東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏が来ると食べたくなるラーメン

 夏、暑くなってくると「食べたいなぁ」と思うモノがある。ただ、そのお店、私の家から歩くとちょっと遠いんだよね。 でも食べたいから、意を決して歩くことに。

 10分ほど歩いて、額から汗が噴き出してきたころ……。

おっ、幟が立ってるよ

 おっ、今年も「冷しラーメン」の幟が立ってるね。もう皆さんは、私がどこに行こうとしているか、おわかりですよね?

行き先は「味六」

 そう、恩多町にあるラーメン店「味六」が行き先。で、私が食べたいのは「冷しラーメン」(850円)。

「冷やし中華」じゃなくて「冷やしラーメン」なのがいいね

 おおっ、入り口にこんな札がかかっている。「冷やし中華」じゃなくて「冷やしラーメン」ってのがいいよね(笑)。

 お店に入り、カウンターに座ると早速、「冷しラーメン」を注文。あわせて「餃子」(250円)もお願いした。

これが「冷しラーメン」

 しばらくして来ました、来ました。これが暑くなると食べたくなる「冷しラーメン」。ホント、見た目はキュウリを除けば、普通のラーメンと全く変わらない。でも丼を触ると熱くないんだよね。

このスープが旨いんだよね

 まずはレンゲでスープをひと口……。

今年も旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 さっぱりスッキリで飲み飽きないスープ。これが飲みたくて汗だくになって歩いてくるんだよね(笑)。

何気に「餃子」が旨いんですよ

 と、ここで「餃子」が運ばれて来た。このお店の「餃子」、何気に旨いんだよね。

麺のアップ

 では、麺を引っ張り出して、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 冷水で〆られてプリプリの食感の麺がスープとよく合って旨い。キュウリ、ワカメ、モヤシ、玉子、チャーシュー、海苔、そしてふわふわのそぼろ……これらの具材と一緒に食べるとさらに旨さがアップ。
 合間に餃子を食べると、もう幸せ気分……なんだけど、ここでふと、「この餃子をこのスープに泳がせたらどうなるんだろう?」と思ってしまった私。

餃子を泳がせてみると…

 やっちゃいました(笑)。で、そのまま餃子をパックンチョ……。

これは旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 今まで何の疑問も持たずに、醤油+酢+ラー油の餃子たれをつくって、それに付けて食べていたからよくわからなかったけど、この餃子、すでに結構味が付いていたんだね。餃子たれに付けるより、餃子本来の味がよくわかって旨い。箸じゃなくて、レンゲでスープと一緒に食べるとさらに旨かった。
 餃子が温かいので、スープに浸すとスープがぬるくなってしまうのが難点だけど、でもスープとの相性はいいと思うなぁ。

完食!

 ということで、今年もスープを飲み干して完食! いやあ、旨かった。ご主人、ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市恩多町5-27-25
電話:042-391-8888
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜、第2火曜日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




スポンサーサイト
[ 2012/08/15 08:44 ] 【ラーメン】 味六(恩多町) | TB(-) | CM(4)

暑さを忘れさせてくれる冷やしラーメン

 また暑さがぶり返してきちゃったよ。一時、消えたかなぁと思ったセミたちも一斉に合唱し始め、暑さを増幅させてくれる。
 こうなってくると食べたくなるのは、冷たい麺類。特にこの時、私が食べたいと思ったのは、冷やしラーメン。「ちょっと家から遠いけど、行ってみるか」と私は厳しい陽射しの中、テクテクと目的のお店に向かって歩いた。

 歩いている途中、ふと嫌な考えが頭をよぎった。もう9月になったし、一時期、暑さが弱まったから、ひょっとしたらやってないかも……。いやあ、すでに汗ダラダラ状態の私。これでお店に着いたはいいけど、冷やしラーメンがなかったら泣いちゃうなぁ。
 そうこう考えているうちに、お店の近くまで来た。

おっ、幟があった!

「つけ麺」の幟の向こうには……おおっ! 「冷しラーメン」の幟だ! よかったよ、まだやってるんだ。
 もう皆さん、私が目指しているお店がどこなのか、おわかりですよね?

味六

 そう、恩多町の住宅街にあるラーメン店「味六」なんですよね。
 お店に入ると、カウンターに座り、私はすぐに「冷しラーメン」(850円)を注文した。

冷しラーメン

 しばらくして、来た、来た、来たーーーッ!
 これだよ、コレ、コレ! 写真で見ると、一見、普通の中華そばなんだけど、丼を触ると冷た~い。
 スープをレンゲでひと口飲んでみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 何だかスーッと汗が引いていく。この冷たいスープの旨さがいいんだよね。

そぼろと味付玉子は温かい

 普通の冷やしラーメンは基本的に具材もすべて冷たいか、常温なんだけど、このお店の「冷しラーメン」はちょっと違う。
 写真のそぼろと味付け玉子、この2つは温かいんだよね。でもね、変な話だけど、そこがこのお店の「冷しラーメン」の良さでもあると私は思うんだよね。そぼろを崩して、スープ全体になじむようにかき混ぜてからスープを飲むと、スッキリとしたスープに肉の旨味が加わってさらに旨くなる。

麺のアップ

 細い縮れ麺を箸で持ち上げ、ズッ、ズズズ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 すでに冷水でキュッと〆られているから、食感はプリプリ。そこにスッキリスープが絡み、旨いこと、旨いこと。汗をかいてここまで歩いてきた甲斐があるよ。
 あっと言う間にスープまで全部飲み干して完食。いやあ、満足。ごちそうさまでした。

 お店のご主人によると、この「冷しラーメン」、9月いっぱいまでは「出そうかな」ということなので、食べるなら早めに行った方がいいかも。ホント、このラーメン、暑さを忘れさせてくれますよ。



【DATA】
住所:東村山市恩多町5-27-25
電話:042-391-8888
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜、第2火曜日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
有名ラーメン店の味をそのままご自宅にお届け
無農薬、無添加食材の宅配ネットスーパー





[ 2011/09/11 08:56 ] 【ラーメン】 味六(恩多町) | TB(-) | CM(0)

優しい味だけど後を引く塩ラーメン

 読者の方から、恩多町のラーメン店「味六」が「塩ラーメン」を始めたという情報をいただいた私。「これは行かなきゃ」と早速、行ってみた。

 カウンターに座り、店内を見回すと……あった、あった。壁にかかっている通常メニューを書いた札の横に、小さな札があり、そこに「塩ラーメン」と書かれている。値段は「中華そば」と同じ、650円ナリ。
 私は「塩ラーメン」を注文。しばらくすると、来ました、来ました!

塩ラーメン

 これが「塩ラーメン」。おっ、スープの色がまず違う。水菜の緑が鮮やかでいいねぇ。

澄んだスープ

 では、この澄んだスープからいただくとしますか。レンゲですくって、ひと口……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 醤油ベースの「中華そば」と同じく、じんわり優しく染み渡る感じのスープだ。旨いなぁ。やや味が薄いかなと思わなくもないけど、妙に後を引く。

麺のアップ

 麺はいつもの細い縮れ麺。ズズズッとすすると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 豚のそぼろを崩しながら食べると、薄いと思ったスープもいい加減になって、さらに旨味を増す。スープが濁るのが嫌いな人はやめた方がいいけど、玉子を割って黄身の部分をフープに溶かすと、さらに味が変わり旨くなった。

スープも飲み干し完食

 旨い、旨いと、いつの間にかスープを全部飲み干して完食。いやあ、これは旨いけど、困ったなぁ。今後はこのお店に来たとき、何を食べるか迷っちゃうなぁ。この「塩ラーメン」のスープに餃子を泳がせて食べても旨いんじゃないだろうか? ああ、また食べたくなってきた。インパクトこそないんだけど、これはホント、後を引くラーメンだと思うよ。



【DATA】
住所:東村山市恩多町5-27-25
電話:042-391-8888
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜、第2火曜日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/11/06 03:27 ] 【ラーメン】 味六(恩多町) | TB(-) | CM(0)

昔ながらの中華そばのうれしい進化

 スープを飲んだ瞬間、懐かしい思いがこみ上げてくるような「昔ながらの中華そば」を出してくれる、恩多町のラーメン店「味六」。このお店に関して、「新メニュー」と題したこんな情報が読者の方から寄せられた。

いつも拝見させていただいております。
すでにご存知かもしれませんが、味六さんでワンタンメン出してますよ。
中華そばにボリュームのあるワンタンが5個入って850円でした。
是非お試しあれ。


 いやいや知りませんでしたよ。ワンタンメンだって! これは食べに行かなきゃ……ということで先日、お店に行って来ました。頼んだのはもちろん、「ワンタンメン」(850円)。

ワンタンメン

 これが「ワンタンメン」。一見すると、普通の「中華そば」(650円)みたいだけど……。

ぷかりと浮かんだワンタン

 ほらほら、ワンタンがぷかぷかと浮いてるでしょ。
 では早速、スープからいただきま~す……はぁ~染みるなぁ。豚骨ガツンとか、魚粉ガツンとか、強烈なインパクトはないけど、優しくじんわりと旨さが染み渡っていく。旨いなぁ。

麺のアップ

 細くてよく縮れた麺が、このスープにまたよく合ってるんだよね。旨い、旨い。

ワンタンは小ぶりだけど旨い

 ワンタンは見た感じ、やや小ぶり。でも食べると、挽き肉がプリプリと歯応えがあり、噛むほどに肉の旨さが口に広がる。いやあ、このワンタンは旨いなぁ。


 前回の記事で私は、

 だけど、何で餃子を始めたのだろうか? ひょっとすると、これって「ワンタンメン」への布石だったりして。うーん、あの「中華そば」にワンタンが入れば……ああっ、想像しただけでよだれが出ちゃう。旨そうだなぁ。

と書いたんだけど、まさか本当に「ワンタンメン」が登場するとは思わなかったなぁ。想像通りの味で、ホント感激だよ。いやあ、この進化は本当にうれしい。ぜひ機会があれば、食べて欲しいと思う。旨いよ。



【DATA】
住所:東村山市恩多町5-27-25
電話:042-391-8888
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜、第2火曜日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/01/28 18:10 ] 【ラーメン】 味六(恩多町) | TB(-) | CM(0)

進化する冷やしラーメンとお得で旨い餃子

「昔ながらの中華そば」という表現がピッタリのラーメンを出してくれる、恩多町にあるラーメン店「味六」。このお店がナント、「餃子を出すようになった」という情報を聞いて、早速、私は行ってみた。

味六

 お店に入ろうとすると……あれ? 何やら玄関に張り紙があるぞ。

こんな張り紙が…

 おおっ! 本当に「手作り餃子」を始めたんだ。「冷しラーメン」も一緒に書いてあるということは、前回「冷しラーメン」を食べた時にも餃子はあったということなのだろうか? しまった! 気付かなかったよ。

 ということで、私は「冷しラーメン」(800円)と「手作り餃子」(300円)を注文した。

冷しラーメン

 しばらくして、まず「冷しラーメン」が運ばれて来た。
 ん? 味玉が普通の茹で玉子になっている。これはどういうことなんだろう? 疑問を抱きつつ、スープをひと口……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 前回食べた時よりスープが冷たく、旨味を残しながら喉をスーッと通り抜けていく。これは旨いなぁ……と、ここであることを思い出した。前回は、乗っている具材の中でふわふわの豚のそぼろと味玉が温かかったんだけど、今回はそのうちの味玉が茹で玉子に変わっている。これってひょっとすると、スープを冷たくするためなのではないだろうか?
 考えすぎかなぁ? でも、たまたま味玉がなかったって考えるより、そう考えた方が美味しく食べられるでしょ(笑)。

麺のアップ

 キュッと冷水で引き締められた麺は、本当に冷たくて喉越しがいい。いやあ、旨いなぁ。確実に前回より旨いと思う。進化を感じるよ。

 と、そこに「手作り餃子」が登場。

これが「手作り餃子」

 おおっ、小振りだけど、焼き色が旨そう。

小振りだけど旨いのだ

 オーソドックスに醤油+酢+ラー油の餃子だれをつくり、そこに餃子をザップン。そしてお口にIN!
 おおっ、ジューシーで旨いじゃないの。これが5個で300円っていうのはかなりのコストパフォーマンスだと思うなぁ。

 だけど、何で餃子を始めたのだろうか? ひょっとすると、これって「ワンタンメン」への布石だったりして。うーん、あの「中華そば」にワンタンが入れば……ああっ、想像しただけでよだれが出ちゃう。旨そうだなぁ。
 その前に、あの「中華そば」のスープに、この「手作り餃子」を泳がせて食べてみようかな。きっと旨いと思うなぁ。
 ああ、楽しみ、楽しみ。また近いうちに食べに行こうっと。



【DATA】
住所:東村山市恩多町5-27-25
電話:042-391-8888
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜、第2火曜日






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2009/09/19 21:00 ] 【ラーメン】 味六(恩多町) | TB(-) | CM(0)

超イチ押しの冷やしラーメン

 つい先日、掲示板にこんなコメントが寄せられた。

味六さんが冷やしラーメンを始められてました

 これにはちょっとビックリしたね。だってこのお店のウリは、変わらぬ味の「中華そば」(650円)であって、 新メニューが出るなんて考えたことがなかったからね。
 おそらく「つけ麺」以来、かなり久しぶりの新メニュー。私は気になって気になって仕方なくなり、恩多町にあるラーメン店「味六」についつい行ってしまった。

 お店に入ると……あるある。つい最近張られたような手書きの張り紙に「冷しラーメン 800円」と書かれている。私は早速、「冷しラーメン」を注文した。

冷しラーメン

 ほほぉ、これが「冷しラーメン」ですか。キュウリが入ってなきゃ、パッと見た感じ、普通のラーメンに見えるよね。
「中華そば」と違うのは、具材としてキュウリとワカメが乗っているところと、万能ねぎがたっぷり入っているところだ。
「あれ? そう言えばコレには味玉は入ってないのかなぁ?」と探すと、海苔の下に隠れていた。

スープからは湯気が全然立っていない

 澄んだスープはいつもの「中華そば」とは変わらないが、変わっているのはその温度だ。全く湯気が立っていない。
 ではスープをひと口……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 個人的にはもう少し冷たい方がうれしいけど、スッキリとしたノド越しはたまらないねぇ。

麺のアップ

 冷水で一度キュッと締められた細い縮れ麺は、コシというか、歯応えがよく、スープによくあっている。こりゃ旨いわ。

そぼろと味玉がまた、いい味を出してるんですよ

「中華そば」にも乗っている、ある意味このお店の名物具材である豚のそぼろ。このそぼろと味玉は温かい。だけど、その温かさがいいアクセントになっているんだよね。そぼろを崩して、麺に絡めながらズッ、ズズズズ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 もうたまんないね。この「冷しラーメン」は旨い! 超イチ押しです。ぜひ一度食べに行ってみてください。



【DATA】
住所:東村山市恩多町5-27-25
電話:042-391-8888
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜、第2火曜日





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2009/07/22 21:13 ] 【ラーメン】 味六(恩多町) | TB(-) | CM(0)

やっぱり魅力の中華そば

「昔ながらの中華そば」というイメージにピッタリのラーメンを出してくれるのが、恩多町にあるラーメン店「味六」。このお店には実は、以前から食べて確認したいメニューがあるんですよ。それは、「もつ煮込み定食」(850円)。

「中華そば」だけ(味噌もあるけどね)のラーメン専門店だとずっと思っていたから、この「もつ煮込み定食」の張り紙を見た時は「エッ!」と驚いたんだよね。しかも、他にも定食を用意するならともかく、定食はこの「もつ煮込み定食」ただ1つだけっていうのも気になる。

 ということで「行かなきゃ」「行かなきゃ」と思いつつ、1年以上も経ってしまった。なかなか訪問のタイミングが合わないんだよね。
 で、先日、家電ショップの「コジマ」に用があって出かけた時に、「そうだ、行ってみよう」と思い立ち、久しぶりにお店に入った。

 メニューを見ると、やはり「もつ煮込み定食」がある。お店の人に「どうして、この定食があるんですか?」と聞くと、こんな答えが返ってきた。

「工事作業をしている人たちから『ご飯メニューが欲しい』と言われて、出すことにしたんです」

 なるほど、そういうことでしたか。じゃあ「もつ煮込み定食」を頼もうかなぁ……と思ったんだけど、前回来たのは2007年の11月。本当に久しぶりに来たから、やっぱり食べたいんだよね、このお店の看板メニューである「中華そば」(650円)が。
 どうしようか悩んだ末、私は「中華そば」を注文した。いやいや、本当に魅力的なんですよ、ココの「中華そば」は。

中華そば

 ホラホラ、コレですよ、コレ! 旨そうでしょ。

このスープがいいんだよね

 この澄んだスープがいいんですよ。じゃあ、飲んでみようかなぁ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 目の玉が飛び出るようなバカ旨じゃないけど、ジワッと体に染みていく。旨いなぁ。

麺のアップ

 細い縮れ麺がよくスープを持ち上げて旨いんだよねぇ。

ふわふわで旨い豚のそぼろ

 で、このお店の「中華そば」を語る時に外せない名脇役のそぼろ。この豚のそぼろがまた旨いんだよね。シッカリかき混ぜてスープと一緒にズズズ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 スープも全部飲み干して完食。次に来た時こそ「もつ煮込み定食」を食べようと思うのだが……何だか次回も「中華そば」の魅力に負けそうな気がするなぁ(笑)。



【DATA】
住所:東村山市恩多町5-27-25
電話:042-391-8888
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜、第2火曜日






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2009/03/07 21:49 ] 【ラーメン】 味六(恩多町) | TB(-) | CM(0)

疲れた心身に染みる癒しのラーメン

 世の中、いろんなラーメンが出回っているけど、体が疲れ気味の時や、気持ちが萎え気味の時、私は昔の「中華そば」と言われていたころの醤油ラーメンを無性に食べたくなる。たぶん、ホッとしたいんだと思う。子供のころ、友達とケンカして「おかあちゃ~ん」と言いながら母親のもとにかえるような、そんな感覚で醤油ラーメンが食べたくなる。

 で、そんな時に行くお店と言えば……。

味六

 やっぱりこのお店しかないでしょう。恩多町にあるラーメン店「味六」だ。
 暖簾の「中華そば」の文字が目に入ると、走って駆け込みたい衝動にかられる。
 でもまあ、そこは子供じゃないから、ゆっくり歩いて暖簾をくぐり、カウンターに座る。頼むのはもちろん、「中華そば」(650円)だ。

中華そば

 程なくして運ばれる「中華そば」。昔、故郷の広島で食べた中華そばを思い起こさせるビジュアル。“懐かしさ”というスパイスがバッチリ効いているから、旨そうに見えて仕方がない。

この澄んだスープがたまらない

 このスープですよ! 澄んだスープ。キラキラ光りながら浮かぶ油。レンゲでひと口飲むと……はぁ~、染みるぅ。
 ふと横に自分の親父が座っていて、「旨いか?」と顔を覗き込んでくるようなシーンが頭に浮かんでくる。たまらないね。

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。ズズズッとすすってはスープを飲み、またズズズッ。
 食べ終わるころには、何だか元気になり、萎えていた心も癒され、少しヤル気が出てきた。
 このお店に救われている人って、私以外にもいるんじゃないかな。年をとるごとに、ここのラーメンが美味しく感じられるんだよね。


【DATA】
住所:東村山市恩多町5-27-25
電話:042-391-8888
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜、第2火曜日






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2007/11/24 14:37 ] 【ラーメン】 味六(恩多町) | TB(-) | CM(0)

うれしい営業時間の延長

 先日、秋津でちょっとした打ち合わせがあった。終わったのは午後7時近く。打ち合わせ場所まで歩いて来たので、帰りもトボトボと歩くことにした。
「夕食は我が家で」と思っていたのだが、時間が時間だけに、さすがにお腹が空いてきた。「何か軽く食べておきたいなぁ」と思った私。

「そうだ、あのお店って開いてないかなぁ。久々に食べてみたいし……よし、行ってみよう」

 そう思って私が向かったのは、恩多町にあるラーメン屋「味六」だ。行ってみると、まだ明かりがついていて、表に暖簾が出ている。私は大喜びでお店に入った。
 あれ? お客さんがいない。あれれ? しかも厨房にお姉さま方がいない。いるのは、若い男性だ。どういうことなんだろうか?

 でもそんな疑問解明より、今はお腹と背中がくっつきそうな腹減り状態を解消しなくちゃ……というワケで、私は「チャーシューメン」(900円)を注文。新聞を読みながら待っていると、来た来た来たーッ!

チャーシューメン

 大きなチャーシューで覆い尽くされて、麺が見えない。いいじゃないですか、このビジュアル。澄んだ醤油味のスープがまた旨そう。
 では、スープからいただいちゃいますか。はぁ~~~、染みるぅ~~~。このスープ、好きだなぁ。ホッとさせてくれる懐かしさがある。若い人には物足りないかもしれないが、たぶん私のような中年以上の人が間違いなく好きな味だと思う。

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。やや柔らかめの茹で加減だけど、その方がこのスープに合っている気がする。旨い。

チャーシューのアップ

 チャーシューは普通の「中華そば」には1枚しか入ってないモノがドドーンと4枚も入っている。しかも写真を見てわかるように、1枚がデカい。今流行の口の中で崩れるようなトロトロ系ではなく、昔ながらのシッカリとした歯応えのあるチャーシュー。これも旨いよね。

おろしニンニク

 半分くらい優しい味わいのスープを堪能したら、おろしニンニクを投入。と言っても、翌日は仕事だからチョビッとなんだけどね。でも、これを入れると味がグッと締まる。そして食欲をかき立てる。ここからは一気に食べ、スープも全部飲んで完食。

 腹具合がひと段落着いたら、急に先ほどの疑問が頭をもたげてきた。私は男性店員に「いつもの女性陣は今日はお休みなんですか?」と聞いてみた。

「私は甥なんですけど、おばたちは6時で上がっちゃうんですよ。もともとこのお店の営業時間は6時まででしたからね」

 エエッ、営業時間は6時までだったの! そりゃまた早い店じまいだったんだねぇ。

「営業時間を8時までに延ばしたのは先月からなんですよ。やっぱり6時って、普通は夕食前ですからね。でも、逆にこの辺では『6時まで』というのが浸透していて、6時前にバタバタッと人が来るんですよ」

 なるほど、8時までやっていることが浸透していないから、お客さんがいなかったってワケか。だけど、この営業時間の延長、普通に考えればうれしいよね。だって今までは「夕食に『味六』の中華そばを食べよう」と思っても、6時前に行かなきゃ食べられなかったのだから。
 皆さん、「味六」は午後8時までやってるから、6時を過ぎてもあきらめずにお店に行ってね!


【DATA】
住所:東村山市恩多町5-27-25
電話:042-391-8888
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜、第2火曜日





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2006/09/05 15:09 ] 【ラーメン】 味六(恩多町) | TB(-) | CM(0)

ラーメン同様、ホッとする味のつけ麺

 以前に懐かしい中華そばを出すお店として紹介したラーメン屋の「味六」。先日、何気なくこのお店のことを調べていたら、「夏季にはつけ麺、冷やし中華を出している」という一文を見つけた。冷やし中華はともかくとして、つけ麺はかなり気になる。このお店のつけ麺って、一体どんなモノなんだろうか? 気になったら調べるしかない。早速、私はお店に行ってみた。
 店内を見回すと、メニューは何も変わっていない。「あちゃー、もう夏季メニューは終わっちゃったかなぁ」と思いつつも、お店のお姉さんに「冷たいメニューってないですか?」と聞くと、「つけ麺ならありますよ」との答え。そこで私は「つけ麺」(700円)を注文した。
 頼んだ後、テーブルに置いてあるメニュー表を見ると、そこにはちゃんと「つけ麺」の文字があった。しかも「つけ麺 味噌味」(800円)なんてのもある。テーブルのメニュー表にちゃんと入れているということは、つけ麺は通年にするつもりなのだろうか?
 そうこう考えているうちに「お待ちどうさまでした」と「つけ麺」がやって来た。

つけ麺 醤油味

 麺の上に刻み海苔が乗せられ、その横にメンマ、チャーシュー、味付け玉子、そしてトマトが添えられている。付け汁にはたっぷりとネギが浮かんでいる。食べる前にひと口だけ付け汁を飲んでみた。うーん、しょっぱい。「中華そば」の時の優しい味のスープをギュッと濃くしてある。醤油の味も濃い。まさに付け汁という感じだ。

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。「中華そば」で使用するモノと同じだ。流水でシッカリ冷やし、水切りしてある。付け汁にたっぷり浸してズズッと一気にすする。いやあ、これは旨いや。濃い付け汁も麺と一緒だとちょうどいい感じなり、鶏や野菜などダシに使われた素材の旨味が口に広がっていく。付け汁だけを飲んだ時はしょっぱいだけだったのに、凄い違いだ。
 麺がまたよく冷やされて締まっているから、細いのにシコシコして美味しい。ほとんどお皿には水がないほど、キッチリ水気を切っているというのに、最後まで麺がくっついてダマになることはなかった。これも凄い。具材も美味しかったし、これなら大盛りにすればよかったなぁ。
 最後は付け汁をスープで割ってもらい、ゆっくりとすすっていく。ああ、染みるなぁ。
 バカ旨じゃないけど、これは旨いと思うなぁ。まだ食べていない人は、ぜひ!


【DATA】
住所:東村山市恩多町5-27-25
電話:042-391-8888
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜、第2火曜日





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2005/09/15 06:37 ] 【ラーメン】 味六(恩多町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。