東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


体がじんわりと温まるそば

「東村山逸品倶楽部」で気になったモノの第2弾。今回行ったのは、東村山郵便局の裏手にあるそば屋「そば季彩 はや川」。このお店の「鴨せいろ」(1480円)が紹介されていたんだけど、これがすごく気になったんだよね。

 温かいつけ汁に冷たいそばをつけて食べるスタイルは、ラーメン界では今や当たり前の存在になっている「つけ麺」の原型だと思う。でも考えたら、あんまりこのスタイルのそばを私は食べたことがないんですよね。そういうこともあって、「食べてみたい」と思ったワケ。

鴨せいろ

 これが「鴨せいろ」。手前の真ん中にある小さなお皿に入っているのは山椒だ。
 それにしてもつけ汁の器に注ぎ口が付いているのはなぜだろう? まさかここから飲めっていうことじゃないよね(笑)。

そばのアップ

 そばは細め。そのまま1本食べてみると、ほんのりとそばの香りがして旨い。

鴨肉たっぷりのつけ汁

 つけ汁には焼き色の付いたネギが浮かび、鴨肉が見える。おっ、つくねも入っているようだ。
 では、いただいてみますか。そばをザブンと付けてズズズ……旨いなぁ。肉汁うどんのつけ汁より上品な甘さがある。
 次に山椒を入れて、ザップン、ズズズ……おおっ、これはいいなぁ。山椒の香りがたまらない。
 鴨肉は柔らかくて旨いし、ネギも甘みがあって旨い。気がつくと、そばはなくなり、完食。「うーん、もう少し、そばが食べたいなぁ」なんて思っていると……。

そば湯と器が出てきた

 そば湯が小さな器とともに運ばれて来た。
 あっ、なるほどね。鴨せいろのつけ汁をこの小さな器に入れ、これでそば湯割りをするワケだ。ああっ、だからつけ汁の器に注ぎ口が付いていたのか。納得。

 では、そば湯割りをいただきますか。

このそば湯割りが旨かった

 1杯目はじわ~んと体に染み込み、2杯目は底に沈んでいた山椒が突如として口に広がり、ほかほか気分。最後の3杯目を飲み終えると、体はポカポカしてきた。
 鴨肉には、ビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、パントテン酸、鉄、リンなど体の機能維持や調節に不可欠なビタミンやミネラルが多く含まれていている。冷えなどにも効果があると言われているから、私の体がじんわりと温まってきたのは、そのせいかもしれない。
 いやあ、旨かったなぁ。ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市本町2-1-14
電話:042-398-1418
営業時間:午前11時半~午後2時半
      午後5時半~8時半
定休日:火曜と第3水曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック



香味野菜でサッパリ度アップの冷やし系そば

 お腹が空いているんだけど、何が食べたいのか自分でもハッキリせず、フラフラと歩き回ってしまうことってないですか? 先日の私がそうだったんですよね。
 フラフラ歩きながら、「今日は中華じゃないよなぁ」「ラーメンもなぁ…」「洋食系の定食はちょっと思いなぁ」……なんて思いながら来たのは、東村山郵便局の裏手にあるそば屋「そば季彩 はや川」の前。
「そばねぇ……」と思いつつ、表に出ているメニューを見ると、「ぶっかけそば」(1100円)という文字を発見。
「ぶっかけ」と言えば、うどんだと思っていたけど、そばでもあるんだね。何となく気になったので、本日は「ぶっかけそば」に決定! 私はお店に入り、注文した。

 冷たいそば茶を飲みながら、待つことしばし。

ぶっかけそば

 へぇ、これが「ぶっかけそば」なんだ。添えられているつゆをかけて食べるワケだ。

香味野菜をはじめ、いろいろと具材が乗っている

 よく見ると、真ん中に乗せられた花ガツオの周りに白髪ネギ、大葉、ミョウガ、大根おろしと香味野菜が散らされ、さらに天かすと茹で玉子が乗っている。
 さて、それではつゆをドバッと上からぶっかけて、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 そばは細いくせにシッカリとコシというか歯応えがあるし、何よりもそばを口に入れるたびに飛び込んでくるいろんな香味野菜が、香り、食感、味に変化を加えてくれて旨い。
 茹で玉子は外側が茶色になっているから味付け玉子かと思ったら、口に入れた瞬間、スモークの香りがフワーッ。どうやら燻製玉子のようだ。いやあ、旨いよ。

 夢中になって食べまくり、アッという間に完食。いやいや、これは旨かった。食欲のない人には超オススメだね。


 食べ終えて、ホッとしていると、店員さんが「そば湯、お願いしま~す」と厨房に声をかけている。お客さんは私以外に1人いるんだけど、すでにその人は食べ終えて、そば湯を飲んでいる。
 ということは……エッ、私に?

食べ終えると、ナントそば湯が出て来た

 予想通り、そば湯が私のもとに運ばれて来た。確かに器にはつゆがが残っているが、まさかこれをそば湯で割るワケじゃないよね?
 店員さんに聞くと、さすがに残ったつゆは使わないらしい。そば湯と一緒に、つゆの入った器が添えられており、それにそば湯と薬味を入れて飲むようだ。

 まさか最後にそば湯が飲めるとは思っていなかったから、これはうれしいサプライズ。正直に言うと、「ランチに1100円もかけるのは高いかな」と思っていたんだけど、思っていた以上に旨いモノが食べられて、食後も落ち着いたひと時を過ごせて、すっかりリフレッシュ。これなら納得。午後の仕事もはかどったし、いいランチだったと思う。


【DATA】
住所:東村山市本町2-1-14
電話:042-398-1418
営業時間:午前11時半~午後2時半
      午後5時半~8時半
定休日:火曜と第3水曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック




飲み疲れの体に優しい雑炊

 何だか最近、飲む機会が多く、「今日は控えよう」と思いつつ、飲み始めると誰よりも飲んで話したりなんかして……結局、翌朝、体がダルかったりする。先日もそうだった。どうにも体がダルいんだけど、何か食べないと体が持たないだろうなぁ……そう思いつつ、どこでランチを食べようかなぁと、東村山駅に向かって私は歩いた。

「やっぱりこういう時は、そばがいいかな」と思った私。東村山郵便局の裏手にある「そば季彩 はや川」に向かった。表に出ているランチメニューを見ると、「そば米雑炊セット」(980円)なんてモノがあるではないか。「これだ!」と思い、私はお店に入ると、すぐに「そば米雑炊セット」を注文した。
 店員さんに「そばはどうしますか?」と聞かれ、私は「冷たいおそばで」とお願いした。

そば米雑炊セット

 しばらくして運ばれてきたのがコチラ。そば米雑炊にもりそば、小鉢にデザートが付いている。小鉢はホウレンソウときのこのおひたし、デザートは抹茶の水ようかん。
 普段の私ならボリューム的に物足りなさを感じるところだが、飲み疲れ状態の自分にはピッタリのボリュームだ。

これがそば米雑炊

 初めて食べるけど、これがそば米雑炊。「米」という文字が付いているから、そばとは違うモノかと思ったら、どうやらそばの実らしい。たぶん「そば雑炊」と言うと、麺になったそばが入っているイメージを持たれてしまうから、「そば米雑炊」と言うようになったんじゃないかな。
 食べると、不思議な食感。米とタピオカの食感を足して2で割った感じ。ちょっとプニュッとした歯応えがあり、何だか食べていて楽しい。

そばはいつもの細いタイプ

 そばは細いけどコシがあって、ノド越しもいい。そば米雑炊もそばも胃に優しい感じで、スルッと入っていく。小鉢もユズが効いていて、サッパリしている。旨い、旨い。
 最後にデザートを食べて、ごちそうさま。そば湯割りを飲みながら「ふぅ~っ」とひと息。何だか元気が出て来たよ。


【DATA】
住所:東村山市本町2-1-14
電話:042-398-1418
営業時間:午前11時半~午後2時半
      午後5時半~8時半
定休日:火曜と第3水曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック





じんわりと体に温かさが染みるあんかけそば

「暖冬で温かいから、そろそろコートなしでもいいかな」と思っていると、急に冷たい風が吹き付ける日が続いたりして……結局のところ、人間なんて万物の頂点を気取っているけど、自然にいいように扱われているんだよね。こういう時は、お天道様を恨んだところで仕方がない。寒い時には体が温まりそうなモノを食べる……こういう自然体でいないとね。

 なんてことを考えつつ歩いていると、運良く体が温まりそうなモノを発見。東村山郵便局の裏手にある建物に入っている「そば季彩 はや川」の入り口近くに、こんなメニューが出ていたのだ。

表に出ていたメニュー

「生ゆばあんかけそば」(1280円)だって。あんかけだから、これはじんわりと体を温めてくれるんじゃないかなぁ……ということで早速、お店の中へ。
 お店は西武新宿線の線路から近いところにあるのだが、店内に入るとそんな喧騒を忘れさせてくれるほど、落ち着いた雰囲気に包まれ、ゆったりとした気分になれる。そこに運ばれてくるお茶は、香りのいいそば茶。外が寒かっただけに、そば茶の温かさと香りが「染みるぅ~」って感じ。
 基本的に私は安くて美味しければ、多少お店が汚くてもOKなんだけど、こういうお店に入ると、「やっぱり雰囲気って大切なんだなぁ」と思う。

「生ゆばあんかけそば」を頼んでから、待つことしばし。

生ゆばあんかけそば

 これが「生ゆばあんかけそば」。上に乗っている三つ葉とワサビの代わりにグリーンピースを乗せて「天津飯です」と言ったら、だまされる人がいるかもね(笑)。

生ゆばあんかけそばのアップ

 アップで見ると、とっても旨そう。生ゆばがいい感じじゃないですか。

そばのアップ

 一応、撮影用にと箸を突き入れ、そばをグイッと引き上げると、一緒に湯気がモワ~ッと立ち上る。中は相当熱そうだ。
 注意深く、まずはレンゲでつゆをひと口。やや甘めかな。でも、しつこい甘さじゃないから、そばと一緒に食べると、ちょうどいい味になる。生ゆばは、ふわふわ&とろ~りで旨い。ワサビを少し塗って食べると、さらに旨さが引き立つ。
 そばは細くて柔らかいのだが、最後まで決してブチブチと切れることはなかった。熱いからゆっくり食べたのだが、そのせいか、じんわりと体がホクホクしてきた。
 ちょいとお値段は高めに感じるが、生ゆばがたっぷり入っていたし、あんかけのつゆを全部飲んだせいか、意外とお腹もいっぱいなったし、何よりも体が温まったから、寒さを感じる時にはいいんじゃないかなぁ。


【DATA】
住所:東村山市本町2-1-14
電話:042-398-1418
営業時間:午前11時半~午後2時半
      午後5時半~8時半
定休日:火曜と第3水曜



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック




天ぷらで春を味わう

 引越しすると、いろいろと手続きをしなくてはならない。電気、水道、電話、ガスなどなど、いろいろと事前にやったつもりだったのだが、郵便局に住所変更を届けるのを忘れていた。気づいたのは引越ししてからのこと。私は府中街道沿いにある東村山郵便局に行った。
 郵便局に行くなら近くにもあるのだが、わざわざ東村山郵便局に行ったのは理由がある。「どうせなら引越しそばを食べようじゃないか」と思ったワケなんですよ。
 で、私が向かったのは「そば季彩 はや川」だ。少し値段は高めだが、落ち着いてそばが食べられるからココにしたのだ。
 入り口前にオススメのメニューが書かれた紙が置いてあり、私は瞬時に「季節の野菜天ぷら盛合付せいろ」(1280円)に引かれてしまった。桜の花も満開だし、やはり春めいたモノを食べたいじゃないですか。というワケで、席に座るなり、私は「季節の野菜天ぷら盛合付せいろ」を頼んだ。

 出されたそば茶を飲みながら待っていると、厨房の奥から「そば出ま~す」の声。これを聞いた女性店員さんは冷蔵庫から薬味を取り出し、小皿にネギと大根おろしを置き、そしてワサビを擦り始めた。おろしたてのワサビを小皿に乗せ、そばと揚げたての野菜天ぷらをお盆に乗せて、やって来ました「季節の野菜天ぷら盛合付せいろ」。

季節の野菜天ぷら盛合付せいろ

 いい感じじゃないですか。まずはそばを何も付けずに食べてみる。やや細めだが、コシがありノド越しもいい。

そばのアップ

 では、つゆを付けて食べますか。おろしたてのワサビを出された以上、つゆの中に入れてはもったいない。せっかくのワサビの香りが消えてしまう。私はそばにワサビを少し塗り付けてから、つゆに少し浸してズズッと食べた。いやあ、旨いねぇ。つゆは辛くなく、西日本出身の私には食べやすい味。ワサビの香りも爽やかでいい。薬味のネギや大根おろし、口に放り込んではまたそばをズズッ。いろんな味わいが楽しめて旨い。

野菜天ぷら

 野菜天ぷらは7種類。シイタケとナス、カボチャ、春菊のかき揚げは見た目でわかるのだが、あとの3つがわからない。特にわからないのが、シイタケの右横にある細長い天ぷらだ。食べればわかるだろうと思って食べてみるが、何だか不思議な味わいだ。サクッとした食感でエグさは全くなく、ほのかに甘い。わからないので店員さんに聞くと、「ウドです」という答え。へぇ、ウドって天ぷらにするとこんな味になるのか。
 ナスの左横にある緑の天ぷらは中にプチプチとした豆が入っていた。「ああ、豆だ」と思って食べたけど、よく考えるとコレって何ていう野菜なんだろう? 店員さんに聞けばよかった。
 ナスの上の方にチラッと見える緑の天ぷらは、先がクルクルッと丸まっているのが見えてようやく蕨だとわかった。この状態は「早蕨」と呼ぶべきなのだろうか。
 ちょっと驚いたのは春菊のかき揚げ。間にチラッと見える細いオレンジ色のモノを私はニンジンだと思っていたのだが(だって野菜天ぷらって書いてあるから……)、食べると全然違うモノだった。サクラエビだ。サクラエビそのものは別に春の食材ではないが、色といい、その名前といい、春らしくていい。もちろん味もいい。
 天つゆだけでなく、抹茶塩でも食べられるようになっているのもうれしい。
 日ごろ、季節感のない生活をしているから、こういう料理って「いいなぁ」としみじみ思う。季節ごとにこのお店に来るのもいいかもね。


【DATA】
住所:東村山市本町2-1-14
電話:042-398-1418
営業時間:午前11時半~午後2時半
      午後5時半~8時半
定休日:火曜と第1、3水曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック



デートにも使えるオシャレなそば屋

「そば屋」と言うと、皆さんはどんなイメージを抱くだろうか? 今でこそ都心部にはシャレたそば屋ができているが、まだまだイメージ的には“オジサンが行くお店”という感じではないだろうか。少なくとも皆さんがそれぞれ持っているであろう「デートで使いたいお店リスト」の中に、そば屋は入っていないハズだ。
 でも、今回紹介するそば屋「そば季彩 はや川」を知れば、きっと「デートで使いたいお店リスト」に入ることだろう。
 場所は東村山駅東口を右に出て、そのまま線路沿いの道を真っ直ぐ進み、イトーヨーカドーを通り過ぎてすぐの建物の1階にある。

そば季彩 はや川

 木目のキレイな板の壁に萌黄色の暖簾……外観からしてオシャレじゃないですか。この日はブログで知り合った女性と一緒に行ったのだが(遊園地のプール券をいただいたので、そのお礼に食事に誘ったのです。変な想像はしないように)、その人も「オシャレなお店ですね」とひと言。女性が見てもそう思うのだから、東村山にしては珍しい存在かもしれない。
 店内もシャレていて、木の色を生かした落ち着いた雰囲気。BGMにはピアノの曲が流れている。
 ランチは3つあり、Aが「かきあげセット」、Bが「だし巻セット」、Cが「そば米とろろセット」となっていて、いずれも980円。一緒に来た女性はAを、私はBを頼んだ。

だし巻セット

 これがBの「だし巻セット」。器もキレイだし、だし巻とそばの他に、小鉢と甘味が付いている。そばは、せいろとかけそば、どちらかを選べるようになっている。
 では、そばから食べてみますか。

そばのアップ

 そばは細切りだが、歯応えがありノド越しもいい。つゆはやや甘め。どっぷり付けても食べられる。そばは一見すると、量が少ないように思えるが、食べてみるとそうでもなく、ランチとしてはちょうどいい量だ。

だし巻 かき揚げ

 だし巻はふわふわと柔らかくて甘い。個人的にはもう少し甘さ控えめで、だしの風味が効いているのが好きだが、添えられている大根おろしと醤油で甘さは調節できるので、これはこれでいいかも。女性が頼んだAセットのかき揚げはカラッと揚がっていて、なかなか美味しそう。そばつゆとは別に天つゆが添えられているのもいい。
 小鉢と甘味を食べ、そば湯でつゆを割って飲む。普通、そば屋は食べるにしろ、飲むにしろ、「サッと食べて(飲んで)サッと帰る」のが粋とされているが、このお店は雰囲気が落ち着いているから、ゆっくりと話をしながら食べられる。「このお店ならデートとかにも使えそうだね」と言うと、知り合いの女性も「使えるかも」と同意してくれた。これは覚えておいて損のないお店だと思いますよ。


【DATA】
住所:東村山市本町2-1-14
電話:042-398-1418
営業時間:午前11時半~午後2時半
      午後5時半~8時半
定休日:火曜と第1、第3水曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック



料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR