東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


心地よい風を感じつつ一杯

北山公園の花菖蒲

 おおっー、キレイだなぁ。

今年もキレイに咲いたね

 今年の花菖蒲も見事だねぇ……って、いつの話なんだ!というツッコミが聞こえてきそうだ(笑)。
 6月の中旬にKIJITORAさんと「昼飲みをしよう」ということで、まず最初に「kuri:z(くりーず)」に行き、ランチを食べた。このランチ、ボリュームがあって、実はこれだけでお腹いつぱいになってしまった2人。腹ごなしにと、菖蒲まつりが開催されている北山公園までテクテクと歩いたものの、一向にお腹は減らない。
 本当なら、北山公園でも模擬店で売られている食べ物をツマミに缶ビールで一杯と考えていたのだが、とてもじゃないけど入らない。
 仕方ないので、2人ともひたすら北山公園を歩き、満開の花菖蒲を愛でて回った。

 そのうちようやくお腹に“隙間”が出て来たので、北山公園を後にして次なるお店へと向かった。
 行ったのは、正福寺のちょうど裏通りにある讃岐うどんのお店「野口製麺所」
 冷房の効いた店内もいいけど、外にあるテーブル席も日陰になっていて、気持ちいい風が吹いていたので、私たち2人は外のテーブル席に座ることにした。

6月のおすすめうどん

 テーブルには「今月のおすすめのうどん」と書かれたメニューが置いてあった。

*山菜梅おろしうどん(800円)
*東村山地粉肉汁うどん(800円)
*特製和牛うどん(800円)


 どれも旨そうだけど、やはり東村山ブランド「里に八国」に認定された「東村山地粉肉汁うどん」が一番気になる。〆はコレかな。

これも旨そうだな

 壁にはこんなメニューも。これも旨そうだね。たけど、まずは……。

まずはおでんかな

 おでんだよね(笑)。おおっ、タマネギを丸ごと1個入れてるよ。これはいいなぁ。

私が取ったおでん

 ということで、私が取ったおでんがコチラ。牛スジにチクワ、大根、厚揚げ、そしてタマネギ。

冷酒で乾杯

 ちょうど冷酒が運ばれて来て、KIJITORAさんと乾杯。外で飲むお酒、旨いなぁ。風が本当に気持ちいい。

 おでんはどれもシッカリ煮込まれていて柔らかい。気になったタマネギもスルッと歯が入って行き、タマネギの甘さが口に広がる。いいねぇ。

ひやしとまと

「ひやしとまと」(100円)は小ぶりだけど、冷え冷えで旨い、旨い。

「もう少し何か食べたいね」ということで、2人して再び店内へ。というのも……。

かき揚げ

 このお店、おてんのほかに天ぷらも置いてあるからなんだよね。
 これはかき揚げ。赤いのは紅生姜のかき揚げだ。

天ぷらもいろいろある

 で、こちらは天ぷら。私の大好きなチクワ天がラスト1個だ。

私が取った天ぷら

 ということで、私はチクワ天、ナス天、紅生姜のかき揚げを取って来た。紅生姜のかき揚げって、色はちょっと毒々しいけど、イケるねぇ。

ゆず酒

 そして次なるお酒は、ゆず酒。これが香りがよく、爽やかな酸っぱさで旨いこと!

 天ぷらの時点でKIJITORAさんはギブアップ。私も限界に近かったけど、せっかくうどん屋に来て、うどんを食べないのは失礼だろう、ということで……。

東村山地粉肉汁うどん

 頼みましたよ、「東村山地粉肉汁うどん」。

真っ白な讃岐うどんとは明らかに違う

 真っ白な讃岐うどんとは明らかに違う、うどんの色。地粉を使った証だ。それも東村山で収穫された小麦だけでつくったうどんだからね。これは凄いよね。

肉汁

 これが肉汁。以前に東村山地域ブランド推進委員会の審査で試食した時よりも濃い色合いになっている。ひと口飲むと、見た目通り、少し味が濃いめになっている。

こんな大きな肉が入っている

 肉汁にはこんな大きな豚肉が入っている。いいねぇ。肉汁に油揚げが入っているのも個人的には好きなんだよね。

うどんを肉汁に付けて…

 ではでは、うどんを肉汁につけて、ズッ、ズズズッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 このお店、いつの間にか讃岐うどんの名店になっちゃったけど、これは新たな名物の誕生だよね。このお店でしか食べられない、オンリーワンの肉汁うどん。店主の“東村山愛”をヒシッと感じる、まさに逸品だね。



「マサさん、よく食べますねぇ」KIJITORAさんに感心されたけど、さすがに私もこれでギブアップ。今回の昼飲みは2軒でお開きになってしまった。
 いやあ、今度やる時は飲みを中心にしないとダメだね。KIJITORAさん、付き合ってくれてありがとう。




【DATA】
住所:東村山市野口町4-46-1
電話:042-392-0856
営業時間:火~金曜は午前11時~午後3時30分/土・日・祝日は午前11時~午後3時30分、午後6時~8時30分
定休日:月曜
駐車場あり
店内禁煙
ブログはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2014/08/18 15:28 ] 【うどん】 野口製麺所(野口町) | TB(-) | CM(0)

ついに東村山から横綱が誕生!

「マサさん、『dancyu』に『野口製麺所』が載ってるみたいだよ」と先日、友人から教えてもらった私。まあ、テレビなどでもちょくちょく紹介され、今や知る人ぞ知るお店となってる人気店だから、また取り上げられたんだな……そう思いながら私は書店へ「dancyu」2009年5月号を買いに行ったのだが……。

「dancyu」2009年5月号

「エエッ、『日本一うまいお店大集合!』だって! おいおい、まさか……」

 雑誌を手にした瞬間、仰け反ってしまった私は、急いで「野口製麺所」が載っているページを探した。するとそこには、こんな見出しが……。

「うどん」の横綱

 マジっすか! 横綱になっちゃったんですか? いやあ、この近辺の讃岐うどんのお店の中では旨いと思うけど、「東の横綱」という位置づけまで旨さが成長していたとは……。
「こりゃ、ぜひ食べに行かなきゃ」ということで、私は都内唯一の国宝建造物である千体地蔵堂を持つ正福寺の裏手にある「野口製麺所」へ行ってみた。

 頼んだのは「dancyu」で紹介されていた「かけうどん」(500円)だ。「かけうどん」だけでは物足りないので、待っている間、店内にある天ぷらコーナーからナスと竹の子の天ぷらを小皿に取る。天ぷらはそれぞれ1個80円。

「かけうどん」と天ぷら

 来た、来たーッ! これが“「うどん」の横綱”と雑誌に認定された「かけうどん」だ。
 うどんには白ゴマが振られ、ワカメが乗っている。そして小皿に薬味のおろし生姜と刻みネギ。

「かけうどん」のアップ

 考えてみると、このお店で「かけうどん」を食べるのは初めてかも。かけ汁はこんなに透明だったんだね。まずはかけ汁をひと口……「dancyu」には「讃岐のいりこと昆布がベース」と書いてあったが、いりこの方が強いかな。旨い、旨いと2口、3口と飲んでいくと、少しずつしょっぱさを感じ始めた。やっぱりうどんと食べるから旨いんだろうなぁ。
 ということで、薬味をドバッと入れ、ササッとかき混ぜ、ズッズズズ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 確かに旨いわ、コレ。でも、私自身はそんなに讃岐うどんを食べているワケじゃないから、これを“「うどん」の横綱”と言っていいかは、よくわからないなぁ。
 ただ、個人的に希望を言えば、おろし生姜をもう少し欲しいなぁ。というか自分で自由にすりおろせるスタイルにしてくれると、うれしいかも。

天ぷらを乗せると旨さがアップ

 ひとしきり「かけうどん」を堪能したら、天ぷらをON! スッキリしたキレイなかけ汁なんだけど、これを天ぷらの油で汚すのが個人的には大好きなんだよね。天ぷらも旨くなるし、かけ汁も甘味が出て旨く感じるようになる。
 ということで、天ぷらをヒタヒタにしてからかぶりつき、うどんをすすり、かけ汁を飲む……。

う(◎o◎)ま~~~!!!

 たまんないねぇ。竹の子の天ぷらも旨いよ。
 それにしても普通に「かけうどん」を頼んでこの量は結構あるなぁ。メニューを見ると、さらにとんでもなく大盛りにできるみたいだけど、さすがにこれはちょっとチャレンジできないかなぁ……でも機会をみて、やってみるか。



【DATA】
住所:東村山市野口町4-46-1
電話:042-392-0856
営業時間:平日は午前11時~午後3時半
      土・日は午前11時~午後3時ごろ、午後6時~9時
定休日:火曜(祝日の場合は営業)
駐車場あり
店内禁煙




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2009/05/04 17:10 ] 【うどん】 野口製麺所(野口町) | TB(-) | CM(2)

サッパリ、チュルルン、ぶっかけうどん

野口製麺所

 これは都内唯一の国宝建造物である千体地蔵堂を持つ正福寺の裏手にある讃岐うどん店「野口製麺所」。テレビなどでも紹介され、今や知る人ぞ知るお店となり、ちょっとわかりづらい場所にあるにもかかわらず、人気になっている。
 2005年に私が初めてこのお店に行った時のことを思えば、人気店になったのはうれしい限りだ。

 なぁんて思いながら、せっかく通りかかったのだからと、つい寄ってしまった。
 私は「梅しそぶっかけうどん」(600円)の大盛り(プラス100円)を注文。

天ぷらコーナー

 店内には魅力的な天ぷらコーナーと、

こちらはおでんコーナー

おでんコーナーがある。うどんが茹で上がるまで時間がかかるから、こういうコーナーがあると、つい食べちゃうんだよね。
 でもなぁ、うどんを大盛りにした時点ですでに「アウト」と言われそうなメタボ中年の私だから、ここはグッと我慢……。

おでん、食べちゃいました

できませんでした(笑)。こういう我慢ができるなら、とっくに「メタボ中年」は返上してますよ(キッパリと開き直り)。

 で、おでんを食べ終わったころに、来ました、来ました。

「梅しそぶっかけうどん」の大盛り

 これが「梅しそぶっかけうどん」の大盛り。一応、店員さんに食べ方を聞くと……。

「だしが入っているので、そのままかき混ぜて食べてください」

「それでは」とかき混ぜようと思ったのだが、うどんがあまりにツヤツヤしてキレイなので、思わずもう1枚パチリ。

うどんのアップ

 いやあ「艶っぽい」という言葉は、このうどんのためにあるんじゃないかなぁ……なんて思うほど魅力的。名残惜しいけど、豪快にかき混ぜてズッ、ズズズ。

う(◎o◎)ま~~~!!!

 サッパリした味で、うどんのノド越しが最高。食べながら「特盛りにすればよかった」と後悔しちゃったよ。夏バテして食欲が落ちた時でも、これなら食べられると思う。覚えておこうっと。


【DATA】
住所:東村山市野口町4-46-1
電話:042-392-0856
営業時間:平日は午前11時~午後3時ごろ
      土・日は午前11時~午後3時ごろ、午後6時~9時
定休日:不定





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2008/04/12 17:39 ] 【うどん】 野口製麺所(野口町) | TB(-) | CM(0)

マイルドなカレーうどん

 読者の方から「野口製麺所」の「カレーうどん」が美味しいという情報が寄せられたので、先日お店に行ってみた。東村山駅西口から歩いて行ったのだが、今回は迷わずに行くことができた。いろいろ食べまわってますからね、さすがにこの辺の地理も覚えますって。
 お店は駅から結構離れた場所にあるんだけど、この日も大繁盛。店内はもちろん、お店の外に置いてあるテーブルにもお客さんが座っていた。もう人気は定着したみたいだね。
 私は席に座ると、迷わず「カレーうどん」(750円)を注文。テレビを見ながら15分ほど待っただろうか、カレーのいい香りとともに「カレーうどん」が運ばれてきた。

カレーうどん

 うどんがたっぷり入っているって感じで、いいじゃないですか。

カレーうどんのアップ

 ではでは、まずはつゆをひと口……スパイシーさはほとんどなく、マイルドって感じ。これなら子供でも食べられるだろう。とろみはあまりなく、そのままクイクイ飲める感じ。

うどんのアップ

 うどんはなぜか平打ちっぽく、厚みがない。たまたまなのか、それとも「カレーうどん」では別のうどんを使っているのだろうか。でもその分、つゆがよく絡んで旨い。

天ぷら

 サイドメニューを食べる気はなかったのだが、「天ぷら、揚がりましたぁ」と運ばれてきたのを見て、辛抱たまらず、つい3つほど天ぷらを食べてしまった。「カレーうどん」のつゆに付けると、これがまた旨いんだ。
 マイルドな味付けで食べやすいから、食欲が落ちた時なんかにいいかもね。


【DATA】
住所:東村山市野口町4-46-1
電話:042-392-0856
営業時間:平日は午前11時~午後3時ごろ
      土・日は午前11時~午後3時ごろ、午後6時~9時
定休日:不定




〔PR〕
比べてください!『コシとモチモチ感』さぬきうどんの亀城庵


[ 2006/07/02 17:07 ] 【うどん】 野口製麺所(野口町) | TB(-) | CM(0)

トッピングも充実してうれしい讃岐うどん店

 本格的な讃岐うどんが食べられるお店として人気の「野口製麺所」。聞いた話によると、テレビ番組「ぶらり途中下車の旅」(9月3日放送)にも登場したという(だけど「秋津から30分」という説明はないよなぁ)。人気はうなぎ上りだ。
 ただ、場所が場所だけに、私にはすぐには「人気になっている」というのが信じがたい。そこで先日、人気ぶりを自分の目で確かめるべくお店へ行ってみた。

 予想通りというか、お約束というか……少し道に迷いまして、本当なら東村山から徒歩10分で到着するところを20分もかかってしまった。行ったのは午後2時を少し回ったころだが、店内はほぼ満席。これにはビックリした。私が今年2月に初めて行ったときは、誰もいなかったのだから、これはもう人気は本物でしょう。
 店内に入って右手には、以前にもあったおでんが置かれていた。「変わってないなぁ」と思いつつ、左手を見ると……。

各種天ぷらとおにぎり、ゆで卵

 おおっ、トッピング用の天ぷらがいっぱいあるではないか! 何なに……エエッ、おでんと同じ、1個50円だって! 安過ぎるよ。しかも天ぷらはかき揚げ、ちくわ天といった定番のほか、ナス、さつまいもなどもある。よく見ると、おにぎりやゆで卵も置いてある。
 サイドメニューが充実しているということは……とメニューを見ると、思った通り、うどんのメニューも増えていた。どれも美味しそうだが、私は以前来た時に気になっていた「限定10食」という「牛肩ロース肉うどん」(700円)を注文した。

牛肩ロース肉うどん

 運ばれて来た「牛肩ロース肉うどん」を見てビックリ。うどんがたっぷりでつゆがタプタプ状態だ。天ぷらをトッピングしようと思っていたが、方針変更。食べきることを目標に切り替えた。
 まずはつゆをひと口。こりゃまた色が薄いねぇ。味もやや薄めだが、私にはちょうどいい。薬味のネギと生姜を入れたら、味がグッと締まってよくなった。生姜はいいねぇ。つゆを飲むだけで体がホカホカしてくる。

うどんのアップ

 うどんはもちろん旨かった。後で会計の時にわかったのだが、どうやらおばちゃんが「大盛り」と勘違いしてオーダーを通してしまったようだ。どうりで多いワケだ。モチモチ、シコシコしているから、もうこれだけでお腹いつぱいになってしまった。牛肩ロースもアッサリめのつゆに合っていて旨かった。
 ただ、今回少し気になったのは麺の太さだ。写真を見てもわかるように、麺の太さにかなりバラつきがあった。たまたま私の頼んだモノがそうなってしまったのだと思うが、もし「いろんな食感を出すためにワザとした」のなら止めて欲しいな。すごく違和感があるから。まあ、たぶんたまたまだと思うけど。
 今回はうどんの量にたじろいで天ぷらをトッピングできなかったけど、近いうちにまた行って次こそ天ぷらとおでんをたっぷり食べるぞーっ!


【DATA】
住所:東村山市野口町4-46-1
電話:042-392-0856
営業時間:平日は午前11時~午後3時ごろ
      土・日は午前11時~午後3時ごろ、午後6時~9時
定休日:不定





〔PR〕
さぬきうどんの亀城庵




[ 2005/10/27 17:41 ] 【うどん】 野口製麺所(野口町) | TB(-) | CM(0)

超穴場の本格的な讃岐うどん店

 すっごい場所で、すっごいお店を見つけちゃいました。それが今回紹介する「野口製麺所」。名前からわかるようにバリバリの讃岐うどんのお店だ。
 場所はというと……それがよくわからないんですよ。西武園駅から東村山駅まで散策している途中で見つけたので、自分自身、「もう一度行ってみろ」と言われると行けるかどうか(汗)。ただ、住所はわかっているので、地図を片手に行ってみてはどうだろうか。それこそ讃岐うどんの本場・香川で製麺所系と呼ばれる地元うどん屋を探すような気分になれますから。



 白地の布に、手書きで「手打ちうどん」という文字が書かれた暖簾。繁華街でこういう暖簾を見たら、間違いなく私は避けるが、周りに畑と家しかない場所でこの暖簾を見ると、なぜかホッとして引き寄せられる。
 私が行った時には営業時間の午後3時を過ぎていたが、表にはまだ営業中の張り紙が出ていた。恐る恐る入ると、「いらっしゃい」とおばちゃんの声。どうやらまだやっているようだ。
 冊子のメニューがあるけど、壁に張ってあるお品書きを見た方が早いと思ってジックリと眺めてみる。



 どうやら「猪肉汁うどん」(900円)と「牛肩ロース肉うどん」(700円)がウリらしいが、私自身は讃岐うどんの麺の良さを味わうために「ぶっかけうどん」(450円)と「もりうどん」(400円)で悩んでいた。そこでおばちゃんに「何がオススメですか?」と聞いてみることにした。すると、「今日はひな鶏の卵が入ったから釜卵がいいと思いますよ」との返事。よし決めた。私は「ひな鶏釜卵うどん」(550円)を注文した。
 おばちゃんは注文を聞くと、なぜか外に出た。しばらくすると頭にタオルを巻いた若い男性が現れ、「いらっしゃいませ」とひと言。どうやらつくるのはこの男性らしい。
「ゆで上がるまでに12分ぐらいかかるので、もしよかったら、その間おでんでもどうぞ」
 見ると確かにおでんがある。



 しかも1つ50円。激安だ。私は牛すじとちくわ、大根を取って食べながら待つことにした。大根はちょっと筋ばって固かったが、牛すじは柔らかくて美味しかった。お酒が飲みたくなってくるよ。
 そうこうするうちに、「ひな鶏釜卵うどん」が出てきた。



 わかります? ツヤツヤした白いうどんにキラキラと輝く黄色いひな鶏のとき卵。メチャクチャ旨そうです。
 まずは1本を箸で取り、チュルルとすすってみる。ああ、この弾力、このコシ、まさしく讃岐うどん。しかも上質の讃岐うどんだ。薬味のネギとしょうがをかけ、その上に醤油をひと回し。要するに卵掛けご飯のうどん版なのだが、これは美味しい。久々に夢中になって食べましたよ。欲を言えば、薬味がもう少し欲しかったが(特にしょうが)、うどんが旨いからいいか。
 このお店、土・日の夜の営業の時には、香川産の小麦粉「さぬきの夢2000」を100%使ったうどんを出すのだという。この日食べたうどんと、どう違うのかとても気になる。
 それにしても東村山でこんな本格的な讃岐うどんが食べられるとは、本当に凄いことだと思う。武蔵野うどんの美味しいお店もあるし、こりゃ東村山は東京のうどん好きの聖地になるかもね。


【DATA】
住所:東村山市野口町4-46-1
電話:042-392-0856
営業時間:平日は午前11時~午後3時ごろ
      土・日は午前11時~午後3時ごろ、午後6時~9時
定休日:なし




〔PR〕
讃岐うどんお試しセット



[ 2005/02/14 18:14 ] 【うどん】 野口製麺所(野口町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR