入りでパクッ……やっぱり辛さが増すよ。
 食べ終わると、口の中が辛くてヒリヒリしてきた。あれ? 前はこんな感じだったっけ? むしろ逆だったと思うなぁ。カレーそのものが辛くて、らっきょうをかじると辛さが緩和されたと思ったんだけどなぁ。
 変わってないようで、進化しているんだろうなぁ。いずれにせよ、この「らっきょう入りカレーパン」は旨いよ。
「カレーパンが好き」という人は、ぜひともこのお店でしか食べられない、オンリーワンの「らっきょう入りカレーパン」を食べてみて欲しいな。




【DATA】
住所:東村山市諏訪町1-25-14
電話:042-395-2981
営業時間:午前7時~午後7時
定休日:木曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2015/02/04 17:29 ] 【パン】 マドンナ(諏訪町) | TB(-) | CM(0)

無性にカレーパンが食べたくて

 暑いとなぜか辛いモノが食べたくなるよね。担々麺とか麻婆豆腐とかカレーとかスンドゥブチゲとか。
 そんな気分の時に、たまたま久米川駅南口のウイング通りを歩いていたら、こんな看板に出くわした。

カレーパンフェアだって!

 おっ、「カレーパンフェア」だって。いいじゃないの。
 ということで、看板の出ている路地に入ってパン屋「グレイン」に向かった私。

「ババ・オ・ラム」なんてモノもあるのか

 お店の前には、こんな黒板メニューが……。「ババ・オ・ラム」(150円)か。何なに……。

ふんわりとした、たまごパンをラム酒のきいた紅茶シロップに漬けこんだケーキの様なパンです。

「サバラン」みたいなモノかな? これもちょっと気になるなぁ。

3種類のカレーパン

 店内に入ると、目の前のカウンターに3種類のカレーパンがズラリ。これは全部買いだよね。大人ですから(笑)。

これが「ババ・オ・ラム」か

 となりには「ババ・オ・ラム」が置いてある。なかなか旨そうじゃないの。

買ったのはこの4つ

 ということで、購入して家に持ち帰ったのは、この4つ。

焼きキーマカレーパン 揚げナス入り

 では最初に「焼きキーマカレーパン 揚げナス入り」(230円)からいただきますか。
 揚げナスが入ってる、入ってる。私はナスが好きだから、いいなぁ、コレ。でも辛さ的にはちょっと物足りない。マイルド系かな。まあ、カレーパンは子どもも好きだからね。そう簡単に辛くはできないか。

焼きキーマカレーパン ゆで玉子入り

 こちらは「焼きキーマカレーパン ゆで玉子入り」(230円)。ゆで玉子も悪くないけど、やっぱり玉子と言えば、とろとろの半熟玉子がいいよね。いずれにせよ、玉子を入れると辛さが軽減されるから、もう少しスパイシーな方がうれしかったなぁ。

カレーフランス

 カレーパン3種の最後は「カレーフランス」(190円)。たぶん、辛さは同じだと思うけど、揚げナスやゆで玉子など、メインを張る具材がない分、ストレートにカレーの味が堪能できて旨い。これでもう少し、というかガツンと思い切り辛くしてくれるとリピートしちゃうんだけどなぁ。
 やっぱりパン屋さんでのカレーパンの需要は大人より子どもなんだろうなぁ。そうなると、このマイルドな味は仕方がない。
 でも一度、期間限定で激辛の「大人のカレーパン」を出して欲しいなぁ。

ババ・オ・ラム

 最後は「ババ・オ・ラム」。ラム酒の効いた紅茶シロップは、パン全体ではなく下の方に控え目に染みている。でも、それがかえって上品な甘さで旨い。〆のデザートにピッタリという感じ。

 何だかカレーパンを極めたくなっちゃったなぁ(笑)。時間をつくってパン屋巡りをしてみようかな。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-39-26
電話:042-391-8015
営業時間:午前10時30分~午後6時30分
定休日:水曜・日曜・祝日
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2014/08/21 07:31 ] 【パン】 グレイン(栄町) | TB(-) | CM(4)

年に1度の密やかな楽しみ

 私の子どもたちが通う小学校では、運動会はナント5月に行われる。私には「運動会」というと、「秋」のイメージがあるから、ちょっと違和感があるんだけど、子どもたちの小学校ではそう決まってるみたいだから、まあ仕方ないよね。
 で、運動会でのお父さんの役割と言えば……そう、場所取りですよ。今年も朝5時から並んでいたお父さんがいたのだとか。開門の2時間前から並ぶなんて、相当な気合いの入れようだよね。
 私はと言うと、「面倒くさいなぁ」と思いつつ、シートを持って午前7時を回ったころにテクテクと小学校に向かう。もう少し前に家を出て、開門の午前7時前に行けば割といい場所が取れるのはわかっているんだけど、私にとっては「午前7時を回ったころ」というのが重要なんだよね。
 というのも、小学校に行く途中にある久米川駅北口のパン屋「ラザレ」が午前7時からオープンするからだ。このお店でパンを買って、場所取りしたシートの上で食べるのが、私の密やかな楽しみなんだよね(笑)。

クロックムッシュ

 今回、お店に入ってまず目についたのが、「クロックムッシュ」(185円)。バジルソースとトマト&ベーコンって旨そうじゃないですか。しかも上にはチーズがかかっているし。これは買いだよね。

明太フランス

 そしてこのお店に来たらまず間違いなく買ってしまう、私の中での定番「明太フランス」(278円)。ちょっと高いけど、食べ応えといい、旨さといい、値段以上のモノがある。コレは外せないね。

 あと1つ、甘いパンが欲しいかな……と思っていたら、「メロンパンが焼き上がりました」という声。

ふわふわメロンパン

 おおっ、「ふわふわメロンパン」(133円)ですか。「メロンパン」はあんまり食べないんだけど、焼き立てはきっと旨いだろうなと思い、これも購入。


 さて、パンを買ったところで、いざ小学校へ。うーん、今年は新1年生のお父さんが頑張ったみたいで、私が行った時には、いい場所はほとんど取られていた。
 まあ、いいんだよ。シートはお弁当を食べる場所であり、観戦する場所じゃないんだよね。実際に観戦する時はよく見える場所に移動するのがわが家の流儀ですから(笑)。
 ほんの少し残った木陰にシートを引いて早速、パンをいただきますか。

「クロックムッシュ」からいただきま~す

 まずは「クロックムッシュ」からいただきま~す。

バジルとトマトがバッチリ合っていて旨い

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 もともとバジルが好きってのもあるけど、このバジルとトマト、そしてベーコンの組み合わせは強力だね。

ふわふわメロンパン

 お次は「ふわふわメロンパン」。本来は甘いモノだから、デザート的に最後に食べた方がいいのかもしれないけど、この日はまるで子どもみたいに「大好きなモノは一番最後」としてしまったんだよね(笑)。

 おっ、手に持つとまだほのかに温かい。では、いただきま~す。

本当にふわふわでちょっとビックリ

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 外側はサクッとしているんだけど、中は本当にふわふわ。しかも噛むと溶けていくような感じ。まるでクリームみたいと言うと大げさなんだけど、何も入っていないのに何か甘いクリームみたいなモノが入っているような錯覚を抱いてしまう。これは旨いなぁ。

大好きな「明太フランス」

 で、最後に登場は「明太フランス」。このブログでも何度も取り上げているから、味はもう間違いない。何てったって、お店でも人気NO.1だからね。

たっぷりの明太ソースが旨いんだなぁ

 切り込み部分をパキッと折ると、たっぷりの明太ソースがこんにちは。もうこのビジュアルだけで旨さがわかると言うモノだ。食べてみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、今年も幸せなひと時が過ごせたよ。ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市栄町1-10-12
電話:042-394-6562
営業時間:午前7時~午後8時
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。







[ 2014/06/01 18:17 ] 【パン】 ラザレ(栄町) | TB(-) | CM(0)

つい買ってしまうミニパン

 学級閉鎖で家にいる娘が、「パパ、トロトロの玉子が入ったカレーパンが食べたい」と言うので、「じゃあ、食べに行くか」と向かったのは、八坂駅近くのパン屋「メルポーチ」
 お店に入ると、娘と2人してズラリと並んだパンを眺めていく。

四種の調理

 私がまず気になったのは、入り口近くに置いてあった「四種の調理」(136円)。調理パンの定番具材4種類が乗っているパンだ。
 旨そうだから、早速トレーの上に。

チーズオニオンブレッド

 続いて気になったのはこの「チーズオニオンブレッド」(210円)。買おうと思って、1つをトングで持ち上げると、「うわっ、重ッ!」。かなりのボリュームだ。これを買ったら、ほかが食べられなくなるなぁ、きっと。
 ということで、今回は見送ることに。

エビステーキカツサンド

「チーズオニオンブレッド」の次に気になったのが、この「エビステーキカツサンド」(210円)。「エビたっぷり」の言葉に魅かれてゲット。
 娘が「半熟たまごのカレーぱん」(168円)と「たまごサンド」の2つを選んだので、私も「四種の調理」と「エビステーキカツサンド」の2つにしようと思ったのだが……レジに向かう途中にお手頃価格とサイズのミニパンがあるんだよねぇ。

カマンベールベーコン

 この「カマンベールベーコン」(63円)と、

ブルーベリーカレンズinクリームチーズ

「ブルーベリーカレンズinクリームチーズ」(74円)の2つが気になっちゃって、気が付くとトレーに乗ってたんだよなぁ。うーん、不思議だ(笑)。

購入したパン

 今回買ったパンはこちら。ミニパンを2つ買ったから、何となく豪勢に見える。というか、やっぱり買い過ぎかな(笑)。

まずは「カマンベールベーコン」から

 ではまず、そのミニパンから。これは「カマンベールベーコン」。
 いただきま~す……。

中はこんな感じ

 サックリとした食感でチーズの香りがいい。中に入っているベーコンが口に入ると、味わいがまた変わって旨い。

続いて「四種の調理」

 これは「四種の調理」。ツナ、ポテト、玉子、そしてウインナーが乗っている。どれも調理パンの人気具材。それを1つのパンで味わえるのだから贅沢だよね。

これは「エビステーキカツサンド」

 こちらは「エビステーキカツサンド」。アップで見ると、かなり旨そう。ガブリとかぶりついてみると……。

プリプリのエビがギッシリ

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 サクッとしたコロモの中はプリプリのエビがギッシリ詰まっている。味付けのソースも旨いし、パンも旨い。食べ応えもあるし、これはいいなぁ。

これは「ブルーベリーカレンズinクリームチーズ」

 最後は「ブルーベリーカレンズinクリームチーズ」。干したブルーベリーがパンに練り込んであるようだ。

角切りのクリームチーズが入っている

 食べると中には角切りのクリームチーズが入っている。パンそのものがほのかに甘いのだが、クリームチーズと一緒に食べると、さらに甘みが増して旨い。

 最近また太ってきたから、食べるのを抑えようと思っているんだけど、ミニパンを見ると「これくらいなら」と思っちゃうんだよなぁ。危険なパンだよ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町3-16-12
電話:042-398-0160
営業時間:午前7時~午後7時50分(2階の喫茶スペースは午後6時まで)
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2014/02/06 11:49 ] 【パン】 メルポーチ(栄町) | TB(-) | CM(0)

トロッと垂れて食べにくいのが半熟玉子

 先日、家族で目白に行った時のこと。子どもたちが「お腹が空いた」と言うので、目白駅構内の、飲食スペースのあるパン屋さんに入った。
 店内を見て回ると、ナント「半熟卵のカレーパン」があってビックリ。半熟玉子の入ったカレーパンと言えば、八坂駅近くのパン屋「メルポーチ」の定番商品ではないか。「メルポーチ」が元祖かどうかは知らないけど、何となく地元の人気商品が広まった感じがしてうれしい。

 息子が「半熟卵のカレーパン」を食べたいと言うので、「気を付けて慎重に食べるんだよ。あわてて食べると黄身が垂れて、口や服が汚れるからね」と注意した私。でも、息子はいとも簡単に食べてしまった。あれ? おかしいなぁ?
 息子に聞いてみると、「あんまり黄身はトロトロしてなかったよ」とのこと。うーん、それじゃあ、ダメなんだよなぁ。やっぱり黄身がトロッと垂れて、食べにくいからこそ旨いんだよね(笑)。
 そんなことを考えていたら、無性に食べたくなって、数日後の仕事明けの朝、私は久しぶりに「メルポーチ」に行ってみた。

メルポーチ

 お店の前にはすでに自転車が数台、置いてある。相変わらず繁盛しているねぇ。
 と、よく見ると……。

知らぬ間にこんな自動販売機が

 あれ? いつの間にこんな自販機を置いたんだろう? しかも全体が「メルポーチ」仕様(笑)。凄いね。

面白いサービスじゃないの

 へぇ、ドリンクにこんなシールが付いていたら、シールに書いてあるサービスが受けられるんだ。いいアイデアだね。お店の横に自販機を置いているケースはよくあるけど、商売と連動させているのは珍しいんじゃないかな。

 そんなことを思いつつ、店内へ。まずはやっぱり……。

もはや定番商品「半熟たまごのカレーぱん」

「半熟たまごのカレーぱん」(168円)でしょう。初めて見たのが2006年の1月だから、7年以上もの間、人気だったワケだ。
 このお店は新作パンをたくさんつくるけど、定番として残るのは、ほんのひと握り。いやあ、よく7年間も生き残ったと思うよ。

 さて、これだけでは物足りないから、ほかのパンを見てみますかね。

エビカツということで「ABK」らしい

 すぐ目についたのが、コレ。あきらかにアイドルグループの「AKB48」を意識したネーミングだよね。でも、コレ、よく見ると「AKB」ではなく「ABK」。どうやら「エビカツ」という意味らしい(それなら「EBK」じゃないの、というツッコミは置いといて 笑)。
 で、値段が「48」円。小さいとはいえ、「48円でいいの?」と思わず心配してしまう。「AKB48」を思い起こして、クスッとしてもらいためだけの値段設定だと思うけど、そういうやり方、好きだなぁ(笑)。

 もう1つ欲しいなぁと思って見渡すと、こんなモノを発見。

じゃがいも明太フランス

「じゃがいも明太フランス」(136円)とは、旨そうじゃないの。

イタリアンバジルピザ

 そしてもう1つ気になったのが、この「イタリアンバジルピザ」(189円)。明太子も好きなんだけど、バジルも大好きなんだよね。

この日の朝食

 ということで、迷った末に選んだ、この日の朝食はこちら。

結局「イタリアンバジルピザ」を購入

 結局、「イタリアンバジルピザ」を買っちゃいました。
 昔なら二者選択で迷ったら「どっちも食べちゃえ」という結論を出していたんだけど……私も年を取ったということか(笑)。

これが「イタリアンバジルピザ」

 では、「イタリアンバジルピザ」からいただいてみますか。ビニールを外すと……おおっ、旨そうじゃないの。

具だくさんで超旨い!

 早速、ガブッとな……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 パプリカ、タマネギ、ズッキーニなどなど彩り豊かな野菜の上に濃厚なバジルソースが乗っていて、見た目はもちろん味もバッチリ。これは食べ応えもあっていいねぇ。

こちらは「ABK」

 続いては「ABK48」。コレ、裏はどうなっているかというと……。

反対側はこんな感じ

 こんな感じ。「エビカツ」というより、「エビフライ」の半分が入っている感じかな。

エビがプリッとして旨い

 食べると、エビがプリプリして旨い。ただ、味付けはパンにちょこっと付いているマヨネーズだけなので、ちょっと物足りないと思う人もいるかも。たぶんエビカツの部分に少し中濃ソースを付けると、もっと旨くなるんじゃないかなぁ。

 さてさて、いよいよメインの「半熟たまごのカレーぱん」を食べるとしますかね。

いよいよメインの「半熟たまごのカレーぱん」

 まずは慎重にガブリンチョ……おおっ、うまく半熟玉子が出て来た。問題はここからなんだよなぁ。もう少しだけ、ガブッと食べて……。

トロトロの黄身がこんにちは

 おおっ、トロトロの黄身ちゃん、こんにちは。いい艶してるねぇ。タマラーにはたまんないッス。さて、むずかしいのは次なんだよなぁ。右からガブッといっちゃうかな……。

かじった反対側から黄身がトロッとハミ出してきた

 お~っとっと! 反対側から黄身がトロッとハミ出して来ちゃったよ。だけどコレ、

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 スパイシーなカレーとトロトロの黄身が口の中で融合し、絶妙な味わいに変化……いやいや味に酔ってる場合じゃない。早く食べないと黄身が垂れちゃうよ。
 今度は左側からガブッとな……。

うわっ、垂れる、垂れる!

 おいおい! 垂れる! 垂れる! 写真を撮ってる場合じゃないけど、パシャッと撮ってから、残りをひと口でパックンチョ……。

むふぅ~、幸せ(´ ▽`).。o♪♪

 やっぱり半熟玉子を使ったカレーパンはこうでなくちゃね。いやあ、満足、満足。




【DATA】
住所:東村山市栄町3-16-12
電話:042-398-0160
営業時間:午前7時~午後7時50分(2階の喫茶スペースは午後6時まで)
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2013/07/03 15:04 ] 【パン】 メルポーチ(栄町) | TB(-) | CM(2)

エッ、まさか“久米川あんぱん”が出たの?

 軽く小腹が空いたから、パンでも買って食べようかなと思った私。入ったのは、久米川駅南口の駅売店の隣にあるパン屋「オーブンフレッシュキッチン久米川店」
「さてと、何を食べようかなぁ」と店内を見回して、私は驚いた!

この焼き印はまさか…

こ、この (゚д゚lll) 焼き印は!?

 皆さん、見覚えないですか? 文字こそ違うけど、「○(マル)」に「村」という焼き印が押されているパンを……。

「サンモンテ東村山店」の「東村山あんぱん」

 そう、「イトーヨーカドー東村山店」の地下1階にあるパン屋「サンモンテ東村山店」が販売している「東村山あんぱん」(160円)とソックリなのだ。
 まさか商品をパクッて、「久米川あんぱん」として販売しているのでは……と改めて見ると、名称は「ホイップあんぱん」(160円)だった(笑)。完全なパクリというワケじゃないのね(笑)。
 でもこれは気になるから買わなきゃね。

プリンパン

 続いて私が気になったのは、「プリンパン」(150円)。

羽根つきギョウザパン

 そして「羽根つきギョウザパン」(150円)。

購入したパン

 ということで、今回私が購入したのは、この3つ。
 では早速、「羽根つきギョウザパン」から食べてみましょうかね。

「羽根つきギョウザパン」の断面

 あっ、なるほど。餃子が2つ、くっついているイメージなのね。食べると、中に入っているのは餃子のあん。つまり、よく売られている「餃子ドック」や「餃子まん」みたいなモノなんだけど、パン自体が旨いから、なかなかイケる。

「プリンパン」はこんな感じ

 お次は「プリンパン」をいただきますか。上の焦げ茶色はカラメルをイメージしているのかな。ホイップクリームが少し顔をのぞかせているのがかわいい。
 では、ガブッとな……。

中にはホイップクリームが入っている

 ほぉ、中はこんな感じになっているんだ。ホイップクリームは上の部分だけなんだね。でもその方が甘さがしつこくなくて旨い。

ホイップあんぱん

 さていよいよ、一番気になる「ホイップあんぱん」をいただいてみますか。焼き印が「○」に「久」となっているだけで、あとは「サンモンテ東村山店」の「東村山あんぱん」と同じような気がするんだけど……。

「ホイップあんぱん」の断面

やっぱり (゚д゚lll) 同じだ!!

 クリーミーなホイップクリームと粒あんがマッチしていて旨い。だけど、ここまでソックリの商品を出していいんだろうか?……と考えて、私はあることを思い出した。
 そう言えば、「サンモンテ東村山店」「オーブンフレッシュキッチン久米川店」も山崎製パンの子会社である「ヴイ・ディー・エフ・サンロイヤル」がチェーン展開しているパン屋なんだよね。つまり2店は姉妹店。似たようなパンを出しても何の問題もないってワケだ。

 だけど、ここで1つ新たな疑問が……。

 姉妹店ということで、ソックリ商品を販売することに何の問題もないのだとしたら、せっかく「○」に「久」の焼き印を押しているのだから、「久米川あんぱん」にすればいいのに、どうして「ホイップあんぱん」なんて名称にしたんだろうか? 気になるなぁ。今度お店に行ったら聞いてみようかな?




【DATA】
住所:東村山市栄町2-3-1
電話:042-398-3378
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






黒焼そば食べ歩き2012 エントリーNO.8

【これまでの食べ歩きリスト】
2012年04月23日「どんどん」
2012年04月24日「グリム館」
2012年04月26日「ローラル」
2012年04月30日「笑顔(にこ)」
2012年05月01日「リヴィエル・ドール」
2012年05月03日「ダイヤ寿司」
2012年05月15日「メルポーチ」




 今回行ってきたのは、秋津に2011年12月にオープンしたパン屋「Boulangerie NOBU(ブーランジェリー・ノブ)」。お店に行くと、こんな看板が出ていた。

表にこんな看板が

「東村山黒焼そば食べ歩きキャンペーン参加中」と書いてある。ヤル気満々だね。
 看板には、参加商品である「東村山黒焼そばパン」(160円)の説明が次のように書かれていた。


見た目はたこ焼!?
パンの中に黒焼そばソースを使った焼そばが入ってます。
美味ですよぉ



 何となくわかったような、わからないような……まあ、見ればわかるだろう。
 ということで、早速、店内へ。

東村山黒焼そばパン

 あった、あった。これが「東村山黒焼そばパン」か。パラフィン紙に包まれているけど、確かに巨大なたこ焼のような色と形をしている。

枝豆チーズフランス

 店内を見回して気になったのが、この「枝豆チーズフランス」(160円)。
 私は「東村山黒焼そばパン」と「枝豆チーズフランス」を買うと、早く食べたくて近くのベンチに座って食べることにした。

まずは「枝豆チーズフランス」からいただきま~す

 まずは「枝豆チーズフランス」からいただいてみますかね。チーズの焦げたキツネ色と枝豆の緑がキレイだよね。

枝豆がギッシリ

 食べてみると……へぇ、枝豆は表面だけかと思ったら、意外とパンの中にも入っているんだね。枝豆のほんのりとした塩味が効いていて旨いよ。

確かにたこ焼みたいだ

 続いて本日のメイン、「東村山黒焼そばパン」をいただいてみますか。
 なるほど、マヨネーズが乗っていたからパラフィン紙に包まれていたのね。
 それにしてもコレ、青海苔が振りかけられていたら、確かにたこ焼きに見えるかも。

中は黒焼きそばがギッシリ

 ではでは、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 パンの生地がすごく薄いんだね。歯を立てたらすぐに黒焼きそばって感じ。そして見てわかるように、黒焼きそばがギッシリ。でも、じゃあ黒焼きそばの味一色かというと、そんなことはない。薄いけど、パンも味を主張している。食べ応えもあるし、これはいいねぇ。
 今回は例年以上にパン屋さんが参加しているんだけど、どこも個性的な黒焼きそばパンを出してきて、楽しいなぁ。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-6-2
電話:042-306-3273
営業時間:午前8時~午後8時
定休日:水曜
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






黒焼そば食べ歩き2012 エントリーNO.7

【これまでの食べ歩きリスト】
2012年04月23日「どんどん」
2012年04月24日「グリム館」
2012年04月26日「ローラル」
2012年04月30日「笑顔(にこ)」
2012年05月01日「リヴィエル・ドール」
2012年05月03日「ダイヤ寿司」




 さて、今回私が向かったのは、八坂商店街にあるパン屋「メルポーチ」。このお店は2009年の第1回目の「黒焼そば食べ歩きキャンペーン」に参加しているのだが、毎年ひと工夫加えたパンを出している。
 例えば2009年は……。

最初に参加した時の「黒焼そばパン」

「黒焼きそば」だからということで、パンまでイカ墨を練りこんで黒くした「黒焼そばパン」で参加。
 2011年はというと……。

昨年の「東村山黒焼きそばカレードーナツ」

 ナント、キーマカレーと合わせて「東村山黒焼きそばカレードーナツ」という形に仕上げて参加。

 アイデアあふれるパンで参加するこのお店が、今年はどんなパンで「黒焼そば食べ歩きキャンペーン」に参加するのか、興味津々で私はお店に入った。

「黒焼そばを使ったパンはどこかなぁ」と店内を見回すと……エエッ!

東村山黒焼そば

「東村山黒焼そば」(158円)と書いてあるけど、今回はコレなの? 普通にコッペパンに焼きそばを挟んだスタイルじゃない。
 何だか肩透かしを食らった感じだけど、このお店のことだ、何かひと工夫しているに違いない。

半熟たまごときのこベーコン

 この日、私が気になったパンは、この「半熟たまごときのこベーコン」(168円)。何が気になったかというと、そりゃタマラーですから、「半熟たまご」ですよ(笑)。

クラムチャウダーを付けてランチ完成!

 ということで、「クラムチャウダー」(262円)を付けて、本日のランチ完成!
 エッ、これで足りるのかって? 心配ご無用。このお店の2階の喫茶コーナーには、こういうモノがあるんですよね。

「試食コーナー」があるのはうれしいね

 ジャジャーン! 「試食コーナー」ということで、ここに置いてあるパンは自由に食べられるんですよね。まあ、あくまでも「試食」だから、そんなにバクバクとは食べられないですけどね(笑)。

「半熟たまごときのこベーコン」のアップ

 では早速、「半熟たまごときのこベーコン」からいただきますか。
 ベーコンときのこの上にチーズがかかっていて、見た目から大体、味は想像がつくんだけど、パンそのものの旨さがあってイケる。ただ、なかなか真ん中にあると思われる半熟玉子に到達しない。
 ふた口ではダメで、次にガブリといった瞬間……。

黄身がトロリと出てきて旨い

 トロ~ッと流れ出る黄身。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、これはいいねぇ。グッと味がバージョンアップしたよ。

 いやいや旨いのはいいんだけど、ちょっと食べる順番を間違えちゃったかなぁ……そう思いつつ、私は「東村山黒焼そば」を手に取った。

「東村山黒焼そば」は持った瞬間、違いがわかる

ん? (゚д゚lll) んんッ!?

 手に伝わるパンの感蝕が違う。見た目からシッカリとしたコッペパンをイメージしていたのだが、これはすごく柔らかい。食パンの中の部分と同じくらいの柔らかさだ。
 だから持つと、重さでパンの両端がしなってくる。親指の少し先に見える亀裂はパンのしなりによるモノだ。

「東村山黒焼そば」の断面

 食べてみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 パンの柔らかな食感と自然な甘さが黒焼そばによく合っている。これはビックリだなぁ。さすが「メルポーチ」だね。いやあ、おみそれしました。




【DATA】
住所:東村山市栄町3-16-12
電話:042-398-0160
営業時間:午前7時~午後7時50分
定休日:日曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2012/05/15 07:01 ] 【パン】 メルポーチ(栄町) | TB(-) | CM(0)

こだわりのパン屋がオープン

 好きだった秋津の中華料理店「上海酒家 好(はお)」が2011年5月に閉店。ちょっと奥まった場所にあることから、「ここで飲食店をやろうという人は、いないんじゃないかな」と私は思っていた。
 その場所に昨年12月23日、パン屋がオープンした。それが今回紹介する「Boulangerie NOBU(ブーランジェリー・ノブ)」だ。

Boulangerie NOBU

 白を基調としたスッキリと明るい店構え。人通りのある商店街から離れた場所にあるんだけど、この店構えならひょいと路地をのぞき込めば目立ってすぐにわかる。しかも……。

こだわってるねぇ

 子どもたちに美味しくて安全なパンを食べてもらいたいという思いから、食品添加物の「イーストフード」、「乳化剤」を使っていないのだという。こだわってるねぇ。
 お店のホームページを見ると、「3つのこだわり」として、こんなことが書かれていた。


【美味しさの追求】
・北海道産小麦を使用する。
・時間と手間を惜しまず、スクラッチ製法にこだわる。
・自家製パン酵母を使用する。

【食の安全】
・添加物は使わない、無添加にこだわる。
・原材料を表示する。

【コストパフォーマンス】
・毎日食べるパンだから、低価格での提供にこだわる。



 こういうこだわりのお店なら、賑やかな通り沿いよりも、少し奥まった場所の方がむしろピッタリと言えるかもしれない。

 お店に入ると、パンの陳列スペースは意外と狭い。並んでいるパンもそれほど種類は多くない。「○○フランス」「○○グラハム」というパンが多く、普通のパン屋で見かける柔らかそうなパンは少ない。見るからにシッカリとした歯応えのあるパンばかりなんだけど、どれも旨そうなんだよね。

購入したパン

 ということで、私が買ったのはこの3つ。真ん中手前から時計回りに説明すると、「カレーフランス」(170円)、「くるみグラハム」(180円)、「ミルクフランス」(140円)。

くるみグラハム

 では「くるみグラハム」からいただきますかね。断面はこんな感じ。
「グラハム」とは、小麦の皮や胚芽を除去しないまま製粉した粉のことで、ビタミンや食物繊維が豊富に含まれている。「全粒粉」とも言うらしい。米で言えば、「玄米」みたいなモノだろうか。
 食べてみると、程よい硬さで噛むほどに旨さが増す感じ。旨いなぁ。クリームチーズを少し乗せて食べると、もっと旨いかも。

カレーフランス

 こちらは「カレーフランス」。割ってみるとこんな感じでカレーが入っている。パンの表面にカリッとキツネ色に焼けたチーズが付いており、これがいいアクセントになって旨い。

ミルクフランス

 でも、今回、一番気に入ったのは、この「ミルクフランス」。単純にクリームを挟んだだけなんだけど、これが旨いんですよ。
 ちょっと表現はおかしいんだけど、パンの表面のカリカリした部分が、ソフトクリームのコーンみたいな味と食感がするんだよね。クリームもミルクの味が強いから、冷たくないんだけどソフトクリームを食べているような感じがするんですよ。

 全部食べて気付いたのは、どのパンも普通よりやや硬めだから、自然と噛む回数が多くなったということ。最近、子どもの食べ物を噛む回数が少なくなっていることが問題になっているけど、このパンはそういう意味でも、子どもにいいのかもね。


 このお店、こだわりを持ついいパン屋だということはわかったけど、実は1つ気になっていることがある。それは……。

気になったのはこの幟

 この幟だ。私がお店に行った時は陳列されてなかったけど、ひょっとしてこのお店、黒焼そばパンを出しているのだろうか? 確認のためにまた行かなくちゃ。



【DATA】
住所:東村山市秋津町2-6-37
電話:042-306-3273
営業時間:午前8時~午後8時
定休日:日曜
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
ハート型のお菓子の専門店
韓国食品・食材のお買い物なら韓グルメ!





料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR