東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


隠れ家的なそば屋でコース料理を堪能

 友人から「マサさん、いいおそば屋さんがあって、コース料理もやってるんだけど、行ってみませんか?」というお誘いをいただき、「それはぜひ!」と二つ返事でのこのこと出かけた私。そのそば屋とは、東村山駅西口に昨年オープンした「土家(つちや)」

 場所は東村山駅西口を出て、武蔵大和駅に向かうバス通りを進む。100メートルほど歩くと、右側に「理容カネコ」が見えるから、その先を斜め右に入る。左側に「土方内科医院」が見え、その先の小さな橋を渡ってすぐ右側を見ると……。

土家

 こんな風に白い暖簾がかかった古い民家が見える。これが「土家」だ。

これが入り口

 空いていた民家を改装したということなので、入り口からして、お店というより住宅という感じ。
 店内がまた民家そのもので、いい雰囲気なんですよ。天井が高くて梁が見えているところなんて、何とも懐かしい気持ちにさせる。

 友人とともにカウンターの席に座る。この日は友人がすべて仕切ってくれていて、飲み物は別で、5000円のコースを頼んであるという。

まずはビールで乾杯

 まずはビールで乾杯。出されたグラスが、お店の雰囲気に合っていて、お店の大将のこだわりを感じる。

2人分の先付

 ビールを飲んでいると、ドーンと2人分の先付が乗ったお皿が出て来た。
 たらの芽の天ぷらがあり、うどの皮キンピラがあり、春を感じさせる料理が少しずつ乗っていて楽しい。こうなるとやっぱり飲み物は……。

遊穂

 日本酒でしょう。頼んだのは石川県の日本酒「遊穂 純米おりがらみ 無濾過生原酒」。薄っすらと濁っており、程よい酸味と米の旨味がスルッとノドを通り過ぎていく。旨いなぁ。

そば豆腐 サラダ仕立てのカツオの刺身

 先付の後に出て来たのは、湯葉のかかったそば豆腐。それからサラダ仕立てのカツオの刺身。そば豆腐には菜の花のおひたしが添えられ、これもまた春を感じさせる。

 並べて掲載したけど、1つ1つ、ゆっくりと料理は出てくる。だから、友人と酒を飲みながら話しをし、こちらもゆっくりと料理をいただく。

屋守 「屋守」のにごり

 料理が旨いとお酒が進んでしまうのは、仕方のない話。続いて頼んだのは、わが東村山の地酒会社である「豊島屋酒造」の純米吟醸「屋守(おくのかみ)」。このお酒、悔しいことに東村山市内の酒店では扱われてないんですよね。だからかもしれないけど、出しているお店も少ない。私が知っているところでは、久米川駅南口のダイニングバー「炭味坐」ぐらいだろうか。このお酒、スッキリとした飲み口で旨いんだよね。

 その珍しい「屋守」の純米おりがらみがあるというので、出してもらった。濁っているのがわかると思う。同じおりがらみでも、「遊穂」とはまた違う味わい。ああ、こっちの方が個人的には好きかも。旨いなぁ。

そばがき

 と、そこに出て来たのは、そばがき。そばがきそのものはお椀の下にあって見えないが、手前に写っているのは、桜の葉を巻いた鯛。これがまた抜群の味だった。

鴨の治部煮

 続いて出て来たのは、鴨の治部煮というか、治部煮風なのだろうか? だってね、一緒に添えられているモノが、マッシュしたポテトなんですよ。これがまたいい味付けで旨いんだ。

漬け物

 そっと出された漬け物もひと工夫凝らされている。何しろ山芋とうるいですからね。そろそろ〆のそばが出るころなんだけど、日本酒が進んで仕方がないよ。

〆のそば

 コースの〆であるそばが登場。

そばのアップ

 そばは細く、そして短い。では、そばつゆに少しだけ付けて、いただきま~す……おや、このつゆ、そんなに辛くない。むしろズブズフ付けられる感じ。そば通の人はどう思うかしらないが、私はたっぷりつゆを付けて食べる方が好きだから、こういうつゆは大歓迎。それにたっぷり付けても、このそばは香りがちゃんと口に広がって旨い。

そば湯でホッとひと息

 そば湯を飲んで、ホッとひと息。ごちそうさま。

最後にお茶と羊羹が出て来た

 最後にお茶と羊羹が出て来た。この羊羹、一見すると何の変哲もないようだけど、中に細かく刻んだ桜の葉が入っている。これが何ともいい香りと味を出している。

 ガッツリ食べたい人には、全然物足りない量かもしれないが、お店の雰囲気といい、ゆっくりと料理を出してくれる大将といい、その繊細な味わいの料理といい、まさに「大人の隠れ家」と言うにピッタリのお店だと思う。
 こういうお店が東村山にまた1つ増えたってことは本当にうれしい。

 大将、遅くまでつき合わせちゃってすみませんでした。ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市野口町4-18-1
電話:042-392-9452
営業時間:午前11時半~午後2時、午後5時半~8時
定休日:水曜



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック




[ 2009/04/07 23:08 ] 【そば】 土家(野口町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR