東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


コシの強い武蔵野うどん

 武蔵野うどんは、讃岐うどんと比べるとちょっと柔らかめだ。でも決してコシがないワケではない。モチッとして弾力があり、肉汁に付けて食べると、ニマ~ッと自然と笑みが出てしまうほど旨い。
「うんうん、この“柔らかモッチリ”こそ武蔵野うどん」という感じなのだが、たまに「コシの強い武蔵野うどんを食べたい」と思うことがある。そんな時、私は東村山駅西口にある「とき」にいつも行っていた。このお店のうどんはコシ強くて旨い。でも最近は人気になりすぎて、いつもお店は満席。並ばないと食べられない。
「この暑い時期に並ぶのはイヤだなぁ」と思った私。ふと、あるお店を思い出した。

 そうだ、「宅部うどん」があるじゃないか!

 とはいえ、このお店も売り切れ御免の人気店だから急いで行かなくてはならない。思い立った私は八坂駅から電車に乗り、西武遊園地駅に向かった。普段なら歩いて行くのだが、歩くと確実に30分はかかる。その時間が惜しくて電車に乗ったのだ。
 西武遊園地駅に着くと、遊園地出口ではなく反対側の出口から出て、坂道を下って行く。すると……。

宅部うどん

 ちょっと奥まっているから注意しないと見落としてしまうが、目指す「宅部うどん」が見えてくる。これって、暖簾と看板がなければ、普通の家だよね。住宅街にポツンとあるんだけど、早ければ午後1時前には売り切れて店じまいしてしまうというからスゴい。

値段表。安い!

 値段も安いじゃないですか。6玉頼んでも820円ですよ。と言っても、「6玉」がどれくらいかわからないと、判断できないか。
「それでは…」と私が6玉頼めばわかりやすいのだが、そんなには食べられないので、私は「肉汁うどんセット」の4玉を注文した。
 しばらくして「お待ちどうさま」と出て来たのがコレだ。

肉汁うどんの4玉

 4玉でコレですよ。すでに大盛り状態。私には十分すぎる量なんだけど、お客さんの中には6玉以上を頼んでペロリと食べちゃう人もいるのだとか。

うどんのアップ

 見てくださいよ、このうどん。真っ白な讃岐うどんと違い、ややくすんでいるが、これこそが武蔵野うどんの証。昔は讃岐うどんが大好きで真っ白なうどんに魅力を感じていたのだが、今ではこのくすんだ色の方がスゴくソソられる。

天ぷら

 天ぷらはチクワとナス、インゲン、ニンジンのかき揚げ。揚げたてではなかったが旨かった。

肉汁

 肉汁には豚肉がたっぷり。これに薬味を入れて、それではいただきますか。

肉汁に付けて、いただきま~す

 たっぷり肉汁に付けてからズズズッ……あぁ、旨いねぇ。このコシの強さ。たまらないねぇ。ズズズッとすすって、ワシワシ噛み締める。幸せだねぇ。
 それにしても久々に食べる武蔵野うどんはやっぱり旨い。たまにホント食べたくなるんだよね。私も立派な東村山人になったということか。


【DATA】
住所:東村山市多摩湖町3-3-20
電話:042-394-3129
営業時間:午前11時半~午後2時(売り切れまで)
定休日:日曜



〔PR〕
讃岐うどんお試しセット


こんな所に!超穴場の武蔵野うどん

 自分で書いていて、「最近、『穴場』という言葉を使い過ぎているなぁ」と思っているのだが、今回紹介する「宅部うどん」はどう考えても「穴場」としか言いようがないのだ。このお店は掲示板の書き込みで知ったのだが、今回は教えてくれた人が案内してくれると言うので一緒にお店に行ってみた。
 場所は西武遊園地駅からの方が近いのだが、武蔵大和駅からのんびりと歩いて行く方が風情があってうどんも美味しく食べられるハズ……というワケで、武蔵大和駅からルートを説明すると、駅を出てそのまま駅を背にして進み、最初の交差点を左折。そのまま線路沿いの道を道なりに約1キロ歩くと右側にある。



 見た瞬間、「こんな所にこんなお店があるんだ」と誰もが思うハズだ。うどん屋というより、普通の家。中に入ると、おばちゃん2人が厨房から「いらっしゃい」と声をかけてくれる。普通の家っぽい店構え、おばちゃんが調理……武蔵野うどんの特徴がちゃんと継承されている。期待大だ。
 私たちは「肉汁うどんセット」の4玉を頼んだ。しばらくして「はい、どうぞ」と「肉汁うどんセット」が出てきた。



 こりゃまた旨そうじゃないですか。肉汁には肉がたっぷり入っているし、野菜の天ぷらが4つも付いている。何よりもうどんが美味しそう! まあ、見てくださいよ、このツヤツヤとしたうどんを。



 まずは何も付けずに食べてみる。うわっ、何コレ! 凄いコシというか歯応えがある。武蔵野うどんと言うと、柔らかいイメージがあるが、これは違う。見た目は普通の武蔵野うどんのように柔らかそうなのだが、食べると全然違う。でもこれは旨い! 肉汁に付けて食べると、さらに美味しさアップ。夢中になって完食しちゃいました。これで660円は安い!
 だけどこんな場所じゃお客さんは来ないんじゃないだろうか……なんて思ったのだが、それは杞憂だった。私たちの後に家族連れが入ってきたのだが、「すみません、もうあと5玉しかないから、3人分はちょっと……」と断っているではないか。時計を見ると、まだ12時10分ほどだ。
 エエッ! この時間でもう売り切れ状態なの! と驚いていると、紹介してくれた人が「そうなんですよ。だからココは早い時間に行きたかったんですよ。こんな場所にあるけど、侮れませんよ」とひと言。いや、ホントにそうだ。侮れない。
 ココはマジでオススメです。あまり知られていないお店だから、武蔵野うどん好きの人はぜひ行ってみてください。その価値は十分あります。ちなみにお店は「やけべうどん」と読みます。お間違いなく。


【DATA】
住所:東村山市多摩湖町3-3-20
電話:042-394-3129
営業時間:午前11時半~午後2時(売り切れまで)
定休日:日曜





〔PR〕
メディアで注目の水沢うどん大澤屋



料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR