東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

あのお店がインド・ネパール料理店に!

 八坂商店会にあった天ぷらと焼き魚がウリの定食屋「扇屋」が、ご主人の健康上の理由から閉店したのが2019年1月のこと。
「あの場所、どうなるのかなぁ」と通るたびに気にしていたのだが、ナント、いつの間にかインド・ネパール料理店がオープンしていた。

マチャプチャレ

 店名は「マチャプチャレ」。2019年5月14日にオープンしたらしい。
「マチャプチャレ」とはネパールの中北部にある山で、地元住民からは「神聖な山」として崇められているのだという。
 ということは、「インド・ネパール料理店」と言いつつも、ネパール色の方が強い料理店なのかもね。

ランチメニュー

 ランチメニューが貼り出してあるので、見てみると……へぇ、ナンとライスのおかわり自由で、一番安いメニューが700円なのか。これは安いんじゃないかな。


 早速、入ってみた私。店内のレイアウトは「扇屋」の時とほとんど変わらない。変わったところがあるとしたら、厨房にタンドール窯が設置してあるところかな。

 何を頼むか、迷ってしまったが無難に「チキンカレーセット」(750円)を選択。

辛さは4段階

 辛さは4段階から選べるようになっている。ネパール色の強い料理店であるなら、そんなに辛くないだろうと思い、私は「大辛」をチョイス。
 ドリンクにはラッシーを頼んで、ボーッと再びランチメニューを眺めながら待つことに。

しまった、こんなセットがあったか

 早く頼まなきゃと思って「チキンカレーセット」にしたんだけど、よく見ると「スペシャルセット」(990円)ってお得じゃないの。しまったなぁ、コレにすればよかったよ。

チキンカレーセット

 と、ちょっと後悔していたら、料理が次々と運ばれて来た。
 このお店は一度に全部出してくるんだね(笑)。チキンカレーとサラダとナンが一緒に目の前に置かれた。

チキンカレー

 チキンカレーはナミナミと入ってるね。辛さをチェックするために、スプーンでちょっとひと口……やっぱりね。そんなに辛くないや。

ナン

 ナンは大きめ。というか、インド・ネパール料理店では、もうこの大きさが標準になっているみたいだね。お皿からハミ出て当たり前って感じ。

ラッシーが到着

 デジカメで写真を撮っていると、ドリンクのラッシーが到着。

改めて「チキンカレーセット」

 ということで、改めてパチリ。これが「チキンカレーセット」だ。いやあ、いいねぇ。食べ応え、ありそうだ。

ナンをちぎっていただきま~す

 ではナンをちぎり、チキンカレーをたっぷりと付けて、いただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 やはりネパール色が強いと、スパイシーというよりマイルドな味わいが強くなるね。物足りないと思う人もいるかもしれないけど、もし毎日食べるなら、私は迷わずこっちを選ぶだろうなぁ。

ゴロッとしたチキンが入っている

 チキンカレーの中をスプーンで探ると、大きめの鶏肉がゴロゴロ。旨いねぇ。

まだチキンカレーが残っているので…

 アッと言う間にナンがなくなってしまったのだが、チキンカレーはまだこんなに残っている。
 となれば、当然……。

ナンをおかわり

ナンのおかわりだよねぇ (´ ▽`).。o♪♪

 それにしてもやっぱりデカいなぁ。

テカいなぁ

 角度を変えて撮ると、こんな感じ。
 このお店のナンは、周辺部が厚みがあって、モチッとしているんだけど、中心部は薄くなっていてパリッとした食感になっている。お店によって、微妙にナンに違いがあるのは面白いよね。

 最後はナンでカレーを拭き取るようにして食べて、完食。ナンを2枚食べると、さすがにお腹いっぱいになるよね。今度はナンじゃなくて、ライスで「ベジタブルカレー」をいただいてみるかな。




【DATA】
住所:東村山市栄町3-15-21
電話:042-313-3302
営業時間:午前11時~午後3時/午後5時~11時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




お得なインド・ネパール料理店がオープン

 東村山駅西口から武蔵大和駅へ向かうバス通り沿いに新しいお店がオープンしたという情報を入手した私。早速、東村山駅西口からテクテクとバス通りを歩いてみた。すると進行方向の左側に見たことのない看板を発見。

M4ダイニングランチメニュー

 この場所は確か以前に、台湾料理店の「珍味亭」があったところだ。閉店して1年以上そのままだったけど、やっと新しくお店が入ったんだね。
「M4ダイニング」という店名なのはわかるけど、何のお店なんだろう?
 まあ、とにかく入ってみるか。
 店内のレイアウトは基本的に「珍味亭」の時と変わってないんじゃないかなぁ。4人掛けのテーブルが3卓、2人掛けのテーブルが2卓あり、こぢんまりとしている。お客さんが誰もいなかったので、4人掛けのテーブルに座り、まずはメニューをチェック。

ランチメニュー

 これがランチメニュー。これを見る限り、インド・ネパール料理店だね。このバス通り沿いには、東村山駅西口近くに「ロティー屋」、武蔵大和駅近くに「BIHANI(ビハニ)」というインド・ネパール料理店があるんだけど、その2店と比べると、値段的にはお得な感じがする。1000円を超えるメニューがないからね。

持ち帰りもできるようだ

 へぇ、持ち帰りもできるんだ。「オール500円」とは安いねぇ。
 エッ! 「牛カルビ丼」なんてあるよ。牛ってヒンドゥー教では食べちゃいけないんじゃなかったっけ? 料理として出す分にはいいってことかな?……と思いつつ、よく見ると「牛カルビ丼」と「唐揚げ丼」の写真の間に、「HALAL」という文字が!
 そうか! ヒンドゥー教ではなく、イスラム教なのね。ということは、牛ではなく豚を食べちゃいけないんだ。確かにポークを使ったカレーはないね。

2時間飲み放題付きのコースが2980円とは安い!

 ほぉ! 2時間飲み放題付きのパーティーコースが2980円なんだ。これはお得だねぇ。でもさ、「HALAL」と言いつつ、アルコールOKなんだ(笑)。まあ、自分たちが飲むワケじゃないからいいのかな。


 イスラム教系のインド・ネパール料理店ということがわかりホッとした私は、今度はジックリとランチメニューをチェック。「チキンカレーセット」(750円)を激辛で注文。ナンとライスは、ナンを選び、ドリンクはマンゴーラッシーをお願いした。

チキンカレーセット

 しばらくして来ました、来ました。これが「チキンカレーセット」。プレートにチキンカレーとサラダ、そしてナンが乗っている。

チキンカレー

 チキンカレーは写真ではわかりにくいけど、チキンがゴロゴロ入っている。

ナン

 ナンはデカいねぇ。厚みもある。食べ放題ではないけど、これ1枚で十分お腹いっぱいになりそうだ。

ナンをちぎり、いただきま~す

 では、ナンをちぎり、チキンカレーをたっぷり付けて、いただきま~す……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 優しい味わいで旨い。だけど、私は「激辛」で頼んだハズ。お店の人に確認すると、やはりこれが「激辛」なのだという。この優しい味わいは、インド系というよりネパール系かもね。

チリパウダーを投入

 そのまま食べていたけど、やっぱりもう少し刺激が欲しくて、卓上にあったチリパウダーを投入。色こそ辛そうな赤色だけど、そんなにスパイシーにはならなかった。うーん、ちょっと残念。でも、辛さにこだわらない人なら、このカレーは旨いと思うよ。

マンゴーラッシーで〆

 予想通り、ナン1枚で十分お腹がいっぱいになり、最後はマンゴーラッシーを飲んで、「ふぅ~ッ」とひと息。

 会計の時にお店の人に聞くと、オープンしたのは、2018年12月24日とのこと。取材した時はまだ定休日は「決めてない」と話していたけど、もうオープンから1カ月経つから、定休日は決まったかもしれない。定休日がいつになったかのチェックも兼ねて、今度は「牛カルビ丼」をテイクアウトして、正福寺の境内か北山公園で食べてみようかな。




【DATA】
住所:東村山市野口町2-4-25
電話:042-394-6755
営業時間:午前11時~午後2時30分、午後4時30分~10時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。

ツマミになるカレー

 mixi(ミクシィ)で知り合った地元の友人から久しぶりにメールをもらい、新秋津駅前で待ち合わせて会うことになった私。「夕飯をかねて、飲みより食べ中心で」というリクエストに応えて、私がチョイスしたお店は……。

Piaaz新秋津店

 新秋津駅前通り商店会にあるインド料理店「Piaaz(ピアーズ)新秋津店」だ。このお店に入るのは初めてだけど、「Piaaz東村山店」の姉妹店だから、味に間違いはないだろう。
 あと、秋津地域のお店はどちらかというと、賑やかなお店が多くて、じっくり話のできるお店がなかなかないんだけど、このお店なら落ち着いて話ができると思ったんだよね。


 お店に入ってテーブル席に座ると、2人とも「1種類のカレーセット」(1280円)を頼んだ。

生ビールで乾杯

 とは言っても、久しぶりに会うのだから、生ビールで乾杯だよね。ホント何年ぶりだろう。年は私に近いと思うんだけど、相変わらずのイケメンだなぁ。ちょっとうらやましい(笑)。

まず運ばれて来たのはサラダとスープ

 まずはセットのサラダとスープが運ばれてきた。当たり前の話だけど、味は「Piaaz東村山店」と変わらず旨い。カレーとナンの旨さがよく語られるお店だけど、考えてみたらこのサラダとスープも「Piaaz」ならではの独特のモノだよね。

そしてナンが到着

 サラダを食べていると、ドデカいナンが到着。大きさといい、分厚さといい、間違いなく「Piaaz」だ。

ポークサグ

 私が今回頼んだカレーは「ポークサグ」。ホウレン草のカレーに豚肉が入ったモノだ。辛さは「超大辛」にしてみた。
 どれくらい辛いのか、スプーンでちょっとひと口……。

辛い!O(≧∇≦)Oでも旨いッ!!!

 ホウレン草の甘みが強いのか、辛いのは辛いんだけど、それほどひどい辛さではない。

ナンに付けていただきま~す

 では、ちぎったナンに付けていただきますか……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 そして生ビールをグビリ。

イケるじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ライスだと微妙かもしれないけど、ナンだと、ちゃんとお酒のツマミになる。旨いなぁ。

タンドリーチキンを串にしたモノ

 生ビールを頼むからということで、軽いツマミとしてタンドリーチキンを食べやすく切って野菜と一緒に串にしたモノを注文してみた。

なかなか旨い

 スパイスが効いていて旨いねぇ。そんなに飲むつもりはなかったハズなんだけど、この串やツマミとしてのカレーが旨かったりするモノだから、生ビールをおかわりなんかしたりして(笑)。

ラッシーで〆

 セットのドリンクとして頼んだラッシーを食後に飲んで〆。いやあ、話が楽しくて、2時間以上も話し込んでしまったよ。食べたのはカレーと串だけなんだけど、お腹パンパン。
 いやあ、カレーってツマミになるんだね。「2種類のカレーセット」(1480円)や「3種類のカレーセット」(1680円)を頼んで、カレーをシェアしていろんな種類のカレーを食べれば、お酒がさらに進んでいいかもね。今度、やってみようかな(笑)。




【東村山店DATA】
住所:東村山市本町3-8-23
電話:042-398-2112
営業時間:午前11時~午後3時/午後5時~11時(ラストオーダーは午後10時30分)
駐車場あり
ホームページはこちら
フェイスブックはこちら


【新秋津店DATA】
住所:東村山市秋津町5-21-1
電話:042-306-3724
営業時間:午前11時~午後3時/午後5時~11時(ラストオーダーは午後10時30分)
駐車場あり
ホームページはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。



[ 2018/12/18 15:32 ] 【カレー】 piaaz(本町) | TB(-) | CM(0)

チーズナンも旨いね

 久しぶりにカミさんとランチを食べようということになり、行ったのは……。

サンガム久米川店

 久米川駅南口にあるインド料理店「サンガム久米川店」。ネパール系のカレーはそれほど辛くないから、ガツンと辛いカレーを食べたくてこのお店を選んだんだよね。

ランチメニュー

 8種類あるランチメニューの中から、私は「キーマカレーセット」(800円)、カミさんは「ミックスシーフードカレーセット」(880円)をチョイス。辛さは、カミさんは「普通」で、私は一番辛い「激辛」でお願いした。

サラダとマンゴーラッシー

 まず運ばれて来たのは、サラダと、ドリンクの中から選んだマンゴーラッシー。サラダを食べていると、来ました、来ました。

キーマカレーとナン

 キーマカレーとナンの到着。相変わらず、ナンはデカいなぁ。

キーマカレーの激辛

 キーマカレーは、「激辛」っぽい色にはなっているけど、果たしてどうかな?

ナンをちぎり、カレーに付けていただきま~す

 ということで、ナンをちぎり、キーマカレーに付けて、いただきま~す……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 でも辛くない。うーん、もっと容赦ない辛さを求めていたんだけどなぁ……と、ここで、このお店のカレーが、水の代わりに牛乳を使ってつくられていることを思い出した。ベースが牛乳だから、これが精いっぱいなのかもね。だけど、「激辛」を頼んで汗が全然噴き出ないってのはちょっと残念だなぁ。

 そうは言っても、カレーそのものは旨いからナンをちぎっては食べ、ちぎっては食べと、食べ進み……。

ナンをおかわり

おかわりッO(≧∇≦)O!!!

 まだキーマカレーが半分以上残っているから、当然だよね(笑)。
 で、食べ進むと、やっぱりキーマカレーを残して、ナンを食べ切ってしまった。
 ここでおかわりして3枚目のナンを頼んでもいいんだけど、このお店にはいろいろなナンがあるから、ちょっとそれを単品で頼んで食べてみたいなぁと思った私。
 普通のナン以外に、メニューにはこんなナンがある。

*ガーリックナン(330円)
*ゴマナン(330円)
*ハニーナン(430円)
*チーズナン(490円)
*ミックスフルーツナン(530円)
*チーズガーリックナン(590円)
*ハニーチーズナン(590円)


 私はカミさんと相談して「チーズナン」を頼んでみることにした。

チーズナン

 これが「チーズナン」。まるでピザだ。

ナンの中にチーズがたっぷり

 ひと切れを手に取ると、チーズがタラ~ッと出てくる。まずはそのまま食べてみると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 そのままでも十分旨いけど、残っているキーマカレーに付けて食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 いやあ、カレーに合うねぇ。8切れあるうち、カミさんは2切れ食べて、残りは私が全部食べてしまった。さすがにお腹いっぱい。
 だけど久しぶりにインドカレーを堪能したって感じ。いやいや旨かった。お店の人の接客もいいし、気持ちよく食べることができたよ。
 ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-22-24
電話:042-306-0799
営業時間:ランチ午前11時~午後3時/ディナー午後5時~11時
定休日:月曜
店内禁煙
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2018/06/26 14:41 ] 【カレー】 サンガム(栄町) | TB(-) | CM(0)

【極める!】東村山のカツカレー その3

【これまでの制覇リスト】
2018年04月19日「かつ秀」
2018年04月20日「キッチン若松」



 今回やって来たのは、久米川駅南口にあるカレーチェーン店「CoCo壱番屋 西武久米川駅前店」

CoCo壱番屋 西武久米川駅前店

 当然、このお店にもカツカレーはある。ただ、カレー専門店だけあって、ポークカレー、ビーフカレー、チキンカレーとカレーの種類がいろいろある。「どうしようかなぁ?」と思ったけど、メニューによると「基本のカレー」はポークカレーのようだから、ポークカレーを使った「ロースカツカレー」(753円)を頼むことにした。

こんなソースがあるんだね

 待っている間、卓上を眺めていると、こんなソースを発見。入れると、とろ~りと甘くなるのだとか。「ちょっと自分には辛すぎた」と思った時に使うといいんだろうね。さすが日本を代表するカレーチェーン店、いろいろ考えているねぇ。

ロースカツカレー

 そして、来ましたよ。これが「ロースカツカレー」。ちゃんとビジュアルを考えているねぇ。旨そうだ。

食べやすいようにカツは細切りにされている

 カツはよく見ると、細切りになっている。これはたぶん「食べやすいように」という配慮なんだろうな。こういう細かい気遣いは「さすが」という感じだね。

カツは薄いけど旨い

 カツはちょっと薄いけど、これもカレーとのバランスを考えてなんだろうな。食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 いやあ、久しぶりにこのお店のカレーを食べたけど、「基本のカレー」というポークカレー、旨いねぇ。スパイスの香りはするし、程よく辛い。カツもコロモがサクッと揚がっていて、肉は柔らかい。カレーとの味のバランスもバッチリ。カツカレーとしてはある意味、完璧なんじゃないかな。あとは食べる人の気分だよね。カツをガッツリ食べたいという気分の人には物足りないだろうな。
 カツカレーって、お店によってカツとカレーのバランス配分が違い、それが個性となっていて面白いね。
 これからどんなカツカレーに出合えるか、ますます楽しみになってきたよ。




【西武久米川駅前店DATA】
住所:東村山市栄町2-8-3
電話:042-398-3127
営業時間:午前11時~深夜1時
ホームページはこちら


【JR新秋津駅前通店DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-9
電話:042-398-8220
営業時間:午前11時~深夜1時
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




ここにもあった!インド・ネパール料理店

「東村山から世界へ叫ぶ」というブログを書いているタカタロウさんが、武蔵大和駅近くにあるインド・ネパール料理店のことを紹介していたので(記事はこちら)、行きたいと思っていたのだが、なかなか行けないでいた私。先日、ようやく時間をつくって行ってみた。

BIHANI

 これがそのインド・ネパール料理店。店名は「BIHANI(ビハニ)」
 場所は武蔵大和駅を背にして左に進むと、道路の右側にすぐ見えてくる。以前、「てっちゃん」という居酒屋があった場所と言えば、わかる人もいるかもしれない。「てっちゃん」が閉店したあと、「頂」という居酒屋がしばらく営業していたと思うけど、そこが閉店してこのお店になったようだ。

ランチメニュー

 お店の前にランチメニューが出ていたのでパチリ。ランチは750円からなんだ。いろいろ種類があっていいねぇ。

辛さを選べる

 お店に入ると、私は「Aセット」(750円)をベジタブルカレーでお願いし、辛さは「激辛」の1つ手前の「辛口」にしてみた。ドリンクは「ストロベリーラッシー」が気になったけど、「マンゴーラッシー」にし、ナンとライスの選択は、もちろん、ナンでお願いした。

まず運ばれて来たのはサラダ

 まず運ばれて来たのは、サラダ。ドレッシングはちょっと甘め。カレーが辛かった時の中和剤として残しておこうかなと思ったけど、すぐに食べきってしまった。

ナンとベジタブルカレー、そしてデザート

 で、サラダを食べ終わった頃にナンとカレーが到着。へぇ、デザート付きなんだ。ヨーグルトみたいだね。

ベジタブルカレー

 これがベジタブルカレー。色からして、そんなに辛そうには見えないなぁ。

ナンにカレーを付けていただきま~す

 それではナンをちぎって、カレーに付け、いただきま~す……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 インド料理店の「辛口」だと結構スパイシーなんだけど、インド・ネパール料理店だと、ネパール色が強くなるのかな、「辛口」と言っても全然辛くない。でもその分、野菜の旨味がシッカリと味わえて旨い。とは言え、もう少しスパイシーな方が私は好みかも。「激辛」とは書いてあるけど、たぶんコレが通常の辛口レベルなんじゃないかな。

マンゴーラッシー

 食べている途中で運ばれて来たマンゴーラッシー。よほど辛かったら、途中で飲もうと思ったけど、この辛さなら途中で飲む必要はないかな。

ナンをおかわり

 ナンを食べ終えたけど、カレーがまだたっぷり残っていたので、当然のおかわり(笑)。ナンが3分の1ほどになった時に、残っているカレーの量を見て、「おかわりしますか?」と店員さんが聞きに来てくれた。こういう気づかいはうれしいよね。

 ナンはほかのインド・ネパール系の料理店と比べると、それほど大きくはない。パリッとした薄いタイプではなく、少し厚めのモッチリしたタイプ。だから食べ応えはある。「このナンの大きさなら3枚イケるかも」と思ったけど、2枚で十分お腹いっぱいになった。

 カレーを食べ終えた後、ヨーグルトをいただき、マンゴーラッシーを飲むと、いやあ、満足、満足。

 メニューを見ると、ツマミ系も結構あるし、1299円で90分飲み放題というコースもある。夜に居酒屋感覚で来るのも面白いかもね。でも、とりあえず次回は「チーズナンセット」(1000円)を食べてみようかな。




【DATA】
住所:東村山市廻田町3-8-6
電話:042-313-0287
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~11時
定休日:なし
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2018/02/14 05:00 ] 【カレー】 BIHANI(廻田町) | TB(-) | CM(0)

さすがの旨さ!さすがの接客!

 久しぶりに家族で食事に出かけようかと思った私。子どもたちに「どこに行きたい?」と聞くと、意外な答えが返ってきた。
 私は、食べ放題の焼き肉やしゃぶしゃぶ、回転寿司、いろいろ食べられるビュッフェなど、いわゆるチェーン系のお店を言ってくるだろうと思ったのだが、子どもたちが「行きたい」と言ったのは、むさしのiタウン近くの朝日商店会の中にあるインド料理店「Piaaz(ピアーズ)東村山店」だった。ちょっと意外だったので、「どうして?」と聞いてみると、

「カレーもナンも美味しいから」
「お店の人が優しいから」


とのこと。へぇ、ちゃんとチェックしてるんだなぁ。感心しちゃったよ。

 ということで、家族で「Piaaz東村山店」へ。
 このお店、オープンしたのは確か2008年7月だったと思う。今年で10周年か。決して立地は良くないんだけど、ここまでの人気店になって続けてこられたのは、子どもたちが行きたい理由として挙げた2つが、一番の要因だと思う。大したもんだよ。


 お店に入ると、いつものようにお店の人が満面の笑顔で「いらっしゃいませ」と出迎えてくれる。こっちも思わず笑顔になってしまうから不思議だ。

ディナーセットは4種類

 ディナーセットは4種類だけど、このお店はカレーの種類が豊富だから、迷ってしまう。
 と、ここでこのブログによくコメントを寄せてくれるシンコーさんが「スペシャルピアーズベジタブルカレー」を薦めてくれていたのを思い出した。
 となれば、私は「1種類のカレーセット」(1280円)にして、カレーを「スペシャルピアーズベジタブルカレー」、辛さを「4」、そしてドリンクをラッシーにした。ナンとライスの選択は、もちろん、ナンですよ(笑)。

サラダ

 まず運ばれて来たのはサラダ。ちょっと甘めのドレッシングがかかっていて、「カレーの辛さを中和させるのにいいだろうなぁ」といつも思うんだけど、毎回、カレーが来る前に食べ終えてしまう(笑)。だって旨いから。

スープ

 スープもそう。ゆっくり味わおうと思うんだけど、毎回、ほぼ一気飲みしている(笑)。だって旨いから。

ナンが登場

 そして、来ました、来ました!
 あれれ? ひょっとしてまた大きくなった? このお店のナンは成長するんかい!(笑)。

デカい上に分厚い

 大きさも凄いけど、この分厚さ! ボリュームあるよね。
 最近のほとんどのインド・ネパール料理店は、ナンの食べ放題をウリにしているけど、このお店は頑なに食べ放題をやらない。まあ、やる必要がないくらいデカいからね。お客さんも食べ切れずに持ち帰る人の方が多かったりするからね。

カレーと一緒に写真が撮れない

「スペシャルピアーズベジタブルカレー」が来たので、ナンと一緒に写真を撮ろうとしたのだが……イスに座ったままで写真を撮ると、ここまで引くのが精いっぱい。さすがに立ち上がって写真を撮るのは気が引けたのでしなかったけど、ナン、デカ過ぎだよ(笑)。

スペシャルピアーズベジタブルカレー

「スペシャルピアーズベジタブルカレー」はオクラやマッシュルームなどいろんな野菜が入っていて、それでいて味がうまくまとまっている。辛さも「4」でちょうどいい感じ。

ナンにカレーを付けて、いただきま~す

 では、ナンをちぎってカレーに付け、いただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 旨いなぁ。ナンもデカいけど、カレーもたっぷり。お客さんの中にはカレーを食べ残して持ち帰る人もいるから、このお店は基本的にボリューム満点だよね。
 そんなボリューミーなディナーセットをペロリと平らげる子どもたち。成長期だねぇ(笑)。

ラッシー

 いつもはナンをもう1枚頼む私だが、今回は1枚だけで十分にお腹いっぱい。
 ラッシーを最後に飲んで、「いやあ、食べた、食べた」……すっごい満足感。



 カミさんが会計している間、店内を見回すと、こんなモノがあった。

当然の賞だね

第2回 子育てにやさしい大賞 公園・その他部門 大賞

 凄いねぇ。こんな賞をもらってたんだ。しかも「公園・その他部門」の「大賞」だよ。
 まあ今回も「辛くないですか?」と聞きにきてくれたり、帰るお客さんには「サンキュー、ありがとう」と何度も何度も言ってるし、本当に接客が気持ちいい。この賞は当然かもね。

 これからも変わらず頑張って欲しいな。ナンはもう成長させなくてもいいからね(笑)。




【東村山店DATA】
住所:東村山市本町3-8-23
電話:042-398-2112
営業時間:午前11時~午後3時/午後5時~11時(ラストオーダーは午後10時30分)
駐車場あり
ホームページはこちら
フェイスブックはこちら


【新秋津店DATA】
住所:東村山市秋津町5-21-1
電話:042-306-3724
営業時間:午前11時~午後3時/午後5時~11時(ラストオーダーは午後10時30分)
駐車場あり
ホームページはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2018/01/25 05:00 ] 【カレー】 piaaz(本町) | TB(-) | CM(4)

マイルドで元気が出そうなほうれん草カレー

 仕事明けでひと眠りしたあと、起きてリビングに行くと、カミさんの姿が。そうか、今日は休みなんだ。じゃあ、一緒にランチでも行くかと向かったのは……。

ロティー屋 東村山店

 東村山駅西口にあるインド・ネパール料理店「ロティー屋 東村山店」。以前、喫茶店の「LuLu」があった場所だ。古い人には「MARU」のあった場所と言った方がわかりやすいかもしれない。

 2015年末に久米川駅南口にあったインド料理店「ナンバガン」が突然閉店したあと、2016年5月にこのお店がオープン。チラシには

「久米川のナンバガンが東村山のロティー屋に変わりました」

と書いてあったけど、私はちょっと引っかかることがあったんだよね。それは店名が「ロティー屋 東村山店」となっていること。「東村山店」ということは、ほかにも「ロティー屋」があるってことだよね?
 調べると、小平駅北口に「ロティー屋 小平本店」というお店があった。「ロティー屋 東村山店」はこのお店の支店なんだと思うんだけど、「ナンバガン」とはどういうつながりなんだろうね? 「ロティー屋 小平本店」のオープンは2015年10月だから、「ナンバガン」がこのお店を手掛けた可能性はあるかな。


 お店の前には自転車が数台。結構お客さんで賑わっているようだ。

ランチメニュー

 テーブル席に座ると、ランチメニューをチェック。ランチセットは、ナンかライスが食べ放題になり、サラダとドリンクが付く。
 カミさんは「野菜カレー」(895円)を辛さ「普通」で、私は「ほうれん草カレー」(895円)を辛さ「辛口」で注文した。
「ほうれん草カレー」は中に入れるモノを選ぶことができるんだけど、チキン、インドチーズ、マトン、エビと全部「なんちゃって菜食生活」をしている私にはNG食材ばかり。
「じゃあ『野菜カレー』にすればいいのに」と思うかもしれないけど、カミさんが頼んじゃったから、やっぱり違うモノを頼まないとね(笑)。
 まあ「なんちゃって」だからいいかな……ということで、私は「ほうれん草カレー」をマトンでお願いした。

アイスチャイ

 まず運ばれて来たのはドリンク。私が頼んだのは、アイスチャイ。カミさんはマンゴーラッシー。

ほうれん草カレーのランチセット

 待つことしばし。来ましたよ。
 これは私の頼んだ「ほうれん草カレー」のセット。ナンがデカいねぇ。

カミさんの頼んだ野菜カレーのランチセット

 こちらはカミさんの頼んだ「野菜カレー」のセット。

ほうれん草カレー マトン

「ほうれん草カレー」は当然ながら色は緑。緑のカレーと言えば、タイのグリーンカレーがあるけど、味は全く違う。でも共通点がなくもない。それはマイルドってこと。グリーンカレーはココナッツミルクが入っているせいで辛さより先に甘さが来る。この「ほうれん草カレー」は決して甘くはないんだけど、「辛口」にしたにもかかわらず、辛さはそれほど感じられない。ほうれん草の持つ甘味が辛さを抑えているのかもしれない。たぶん「大辛」にしても期待するほど辛くはならないんじゃないかな。

野菜カレー

「野菜カレー」はいろんな野菜がゴロゴロ入っている。

ちぎったナンに付けてパクッ

 では、ナンをちぎって、いただきますか……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

「ほうれん草カレー」だけを先にひと口食べてそれほど辛くなかったから、ナンに付けて食べると、さらに辛さはなくなるんだけど、いろんなスパイスが混じり合っているから、カレーそのものは旨いんだよね。
 あとね、「ほうれん草」って言うと、私の世代は「ポパイ」を思い出して、元気が出そうな感じがするんだよね(笑)。
 ナンも、もっちりタイプではなく、表面がパリッとした感じなので、カレーがうまく染みて旨い。

 で、「旨い、旨い」と食べていると、アッと言う間にナンがなくなってしまった。

ナンを食べ終えてもこれだけカレーが残っているので…

 でも「ほうれん草カレー」はまだこんなに残っている。
 ということで……。

ナンをおかわりしちゃいました

おかわりO(≧∇≦)Oしちゃいました!!!

 熱々のナンがまた旨いんだなぁ。

ナンでお皿のカレーを拭き取ってごちそうさま

 最後はナンでカレーをキレイに拭き取って、ごちそうさま。
 お店の人も優しかったし、居心地よかったなぁ。今度はちょっと気になった「バジルナン」をいただいてみようかな。




【DATA】
住所:東村山市野口町1-11-3
電話:042-391-5086
営業時間:月~金曜は午前11時~午後3時、午後5時~11時/土・日。祝日は午前11時~午後11時
定休日:なし
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2017/09/26 15:03 ] 【カレー】 ロティー屋(野口町) | TB(-) | CM(2)

うれしい復活!第2弾!

 2016年3月19日に閉店した久米川駅南口の居酒屋「も暖亭」が、2017年5月6日、久米川駅北口に復活したことを先日、このブログに書いた(記事はこちら)。一度閉店したお店が、店名を変えて復活するのは割とよくあるケースだ。だけど、1年以上のブランクを経て同じ店名で復活するのは珍しいと思う。
 そんなレアケースが、立て続けにまた起きたのだからビックリ。久米川駅南口にあったお店が、久米川駅北口で復活というパターンも「も暖亭」にそっくり。
 その復活したお店とは……。

復活した「ナンバガン」

「ナンバガン」だ。2015年末にいつの間にか閉店し、その後、東村山駅西口にインド・ネパール料理店「ロティー屋」をオープンさせていたのだが、2017年7月14日、久米川駅北口のパン屋「ローラル」があった場所で復活した。
 以前は「インドカレー&ナンハウス」と銘打っていたし、東村山駅西口にオープンさせたお店も「インド・ネパール料理店」としているのだが、今回復活した「ナンバガン」は「ネパール料理」と銘打っている。もともとネパールの人が経営しているのだが、日本で「カレーの本場」と言えば、やっぱりインド。だからどこのお店も、実際はネパールの人が経営しているにも関わらず、「インド」の文字をなかなか外せないのが実情だ。それを今回は「インド」を外して「ネパール料理」としているところに、復活したこのお店に賭ける意気込みみたいなモノを感じてしまうなぁ。

 お店に入ると、内装を全面的に変えたのか、以前あったパン屋「ローラル」の面影は全くなかった。店内は4人掛けのテーブルが4卓、カウンター席が7つあり、私は1人だったのでカウンター席に座った。

ランチメニュー

 これがランチメニュー。ランチにはサラダとドリンクが付き、ナンまたはライスが食べ放題となっている。
「なんちゃって菜食生活」をしている私は、「ベジタブルカレー」(895円)をチョイス。ドリンクはマンゴージュースにし、辛さは一番辛い「大辛」の1つ手前の「辛口」にしてみた。

「ベジタブルカレー」のランチセット

 これが「ベジタブルカレー」のランチセット。以前は確かスープが付いてたと思うけど、今回はなくしたみたいだ。でもこの方が1プレートにすべて乗せて出すことができるから、いいかもね。

ベジタブルカレー

「ベジタブルカレー」は結構、野菜が入っている。見えるのは短冊切りの生姜と刻みネギだけなのだが、中にはブロッコリー、インゲン、グリーンピース、ニンジン、ジャガイモ、マッシュルーム、コーンなど野菜がいっぱい。

サラダ

 こちらはサラダ。かかっているドレッシングの中に、粉砕したナッツが入っているのか、甘味があってなかなかうまい。

そしてデカいナン

 そして焼きたてのデカいナン。外側のパリッとしている部分が多く、モチッとした部分とのバランスがいい。

では、いただきま~す

 ではでは、ナンをちぎり、カレーを付けて、いただきま~す……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 ナンのパリッとした部分がカレーをよく吸い込んでくれるし、焦げた香ばしさも合わさって何とも言えず旨い。気のせいか、以前より旨く感じるよ。

ナンを食べ終えたけど、まだカレーが残ってるので…

 旨い、旨いと食べていると、アッと言う間にナンがなくなってしまった。でも「べしタプルカレー」はまだこんなにある。ということは……。

おかわりしちゃいました

おかわりだよねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 焼きたてで熱いナンを「アチチ…」とつぶやきながら、ちぎってきカレーに付け、ちぎってきカレーに付け、黙々と食べ続ける。

カレーをキレイに拭き取って完食

 最後はカレーをナンで拭き取るようにして食べ、お皿をピカピカにして完食!
 いやあ、旨かった。今までは「肉の入ってないカレーなんて…」と「ベジタブルカレー」を食べたことなかったけど、旨いもんだね。肉やシーフードの入ってないカレーはほかにもまだあるから、また来てチャレンジしてみよう。




【DATA】
住所:東村山市本町4-3-5
電話:042-207-8444
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~11時
定休日:なし




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2017/08/16 10:33 ] 【カレー】 ナンバガン(本町) | TB(-) | CM(2)

カリッ、サクッ系のナン

 先日、惜しまれつつ閉店した久米川駅南口の居酒屋「大ing」。このお店の入っている建物の1階で営業しているのが、今回紹介するネパール・インド料理店「カマナ」だ。

カマナ

 もともとはダイニングバーの「Zoiz-kitchen」があった場所なんだけど、2014年2月に閉店して以来、2軒ほど居酒屋が入ったのだが、ことごとく閉店。2016年5月に「カマナ」がオープンした。
 看板に「ネパール・インド料理」と「ネパール」が先に書いてあるのは、おそらくネパールの人がシェフだからだろう。「ネパール料理」だけだと「何それ?」となっちゃうけど、「インド料理」が加われば「ああ、カレーね」とわかりやすいから、付けているんだろうなぁ。

本日の日替り

 近づいてみると、入り口近くに黒板があり、本日の日替りとして「ナストチキンカレー」と書いてある。「ナスとチキンのカレー」ってことなんだろうな。いいなぁ、たどたどしいけど、ちゃんと日本語で書こうとしているところ。
 早速、私はお店に入ってみた。入って左の窓側がすべてカウンター席になっていて8席あり、右側には4人がけのテーブルが2卓、6人がけのテーブルが1卓あり、奥が厨房になっている。

サービスで出してくれたスープ

 カウンターに座ると、「いらっしゃいませ。今日は寒いのでサービスです」と女性の店員さんが、ちょっとぎこちない日本語でスープを出してくれた。こういうサービス、うれしいね。
 スープは見た目と違い、意外とスパイシーで、飲むと体がほかほかしてくる。

 スープを飲みつつ、メニューをチェック。ランチは次の通り。

*海老カレー(920円)
*ミックスシーフードカレー(920円)
*キーマカレー(810円)
*マトンカレー(920円)
*野菜カレー(760円)
*ポークカレー(810円)
*チキンカレー(750円)
*ダルカレー(540円)
*日替りカレーセット(920円)


 ランチにはすべてナンまたはライス、サラダ、ドリンクが付く。
 表の黒板を見て「日替りカレーセット」にしようと思っていた私は、値段を見てちょっとためらってしまった。ランチの「日替り」って、もう少しお手頃価格なんじゃないかなぁ。920円なら同じ値段の「マトンカレー」にしようかなぁ、それとも普通に「チキンカレー」にしようかなぁ……迷ったけど、初志貫徹で「日替りカレーセット」をナンでお願いした。

辛さは5段階

 辛さは5段階から選べる。私は「4」の辛口にしてみた。

おかわりはプラス100円

 最近のインド料理店は「ナンまたはライス食べ放題」というところが多いのだが、このお店は食べ放題ではなく、プラス100円でおかわりができるシステムのようだ。ナン1枚で足りるかなぁ(笑)。

日替りカレーセット

 待っていると、来ました、来ました。これが「日替りカレーセット」。大きなナンにサラダ、そして「ナスとチキンのカレー」。あれ? よく見ると、サフランライスが付いている。ナンじゃなく、ライスを選んだらどうなるんだろう? 白いライスとは別に、同じようにサフランライスが付いてくるのかな?

ナスとチキンのカレー

 なかなか辛そうな色じゃないの。スプーンを突き入れると、ナスとチキンがゴロゴロ。
 そのままひと口食べてみると……おっ、スパイシーだけど、しっかり旨味を感じる。辛さはそれほどでもないかも。汗も滲んでこないし。

ナンは全体的にボコボコと膨らんでいる

 ナンは少し薄くて、よく焼けてるって感じ。ちぎると表面の焦げた部分がパリッと割れ、口に入れると、カリッ、サクッという食感。
 本町にある「Piaaz(ピアーズ)」や、久米川駅南口の「サンガム」のもっちり系のナンとは対照的だ。
 でもこれはこれで旨いんだよね。カレーに付けると、カリッ、サクッという部分とカレーが染みてシットリした部分が口の中に混在して何とも言えない食感になるんだよね。

キレイに拭き取ってごちそうさま

 サフランライスもあるもんだから、たっぷりあったカレーが意外と簡単に減ってしまい、ナン1枚でキレイにお皿を拭き取ることができた。結構、具だくさんだったこととサフランライスが効いたのか、食べ終わるとお腹いっぱい。

ラッシーで〆

 最後にドリンクとして頼んだラッシーを飲んで、ごちそうさま。
 このお店、基本はネパール料理で、カレー以外にも麺類などユニークな料理があるので、ディナータイムに飲みに来るのも楽しいかもね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-19-15
電話:042-396-3988
営業時間:ランチ午前11時~午後3時/ディナー午後5時~11時
定休日:なし
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




[ 2017/03/24 05:03 ] 【カレー】 カマナ(栄町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR