東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


ちょい飲みにピッタリのタイムサービス

 早めに仕事を終えて家路についた私。時計を見ると、午後5時を回ったところ。電車に揺られながら「ちょっと軽く飲んで帰ろうかな」と思い、小平駅で乗り換えて萩山駅へ。北口を出てすぐのところに「おつかれさん」というユニークな店名の居酒屋があることを思い出したからだ。
 しかし、行ってみると居酒屋「おつかれさん」は別のお店に変わっていて、まだ営業していなかった。
「どうしようかなぁ」と辺りを見回すと……。

いらっしゃいませ

 エエッ、居酒屋「いらっしゃいませ」だって? 何だかこの店名のユニークさ、居酒屋「おつかれさん」に似ているなぁ。まさか同じ経営者?
 そんな疑問を抱きつつお店に近づくと……。

お得なタイムサービス

 へぇ、こんなタイムサービスをやっているんだ。通常より550円もお得なんだ。これはちょい飲みにピッタリだなぁ。
 ということで、お店に入った私。
 店内は右側にカウンター席が8席あり、奥に小上がりがある。カウンターの向こうには店長さん。どうやら1人で切り盛りしているらしい。
 お客がまだ私1人という気軽さもあって、私は店長さんに居酒屋「おつかれさん」との関係を聞いてみた。

「そうなんですよ。2年前にあっちのお店は閉めたんです。でも、お客さんの要望もあって、去年の秋にここを始めたんです」

 オープンしたのは2016年10月5日とのこと。居酒屋「おつかれさん」の店長さんということは、ひょっとして八坂駅近くにあった居酒屋「いか太郎」をやってた人?

「あれ、お客さん、よくご存知ですね。そうです、『いか太郎』をやってました」

 ナント、ナント、そういうことでしたか。お店についての疑問が解決したところで、私はタイムサービスを注文。

生ビールでお疲れさん

 生ビールはアサヒですか。アサヒの生ビールは今ひとつ好きじゃない私だけど、飲んでみて「ん?」と思った。ビールらしい苦味があって凄く旨いんだよね。グラスには「アサヒ」と書いてあるけど、中身は違うのかな?
 そう思って店長さんに聞いてみると、

「中身はアサヒですよ。もし味が違うとしたら、毎日ビールサーバーを洗っているからじゃないですかねぇ」

との答え。よく見ると、サーバーの注ぎ口にフタがしてある。ビールの味が変わらないようにということなのだろう。なるほど、味が違うワケだ。

お通し

 お通しはサラダ。シャキシャキした水菜が旨い。

枝豆

 そして枝豆。ビールに枝豆って本当によく合うよね。

メニュー

 メニューを見ると、ほとんどのツマミは350円均一なんだね。定食もあるし、おおっ、「東村山黒焼そば」(500円)もある。軽く飲みつつ、このお店で夕食を済ましちゃうことも可能なんだね。

もつ煮込み

 と、そこに「もつ煮込み」が登場。「以前とはちょっと味を変えたんです」という「もつ煮込み」は、ややしょっぱめだけど、お酒を飲む分にはビッタリという感じ。すぐに生ビールを飲み終えてしまったので……。

熱燗追加しちゃった

 熱燗を追加注文(笑)。いやあ、ちょい飲みのつもりがほろ酔いになっちゃいました(笑)。これでお会計は1200円。安いなぁ。
 今度は日本酒スタートで、じっくりほかのメニューを食べてみたいなぁ。




【DATA】
住所:東村山市萩山町2-1-37
電話:042-397-8288
営業時間:午後5時~10時30分(ラストオーダーは午後10時)
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




モーニングで一杯

 久米川駅南口からすぐの「マクドナルド」の入ったビルの2階に「笑笑」という居酒屋と「久米川ホルモン おいで屋」というお店があったのだが、2016年10月6日、「目利きの銀次 久米川南口駅前店」という居酒屋に代わった。海鮮料理と24時間営業がウリのチェーン店で、ランチはもちろん、モーニングまであるので「仕事明けに行ってみようかな」とずっと思っていた。
 で、先週の土曜の朝、仕事明けに行ってみた。

目利きの銀次 久米川南口駅前店

 朝とはいえ、まだ時刻は午前5時30分ぐらいだから外はまだ暗い。お店の看板が煌々と光っている。

あれ、モーニングメニューじゃない

「さてと、モーニングは何を食べようかなぁ」とお店の階段前にある電光表示版を見ると……あれ? モーニングメニューじゃないぞ。ひょっとしてモーニング、やめちゃった?
 改めて周りを見てみると……。

あれ、毎日24時間営業じゃないんだ

 エエッ、毎日24時間営業じゃないってこと?

平日は朝5時までなんだ

 ナント、平日は午前11時から翌朝の5時までなんだ。じゃあ平日はモーニングがないってことなのか。でも土曜の今日はどうなんだ? まあ、モーニングがなかったら軽くサッと飲んで帰ろう。そう思って私は階段を上った。

入り口はこんな感じ

 入り口はこんな感じ。こちらにも24時間営業中の文字の上に貼り紙がしてある。

 お店に入り、店員さんに案内された席に座り、メニューを見る……あれ? やっぱりモーニングメニューがない。やめちゃったのかな?
「一応、確認してみるか」と店員さんを呼んで、「モーニングメニューはないんですか?」と聞くと、「あっ、失礼しました」と持って来てくれた。

モーニングメニュー

 これがモーニングメニュー。

*サービスまぐろ丼(480円)
*サービスまぐろ山かけ丼(520円)
*揚げたて朝唐定食(520円)
*毎朝定食(360円)
*焼魚朝定食(480円)
*ソーセージエッグ定食(480円)


 24時間営業が土・日・祝日だけになってしまったから、モーニングは土・日・祝日限定というワケだ。久米川では連日の24時間営業はむずかしかったということだろうなぁ。

裏はランチメニューになっている

 モーニングメニューの裏はランチメニューになっている。ランチの方は一応、毎日やっているようだ。

まずは熱燗でお疲れさん

 モーニングは「焼魚朝定食」を注文。小鉢を冷奴、納豆、とろろの3つから選べるというので、私は冷奴を選択。
 まずは仕事で疲れたので、熱燗で頑張った自分に「お疲れさん」。うーん、染みるなぁ。旨いよ。

焼魚朝定食

 と、そこへ「焼魚朝定食」が運ばれて来た。ご飯にアオサの入った味噌汁、メインの焼き魚に冷奴、海苔、そして漬物。ご飯は味噌汁さえあれば十分食べられるから、あとはお酒のツマミだな(笑)。

焼魚はシャケ

 焼き魚はサケ。あんまり焼いてるって感じはしないけど、十分ツマミになる(笑)。
 チビチビとお酒を飲みつつ、おかずを食べて、最後はご飯と味噌汁をかき込んで、ごちそうさま。
 モーニングを頼むと、お通しは出ないんだね。それとも、もともとお通しがないのかな? おかげで会計が802円と、1000円以内で済んだ。
 モーニングと考えると、ちょい高めだけど、軽い朝飲みと考えると安いと思うな。また疲れた朝に利用させてもらおうかな。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-2-7
電話:042-395-6188
営業時間:月曜~金曜は午前11時~翌朝5時/土・日・祝日は24時間営業
定休日:なし
ホームページはこちら
お店について詳しくはこちら



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




食べて飲んで、〆はへぎそば!

「寒いから熱燗で一杯やろうか」と友人を誘い、向かったのは……。

小千谷

 久米川駅北口の居酒屋「小千谷」。このお店、いつ来てもうるさいほど賑やかで活気がある。チェーン系の居酒屋に全然負けていない。

熱燗で乾杯

 友人とテーブル席に座り、熱燗で乾杯。お通しが温かいミニおでんというのがうれしいね。冷えた体がじんわりとあったまってくるよ。

菊酢

 最初に運ばれて来たのは、友人が頼んだ「菊酢」(380円)。菊の花びらにポン酢がかかっているんだけど、これがサッパリしていて旨い。菊の花びらがこんなに旨いとは思わなかった。

浅くしめた〆さば

 続いては「浅くしめた〆さば」(550円)。写真を見ればわかると思うけど、本当に浅く〆てあって、旨い! 熱燗にもよく合うよ。

塩煎りぎんなん

 で、これは私が頼んだ「塩煎りぎんなん」(400円)。銀杏、大好きなんだよね。ほとんど私1人で食べちゃったんじゃないかなぁ。

湯豆腐

 温かいツマミをということで、頼んだのが「湯豆腐」(600円)。コンロが来て、テーブルの上でぐつぐつ。見てるだけで体が温まってくるし、野菜がたっぷりでヘルシーだし、これはいいね。

瓶ビールに変更

 しっかり体が温まってきたところで、瓶ビールにチェンジ。このお店はずっとサッポロの黒ラベルなんだよね。久しぶりに飲んだけど、旨いなぁ。

豚もつ煮込み

 これは定番の「豚もつ煮込み」(350円)。このお店の煮込みはホッとする味なんだよね。好きだなぁ、この味。

茄子の揚げだし

 私も友人もナスが好きだから頼んだ「茄子の揚げだし」(350円)。今回は意外と野菜を食べてるなぁ(笑)。

砂肝ニンニク炒め

「ちょっとスタミナ補給を」と思って頼んだのが、この「砂肝ニンニク炒め」(380円)。ニンニクたっぷりで旨い、旨い。これはビールによく合うね。

へぎそば

 このお店に来たら、やっぱり〆は「へぎそば」だよね。「3人へぎ」からだから、2人だけど「3人へぎ」を注文。テーブルにドーンと来たから、「食べられるかなぁ?」と思ったけど……。

つゆに付けていただきま~す

 いざ食べ始めると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

と、2人で奪い合うようにして食べ、アッと言う間に完食(笑)。

そば湯を飲んで〆

 つゆをそば湯で割って飲むと、自然に「ふ~ッ」と息が漏れる。いやあ、満足。
 このお店は本当に食べたいメニューがいっぱいで楽しい。繁盛しているのも頷けるよ。
 今度はもう少し大勢で来て、いろんなメニューを食べたいな。




【DATA】
住所:東村山市栄町1-1-18
電話:042-394-4000
営業時間:午後5時~深夜1時
定休日:木曜
お店について詳しくはこちら
ホームページはこちら
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





アットホームでくつろげる居酒屋

 家でまったりと飲もうと思っていた矢先、友人から連絡があり、一緒に飲むことになった私。「行くなら、賑やかでザワザワしたところじゃなく、ゆったりまったりできるお店がいいなぁ」と思い、頭の中でお店を検索。
 で、向かった先は……。

両国

 東村山駅東口は、府中街道を所沢方面へしばらく歩いたところにポツンとある居酒屋「両国」以前に行った時、すごく居心地よく感じたんだよね。

 お店に入ると、お客さんはカウンターに1人だけ。お店を切り盛りしているお姉さんと一緒にテレビを見ながら話をしている。いいなぁ、この緩~い雰囲気。
 私と友人は小上がりへ。靴を脱ぐと、それだけでくつろいだ気分になれる。

熱燗で乾杯

 この日は寒かったので熱燗で乾杯。温かい日本酒がノドを通り過ぎた瞬間、「ふ~ッ」と気持ちが軽くなる。お通しがひじきってのも何だか家庭的でいいよね。

栃尾油揚焼

 最初に頼んだツマミは「栃尾油揚焼」。シンプルだけど、これが日本酒によく合うんだなぁ。

メンマ炒め

 続いては「メンマ炒め」(380円)。どんなモノだろうと思って頼んだのだけど、そのまんまだった(笑)。でもコレ、意外と旨かったなぁ。

わかさぎから揚

 こちらは「わかさぎから揚」。やっぱり日本酒には魚が合うねぇ。

一口ハタハタ焼

 これも「面白そう」と思って頼んだモノ。「一口ハタハタ焼」。添えられているマヨネーズを少し付けて食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 これはいいねぇ。食べる手が止まらなくなる味だよ。

マグロ納豆

 これは友人が頼んだ「まぐろ納豆」(500円)。ツマミとしてもイケるけど、これはご飯が欲しくなるね(笑)。

サービスでいただいた漬物

 友人と話しながらまったりと飲んでいると、「これどうぞ」とお姉さんが出してくれた。ちょうどサッパリしたお新香みたいなモノが欲しいと思っていたから、このサービスはうれしかったなぁ。

〆は焼き鳥

 〆はなぜか焼き鳥。考えてみれば、ガッツリしたお腹にたまるモノを食べてなかったんだよね。ということで、左から2本ずつ、「白もつ串焼」(1本100円)、「カシラ串焼」(1本100円)、「若どり(ネギ入)」(1本100円)。全部タレでお願いしてみた。
 焼き鳥専門店じゃないけど、大ぶりの肉が串にキッシリと刺さっていて旨いんだよね。しかもこの値段でしょ。お得な焼き鳥だと思うなぁ。

 友人と飲んでいる間にもお客さんは入ってきたけど、みんな、まったりとくつろいで飲んでいる。ここはそういうお店なんだろうな。
 雰囲気も料理も家庭的。でも家で食べるより、ちょっと旨い。こういうお店、好きだなぁ。駅から離れて、府中街道沿いにポツンとあるお店だけど、ずっとこの場所にあるってことは、こういう雰囲気が好きな人が多いってことなんだろうね。
 ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市久米川町4-23-14
電話:042-396-5335
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





一品一品が丁寧で旨い居酒屋

 同じ東村山市なんだけど、久米川駅近くに住んでいると、秋津駅・新秋津駅周辺のお店にはなかなか行きづらい。「一杯やろう」と思うと、どうしても近場になってしまう。
 でも、「それじゃあいけない」と思い、友人と一緒に秋津へ飲みに出かけた。昨年11月の話なんだけどね(笑)。

 向かったお店は……。

しば田


 2015年3月にオープンした居酒屋「しば田」。場所は、洋食店の「グルマンやま」や居酒屋「いなほ」、お好み焼き店「たつごろう」などが入っているビルの1階奥にある。
 入ってみると、店内は意外と広くてビックリ。私と友人は奥のテーブル席に座った。

友人はボジョレーヌーボーを注文

 ちょうどボジョレーヌーボーの解禁時期だったので、友人はボジョレーヌーボーを注文。
 私はというと……。

私は熱燗

 熱燗ですよ(笑)。いろいろ美味しそうな日本酒を取り揃えているお店なんだけど、私はあえて普通のお酒の熱燗。最近はこれが一番、落ち着くんだよね(笑)。
 では、ツマミを頼むとしますか。

チーズいぶりがっこ

 最初に運ばれて来たのは、「チーズいぶりがっこ」(320円)。見た瞬間、「おっ、こう来たか」という感じ。ちょっとデザートっぽくてオシャレ。それでは食べてみますか……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 チーズといぶりがっこを組み合わせたツマミはほかでも何回か食べたことがあるけど、大抵はいぶりがっこの味が勝っている。まあ、いぶりがっこそのものが好きだから私は問題なかったんだけど、このお店の「チーズいぶりがっこ」はチーズといぶりがっこが互角で、すごくマッチしている。これはいいね。日本酒にも合うよ。

燻製あさりのオイル漬け

 こちらは「燻製あさりのオイル漬け」(380円)。たぶん、先にこっちが出てきてくれれば、もっと旨く食べられたんじやないかなぁ。先に燻製感の強いいぶりがっこを食べたモノだから、あさりの燻製感が薄まってしまったんだよね。でも、これも旨かったよ。

牛スジとお野菜の煮込み

 これは「牛スジとお野菜の煮込み」(480円)。これも想像していたモノと違ったんだよね。こんなにビーフシチューっぽいとは思わなかった。
 で、ひと口いただくと……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 牛スジは柔らかいし、野菜も旨い。その旨味が溶け込んだ汁がまた最高。これはこのお店に来たら食べるべきメニューだね。

イベリコ豚のリエット

 ボジョレーヌーボーを頼んだ友人のリクエストで「イベリコ豚のリエット」(480円)。見るからに旨そうだよね。このお店は器の使い方や盛り付けがいいねぇ。すごく食欲をそそる。
 クラッカーにリエットを乗せて食べると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 見た目通りの旨さ。これはワインによく合うだろうなぁ。

出汁パク水餃子

 これは「出汁パク餃子」(480円)。「パク」とはパクチーのこと。水餃子とパクチー、「どうなんだろうね」と思いつつ、私も友人もパクチー好きだから頼んだのだけれど……この組み合わせ、アリです! いやあ、旨かった。

鶏むねタタキ葱まみれ

 〆に頼んだのは、「鶏むねタタキ葱まみれ」(580円)。これがねぇ、また旨いんですよ。肉料理なのにアッサリしている。
 いやいや、このお店、頼んだ料理すべて丁寧につくられていて旨いよ。しかも値段もリーズナブル。ちょっと場所はビルの奥にあってわかりにくいけど、それが逆に隠れ家的でいいかもね。
 リピート必至だね。オススメですよ。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-17 武藤ビル1階
電話:042-313-0034
営業時間:午後5時~深夜2時
定休日:不定休(ホームページなどで告知)
ホームページはこちら
ツイッターはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




超感激の激安飲み放題

 昨年10月の話で恐縮なのですが……。

 この頃の私はまあ、とにかく懐が寂しくて寂しくて、それでも酔うほど飲みたいと思っていて、安く飲めるお店はないかと情報収集していた。で、「おおっ、これは!」といい情報を見つけて、友人とともにあるお店に向かった。

安太郎

 そのお店とは、久米川駅南口にある、おでんをウリにしている居酒屋「安太郎」。どんな「いい情報」かというと、コレなんですよ。

やって来た理由はコレ

 お店のフェイスブックページに「いいね!」をすれば、たったの990円で2時間飲み放題になるって言うんですよ。「2人以上の来店」という条件はあるけど、コレってお得だと思いませんか?
 大抵の飲み放題はどんなに安くても1000円を切ることはないと思うんだよね。大体、1500~2000円が相場じゃないかな。それが990円なんだからね。これはもう行くしかないでしょ(笑)。

瓶ビールで乾杯

 まずは瓶ビールで乾杯。この「一番搾り」の期間限定商品「とれたてホップ」が出てくるところがまたうれしいね。

 このお店、ツマミがほとんど500円以下ってのもうれしいんだよね。
 てことで、早速、ジャンジャカとツマミを注文。

なめろう

 まず運ばれて来たのは、「なめろう」(420円)。しっかり味がついていて、このままで十分旨い。

なすのお浸し

 続いて来たのは、「なすのお浸し」(290円)。醤油をかけ回してパクリ。いいねぇ、こういうツマミ。

殻付き蒸し牡蠣

 お次は「殻付き蒸し牡蠣」(2個480円)。蒸したせいで少し縮んでいるけど、小さいながらプリップリ。
 いやあ、もう我慢できない! ビールもいいけど、やっぱ日本酒でしょ。

熱燗、頼んじゃいました

 ということで、熱燗を頼んじゃいました(笑)。ビールも合わせて注文。チェイサーということで(酔う気マンマンです 笑)。

新秋刀魚の塩焼き

「せっかく熱燗を頼んだから」というワケじゃないけど、友人が「新秋刀魚の塩焼き」(420円)を頼んだ。「魚をキレイに食べるのが得意」と言うだけあって、箸で瞬く間に骨と身を分けていく。感心しつつ、私はせっせとムシャムシャ&グビリ。いやあ、熱燗に秋刀魚の塩焼き、最高だね。

鶏レバーの甘露煮

 これは「鶏レバーの甘露煮」(380円)。イメージしていたモノとはちょっと違ったけど、食べてみると、旨い。何となく元気が出そうな味だ。

まぐろほほ肉スタミナ焼き

 コレ、何だと思います?
 どこからどう見ても肉だと思うんだけど、肉は肉でも動物ではなく、マグロなんですよ。「まぐろほほ肉スタミナ焼き」(480円)。食べても「お肉!」って感じなんだよね。

 酔っ払ってきたせいもあるけど、だんだん元気が出てきて、体が肉を欲してきたみたい。

たっぷりねぎのユーリンチー

 次に頼んだのは「たっぷりねぎのユーリンチー」(420円)。たっぷりのネギに隠れてるけど、下にはたっぷりの鶏肉。いやあ、旨い、旨い……と食べてるのは、実は私だけだったりして。
 友人は「新秋刀魚の塩焼き」の時点でお腹いっぱいになったみたいで、まったりとお酒を飲んでいる。
「じゃあ、そろそろ〆ようか」ということで、私が頼んだのは……。

パリパリ鶏皮

「パリパリ鶏皮」(380円)。口に入れて噛み締めると鶏皮の脂がジュワッと広がる。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 でも、コレ、〆に頼むモノじゃないよね(笑)。ひょっとしたら今回は頼み方が逆だったかもね。

「あーッ!」……ここであることに気付いてしまった私。

「おてん、1つも食べてないよ」

 おでんがウリの居酒屋なのに、おでんを頼まなかったとは……不覚。少し頼もうかとも思ったけど、さすがに「パリパリ鶏皮」を1人で食べ切って私もお腹がいっぱい。
 おでんはまた今度と言うことで……お店の皆さん、申し訳ない。


 それにしてもいっぱい食べたなぁ。でも990円で飲み放題だったから、安く済んだ。
 この企画、今はやっていないけど、時々思い出したようにやるから、お店のフェイスブックページに「いいね!」をして情報をチェックしておくといいと思うよ。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-8
電話:042-306-2728
営業時間:午後3時~11時
定休日:なし
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。






リピート決定!安いだけじゃなく、丁寧で旨い料理

 ちょっと懐事情は寂しいけど、友人と「軽く飲もうか」ということになった。
 さて、安く飲むにはどこがいいかなぁ……と考えていると、友人が「行きたいお店がある」と言うので、ついていくことに。
 向かった場所は……。

安太郎

 久米川駅南口にある居酒屋「安太郎」。喫茶店の「珈琲館 久米川店」の向かいで、以前は立ち飲み屋があった場所だ。「おでん」と書かれた赤提灯と暖簾があるところを見ると、おでんをウリにしているようだ。
 夏におでんねぇ……。まあ、最近はコンビニでも売ってるし、夏におでんを食べることに、抵抗を感じる人は少ないんだろうな。でもこんなに堂々とおでんをウリにしている居酒屋って、東村山では珍しいなぁ。

 店内はこぢんまりとしていて、テーブル席が4つほどあり、奥にカウンター席がある。

瓶ビールで乾杯

 私と友人はテーブル席に座ると、まずは瓶ビールで乾杯。このお店はキリンの「一番搾り」を置いてるんだね。瓶の「一番搾り」、久しぶりに見たなぁ。キリンは「クラシックラガー」や「ラガー」も旨いけども、「一番搾り」もいいねぇ。

 さて、ツマミは何を頼もうかなぁ……メニューを見ると、ほとんどが500円以下。おでんは1つ120円からあるし、ほかの一品料理も280円~380円が中心価格帯。ダテに店名に「安」という文字が入っているワケじゃないんだね。

ガツポン酢

 ということで、最初に頼んだのは「ガツポン酢」(380円)。ネギたっぷりで、ポン酢でサッパリとした味付け、そしてコリッとしたガツの食感。旨いなぁ。ビールにバッチリ合う。

おまかせ5点盛り

 おでんがウリのお店だから、「おまかせ5点盛り(600円)を頼んでみた。お皿が黒いのでわかりにくいかもしれないが、おでんのつゆはほぼ透明。関西風なのかな? 私はこういうおでんの方が好きだけど、物足りなく感じる人もいるかもね。

鶏レバー塩ごま油

 続いて頼んだのは、「鶏レバー塩ごま油」(420円)。コレ、レバーの臭みがなく、柔らかくて旨い。散らしてある白ゴマとネギがまたいいんだよね。

とうもろこしかき揚げ

 こちらは「とうもろこしかき揚げ」(380円)。揚げたては旨いねぇ。塩をつけると、とうもろこしの甘みがいい感じで口の中に広がっていく。

黒パリからあげ

 このお店、「東村山黒焼そば食べ歩きキャンペーン」に参加しているんだけど、こちらが出すメニューは焼そばではなく、コレ。「黒パリからあげ」(380円)。
 鶏の唐揚げの上に、皿うどんの麺を乗せて「東村山黒焼そばソース」をかけ、さらにネギを散らしている。最初見た時は、皿うどんの麺とは思わず、ベビースターラーメンと思ってしまったよ(笑)。早速、皿うどんの麺とともに唐揚げを食べてみると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 いやあ、ここれはビックリ。パリッとした皿うどんの麺の食感と、ジューシーな唐揚げ、スパイシーの黒焼そばソースが絡み合って何とも言えず旨い! これはぜひ定番メニューにして欲しいなぁ。このお店に来たら、必ず頼むべきメニューだと思うな。

いぶりがっこクリームチーズ

 〆に頼んだのはね「いぶりがっこクリームチーズ」(420円)。酒盗や塩辛とクリームチーズってよく合うから、これもバッチリだろうと思ったら、意外や意外、いぶりがっこの方が味が強いんだね。でも、おかげでサッパリと〆ることができてよかったよ。

 銘柄モノの日本酒以外は飲み物も安いし、安く飲むことができた。メニューは安いけど、よく考えられていて丁寧かつ旨かった。これはリピート決定だね。
 こちそうさまでした。また来ますね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-8
電話:042-306-2728
営業時間:午後3時~11時
定休日:なし
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





気が付けば魚料理三昧

 ここ最近、ワケあって外食を控えて家飲みばかりしていた私。おかげで体重がみるみる落ちて、脱メタボに成功してしまった。どれくらい落ちたかって? 去年の今頃と比べたら、13キロも違う。はいているジーパンはブカブカだ(笑)。
 健康に関しては何の心配もなくなったから、そろそろ外飲みでもしたいなぁと思い、久しぶりに友人を誘って飲みに行った。

 向かったのは、東村山駅西口にある居酒屋「なかはた」

なかはた

 暗い商店街の中で、ポツンと看板が光っている。

「本日のおすすめ品」はどれも旨そうだ

 入り口横には「本日のおすすめ品」と書かれたホワイトボードが掲げてある。このお店は刺身が旨いんだよね。この日もラインナップもなかなか旨そうだ。

瓶ビールで乾杯

 まずは瓶ビールで乾杯。家では主にワインを飲んでいたから、ビールは久しぶり。旨いなぁ。
 では、刺身を頼むとしますかね。

小イワシ刺と活〆天然平目刺

 頼んだのは「小イワシ刺」(550円)と「活〆天然平目刺」(650円)。

小イワシ刺

「小イワシ刺」からいただいちゃいますかね。生姜を乗せて醤油につけてパクッとな……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 脂が乗っていてとろける。ビールもいいけど、日本酒が飲みたくなるねぇ。

活〆天然平目刺

「活〆天然平目刺」はプリップリの食感で、これもまた旨い。

稚アユ天

 続いて頼んだのは「稚アユ天」(500円)。塩で食べるよう、小皿が添えられている。

爽やかな苦味がたまらない

 頭から全部食べられるのだが、口に入れると爽やかな苦味とでも言うのだろうか、稚鮎ならではの味が広がる。いいねぇ。

日本酒にチェンジ

 たまらず日本酒にチェンジ。頼んだのは「陸奥八仙」。友人は「屋守」を注文。

トウモロコシ天

 軽いツマミをと思って「トウモロコシ天」を頼んだのだが、出て来たモノを見て、友人と2人してビックリ。他のお店では、とうもろこしを食べやすい大きさに切って、芯ごと天ぷらにしたモノが出てくるので、そういうモノが出てくると思っていたのだけど、まさか芯から実を外してかき揚げみたいにして出てくるとは思わなかった。
 これがそのまま食べても、甘くて旨いんだ。

小アジ南蛮漬

 ちょっとサッパリしたモノが食べたくて頼んだのが、「小アジ南蛮漬」(450円)。このままでも十分サッパリして旨いんだけど、添えられているレモンを搾ると、さらにサッパリ感がUP! これは旨ぇ!

自家干し 鮎の一夜干し

 〆は何にしようかと悩んでいたら、大将が「これは旨いよ」とあるメニューを指差した。
 ということで、頼んだのがコレなんだけど、コレが何だかわかりますか?
 魚を開いて焼いたモノなのはわかると思う。さて、この魚は何?


 答えは鮎。これは「自家干し 鮎の一夜干し」(550円)なんだよね。大将いわく、

「頭から全部食べられるよ」

 言われるままに頭から食べると、おおっ、ボリボリと噛める! そして鮎独特の香りが口に広がる。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 〆にピッタリだ。
 このお店に来ると、「麻婆豆腐」やら「トマト焼そば」やらいろんなメニューをついつい食べてしまうんだけど、この日は気が付くと「とうもろこし天」以外、すべて魚料理だった。体が魚を欲していたのかな(笑)。
 でもどの料理も旨くて、大満足。
 大将、ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市諏訪町1-19
電話:042-391-3804
営業時間:午前11時30分~午後2時、午後5時~深夜12時
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





高カロリー上等!茶色ラバーの宴

 一時期、昼飲みによく付き合ってくれた友人のKIJITORAさんとこの1年ほどご無沙汰していたから、「久しぶりに飲みましょうか」となった。奥さんのカイちゃんと、共通の飲み友達である銀-CHANも参加するというので、「こりゃ茶色祭りになるかな」と思った私。
 ということで、茶色メニューがバッチリ揃っている「サラリーマン新秋津店」で飲むことにした。


 と、ここで「茶色」って、どういう意味で使ってるの? と疑問に思っている人もいるハズ。このブログの長年の読者なら何度も出てきているからわかっていると思うけど、ここ最近読み始めた人には、きっとわからないよね(笑)。
 実はコレ、あるグルメブロガーが言った

「デブは茶色が好き」

という言葉から取っているんですよね。
 ほら、デブというかメタボ系の人って、カレーライスとか焼き鳥とか、天ぷらやコロッケといった揚げ物全般などなど高カロリーのモノが好きじゃないですか。で、この高カロリーメニューに共通しているのが色なんですよ。何となくどれも茶色っぽいでしょ。
 だからこの、

「デブは茶色が好き」

という言葉は名言だと私は思うんですよね(笑)。
 というワケで、このブログでは「茶色」という言葉を「メタボ系」「高カロリー系」という意味で使っています。そして茶色メニューが好きなダメ人間を「茶色ラバー」と呼んでいます。
 私ですか? もちろん茶色ラバーです。そして今回参加する飲み友達は3人とも生粋の茶色ラバーです(笑)。

私は瓶ビールで乾杯

 前置きはともかくとして、4人揃ったから乾杯しますか。それぞれ思い思いのドリンクを注文。私は瓶ビールで乾杯。

 さて、最初のツマミが肝心だ。いくら茶色ラバーとはいえ、お互いもういい年齢なんだから、最初から茶色メニュー全開だと、さすがに体がもたないと思うんだよね。ここはおとなしく刺身からスタートするのがよいかと……と思っていると、

「最初はやっぱりポテトフライでしょ」
「ポテトフライは外せないよね」
「茶色からスタートしないとね」

と3人。さすが生粋の茶色ラバー。仕方なく私も

「うーん……そうだね」

と答えてしまい、店員さんに注文を伝えると、店員さんが

「今日だとポテトフライよりこちらのメニューがオススメですよ」

と別のポテト料理をすすめてくれたので、4人とも「じゃあ、ソレを」と注文変更。

ベーコン新じゃがペペロンチーノ炒

 運ばれて来たのは「ベーコンと新じゃがのペペロンチーノ炒」(420円)。茶色メニューであることには変わりないけど(笑)、ニンニクの香りがしてすごく食欲をそそる。皮つきの新じゃがとベーコンの相性が抜群で旨い、旨い。

うなぎ肝焼

 お次は「うなぎ肝焼」。山椒がたっぷりかかっていて、これも旨いなぁ。

焼き鳥盛り合わせ

 そしてドドーンと「焼き鳥盛り合わせ」。タレにしたから余計に茶色の度合いが強くなったりして(笑)。

皮ハギ

 いきなりの茶色メニュー3連発からようやくひと息。こちらは「皮ハギ」(480円)。

ちゃんと肝が付いている

 値段は安いけど、ちゃんと肝が付いている。コスパフォーマンスが高いよね。肝を溶かした醤油に刺身を付けてパクッと食べれば……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

イワシタタキ

 癒しメニューの第2弾は「イワシタタキ」(300円)。このあともこういうメニューが続くなら熱燗に切り替えるところだけど、まあこのメンバーでそれはないよなぁ(笑)。

豚バラ厚揚げ煮

 すぐに茶色メニューに逆戻り。これは「豚バラ厚揚げ煮」(320円)。

若さぎ唐揚げ

 そしてこちらは「若さぎ唐揚げ」(320円)。こういうメニューが続くだろうから、やっぱり飲み物はビールじゃないとね(笑)。

マカロニサラダ

「サラダが欲しいかな」ということで頼んだのが「マカロニサラダ」(320円)。「いや、そうじゃなくて」という言葉が出そうになったが飲み込んだ。だって茶色ラバーの飲み会だもんね。「高カロリー上等!」が基本姿勢だもんね(笑)。正しいサラダの選択だと思う。

レバニラ炒め

 私が頼んだのは「レバニラ炒め」。野菜が摂りたかったら、こういう形で摂らないとね(笑)。


 全員、久しぶりに会ったものだから、飲むわ、飲むわ、しゃべるわ、しゃべるわ。
 で、2時間半ほど経ち、「そろそろ〆ますか」ということで、「じゃあ最後は、茶色縛りで1人1品ずつ頼もうか」ということになった。

ちくわチーズ揚げ

 私が頼んだのは「ちくわチーズ揚げ」。


アンコウ唐揚げ

 これは銀-CHANが頼んだ「アンコウ唐揚げ」。

サーモンフライタルタルソース

 KIJITORAさんは「サーモンフライタルタルソース」(400円)を注文。

グラタンコロッケ

 そしてカイちゃんが頼んだのは「グラタンコロッケ」。
 もう見てるだけで胸焼けしそうだけど、みんなと一緒に食べると、どれも一瞬でペロリなんだよね。

 ということで、最後の最後、本当の〆ということで全員一致で頼んだのは……。

ポテトフライ

「ポテトフライ」O(≧∇≦)O!!!

 結局、食べちゃうんだよなぁ、「ポテトフライ」。まあ、茶色ラバーにとって、「ポテトフライ」は原点だからね(何のこっちゃ 笑)。

 いやあ、だけど久しぶりの茶色ラバーの宴、楽しかったなぁ。まだまだ私も茶色メニューが食べられることがわかったし、以前やった茶色メニュー縛りの飲み会「茶色deナイト」をまた開催しちゃおうかな(笑)。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-13-20
電話:042-395-0015
営業時間:午後4時~10時
定休日:月曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






寒ブリとマグロを食べまくり!

 地元で頑張っている飲食店を応援したいという気持ちから、普段はあまりチェーン系のお店に行かないようにしている私だが、1カ月前の2月11日、友人を誘って行っちゃいました。

庄や久米川北口店

 行ったのは、久米川駅北口にある大手チェーン居酒屋「庄や久米川北口店」
 なぜ行ったのかというと……。

こんなイベントがあったのだ

 2月10日と11日限定でこんなイベントをやっていたからだ。
 生まぐろと寒ブリの刺身と寿司が食べ放題で、しかも飲み放題付きで2時間2400円(税別)。ちょっと魅力的でしょ。だから「ひたすらマグロと寒ブリを食べまくってみない?」と友人を誘って行ってみたワケですよ。

 お店に入り、イベントメニューを頼むと……。

刺身

寿司

 飲み物よりも先に刺身と寿司が運ばれて来た。まあ、考えたらこの2品しかないのだから早くて当たり前と言えば当たり前か(笑)。
 旨そうだから、お酒が来てないけど、食べちゃおうかと、まずは寿司を。サビ抜きだから、ワサビを乗せて寒ブリの方をパクッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 程よい脂の乗り具合で旨いよ。マグロの方も旨い。

ウーロン茶をチェイサーに熱燗で乾杯

 と、そこへようやく熱燗が到着。寒かったから最初から熱燗にしたんだよね。飲み放題にはソフトドリンクも入っているから、ウーロン茶をチェイサーとして注文。
 一緒に出てきたお通しが温かい汁ものだから、寿司を食べるのにちょうどいい感じ。

 お酒が来たから、今度は刺身をいただくことに。やっぱり寒ブリの方からいただきま~す……。

これも旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 寿司もいいけど、刺身は刺身で旨いねぇ。お腹が空いていたせいもあるけど、何だかスイスイ入っちゃうよ。

寿司が意外と旨くておかわり

 ということで、寿司をおかわり(笑)。

もちろん刺身もおかわり

 もちろん、刺身もね(笑)。
 そして熱燗もね(笑)。
 ツマミは寿司と刺身だけなんだけど、寿司についてくるガリや、刺身のツマである大根やワカメ、大葉がいいアクセントになって、結構飽きずに食べられるんだよね。
 だから……。

寿司をもう1回おかわり

 またまた寿司をおかわり!(笑)

刺身も3皿目

 刺身もね(笑)。
 楽しくてお酒も進んじゃうんだけど、さすがにこれだけ寿司を食べれば、お腹がいっぱいになってくる。
 もうすぐ2時間経つし、そろそろ〆ますか……。

〆にまたまた刺身

 というワケで、最後は刺身(笑)。「まだ食べるんかいッ!」という声が聞こえそうだけど、何か食べながらじゃないと、私は飲めないモノだから、ついね(笑)。

 いやあ、食べた、飲んだ。2時間で大満足。あれ以上長くいたら、動けなくなってしまう(笑)。
 マグロと寒ブリだけだから、途中で飽きて別のメニューを頼んじゃうかなと思っていたけど、意外とマグロと寒ブリのみで楽しめた。これはいいイベントだね。またやってくれないかなぁ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町1-2-3
電話:042-399-2777
営業時間:午後5時~深夜0時30分
年中無休
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR