東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


東村山メンチカツ選手権エントリーNO.2

 昨日から始めた「東村山メンチカツ選手権」は不定期で掲載していくつもりだが、1回載せて間があくってのも何だなぁ……と思い、連続で掲載することにした。で、今回紹介するお肉屋さんは「荒川」。そう、焼き肉「あら川」が美味しいのはお肉屋さんが経営する店だったからだ。(未確認情報ではあるが、久米川駅北口にある「和牛亭あらかわ」もこの「荒川」と関係があるのだとか)
 場所は八坂駅を出て左を少し歩き、八坂商店街に入って、50メートルほど歩いた右手にある。

荒川

 評判のお肉屋さんだから、お客は結構いる。総菜コーナーを見ると、あります、あります。「神戸牛メンチカツ」(105円)が。昨日の「河野屋」が米沢牛で今回が神戸牛ですからね、いきなりレベルが高くて、あとが大変な気もするけど、まあそれはさておき、それではメンチカツの登場です。

神戸牛メンチカツ

 形はオーソドックスなコロッケ型。人気なのか、陳列してあるモノだったのに、まだ温かい。おそらく揚げては売れ、揚げては売れの人気商品なのだろう。昨日同様、2つ買って、1つは温かいうちに、もう1つは冷めてから食べてみた。


【コロモ】★★☆
 意外にも厚い。表面のパン粉の部分はサクッとしているのだが、その下にもう1層コロモがあり、そこが妙に油を吸っていてシットリしている。中身の肉の脂を閉じ込めるためなのだろうが、揚げる時に使う油をコロモが吸っては逆効果では。

【中身】★★★
 神戸牛を使っているという割には、シッカリ味付けしてある。そのままでも食べられるように、ということだろうか。肉の味より玉ねぎの甘さや塩コショウの方が勝っている感じがする。せっかくいい肉を使っているんだから、もう少し肉の味で勝負した方がよかったのでは。

【値段】★★★★
 神戸牛を使って105円は破格でしょう。売れてる理由はやはりこの価格とみた。

【総合評価】★★★
 値段の割には間違いなく美味しいのだが、コロモの油がどうも引っかかる。私の場合、2つ以上食べると確実に胃もたれしそうだ。胃の弱い人はそのままで食べない方がいいだろう。コロモがもともとシットリ系なので、コロモにソースをかけて食べるのがいいと思う。試してはいないが、中身にシッカリ味がついているから、コロモにポン酢をかけて食べると、意外にサッパリと食べられるかもしれない。機会があれば、今度試してみよう。



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2004/12/30 18:55 ] 【総菜系】 荒川肉店(栄町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR