東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


天ぷらそば的に食べる天もり

 そば屋に入って、「そばと天ぷらの2つを味わいたい」と思ったら、2つの選択肢がある。1つは天ぷらそば、そしてもう1つは天もり(または天ざる)だ。
 天ぷらそばは、かけそばの上に天ぷらが乗ってるワケだから、コロモが最初から柔らかく、グシャグシャになる。そこがまた旨いんだけど、天ぷら本来のコロモの食感を味わうなら、やはりそばと天ぷらが別々の天もり(または天ざる)の方がいい。
 でも完全に別々じゃない天もり(または天ざる)もある。これはこれで面白い味わいになるのだ。

 そんな天もり(または天ざる)が味わえるのが、武蔵大和駅からバス通りを東村山駅方面に進んだところにあるそば屋「巴屋」だ。
 たまたま通りかかって、「そばと天ぷらを食べたい」と思ったから入った私。「天ぷらは天ぷらとして味わいたい」と思い、「天もり」(1000円)を頼んだ。

天もり

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。おおっ、天ぷらがたっぷりじゃない。うれしいなぁ……あれれ、つゆが1つってことは、このつゆでそばも天ぷらも食べるってことなんだ。うーん、できれば別々が良かったなぁ。
 第一、添えられている薬味をどう使えばいいの?

 天ぷらの盛り合わせが入っている方の隅に、薬味が添えられているのだが、天ぷら用として大根おろしと生姜、そば用としてワサビとネギがある。まさか全部入れるワケにはいかないよね?
 さてどうしたものか……と考えた末、私は天ぷら用の薬味をつゆに入れ、ワサビはそばに付け、ネギはそばを食べたあと、口に放り込むことにした。

そばのアップ

 そばはちょい細めかな。つゆに少し付けてズズッとすすると……あれ? つゆが甘い。もともとのそばつゆが甘いのか、天ぷら用に甘くしているのかはよくわからないが、少し付けただけでは物足りないことだけは確かだ。
 では、ザブンとたっぷり付けてズッ、ズズズ……この方がずっと旨いや。もともと私は辛いそばつゆにちょこっとだけ付けて食べる関東スタイルは苦手だったから、どっぷりと付けて食べるこの食べ方にすぐ馴染んでしまった。

天ぷらのアップ

 天ぷらはエビが2つもあり、ボリューム満点。つゆに付けて食べるたびに、天ぷらコロモが落ち、油がつゆに浮き、つゆの味が変わっていくんだけど、それがまるで天ぷらそばを食べているみたいで、妙にいいんだよね。
 全部食べ終え、つゆをそば湯で割って飲むと、それはもう天ぷらそばのつゆそのもの。
 そばはそば、天ぷらは天ぷらのつゆでそれぞれ味わいたいという人にはダメだろうが、こういう天もりも私は「アリ」だと思うなぁ。


【DATA】
住所:東村山市廻田町3-10
電話:042-391-6349




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック




[ 2008/06/08 18:03 ] 【そば】 巴屋(廻田町) | TB(-) | CM(0)

東村山鍋焼きうどん選手権エントリーNO.3

【過去のエントリーはこちら】
*エントリーNO.1「玉清」
*エントリーNO.2「八山庵」



 第3回目に取り上げるのは、「巴屋」というそば屋。場所は武蔵大和駅を出てすぐ目の前にある道路を左折する。ちょっと歩くと信号交差点に出るのだが、それをそのまま真っ直ぐ東村山駅方面に進むと左側に看板が見えてくる。

巴屋

「巴屋」という名前のそば屋は久米川駅南口にもあるのだが、関係あるのだろうか? 
 まあ、そんなことはともかく、店内に入ると早速メニューをチェック。このお店も「八山庵」同様、「なべ焼うどん」に「並」(900円)と「上」(1200円)の2種類がある。「八山庵」では「上」を食べたが、それは1000円以内だったからだ。「上」が1200円というのは悩むところだ。
 考えた結果、私は「並」を注文した。何となく自分の中で、鍋焼きうどんは1000円以下のメニューなんだよね。

こんな感じで出てきました

 しばらくするとグツグツ煮立った土鍋が運ばれてきた。フタはなく、薬味のネギとレンゲが添えられている。パッと見た感じは、なかなか美味しそう。

「なべ焼うどん」の並

 よく見ると、エビの天ぷらのほかにもう1つ天ぷらが入っている。うどんも太くて手打ちっぽい。いいじゃないですか。それでは、いただきま~す。


【つゆ】★★
 色は結構濃い。オードックスな関東のつゆだ。甘くないが、さほどしょっぱくもない。天ぷらの油が加わって最初は旨く感じるのだが、食べ進むにつれ、ちょっと重たくなってくる。

【具材】★★☆
 エビの天ぷらに春菊の天ぷら、かまぼこ、ナルト、ホウレンソウ、ネギ、シイタケ、鶏肉、そして麩。「並」に玉子が入らないようだ。ちょっと残念。半熟の黄身をうどんに絡めて食べるのが個人的には大好きだからなぁ。
 あとで「上」に何が入るのか、お店の人に聞いたら、玉子のほかにキスの天ぷらなどが入るのだとか。これにさらに天ぷらが加わったらもう天ぷらうどんになっちゃうよね。それってどうなんだろう?

【うどん】★★
 太くて角があり、少しねじれていることから手打ちっぽい感じがするのだが、その割にはコシがなく、箸で持ち上げるとブツッ、ブツッと切れてしまった。うどんそのものは色が変わるほどつゆが染みていて旨いんだけど、切れてしまって、ツルツルッと食べられないのが残念。

うどんのアップ

【値段】★★
「並」で900円、「上」で1200円というのは高いかな。このお店では「かつ丼」の「並」が800円だから、せめてそれぐらいだと思う。「かつ丼」より高いのはちょっと抵抗があるなぁ。

【総合評価】★★
 うどんの量は多くてお腹いっぱいになれたし、天ぷらは揚げたてで旨かったけど、値段との兼ね合いを考えると、ちょっと不満かも。それでもうどんのコシがあって、ツルツルッと食べられるようになれば、それだけでグンと印象が変わると思う。まあ、そば屋だから仕方ないのかなぁ。


【DATA】
住所:東村山市廻田町3-10
電話:042-391-6349




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック



[ 2006/01/31 18:34 ] 【そば】 巴屋(廻田町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR