東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


サクッとした食感が後を引くカレーパン

 天気の良かったある日のこと。「散歩でもするか」と八坂駅までテクテク。「もう少し歩くか」と府中街道を小平方面に向かい、江戸街道を東大和方面に向かってテクテク。西武国分寺線の踏切を渡ると、右側に飲食店やらコンビニがポツリポツリと見えてくる。おそらく以前はこの通り沿いにお店がいっぱいあったんだと思う。それが櫛の歯が抜けるように閉店し、消えていったのだろう。
 そんな江戸街道を散歩する時、この看板が見えると、私はホッする。

イトウベーカリー

 それは「イトウベーカリー」の看板だ。2005年に初めて取材した時、「オープンして31年」ということだったから、今年で44年になるワケだ。それだけに、「閉店してないだろうか」って気になるんだよね。

「散歩して小腹が空いたから、パンでも食べようかな」と思い、私は久しぶりにお店に入った。

カレーパン

 まず目に飛び込んで来たのは「カレーパン」(110円)。うまく説明できないんだけど、見た瞬間、何か違う感じがしたんだよね。

ほかにもいろいろなパンがある

 ショーケースにはほかにもいろいろと旨そうなパンが並んでいる。
 私は「カレーパン」と「スパイシーカレーコロッケ」(150円)の2つを買った。

まずは「スパイシーカレーコロッケ」から

 近くの公園に行き、ベンチに座ると、私はまず「スパイシーカレーコロッケ」を取り出した。よく見ると、舌みたいにキュウリが1枚、ペロリと顔を出している。何だろう? ちょっとした味のアクセントかな? それとも例えば「コロッケパン」のような似たようなパンと区別するための目印なのかな? よくわからないけど、何だかかわいいビジュアルだね。

噛むとこんな感じ

 ガブリと噛むと……「スパイシー」と言うほどスパイシーじゃないけど、旨いねぇ。このお店は挟んでいる総菜も旨いんだけど、何よりもパンが旨い。

続いて「カレーパン」を

 続いて「カレーパン」を取り出した私。手に取ってみてようやく、最初に感じた違和感がわかった。表面が細かいんだよね。
 普通のカレーパンって、カリッとした食感を出すために粗目のパン粉を付けてることが多いと思うんだけど、こんなに細かいとどうなんだろう?



 まあ、とにかく食べてみますか……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 何、この表面のサクッと感。そして少しモチッとしたパン。カレーはほとんどペースト状になっていて、後からジワッと辛さが来るタイプ。と言っても、子どもが食べられるギリギリの辛さで、どちらかと言うと、甘めな感じ。でも旨いなぁ。特に噛んだ時のサクッとしたあの食感。後を引くなぁ。これはあと2個くらい、余裕で食べられる旨さだね。いやいや44年もあの場所で頑張っているのは、ダテじゃないよね。
 ごちそうさまでした。50年、60年とぜひ頑張ってください。また近くを通ったら寄りますね。




【DATA】
住所:東村山市富士見町5-10-63
電話:042-391-2090
営業時間:午前8時~午後6時30分
定休日:木曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。



来てるのか?チクワを使った調理パン

 先日、子供をベビーカーに乗せ、中央公園へ遊びに行った時のこと。「小腹が空いたから、ちょっとパンでも買って行くか」と少し遠回りして、久しぶりに「イトウベーカリー」に行ってみた。するとそこで、私は面白いパンを発見した。いや正確には「発見」ではない。というのも、以前にこのパンを見つけてとても気になった記憶があるからだ。つまり思い出したワケだ。
 そのパンとは……。

ちくわサンド

「ちくわサンド」(126円)だ。
 私はいわゆる「練り物」が大好きで、中でもチクワは大好物。おでんでも必ず頼むし、自分で酒のツマミを作る時は2回に1回は、チクワにキュウリを入れるだけの「かっぱチクワ」を作るほどだ。しかし、チクワをパンに挟むってのはどうだろう……そう思って、前回見つけた時は買わなかったのだ。
 でも最近、私はチクワを使ったパンに遭遇している。記憶のいい読者の皆さんならもうおわかりだろう。そう、「クロコッチ」の「珍竹輪(ちんちくりん)」だ。チクワの中にツナや明太子を詰め、その上にパン生地を巻いて焼き上げたモノだ。これが意外に美味しかった。
 そのことを思い出した私、「ミックスサンド」(189円)とともに「ちくわサンド」を買って中央公園に行った。歩きたくてウズウズしていた子供を芝生広場に“解き放って”から「ちくわサンド」をガブリ。
 チクワは生のままではなく、揚げて半分に切り、クロスさせるように重ねて挟んである。チクワとパンの間にはレタスが挟まれていてサウザンアイランド系のドレッシングというかソースがかけられている……とまあ、中身を説明すると、それほど美味しそうに感じないのだが、コレ、なかなか旨かった。
 続いて「ミックスサンド」を食べてみる。

サンドイッチ

 「モンドール洋菓子店」のサンドイッチを食べた時にも思ったのだが、サンドイッチの主役は具材ではなく、食パンなんだよね。食パンが美味しくなければ、中身がいくら美味しかろうが味はイマイチだ。同じことをこのお店のサンドイッチは教えてくれる。パンが柔らかくて美味しい。このお店の食パンは焼くともっと美味しくなるから、ホットサンドもぜひ検討して欲しいモノだ。

 それにしてもチクワが調理パンの具材になるとは思ってもみなかった。こういうパンって絶対に日本以外では味わえないよね。チクワはその形状もユニークだから、調理パンの具材としていろいろ使えそうな気がする。ひょっとしたら私が知らないだけで、いろいろとチクワを使った調理パンは出回っているのかも。もし、東村山市内の他のパン屋でチクワを使った調理パンを見つけたら、ぜひ教えてください。必ず食べに行きますから。



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
お菓子・パン作りの総合サイトcotta
糖質制限の食事やふすまパンなどで糖尿病の食事改善を提案する低糖工房





侮れない地元の老舗パン屋

「見た目で決め付けてはいけない」
 日ごろカミさんや、会社の部下に言っていることだが、どうやらもう一度、自分自身に言い聞かせないといけないようだ。というのも、今回紹介するパン屋さん「イトウベーカリー」の前を私は以前通ったことがあり、(何だか寂れたパン屋さんだな。大したことないだろう)と通り過ぎてしまったからだ。
 それがなぜ取り上げることになったかというと、このブログの掲示板で「イトウベーカリーの食パンは美味しい」という情報をいただいたからだ。今はその情報をくれた方に心から感謝している。
 場所は八坂駅を出て左へ歩き、ガード下をくぐって最初の交差点を右に曲がり、江戸街道へ入る。踏切を越えて信号交差点を2つ通り過ぎた先の右側にある。駅から徒歩5分といったところか。



 写真で見る限り、表はこざっぱりしていい感じなのだが、ドアのガラス越しに見える陳列棚を見ると、非常にレトロでちょっと寂しさを感じる。これが私の目を惑わせたんだな。
 この日は子供を中央公園で遊ばせようと、カミさんと一緒に来たのだが、カミさんは陳列棚のパンを見るなり、目を輝かせた。パンの種類は少ないのだが、菓子パン類のほとんどはカミさんのストライクゾーンにズバッとハマッていたからだ。いろいろ悩んだ末、カミさんは「チョコパピロ」(105円)を購入。



 普通、この手のパンだと間に挟んであるのは生クリームかカスタードクリームなのだが、このお店のはチョコクリームだった。チョコ好きのカミさんは子供のように大喜び。
 調理パン好きの私はもちろん、調理パンに釘付け。コロッケサンドとメンチサンド、そしてカレーパンの3つで悩んだが、「手造り」の文字にひかれて「メンチサンド」(210円)を買った。



 公園で食べたのだが、これがバカウマ。まずメンチカツが素晴らしい。「東村山メンチカツ選手権」にエントリーしたいぐらい。すでにウスターソースが表面にかかっているのだが、それにもかかわらずコロモはサクッとしていて中もシッカリ味が付いている。メンチカツとパンの間にはマヨネーズで和えた千切りキャベツがあり、これがまた絶妙なバランス。パンが少し固かったが、出来立てを食べたらもっと旨いだろうなと思った。
 もちろん「食パン」(168円)も買いましたよ。



 見た目は何の変哲もない普通の食パン。私はこれを買った翌日に食べてみた。まずは1枚をそのまま食べてみる。耳はやや固いが中はシットリと柔らかい。噛むほどに甘みがあるが、でもまあ、普通の食パンという感じだ。
 続いて焼いて食べてみた。ひとかじりして「アレッ?」と思った。耳がすごく柔らかいのだ。しかも美味しい。中も焼いた方がシットリ感が増して美味しい。お腹が空いていたせいもあったが、夢中になって1斤すべてをペロッとたいらげてしまった。ジャムとか一切付けず、単純に焼いてマーガリンを塗っただけで。
 この美味しさは何だろう? 「オーロール」のホテルブレッドのようにバターたっぷりというワケでもないのに夢中になってしまうこの美味しさ。私の家からはちょっと遠いのでなかなか買いに行けないが、近くに住んでいたら絶対に“我が家の御用達”にしていたと思う。

 会計の際に若いお姉さんに「このお店はオープンしてどれくらいなんですか?」聞くと、「もう31年になります。母の代からやっていますから」という答えが返ってきた。31年営業し続けてこれたのは、やはりパンが美味しいからだろう。地元の人に愛されているんだと思う。いやあ、今回は勉強になりました。


【DATA】
住所:東村山市富士見町5-10-63
電話:042-391-2090




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
お菓子・パン作りの総合サイトcotta
糖質制限の食事やふすまパンなどで糖尿病の食事改善を提案する低糖工房





料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す55歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR