東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やっぱり焼き肉チェーンでは肉を焼かなきゃ…の巻

 所沢街道を歩いている時のこと。そろそろ昼ご飯を食べたいなぁと思っていたら、ふいにスパゲッティレストラン「馬車道」の系列焼き肉チェーン「はいから亭東村山秋津店」のことを思い出した。確かこのお店、

*生姜焼きランチ(609円)
*ハーフビビンバ&ラーメンランチ(609円)


という割安ランチがあったんだよね。焼き肉チェーンで肉を焼かないのはどうかと思ったりもしたけど、懐具合がそんなに温かくないということもあり、私は割安ランチを食べるべく「はいから亭東村山秋津店」に向かった。

 お店に入ろうとすると、何やら入り口のドアに張り紙がある。エッ、まさか閉店!?と思いつつ、近づいてみると……。

ユッケ販売停止の張り紙

 ユッケ販売停止を説明する張り紙だった。まあ、安さをウリにする焼き肉チェーンは販売停止した方がいいよね。

 席に着いた私は、「生姜焼きランチ」にしようと思っていたのだが、「ハーフビビンバ&ラーメンランチ」のメニュー写真に、「焼肉屋さんのラーメンはスープ自慢。」というコピーがあり、「へぇ、スープが自慢なんだ」と気になり始めたものだから、「ハーフビビンバ&ラーメンランチ」を注文することにした。

ハーフビビンバ&ラーメンランチ

 これが「ハーフビビンバ&ラーメンランチ」。ビビンバが小さいのは「ハーフビビンバ」とメニューに書いてあるから納得なんだけど、ラーメンが心なしか少し小さい感じがする。

ラーメン

 ラーメンはシャキシャキのモヤシにメンマ、チャーシュー、そしてホウレンソウ。「自慢」というスープを飲んでみると……うーん、悪くはないけど、普通だよね。

麺のアップ

 麺は縮れた細麺で、これも悪くはないけど、そんなに大きな特長があるワケではない。全体的に普通の醤油ラーメンだ。

ハーフビビンバ

 ハーフビビンバはコチュジャンを入れてかき混ぜ、ひと味足りなかったので、焼き肉のたれを少し投入。自分で味を調えることができたので、こちらは満足。

食後のコーヒー

 食後のコーヒーを飲みながら思ったのは、やっぱり焼き肉チェーンでは肉を焼かなきゃダメだなってこと。ラーメンもビビンバも焼き肉を食べながらのサイドメニューと考えたら、きっともっと満足度は高かったんじゃないかな。
 次回はガッツリと肉を焼いて食べようと思う。



【DATA】
住所:東村山市秋津町2-22-6
電話:042-390-7535
営業時間:午後11時~深夜0時
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
スポンサーサイト

ガッツリと焼肉丼三昧

 別に「肉が食いてぇ!」という感じではなく、単に「ランチでも食べるかな」と軽い気持ちで、スパゲッティレストラン「馬車道」の系列焼き肉チェーン「はいから亭東村山秋津店」に入った私。ランチメニューに、

*生姜焼きランチ(609円)
*ハーフビビンバ&ラーメンランチ(609円)


という割安ランチを見つけて、「このどっちかでいいかな」と思っていたのだが、ふとその横を見ると……。

*ボリューム250gダブルカルビランチ(1048円)

 こんなモノを発見! 「250グラムって、凄いよね」と思った瞬間、「ガッツリ肉が食いてぇ!」とスイッチが入ってしまった(笑)。
 ということで、「ボリューム250gダブルカルビランチ」を注文。

サラダとキムチ、ウーロン茶 大盛りライスとわかめスープ

 まず最初に運ばれて来たのは、サラダとキムチ、ドリンクのウーロン茶、そしてライスとわかめスープ。ライスは無料で大盛りにできるというので、大盛りでお願いした。
 それにしても、ウーロン茶をビールジョッキに入れて持ってくるのは止めて欲しいなぁ。これじゃウーロンハイに見えちゃうよ(笑)。昼間っからお酒を飲んでるように見られると、困るんだよねぇ(笑)。

250gのダブルカルビ

 で、来た、来た! これが250グラムのダブルカルビ。なぜ「ダブルカルビ」かと言うと……。

徳々カルビ

「徳々カルビ」という牛肉と、

豚カルビ

 豚カルビの2種類が乗っているからなんだよね。

まずは豚カルビから

 ではでは、豚カルビから焼いてみますかね。片面を焼いて引っくり返したら、卓上に置いてある黒胡椒をフリフリ。焼きあがったら、タレを付けてご飯の乗せ乗せ。

豚焼肉丼だ!

 豚焼肉丼の完成だ! じゃあ、いただきま~す!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、黒胡椒を焼いている途中でフリフリしたのが良かったみたい。メッチャ旨いよ。

豚焼肉丼の第2弾

 残っている豚カルビを焼いて、豚焼肉丼の第2弾! ご飯はおかわり自由じゃないので、食べきらないように、肉を中心に食べ進める。これがまた贅沢なんだよね。

今度は牛だぜ!

 さて、お次は牛カルビだぜ。こちらも片面を焼いて引っくり返したら、黒胡椒をフリフリ。タレを付けてご飯の乗せ……。


牛焼肉丼だ!

 牛焼肉丼の完成だ! では食べてみますか……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 うーん、たまんない。豚カルビとは違う味わいで旨い。

ご飯より肉が多い

 残りを全部焼いて、ラストの牛焼肉丼。見てわかるように、明らかにライスより肉の方が多い。
 いやあ、豚と牛、2種類のカルビそれぞれでつくる焼肉丼はメッチャ旨かったし、ボリュームも十分。お腹いっぱいになったし、満足度もあるし、これはまた食べたいランチメニューだね。肉が食べたい気分になったらまた来ようと思う。



【DATA】
住所:東村山市秋津町2-22-6
電話:042-390-7535
営業時間:午後11時~深夜0時
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

安くガッツリ肉を食べたい時もあるさ

 どうせ肉を食べるなら、もう量は食べられないんだから、いい肉を食べよう……そう思っているのだが、「ガッツリ肉を食べたい」という煩悩が時々、頭をよぎるんですよね。で、そういう時に限って手持ちのお金がなかったりするんだよなぁ。
 さて、どうしたものか……と自転車を走らせながら考え、「こういう時はチェーン系の焼き肉店だろう」ということで、私はスパゲッティレストラン「馬車道」系列の焼き肉チェーン「はいから亭東村山秋津店」に入った。

 予想通り、安い焼き肉ランチがある。私は「サンキューカルビランチ」(630円)を頼もうと思ったが、ふとメニューの横を見ると「サンキューカルビランチ大盛」の文字があるではないか。値段は819円。メニューの写真を見ると、肉の量が1.5倍になっている感じだ。よく見ると、もう1ランク上の「特盛」があるんだけど、それだと値段が1000円を超えちゃうので、私は「サンキューカルビランチ大盛」を注文した。

サンキューカルビランチ大盛

 これが「サンキューカルビランチ大盛」。サンキューカルビにご飯とワカメスープ、サラダ、そしてデザートのパイナップル。キムチが少しでもいいからあるとうれしいんだけど、まあ安いランチだから仕方ないか。

これがサンキューカルビ

 これが大盛りのサンキューカルビ。決していい肉とは言えないだろうけど、安くガッツリ食べたい時には、これで十分。何の文句もありましぇーん。

焼くと、脂が溶けて炎が…

 たっぷり脂が付いているから、脂が溶けて時折ボワッと炎が上がる。この炎が食欲をかき立てるんですよ、私の場合。

タレに付けたあと、ご飯に乗せていただきま~す

 タレをたっぷり付けてからご飯にON! 写真では肉を1枚しか乗せてないけど、このあとジャンジャカ乗せて、即席カルビ丼をつくり、ガツガツと食べまくった。いやあ、肉質はともかくとして、「食べたい」と思った時に食べる肉はやっぱり旨いね。ご飯の大盛りは無料だし、安くガッツリ焼き肉を食べるなら、チェーン系だね。



【DATA】
住所:東村山市秋津町2-22-6
電話:042-390-7535
営業時間:午後11時~深夜0時
駐車場あり
ホームページはこちら





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

東村山冷麺選手権エントリーNO.11

 第11回目に取り上げるのは、埼玉を中心にチェーン展開しているスパゲッティレストラン「馬車道」の系列焼き肉チェーン「はいから亭東村山秋津店」の「ランチ冷麺」(504円)。場所は新秋津駅を出て正面の道をひたすら真っ直ぐ歩き、所沢街道に出たら左折。50メートル先の左側にある。

はいから亭東村山秋津店

 お腹が空いていたので、私はランチ冷麺と日替わりランチ(672円)を頼んだ。それにしても冷麺といい、日替わりランチといい、ちょっと安過ぎる気がする。どんなモノが出てくるのかちょっと不安……そう思っていたら、日替わりランチがやって来た。

日替わりランチのセットとサンキューカルビ 日替わりランチのカルビクッパ

 カルビとサラダとフルーツ、そしてカルビクッパ。かなりのボリュームだ。いやあ、こんな立派なランチが出てくるとは思わなかった。カルビは一番安いランクのモノだとは思うが、それなりに旨い。カルビクッパは辛さがちょっと足りないが、それは韓国料理慣れした私だから思うことであって、普通の人には十分な辛さだと思う。しかも旨い。「このチェーン店は侮れないなぁ」と思っていると「ランチ冷麺」が出て来た。

ランチ冷麺

 スープの色からして冷麺らしい、いい感じ。具もシンプルだがバランスがとてもいい。見た目は典型的な盛岡冷麺だ。「お好みで入れてください」と酢ではなくコチュジャンソースを出すところもいい。

冷麺のアップ

 麺は細麺で、やや黄色がかった盛岡麺。単純に光の加減なのだろうが、麺がツヤツヤしていてとても旨そう。これはかなり期待できそうな気がするが、果たしてどうだろうか?

【スープ】★★★★★
 ひと口飲むと、薄いながらもシッカリとダシの旨味を感じる。おそらく牛ではないかと思う。よく冷えていて旨い。これなら酢はいらない。
 ひとしきり食べたあと、ゆで卵の黄身を溶いて、またひと口飲んでみる。こりゃまた旨いねぇ。ほのかな卵の甘みがいい感じ。このまま食べ切りたい気もしたが、せっかく添えられているコチュジャンソースを使わない手はない。加減がわからないので、少し入れてその部分のスープを飲んでみる。
 ウワッ、辛い! でも旨いっ!
 これは驚いたね。このコチュジャンソース、バカ旨だわ。私はさらに加えて、かき混ぜた。スープはアッと言う間に朱色に変わり、私は夢中になって麺を食べ、スープをすすった。
 これは旨い。1つの冷麺で3つの味が楽しめるなんて最高! 無粋なカラシも付いてないし、これはよほど冷麺を知り尽くした人か、冷麺好きがつくったモノだろう。参ったなぁ、まさかチェーン店で★5つが出るとは思わなかったよ。

【具材】★★★★
 オイキムチに牛チャーシュー、ゆで卵、刻みネギ、そしてリンゴ。シンプルで、しかも無駄がない。メニューによると果物は季節によってスイカになったり、いろいろと変わるらしいが、私はリンゴがベストだと思う。あの甘酸っぱさがあるから、酢がいらないのだ。コチュジャンソースがあるから辛いキムチはいらない。刻みネギは薬味としての役割を立派に果たしているし、すべての具に存在理由がちゃんとある。素晴らしい。

【麺】★★★★
 前回紹介した「牛角」の冷麺と同じく、小麦粉を使った典型的な盛岡麺。ただ、「牛角」の冷麺よりはやや麺が細いかな。コシがあり、よく冷えているからノド越しもいい。スープとの相性もよく、スープの味をいろいろ変えても美味しく食べられた。

【値段】★★★★★
 この味で504円は激安。下手なラーメン屋に行くぐらいなら、ココの冷麺を食べろと言いたい。この日は日替わりランチを食べてしまったから、さすがにしなかったけど、もし冷麺だけを頼んでいたら、私は確実におかわりして2杯食べていただろう。旨いし、値段も安いからね。

【総合評価】★★★★☆
 もうほとんど満点です。値段と味のバランスは抜群。唯一足りない点はボリュームだけど、それだって普通の人なら十分だと思う。
 食べ終えた瞬間、「もう1杯食べたい」と思ったのは初めてだ。今度は2杯頼んで、1杯は普通に食べ、2杯目は最初からコチュジャンソースをたっぷり入れて食べてみたい。それでも1008円だもんね。安いよ。ココの冷麺はだまされたと思って一度食べてみて欲しいな。


【DATA】
住所:東村山市秋津町2-22-6
電話:042-390-7535
営業時間:午後11時~深夜0時半
駐車場あり
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。