東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ 吾妻寿司(秋津町) ]


なぜか住宅街にある寿司屋

 新秋津駅を右に出てロータリー沿いに歩き、「ローソン」の角を右折すると、新秋津駅前通り商店街に入る。私はこの商店街を何度も歩いている。でも見慣れていると思っていても、案外見落としていることって多いんですよね。先日もそうだった。商店街をぶらぶらしていたら、「ん? ありゃ何だ?」と前方左側にある妙なモノに気づいた。

左側に妙な看板が…

 見ると、看板なのだが、見れば見るほど妙なのだ。

「吾妻寿司」の看板

「吾妻寿司」という寿司屋の看板であることは一目瞭然なのだが、周り見ても寿司屋はないのだ。看板の下に矢印があるので、その方向を見ると……。

矢印の先は住宅街

 左角にそば屋の「大村庵」があるだけで、その先は普通の住宅街だ。

「まさか、この先にお店があるってことじゃないだろうな」

 このブログを始める前の私だったら、間違いなく「こんな住宅街にあるワケないじゃん。この看板が間違えてるんじゃないの」と思っていたハズだ。しかし、このブログで「何でこんな所にお店があるの!」と何度も住宅街にあるお店を見てきた私は、半信半疑で住宅街へと続く道を進んでみた。すると……。

住宅の壁に「吾妻寿司」の文字が!

 普通の一軒家の壁に「吾妻寿司」の文字が見えるではないか。やはり住宅街の中にあったのだ。それにしても凄いところにあるもんだ。まるで気分は宝探しだよ。

吾妻寿司

 遠くから見たら普通の一軒家に見えたけど、さすがに店構えはちゃんとしている。とは言え、周りが住宅街である事実は変わりないんだけどね。
 お店に入ると、すでに常連らしきお年寄り3人がカウンターでお酒を飲んでいた。私はカウンターに座ると、「上にぎり」(1700円)を頼んだ。おしぼりとともに出されたお茶を飲みながら待っていると、目の前に次々と寿司が置かれていった。

上にぎり

 おおっ、なかなか美味しそうじゃないですか。

エビ、数の子、いくら

 右からエビ、数の子、いくら。にぎりで数の子が出てくるとは思わなかったなぁ。

カンパチ、マグロ、トロ、玉子

 右からカンパチ(だと思うんだけど……)、マグロ、トロ、玉子。では、いただきますか。まずは軍艦巻きからあふれ出そうないくらから。うーん、口の中でプチプチ弾けて旨いねぇ。
 いくつかにぎりを食べていると、ひょいとカッパ巻きが置かれた。

カッパ巻き

 どうやらこれで「上にぎり」は全部らしい。にぎり7貫とカッパ巻き、そしてお吸い物と香の物。「豪華な寿司ネタを使っているのはいいけど、にぎりの数が少ないんじゃないの」と思っている人は多いことだろう。私も正直言うと、出てきたモノを見た時は「エッ、これだけ?」と思った。でも、いくらの盛りの良さで気づいた人もいると思うが、にぎりのネタが分厚いのだ。トロなんかホラ!

分厚いトロ

 これですよ。上から見るのと、横から見るのとでは大違い。ペラペラの回転寿司とはモノが違う。とは言っても、さすがにお腹いっぱいになる量ではないが、「あー、寿司食ったなぁ」という満足感はある。個人的には光モノが入っているとうれしいんだけど、一般的にはこれぐらいインパクトのある寿司ネタをドーンと出した方がウケるだろうね。
 いやあ、しかしこんな所に寿司屋があるとはねぇ……ビックリしましたよ。


【DATA】
住所:東村山市秋津町5-33-38
電話:042-394-5426




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





〔PR〕
蟹をお得にお取り寄せ 【かに本舗】
【九州直送】料理で使える訳あり博多やぶれ辛子明太子1kg!



[ 2006/03/30 20:46 ] 【寿司】 吾妻寿司(秋津町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR