東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


オンリーワンのカレーパン

 東村山駅西口から北へ大踏切の方に進み、化成小学校、諏訪神社と通り過ぎて西宿通りに入り、突き当たりを左に曲がって少し歩いた左側にあるパン屋「マドンナ」。距離にすると、東村山駅西口から約1.3キロもある。

マドンナ

 私がこのお店に最初に来たのは、10年前の2005年のこと。外観は10年前の当時と全く変わらない。変わったことと言えば、お店の目の前にグリーンバスの停留所ができたぐらいか。
 東村山駅西口からは約1.3キロだけど、私は久米川駅近くの自宅から歩いて来たから、約3キロ歩いている。それだけ歩けば、お腹も空くというモノだ。
 ちょっと栄養補給ということで、私はお店に入った。

自家製天然酵母を使ったパン

 まず気になったのは、自家製天然酵母を使っているという「イチジク・レーズン・クランベリー入りカンパーニュ風」(380円)。旨そうなんだけど、これは今すぐ食べるってワケにはいかないよね。
 あきらめてほかを見て回ると……。

黒焼そばとキムチのパン

 おおっ、東村山黒焼そばを使ったパンか。そう言えば、表に幟が立っていたなぁ。食べ歩きキャンペーンが終わっても販売してるんだ。
「黒焼そばとキムチのパン」(150円)というのが商品名なのね。そうか、この赤いのは紅生姜じゃなくてキムチなのか。

確かにキムチが挟んである

 おっ、説明が書いてあるな。

マヨネーズをトッピングしたパンで、炒めたキムチと黒焼そばをはさみました

 今まで見てきた黒焼そばパンとは違う感じ。このお店は本当に個性的なパンをつくるよなぁ。

「個性的」と言えば、「やっぱりこのパンだよなぁ」と私が近づいていったのは……。

らっきょう入りカレーパン

「らっきょう入りカレーパン」(125円)だ。確か10年前にも食べたんだよね。その時は「らっきょう入りビーフカレー」という商品名で、値段は115円だった。
 この10年間、私は東村山市内に限らず、いろんなパン屋に行ったけど、らっきょう入りのカレーパンは、このお店以外で見たことがない。凄く個性的なパンなんだけど、10年経った今も販売されているということは、根強い人気があるということなのだろう。


 ということで、私は「黒焼そばとキムチのパン」と「らっきょう入りカレーパン」を購入。お店のすぐ隣にあるベンチに座って食べることにした。

パンの上にマヨネーズがトッピングされている

 まずは「黒焼そばとキムチのパン」からいただきますか。
 マヨネーズのトッピングって、パンの上の波線みたいな筋のことね。

パンが白いから黒さが目立つ

 いやあ、パンが白いから、黒焼そばの黒と、キムチの赤が際立つなぁ。それではいただきま~す……。

キムチがいいアクセントになっている

 パンがモチッとしていて旨いなぁ。黒焼そばもいいけど、キムチがいいアクセントになって、旨さをグッと引き立ててくれる。

10年ぶりにいただきます

 続いては「らっきょう入りカレーパン」だ。ではでは、10年ぶりにいただきますか……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

らっきょうがそのまま入っている

 おっ、らっきょうが見えた。では今度は、らっきょうと一緒にいただいちゃいますか。パクッとな……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 らっきょうの甘酸っぱさもいいんだけど、食べているとカレーの辛さがドンドン増してくる。次をかじると、今度はらっきょうナシ。2個目のらっきょうが見えたので、この部分を残しつつ食べ、最後にらっきょう入りでパクッ……やっぱり辛さが増すよ。
 食べ終わると、口の中が辛くてヒリヒリしてきた。あれ? 前はこんな感じだったっけ? むしろ逆だったと思うなぁ。カレーそのものが辛くて、らっきょうをかじると辛さが緩和されたと思ったんだけどなぁ。
 変わってないようで、進化しているんだろうなぁ。いずれにせよ、この「らっきょう入りカレーパン」は旨いよ。
「カレーパンが好き」という人は、ぜひともこのお店でしか食べられない、オンリーワンの「らっきょう入りカレーパン」を食べてみて欲しいな。




【DATA】
住所:東村山市諏訪町1-25-14
電話:042-395-2981
営業時間:午前7時~午後7時
定休日:木曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2015/02/04 17:29 ] 【パン】 マドンナ(諏訪町) | TB(-) | CM(0)

個性の強いパン

 4年前、「らっきょう入りビーフカレー」というカレーパンで私の度肝を抜いてくれた東村山駅西口のパン屋「マドンナ」。「行きたい」と思いつつ、なかなか行けなくて、実に4年ぶりの再訪となった。
 お店に入って、まず目に付いたのがコレ。

縄文土偶パン

「縄文土偶パン」(150円)だ。パンと一緒に入っている紙には、こう書かれている。

下宅部遺跡から発見された、縄文時代の女の人をかたどった土偶をモデルに焼き上げました。

 なるほどね。言わば、地元起こしのためのパンってワケだ。面白いから、これは買ってみよう。

 もう1つ、今度は調理パン系を買いたいなぁ……と思いつつ、店内を見て回ると、超意表を突くパンを発見! それがコレだ。

カツカレーサンド

「カツカレーサンド」(230円)。「カツサンド」は見たことあるし、「カレーパン」もメジャーだ。でも「カツカレーサンド」っていうモノは、私は初めて見たよ。ありそうでなかったパンだよね。「らっきょう入りビーフカレー」といい、すごい発想をするお店だなぁ。

 ということで、「縄文土偶パン」と「カツカレーサンド」を購入。お店のすぐそばにあるベンチに座り、早速食べてみることにした。

「カツカレーサンド」のアップ

 まず手にしたのは「カツカレーサンド」。これがズシッと重いんだよね。食べても、ちょっと重い。コレ、食べ応えがあり過ぎだよ。

これが「縄文土偶パン」

 これは「縄文土偶パン」。左右にポツッとあるのが目かなぁ……と思っていたら、どうやらコレは耳飾らしい。じゃあどこが目なんだろう? まあ、そんな疑問を抱きつつパクッ。中にはクルミが入っていて、なかなか旨い。

 いやあ、それにしても、どちらも個性の強いパンだねぇ。というか、そういうパンを選んで今回は買っちゃったんだよね。
 今度来たらクリームパンとか普通のパンを買ってみようっと。



【DATA】
住所:東村山市諏訪町1-25-14
電話:042-395-2981
営業時間:午前7時~午後7時
定休日:木曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
お菓子・パン作りの総合サイトcotta
糖質制限の食事やふすまパンなどで糖尿病の食事改善を提案する低糖工房




[ 2009/05/18 19:42 ] 【パン】 マドンナ(諏訪町) | TB(-) | CM(0)

地元パン屋で大人のカレーパンを発見!

 最近、古くからある地元パン屋を訪ねるのが楽しくなった私。先日もプラプラと散歩していたら見つけました、いかにもという感じの地元パン屋を。それが今回紹介する「マドンナ」だ。
 場所は歩くとちょっと遠いです。無理を承知で最寄り駅の東村山から説明すると、東口を出て府中街道を所沢方面に進みます。1キロほど先の久米川辻の交差点を左折し、そのまま踏み切りを越え、200メートル歩いた左側に目指すお店はあります。



 どれもいかにも手作りという感じで味があるのだが、やはり私は調理パンに惹かれてしまう。中でもひと際、私をひきつけたのが「らっきょう入りビーフカレー」(115円)。今までいろんなカレーパンを食べてきたけど、らっきょう入りは初めてだ。当然、購入。



 次に買ったのは「ハンバーガー」(150円)。写真はちょっとピンボケになってしまい、わかりにくいかもしれないが、ハンバーグが分厚くて見るからに食べ応えがありそうのだ。ハンバーグの部分だけでも厚さはマクドナルドの倍はある。調理パン好きならこれは買わなきゃね。



 この2つで私は会計をしたのだが、なぜかお店のご主人と話し込んでしまった。キッカケは私が「オススメのパンってありますか?」と聞いたことだった。

「オススメねぇ……調理パンもいいけど、食パンも人気だね。『ココのはカビが生えるから信用できる』って買ってくれている人がいるよ。不思議なもんだよね。ウチは昔から防腐剤なんか使ってないんだけど、昔は『お宅のパンはカビが生えるじゃないの!』って怒鳴り込んで来る人がいたんだから(笑)。防腐剤が当たり前の時代があったんだよね。それが今じゃ、カビが生えるから信用できるだもんな」

 ウーン、深い話だ。そうした時代の流れに負けず、ブレないで営業してきたのだから大したモノだ。
「そうそう、そこのロールカステラ、ちょっと手に取ってみてよ」
 ご主人に言われて、「ロールカステラ」(480円)を手に取ると、ズシッと重い。
「そうだろ。ギッシリ詰まっていて中にはアンズジャムが入ってるんだ。結構ウチでは人気だよ」
 ご主人の言葉を信じて私は「ロールカステラ」も購入して家に持ち帰った。



 さてさて、どれから食べようかなぁ……やっぱり一番気になった「らっきょう入りビーフカレー」からいってみますか。では、ひとかじり……ん!? この食感はらっきょうだ。カレーの中に丸々1個入っている。ポリポリと噛むとこれがカレーによく合う。まあ、もともとカレーの付け合せとして出てくるモノだから、相性バッチリなのは当然と言えば当然の話だ。さらに食べ進むと口の中がヒリヒリしてくる。このカレー、思っていた以上に辛い。しかも旨い。口の中のヒリヒリがピークに差し掛かった時、2個目のらっきょうが飛び込んできた。この甘酸っぱさがヒリヒリ感をしばし和らげてくれる。
 このカレーパンはちょっと侮れない。個人的にすごく気に入ったなぁ。子供にはわからないだろうなぁ、きっと。これは大人のためのカレーパンだよ。何で2個買わなかったんだろう。大後悔。

 続いて「ハンバーガー」。これも旨い! 言い方は変だけど、ハンバーグがちゃんとしているのだ。これだけでも十分美味しい。パンも柔らかいし、レタスもうまくパンとハンバーグをつないでいる。

 最後の「ロールカステラ」はカミさんと一緒に食べてみた。カステラ部分がギッシリ詰まっているせいか、巻いている表面にヒビ割れが入っているが、そんな見た目とは裏腹に味はいい。カミさんは「すごく中身が濃い。半分食べたらお腹いっぱいになっちゃうわ」と言いつつ、シッカリ半分食べきった。

 どれも美味しかったけど、私としては「らっきょう入りビーフカレー」、これが一番の収穫だ。カミさんはらっきょうが苦手だから勧められないが、カレーとらっきょうが好きな人には猛烈にオススメします。旨いです。食べてみてください。


【DATA】
住所:東村山市諏訪町1-25-14
電話:042-395-2981




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
お菓子・パン作りの総合サイトcotta
糖質制限の食事やふすまパンなどで糖尿病の食事改善を提案する低糖工房





[ 2005/03/08 17:31 ] 【パン】 マドンナ(諏訪町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR