東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


黒焼そば食べ歩き2014 エントリーNO.3

【これまでの食べ歩きリスト】
2014年06月23日「らいすぺ~ぱ~」
2014年05月02日「多まこ」




 今回行ったのは、久米川駅北口にあるパン屋「ローラル」。「東村山黒焼そばソース」を使った商品は、昨年と同じモノだと思うが(こちらが昨年の記事)、今回は地域ブランドの「里に八国」に認定された「東村山スティック」を合わせて取材しようと思ったんだよね。

 ということで、お店に入ったのだが……あれれ? 「東村山スティック」がないよ。残念だけど、まあ仕方ないか。では、「黒豚入り黒焼そばロール」を探すとしますか。

ブラブラ焼きそば

 おっ、あった、あった。あれ? でも商品名が変わってる。「ブラブラ焼きそば」って、どういうこと?
 あっ、そうか。「黒焼そば」と「黒豚」が入っているから「ブラック&ブラック」、略して「ブラブラ」ってことなのね。

 それではこのパンと、あとはちょっと面白そうなパンを買ってみようかな。

まっ黒ゴマサンド

 まず目についたのが、この「まっ黒ゴマサンド」。これって、黒ゴマのジャムというか、ペーストなの? 変わったパンを考えるなぁ。

メープルメロンパン

 おっ、これは何年か前にブームになった「メープルメロンパン」ではないか。今はあんまり見かけないから、かえって新鮮に見えるよ。

「ガリサンド」の隣にあった「セロリサンド」

 ちょっと立ちすくんでしまったのが、このサンドイッチ。今や定番商品となった「ガリサンド」の隣にあったんだけど、シールの「品名」に書いてある文字、わかりますか? 

「セロリ」だって。

 どちらかというと「嫌い」という人が多い野菜の代表格である「セロリ」をあえて使ったサンドイッチ。「セロリが苦手」という人でも食べられるように工夫されているのかと思うと、写真を見る限り、どう見ても普通にセロリを挟んでいるだけだ。しかもたっぷりと。
 そのうち「ピーマン」とか「パクチー」というシールが貼られたサンドイッチが出てくるのではないだろうか(笑)。
 でもね、私自身はとってもアリだと思う。試して旨くなければやめればいいだけの話で、意外と試してないだけで、やってみるとサンドイッチによく合う食材ってまだまだあると思うからね。

ナポリタンロール

 続いて気になったのは、この「ナポリタンロール」。私の友人が、フェイスブックによく食事の写真をアップするんだけど、このお店で買い物をすると、必ずこの「ナポリタンロール」が入っているんだよね。個人的にはそれほど魅力を感じないんだけど、ひょっとしたら旨いのかもしれない。

購入したパン

 ということで、今回購入したのは、この3つ。

「ナポリタンロール」からいただきま~す

 それでは「ナポリタンロール」からいただきますか。

意外に合っていてビックリ

 給食でよく食べたソフト麺のように柔らかい太麺にシッカリと絡んだタマネギとケチャップ。この甘酸っぱさがロールパンとよく合っていて旨い。ソフト麺にちょっとした郷愁も感じるし、これは40~50代の人にはツボにハマるパンかも。

これが「ブラブラ焼きそば」

 さて、それではメインの「ブラブラ焼きそば」をいただいちゃいますかね。おっ、よく見ると、昨年は振ってあった青海苔がない。歯にくっつくからかな?

黒焼そばと黒豚で「ブラブラ」というワケ

 黒焼そばはソースがシッカリ絡んでいてスパイシーだし、黒豚も黒焼そばに負けない存在感を出している。旨いなぁ。

これが「まっ黒ゴマサンド」

 最後は「まっ黒ゴマサンド」。たぶん甘いと思うから、デザート的に最後に食べることにしたんだよね。

見た目は悪いが、これも意外とイケる

 食べてみると……へぇ、これって色は黒いけど、味はピーナッツバターに似ている。なかなかイケるよ。

 それにしてもこのお店、面白い商品を出すよなぁ。「東村山スティック」も気になるし、ちょっと定期的にのぞいてみるかな。




【DATA】
住所:東村山市本町4-3-5
電話:042-393-0909
営業時間:午前7時~午後8時
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2014/06/08 12:29 ] 【パン】 ローラル(本町) | TB(-) | CM(2)

黒焼そば食べ歩き2013 エントリーNO.2

【これまでの食べ歩きリスト】
2013年06月22日「八山庵」




 今回向かったのは、昨年から「東村山黒焼そば食べ歩きキャンペーン」に参加した、久米川駅北口のパン屋「ローラル」

ローラル

「昨年とは違う、黒焼そばを使ったパンを出しているらしい」という情報を得ていたので、行ってみたんだよね。
 お店に入ると……あった、あった!

黒豚入り黒焼そばロール

 今回はオーソドックスにロールパンに挟んだんだね。「黒豚入り黒焼そばロール」(140円)か。「黒焼そば」だから黒つながりで「黒豚」を入れたんだね。やるなぁ。
 よく見てみると……あれ? 左の列には紅生姜が入っているけど、右の列には紅生姜が入ってない。これってどういうことなんだろう?
 お店の人に聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「最初は全部に紅生姜を入れていたけど、『紅生姜を取って欲しい』というお客さんが割といたから、入っているモノと入ってないモノの2種類、つくることにしたんです」

 ああ、なるほどね。確かに紅生姜って好みが分かれるよね。でも「取って欲しい」という人の方が多いかというとそうでもなく、「半々ぐらい」なのだそう。

 この「黒豚入り黒焼そばロール」だけじゃ寂しいので、もう1つ、ほかのパンも買おうと店内を見回すと、こんなパンを発見。

高級黒豚生姜焼き

「高級黒豚生姜焼き」(280円)。豚肉の生姜焼きが挟んであるんだけど、生姜焼きを挟むってアリそうでなかったんじゃないかなぁ? 焼き肉は見たことあるけど、生姜焼きは、私は見たことないなぁ。

みみサンド

 もう1つ気になったのが、この「みみサンド」(200円)。食パンの耳、といっても3斤サイズの細長い食パンの両端だけを使ったサンドイッチだ。普通の食パンの耳だと、ラスクぐらいにしか再利用できないけど、3斤サイズの両端ならサンドイッチも可能だ。
 これは意外と食べ応えがあっていいんじゃないかなぁ。

 ということで、もう1つを選ぶのにちょっと迷ったけど、結局買ったのは……。

買ったのはこの2つ

「黒豚入り黒焼そばロール」と「高級黒豚生姜焼き」。やっぱりパンに生姜焼きって、気になるじゃないですか?(笑)

「黒豚入り黒焼そばロール」は小さいけど黒焼そばがギッシリ

 まずは「黒豚入り黒焼そばロール」からいただきま~す。ロールパンだからサイズは小さいけど、写真を見てわかるように、黒焼そばがギッシリ。食べると黒焼そばがポロポロとこぼれてしまうほどだ。
 黒焼そばはソースがしっかり絡んでいてスパイシーなんだけど、ロールパンの甘さが包み込むようにマイルドにしてくれる。私は紅生姜入りにしたけど、これは彩りだけじゃなく、味の面でもいいアクセントになっている。旨いねぇ。

「高級黒豚生姜焼き」はこんな感じ

 続いて「高級黒豚生姜焼き」をガブリ……旨いけど、ひょっとしたらドッグパンより食パンの方が、より旨いかも。ビジュアル的にはドッグパンの方がいいんだろうけど、食パンの方が生姜焼きの味が引き立つと思うなぁ。ビジュアルを考えると、ピタを使うのもいいかもね。
 だけど、パンに豚肉の生姜焼きという組み合わせ、面白いなぁ。このお店はこれまでにも意表を突く「ガリサンド」を生み出しているからね。次なる新作に期待だね。




【DATA】
住所:東村山市本町4-3-5
電話:042-393-0909
営業時間:午前7時~午後8時
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。







[ 2013/06/25 00:14 ] 【パン】 ローラル(本町) | TB(-) | CM(0)

黒焼そば食べ歩き2012 エントリーNO.3

【これまでの食べ歩きリスト】
2012年04月23日「どんどん」
2012年04月24日「グリム館」




 今回行ったのは、久米川駅北口のパン屋「ローラル」

ローラル

 お店の前には例のキャンペーンの幟は出ていないけど、近づいてみると……。

ポスターがちゃんと貼ってある

 ちゃんとポスターが貼ってある。このお店も先日紹介した「グリム館」同様、今回が初参加。

「まあ、パン屋さんだと、大体どういうスタイルのモノが出てくるか想像できるけどね」と思いつつ、店内を見回すと……あれ? ないぞ。
 と、そこにご主人が出来上がったパンを持って現れた。見ると、それこそが黒焼そばを使ったパン。おおっ、何と言うグッドタイミング!

ハムピザ黒焼そば

 で、これがこのお店の黒焼そばを使ったパン「ハムピザ黒焼そば」(160円)だ。
 これにはちょっと驚いたね。「こう来たか」という感じだよ。しかも「カリカリ」と「しっとり」の2タイプあるという。これって、どう違うんだろう?

カリカリタイプとしっとりタイプがある

 左がカリカリタイプで、右がしっとりタイプ。違いはというと……あっ、わかった!
 カリカリタイプはハムの上に黒焼そばが乗っているけど、しっとりタイプはハムの下に黒焼そばがある。なるほど、ハムの上に乗っている方は、焼けば黒焼そばの麺の表面がカリカリになる。一方、ハムの下に黒焼そばがあるタイプは、黒焼そばそのものに直接熱が加わらないから、しっとりとしたままというワケだ。へぇ、考えてるなぁ。

 私はトレーに2種類の「ハムピザ黒焼そば」を乗せ、「何か甘いモノが欲しいなぁ」とさらに店内を見回した。そして気になったのが……。

気になった「いちごメロン」

 この「いちごメロン」(160円)。表面がツルンとしていて旨そうだったんだよね。

この日、購入したパン

 ということで、この日購入したのはこの3つ。

これは「ハムピザ黒焼そば」のしっとりタイプ

 では早速、「ハムピザ黒焼そば」のしっとりタイプからいただいてみますか。「しっとり」と言っても、ちょっとハムからはみ出たところはカリッとしているんだけどね(笑)。
 ではでは、ガブリとな……。

意外と黒焼そばがたっぷり

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、これはいいねぇ。ハムとの相性はもちろんいいんだけど、ピザということで乗っているコーンとチーズがスパイシーな黒焼そばにピッタリ。黒焼そばも意外とたっぷり入っているし、コレ、旨いよ。

これは「ハムピザ黒焼そば」のカリカリタイプ

 お次は「ハムピザ黒焼そば」のカリカリタイプをいただきま~す。

こちらも黒焼そばがたっぷりだ

 こちらはカリッとしている部分の麺がポキッと折れやすくて、少々食べ辛さはあるけど、この食感はなかなかイケる。使っている具材に違いはないから、黒焼そばの食感だけの差なんだけど、味わいが微妙に違うね。
 個人的にはしっとりタイプの方が好きだけど、カリカリタイプの方がピザっぽいかもしれない。

「いちごメロン」の断面

 最後は“デザート”として買った「いちごメロン」。表面がサックリとした食感で、中はしっとり。そして食べ進むとクリームが出てくる。癒される優しい甘さだ。


 いやあ、それにしてもこのお店の黒焼そばを使ったパンには驚いたなぁ。普通の焼きそばパンのタイプ以外につくれるモノなんだね。今回は「小麦工房 ラウンドハウス」「Boulangerie NOBU(ブーランジェリー・ノブ)」という2つのパン屋も初参加しているから、こちらもちょっと注目だね。行ってみなくちゃ。




【DATA】
住所:東村山市本町4-3-5
電話:042-393-0909
営業時間:午前7時~午後8時
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
おいしい純天然はちみつ






[ 2012/04/26 07:40 ] 【パン】 ローラル(本町) | TB(-) | CM(2)

優しい味わいのパン

 一見すると普通のパン屋さんなんだけど、ケーキ類が意外と旨かったり、「ガリサンド」というユニークなサンドイッチをつくったりして個性的な、久米川駅北口のパン屋「ローラル」。記事としてはあまり紹介してないけど、自宅から近いので私も家族もよく利用している。

 先日も朝食をパンにしようと思って、私はお店に向かった。

「プリンパン」と「黒糖焼きムシパン」

 まず目についたのはこの2つ。「プリンパン」(120円)と「黒糖焼きムシパン」(140円)。2つも菓子パン系だけど、ちょっと疲れ気味だから、甘いパンもたまにはいいんじゃないかな。

カレーパン

 次に目についたのは「カレーパン」(115円)。何度も利用しているんだけど、考えてみると、私はこのお店の「カレーパン」をまだ一度も食べたことがないかも。

本日の朝食

 ということで、これがこの日の朝食。3つで375円。朝食ってことを考えれば、まずまずの値段かな。

「カレーパン」の断面

 それでは「カレーパン」からいただきま~す……辛さはほとんどないけど、家庭のカレーが入っている感じで旨い。

「黒糖焼きムシパン」の断面

 お次は「黒糖焼きムシパン」をパクッ……あれっ、思っていたほど甘くない。ふんわりした食感のあと、噛んでいくとモチモチッとしてくる。旨いね。

「プリンパン」の断面

 最後に食べたのは「プリンパン」。これはガツンと甘さが来るだろうと思って食べると……へぇ、これも優しい甘さだ。カスタードクリームの少し後ろにカラメルがあるのだが、それと一緒に食べても、甘さは全くくどくない。
 辛いとか甘いとか、ガツンとくるインパクトはなく、どれも優しい味わい。でも考えてみたら、体にとっては朝食はこういう味の方がいいよね。ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市本町4-3-5
電話:042-393-0909
営業時間:午前7時~午後8時
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/11/19 00:35 ] 【パン】 ローラル(本町) | TB(-) | CM(0)

超ミスマッチなサンドイッチ

 今回も「2007年度版 東村山逸品倶楽部」の中で私がチェックしていないお店や料理を紹介する企画なんだけど、ホント結構、チェックしていないモノがあるんだよね。悔しくて仕方がない。
 まあ、そんな愚痴はともかくとして、第3弾として紹介するのは、久米川駅北口のパン屋「ローラル」の「紙焼きオニオンブレッド」(315円)。
「2007年度版 東村山逸品倶楽部」の記事の写真を見ると、何となく小さく見えたから「315円は高いなぁ」と思っていたんだけど……。

紙焼きオニオンブレッド

 実物はDVDケースを4つぐらい重ねた大きさで、デカい。これ1個をお弁当として持って行ってもいいかも。

中にはベーコンとタマネギが入っている

 中はこんな感じ。タマネギは上にも乗っているけど、生地の中にもベーコンとともに入っている。
 食べると、上はチーズがカリッと焼けていて、そのすぐ下はチーズとマヨネーズがトロッとして、パンの部分はふんわりと柔らかい。いわゆる「パンピザ」みたいなモノだと思うけど、パンの部分がとっても柔らかくて旨い。


 でもね、実はこの日の私、「紙焼きオニオンブレッド」が目当てでこのお店に来たんだけど、あるサンドイッチを見て思わず声を出しそうになるほど衝撃を受け、その場に釘付けになってしまった。
 それがコレだ。

衝撃のガリサンド

 無造作に紙ラベルに書いてある文字は、何度見ても「ガリ」。ってことは、あのお寿司屋さんにある……。

「そうそう、そうです。あの甘酢しょうがです」

「それが何か?」と言わんばかりに事も無げに店員さんは説明してくれた。
 いやあ、全く味が想像できない。パンにガリ……合うんだろうか? どう考えてもミスマッチと思えるこの組み合わせ。でも妙に引きつけるモノがあるんですよね。と言うのも、私、ガリが大好きだから。

 というワケで、買っちゃいましたよ、「ガリサンド」(185円)。

一見ハムみたいだが、ピンクの部分はガリ

 こうやって見ると、ピンクの部分はハムに見えるんだよね。でも食べると……ガリだ。間違いなくガリ。
 気になるそのお味なのだが……これは微妙かも。いや、ガリ好きの私に言わせれば、文句ナシにアリです。ガリとパンをマヨネーズがうまく橋渡ししてくれていて、旨いんだよね。
 でも、それほどガリが好きじゃないという人が食べると、どうだろうか? 興味のある人は試してみてください。



【DATA】
住所:東村山市本町4-3-5
電話:042-393-0909
営業時間:午前7時~午後8時
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
お菓子・パン作りの総合サイトcotta
糖質制限の食事やふすまパンなどで糖尿病の食事改善を提案する低糖工房




[ 2007/11/16 20:15 ] 【パン】 ローラル(本町) | TB(-) | CM(0)

侮れないパン屋のケーキ

 以前に紹介した久米川のパン屋「ローラル」。表の看板には思い切り「aurore(オーロール)」と書いてあるのだが、店名は「ローラル」。久米川駅南口にある「オーロール」が直営店なのに対し、このお店はフランチャイズ店なのだという。そこで独自性を出すために「調理パンに力を入れているんです」と、確かお店の人から聞いた記憶がある。だから私は、このお店は「調理パンが豊富で美味しいパン屋」と記憶していた。
 ところが先日、掲示板にこのお店のエクレアとプリンアラモードが美味しいという情報が寄せられた。これには正直、私はビックリ。
「あのパン屋さんにケーキなんて売ってたっけ?」……そう思いつつお店に行くと、電光掲示板に「誕生日 ケーキ 承ります」と流れているではないか。
「あるんだ……」と驚きながらお店に入ると、入り口のすぐ右側にショーケースがあるではないか。気づかなかったなぁ。

エクレア プリンアラモード

 早速、「エクレア」(160円)を生クリームとカスタードそれぞれ買い、さらに「プリンアラモード」(210円)を買ってみた。それにしても安いよね。プリアラが210円なんだもん。
 家に帰ったらコーヒーを淹れて、ティータイム。何から食べようかなと迷った末(この迷う時間が至福の時)、生クリームのエクレアからいただきま~す。

エクレア(生クリーム)

 ああ、なるほどね。このエクレアをイチ押ししてくれた読者の方は「生クリームがめちゃくちゃ美味しい」と書いていたのだが、確かにしつこくなくて旨い。これだけたっぷり入っていると、見ただけでもたれてしまう人もいるかと思うけど、これはぜひ食べてみて欲しい。軽くて甘さも程よいから。

 さて、お次はプリンアラモードをいただきますか。

プリンアラモードのアップ

 こちらも生クリームがたっぷり。エクレアの生クリームのあとに、これを食べても全然平気。もちろん、私が甘いモノ好きということもあるかもしれないが、やっぱり生クリームが旨いからだろう。プリンはオーソドックスな味。何となく懐かしい味だ。カミさんも「これで210円なら安いんじゃないの」と言いつつ、ペロッと平らげた。

 最後はカスタードクリームのエクレア。私はシュークリームが大好きなのだが、突き詰めればカスタードクリームが大好きなのかもしれない。だから子供みたいに最後にとっておいてしまった。

エクレア(カスタード)

 これがね、もう最高。教えてくださった読者の方には申し訳ないけど、私、生クリームよりこっちが好きです。パン屋のつくるカスタードクリームじゃないですよ。だってね、たぶんラムが入ってるんじゃないかな、洋酒の香りと味がするんだから。いやあ、ビックリしました。シュークリーム、またはカスタードクリームが好きな人は、ぜひこのエクレアを食べてみて欲しい。きっとハマりますよ。


【DATA】
住所:東村山市本町4-3-5
電話:042-393-0909



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
お菓子・パン作りの総合サイトcotta
糖質制限の食事やふすまパンなどで糖尿病の食事改善を提案する低糖工房





[ 2005/10/10 17:15 ] 【パン】 ローラル(本町) | TB(-) | CM(0)

種類豊富で格安の調理パンが魅力のパン屋

 先日、「木村屋」を紹介した時点で、(これで久米川駅周辺のパン屋はひと通り紹介したな)と私は達成感を抱いていたのだが、どうやらそれは間違いだったようだ。というのも、「木村屋」を紹介した後日に、「木村屋」近くにもう1つパン屋があることを指摘するコメントが書き込まれたからだ。
「そんなバカな」と思いつつ行ってみると……ありました。それが今回紹介する「ローラル」だ。場所は久米川駅北口を左に出て、そのまま真っ直ぐ進み、交番の交差点も越え、天王橋を渡り、ファミリーマートのある通りに入る。ファミリーマートを通り過ぎてすぐ左側にお店はあった。



 看板に大きく「aurore(オーロール)」と書いてあるが、これは店名ではない。自動ドアに小さく書かれた「ローラル」が店名だ。でも以前に紹介した久米川駅南口にある「オーロール」と何らかの関係があることは間違いない。
 私は朝9時ごろ行ったのだが、入ってまず驚いたのは調理パンの豊富さだ。というか、調理パン以外の菓子パンがほとんどなかった。あったのはあんドーナッツとフルーツサンドぐらい。あとは見事に調理パンのオンパレード。
 次に驚いたのは、その値段だ。他のパン屋と比べるとかなり格安だと思う。私はこの日、「メンチ」(105円)と「ハンバーグ」(155円)を買ったのだが、まあ、写真を見てくださいよ。





 上が「メンチ」で下が「ハンバーグ」なんだけど、結構ボリュームあるでしょ。実際、食べ応えはありましたよ。「メンチ」はメンチカツもなかなか旨かったけど、ポテトサラダがパンによく合って美味しかった。「ハンバーグ」の方はメインのハンバーグが少し小さいものの、トマト、キュウリ、レタスと野菜がいっぱい入っていて旨かった。これだけ食べて計260円はかなりお得だ。

 会計の際、店員さんに久米川駅南口の「オーロール」との関係を聞くと、こんな答えが返ってきた。
「あっちは『オーロール』の直営店で、こっちはフランチャイズなんです。仕入れは同じなんですけど、独自性を出そうと思って、この店では調理パンに力を入れてるんです」
 なるほど、それでこれほど調理パンが豊富なのか。確かにこれは久米川駅南口の「オーロール」にはない魅力だ。おそらく午後には普通の菓子パンも並ぶのだろう。
 調理パンが好きな人は、午前中に行くのがオススメです。きっと調理パンのオンパレードに魅了されますよ。


【DATA】
住所:東村山市本町4-3-5
電話:042-393-0909




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
お菓子・パン作りの総合サイトcotta
糖質制限の食事やふすまパンなどで糖尿病の食事改善を提案する低糖工房





[ 2005/03/03 17:33 ] 【パン】 ローラル(本町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR