東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


たまには贅沢にお寿司を

 ランチの寿司もいいけど、まだ松の内なんだからたまには贅沢に食べてみるかな……そう思って先日、私が向かったのは、久米川駅と八坂駅の中間点ぐらいに位置する「あら井鮨」。このお店で食べた〆サバが忘れられず、もう一度食べたいと思ったからだ。
 最初から注文で食べようかどうしようか迷ったが、とりあえずにぎりの中(1500円)を頼むことにした。欲望に任せて注文すると、いくらたまの贅沢とはいえ、とんでもない金額になってしまう可能性があるからだ。
「はい、どうぞ」と優しそうな大将がカウンター越しに、にぎりの中を出してくれた。

にぎりの中

 他の寿司屋でランチにぎりを頼めば、もっと安く、もっとにぎりの種類が多いということは十分わかっている。でも、よく考えて欲しい。ランチにぎりが安いのにはちゃんと理由がある。ネタが小さかったり、薄かったり、値段的に安いネタを使ったりしているからなのだ。その点、普通のにぎりは言わば寿司屋の看板商品。それなりのちゃんとしたモノが出てくる。

ネタはどれも大きくて厚い

 ほらね。写真の撮り方が悪いからよくわからないかもしれないが、どれもネタが大きくて分厚い。

お吸い物

 これにお吸い物が付くワケだ。なかなかいいじゃないですか。とは言え、にぎり7貫とカッパ巻ではペロッとすぐに終わってしまう。私はコハダ(1貫150円)とスルメイカ(1貫200円)、ズワイ(1貫200円)を1貫ずつ、そして一番食べたい〆サバ(1貫250円)を2貫、追加で頼んだ。

左からコハダ、スルメイカ、ズワイ

「これはカニカマじゃなく、本物だよ」といつになくお茶目なことを言いながら大将がにぎりを3つ出してくれた。それではと、まずはズワイから。うん、カニカマじゃない(笑)。カニって旨いなぁ。しかもズワイは安いから好き。スルメイカはコリコリして噛むほどに甘い。続いては私の大好きなコハダ。うんうん、いい〆加減です。
 と、そこに〆サバ登場。

〆サバ

 うーん、やっぱりサバの美味しい季節じゃないから、以前に食べた時ほど鮮やかな色合いではない。食べるとやはり酢がキツい。と言っても、ほかで食べるよりは全然浅いんだけどね。以前食べたモノと比べると少し落ちるけど、旨いことには変わりない。いやあ、来てかった。
 明朗会計だから締めて2550円ナリ。まあ貧乏サラリーマンである私の贅沢なんて、こんなモノですよ。


【DATA】
住所:東村山市栄町3-14-8
電話:042-391-1027




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
蓋を開けた瞬間に仰天!!《送料無料》北国の三大蟹セット!!
【九州直送】料理で使える訳あり博多やぶれ辛子明太子1kg!








[ 2006/01/07 20:49 ] 【寿司】 あら井鮨(栄町) | TB(-) | CM(0)

のんびりと和める寿司屋

「へぃ、いらっしゃい!」。入り口を開けた途端に響き渡る威勢のいい声。寿司屋は総じて元気よくチャキチャキしている。それが気持ちいいのだが、そのせいか店内を支配する空気は、のんびりとはほど遠い。特に1人でカウンターに座ると、何か急き立てられるような気すらしてくる。まあ、寿司屋はもともと元祖ファーストフードみたいなモノで、サッと入ってサッと食べてサッと帰るのが粋だったんだから、仕方のないことだ。
 でもたまには、フーッとひと息つきながらのんびりまったりしたい時がある。そんな時にピッタリの寿司屋を見つけました。それが今回紹介する「あら井鮨」だ。
 場所は久米川駅南口を左に出て、ロータリー沿いに歩いてそのままモザーク通りに入る。信号交差点を越えてウイング通りに入り、次の信号交差点を左折。真っ直ぐ進むと野火止通りにぶつかるのだが、その手前の右角にある。

あら井鮨

 店内は入ると、左側にカウンター、右側に小上がりがある。仕事帰りにフラッと入った私はカウンターに座り、まずは生ビールを注文。そして「塩辛」(200円)と「魚皮串焼」(1本200円)を3本頼んだ。

塩辛 魚皮串焼

「塩辛」は普通かな。面白いのは「魚皮串焼」だ。写真の手前からマダイ、ミル貝、マグロでそれぞれにたっぷり塩が振ってある。多少の生臭さはあるが、それはネギと塩で解消。なかなかいい酒の肴だ。
 ツマミにしてもらおうか迷ったが、小腹が空いていたので、握ってもらうことに。頼んだのは〆サバ(1貫250円)、コハダ(1貫150円)、アジ(1貫150円)。1貫から注文できるのだが、私は2貫ずつお願いした。

左から〆サバ、コハダ、アジ

 私はマグロよりも光物が好きだからこの3種を頼んだのだが、〆サバが好きな人には、この薄くピンクがかった色はたまらないと思う。食べてみると、予想通り、酢がキツくなくそのまま刺身で食べているような感じ。旨い! これなら「〆サバは苦手」という人でも食べられると思う。
 続いてコハダを食べると、こちらはシッカリと酢が入っている。これはこれで旨い。となると、やはり〆サバは意図的に浅めに〆ているのだ。ご主人に聞くと、「季節によって多少時間は違うけど、ウチはいつも〆サバはこれぐらいでお出ししています」とのこと。
 アジがまたね、プリプリしていて旨いんだ。握りも旨いけど、これなら光物をお造りで食べてもよかったなぁ。
 もう少し食べられそうだったので、今度はアナゴ(1貫300円)を頼んでみた。

アナゴ

 出す前に軽くあぶり、ツメを塗って出てきたのがコレ。口に入れると、柔らかくて旨い。ツメの甘さも程よい。
 このお店のご主人はとても優しい顔立ちの人で、のんびりした雰囲気を醸し出している。そのせいか、お店は普通の寿司屋とはちょっと違う雰囲気になっている。カウンターに座って1人でいつまでもチビチビと飲めそうな感じだ。こういう寿司屋ってありがたい。値段もトロが1貫600円だから、寿司屋としては普通だと思う。まあ、寿司屋はトロとかウニとかイクラなんかを食べれば高くつくモノで、光物やイカなんかを食べていれば、お手軽料金で済む。覚えておいて損のないお店だと思うな。


【DATA】
住所:東村山市栄町3-14-8
電話:042-391-1027




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
蓋を開けた瞬間に仰天!!《送料無料》北国の三大蟹セット!!
無農薬野菜お試しセット





[ 2005/08/27 19:01 ] 【寿司】 あら井鮨(栄町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR