東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


まちのそば屋で一杯

「そば屋で一杯」というと、小粋なツマミを2~3品頼んで突きながら、旨い日本酒を飲み、〆にそばを食べる……という感じのイメージだろうと思う。
 ところが、ところが、「まちのそば屋で一杯」となると違うんだなぁ。だってね、まちのそば屋さんは、そば専門店じゃないからね。カツ丼はあるし、ラーメンもあるし、一種のファミレスみたいなモノだからね。

 ということで先日、昼間にフラリと久米川駅南口のそば屋「しなの」に行ってみた私。

しなの

 久しぶりに来たけど、暖簾が鮮やかなスカイブルーになっていてビックリ。何だか外観は全体的に小奇麗になってるなぁ。
 でも中に入ると、以前と同じ。ちょっとホッとしたりなんかして(笑)。

瓶ビールでお疲れさん

 瓶ビールでお疲れさん! 瓶ビールはアサヒのスーパードライもあったけど、私はやっぱりキリンのラガーの方が好きなんだよね。

「待っている間に」と出してくれた中華くらげ

 ツマミを2品頼んでビールを飲んでいると、「待っているいる間にどうぞ」と女将さんが中華くらげの入った小皿を出してくれた。何だかこういうのって、うれしいよね。
 エッ? ツマミは何を頼んだかって? それは出て来てのお楽しみ。

もつ煮込み

 ということで、まず出て来たのは「もつ煮込み」(450円)。モツ煮がメニューにあること自体、「エッ?」って感じなんだけど、これがね、食べてビックリ。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 モツは柔らかいし、臭みもないし、味付けもバッチリ。これはビールが進むわ。

ギョーザ

 そして次に出て来たのは「ギョーザ」(470円)。
 これ、見てよ。焼き色もキレイだし、ニラの緑色が皮から透けてキレイなこと!
 一緒に出してくれた調味料がまた、味があっていいでしょ(笑)。酢なんか、ミツカンの瓶がドンと出てくるんだもんね。

中は野菜がギッシリ

 食べると、中は野菜がギッシリ。コレ、旨いわ。

 どう考えても、そば屋で注文するメニューじゃないんだけど、友人の食幸さんが、このお店の記事のコメント欄で、「ギョウザとモツ煮が旨い」と教えてくれたので、「ホンマかいな?」と半信半疑で行ってみたんだよね。
 いやあ、ビックリだね。どっちもイケるよ。

 で、〆をどうするかなんだけど、これも食幸さんからの情報をもとに、こんなモノを頼んでみました。

硬い揚げ焼そば

「硬い揚げ焼そば」(700円)。
 まずね、ボリュームにビックリ! このメニューには「特大」(1200円)があるから、「間違えて『特大』になっちゃったのかなぁ」と思い、女将さんに確認したら、これが「並」とのこと。ちょっと写真だと比較するモノがないから大きさが分かりにくいかもしれないけど、お皿の幅は余裕で30センチはあると思う。とにかく凄い量だよ。

麺が旨い

 で、食べてみると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 いやあ、参った。揚げたての麺の旨いこと! あんがすぐには染み込まず、いい感じで最後まで硬さが残っている。また、かかっているあんが具だくさんで旨いんだなぁ。

 改めて写真を眺めると、とてもそば屋で飲んでいるとは思えないよね(笑)。でも、こういうことができるのが「まちのそば屋さん」なんだよね。いやいや、今回はまちのそば屋さんの底力を見た気がするよ。
 食幸さん、情報ありがとう。今度、このお店で一杯やろうよ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市萩山町4-1-22
電話:042-391-9800
定休日:木曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2013/07/04 18:41 ] 【そば】 しなの(栄町) | TB(-) | CM(4)

【夏企画】そば屋の冷やし中華 エントリーNO.2

【過去のエントリーはこちら】
*エントリーNO.1「巴屋」




 参ったなぁ。茶色系のメニューに対して、本当に食欲が湧かない。
 ということで、今回私が行ったのは、久米川駅南口のそば屋「しなの」。このお店はメニューにラーメンがあって、それが割と旨いお店だから、ちょっと期待。
 お店に入ると、私は「冷し中華」(700円)を注文した。

冷し中華

 しばらくして運ばれてきたのが、こちら。
 冷やし中華って、具材にお店の個性が出るのかもね。このお店の場合、具材は刻み海苔、レモン、紅生姜、ハム、キュウリ、ナルト、みかん、そしてテッペンにはゆで玉子。

麺のアップ

 ガーッとかき混ぜてから、いただきま~す。細いストレート気味の麺は冷水で〆たせいか、モチッとして旨い。そこに酸っぱすぎない爽やかな酸味が加わり、うーん、いいねぇ。
 体が酸っぱいモノを求めているのかなぁ。すごく旨く感じる。
 ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市萩山町4-1-22
電話:042-391-9800
定休日:木曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/06/23 22:35 ] 【そば】 しなの(栄町) | TB(-) | CM(0)

個性的な食感のそば

 そば屋なのになぜかラーメンが旨くて、ここのところはラーメンばかり食べていた、久米川駅南口の小平駅寄りの踏み切り近くにあるそば屋「しなの」。でも先日、久しぶりにこのお店の独特なそばが食べたくなって、私は「天もり」(850円)を頼んだ。

まずはもりそばが運ばれて来た

 まずはもりそばが運ばれて来た。このそばのどこが独特かというと……。

ちょい太めでねじれている

 まず違うのはそばの色。少し白っぽい。まあ、白っぽいそばは探せば結構あるから、それほど珍しいことではない。
 次に違うのは太さ。割と太いでしょ。
 で、一番特徴的なのは縮れというか、ねじれていることだ。こういうそばは、なかなかないと思う。

 つゆに付けてズズッといただくと……うーん、このモチッとした食感! これは好みが分かれるかもしれないけど、私は好きだなぁ。

続いて天ぷら登場

 揚げたての天ぷらが後から運ばれて来たので、サクッと揚がった天ぷらを食べつつ、モチッとしたそばをズズズ……いいねぇ。
 最後に残ったつゆをそば湯で割ってグビッと飲んだら、お腹いっぱい。ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市萩山町4-1-22
電話:042-391-9800
定休日:木曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/03/12 16:21 ] 【そば】 しなの(栄町) | TB(-) | CM(0)

意外な味にちょっとビックリ

 そば屋なのになぜかラーメンが妙に旨い、久米川駅南口の小平駅寄りの踏み切り近くにあるそば屋「しなの」。ちょい甘めの醤油スープが飲みたくて、またお店に行ってしまった私。
 とはいえ、「ラーメン」(500円)と「チャーシュメン」(780円)はすでに食べているので、同じモノを頼んだんじゃあ、つまらない。あと残っている麺類メニューは、「タンメン」(600円)、「みそラーメン」(700円)、「五目ラーメン」(700円)の3つ。このうち「タンメン」と「みそラーメン」は間違いなく醤油味ではない。「五目ラーメン」はたぶん広東麺みたいな感じで醤油味じゃないかなぁ……そう思って、私は「五目ラーメン」を注文した。

五目ラーメン

 エッ!……運ばれて来た「五目ラーメン」を見て一瞬、声を失ってしまった。
 そうか、こう来たか……スープは予想していた醤油味ではなく、ごま油の香りがする塩味だった。
 レンゲでスープを飲むと、ごま油の香りの割にはアッサリしている。

麺のアップ

 麺は同じのハズなんだけど、心なしか醤油スープにバックにした方が旨そうに見える。
 個人的には醤油味の方が好きだけど、この塩味も悪くない。
 さてと、思いもよらず塩味を体験したのだが、これで味噌味を食べれば、このお店のラーメンは完全制覇だ。そば屋の味噌ラーメンってどうなんだろうね? 近いうちにまた行ってみようっと。



【DATA】
住所:東村山市萩山町4-1-22
電話:042-391-9800
定休日:木曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック




[ 2008/10/29 21:02 ] 【そば】 しなの(栄町) | TB(-) | CM(0)

妙に後を引くラーメン

 ついこの間、久米川駅南口の小平駅寄りの踏み切り近くにあるそば屋「しなの」で「ラーメン」(500円)を食べたばかりだと言うのに、どうにもあの味が忘れられなくて、わずか5日後にまた食べに行ってしまった私。
 いつもの私なら、そうは言っても“取材魂”が残っていて、「タンメン」(600円)や「みそラーメン」(700円)、「五目ラーメン」(700円)を頼むのだが、今回は「あの醤油味のスープを飲みたい」という気持ちの方が“取材魂”より強かったんだよね。「チャーシュメン」(780円)を頼んじゃいました。
(なぜかこのお店、「チャーシューメン」じゃなくて「チャーシュメン」なんだよね。表のメニューだけでなく、店内のメニューもこの表示だったから、何かこだわりがあるのかな?)

チャーシュメン

 しばらくして運ばれて来たのが、コレ。いやいや、旨そうじゃないですか。このビジュアルだけだったら、誰もそば屋のラーメンとは思わないよね、きっと。

チャーシューもスープも旨そうじゃないですか

 チャーシューはペラペラではなく、食べ応えがあるし、やや甘めの醤油味のスープも旨い。あとはもうスープを飲んでは、麺をズズズッ、チャーシューをパックン、ムシャムシャ……このローテーションでひたすら食いまくり。もちろんスープも飲み干して完食。

 この醤油味のラーメン、妙に後を引くんだよね。でも、次に行く時はグッと我慢して「タンメン」を注文しよう……と思っているんだけど、たぶん醤油味の「五目ラーメン」にしそうな予感がするなぁ。


【DATA】
住所:東村山市萩山町4-1-22
電話:042-391-9800
定休日:木曜






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック




[ 2008/10/12 21:06 ] 【そば】 しなの(栄町) | TB(-) | CM(6)

侮れないぜ!そば屋のラーメン

 いわゆる“街のそば屋さん”には、そばだけでなくカツ丼や天丼、カレーライスなどなどいろんな料理がある。そんな中で私が以前からずっと気になっていたのは、ラーメンだ。
 東村山市内のそば屋でメニューに「ラーメン」があるお店って、割とあるんだよね。ということで、2カ月前、私は東村山税務署の向かいにあるそば屋「八山庵」の「ラーメン」を食べてみた(その記事はこちら)。
 結果はというと、これが旨かったんだなぁ。懐かしい、あっさり醤油味のラーメンでさ。

 で、そのことで味をしめたってワケじゃないけど、またまたそば屋のラーメンにチャレンジしてしまった。今度のお店は、久米川駅南口の、小平駅寄りの踏み切り近くにあるそば屋「しなの」
 今年の7月に「冷しキツネ」を食べた時、壁に「ラーメン類は休みます」と書いてあったんだよね。「どういうことなのかなぁ?」と気にはなっていたんだけど、そのままにしていた私。
 あれから2カ月ちょっと経ったある日、たまたまお店の前を通ったら……。

気になる張り紙が…

 表のメニューに「ラーメン類を再開しました」という張り紙が出ているではないか。以前見た張り紙のことも思い出し、どうにも気になって仕方ないので、私はお店に入ることにした。

「いらっしゃいませ」とお茶を出してくれたお母さんに私は「どうしてラーメン類を休んでいたんですか?」と聞いてみた。

「ラーメンをやると、鶏ガラがごみとして出るでしょ。夏場はそれが近所に臭うんじゃないかと思って休んだの。ごみを毎日回収してくれるワケじゃないからね」

 ああ、なるほど。そういう配慮からだったのか。これを聞いて何となく「期待できるかも」と思ってしまった私は、「ラーメン」(500円)を注文した。

ラーメン

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。もう文句のつけようのないビジュアルじゃないですか。

このスープ、旨そう!

 スープはこれですよ! いやあ、すっげー旨そうな色。デジカメで写真を撮り終えると、私は急いでレンゲを持ち、ひと口すすった……。

う(◎o◎)ま~~~!!!

 思った通りの、あっさりした鶏ガラ醤油味。染みるなぁ~。

麺のアップ

 中太の麺は弾力があって、これも旨いんだよね。スープとのバランスも抜群。
 具材のメンマとチャーシューも旨い。「ここって、そば屋だよね」と私は思わず周りを見回してしまったよ。それくらい本格的なラーメンだと思うなぁ。

スープも全部飲んで完食

 レンゲですくうのがもどかしくて、最後は丼を手で持ち上げてズズズッと飲み干してしまった。
 いやあ、これは旨いよ。しかもこれで500円って、凄いコストパフォーマンスだと思うなぁ。
 家から割と近いし、これからはあっさり系の醤油ラーメンを食べるならこのお店だね。
 それにしても、そば屋のラーメンって本当に侮れないねぇ。いやあ、ビックリした。


【DATA】
住所:東村山市萩山町4-1-22
電話:042-391-9800





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック




[ 2008/10/05 21:17 ] 【そば】 しなの(栄町) | TB(-) | CM(0)

モチモチ感がたまらないそば

 暑いせいもあるけど、何となくサッパリしてやや甘い冷やしきつねが食べたくなった私。久米川駅南口にはいろいろとそば屋があるけど、私は「久しぶりにあのお店に行ってみよう」と、小平駅寄りの踏み切り側にある「しなの」に向かった。
 店内の壁に張られたメニューを見ると……あった、あった、「冷しキツネ」(700円)の文字が。
 テレビを見ながら待つことしばし。運ばれて来た「冷しキツネ」がコレだ。

冷しキツネ

 やっぱり、ひと口に「冷やしきつね」と言ってもお店によっていろいろあるんだねぇ。久米川駅北口のそば屋「玉清」の「冷しきつね」は、真ん中に錦糸玉子が乗っていたけど、このお店では4分の1カットのゆで玉子になっている。

油揚げのほかにタケノコやシイタケが入っている

 さらによく見ると、タケノコやシイタケまで入っている。こっちの方が具だくさんかもしれない。

この縮れたそばがモチモチで旨い

 それではいただきますか。具材をかきわけ、そばを引っ張り出そうとするのだけど、なかなかそばがつかめない。妙に縮れてツルツルするせいか、マイ箸だと滑ってシッカリと引き上げられないのだ。
 でも何とかつかんでズッ、ズズズッ……おおっ、このモチモチした食感! いいなぁ。普通のそばとは明らかに違う。
 最初に食べた時は違和感があったけど、今はお店の個性として受け入れられる。最近、細めのそばに食傷ぎみだったから、こういう太いそばが余計に旨く感じられたのかもしれない。

 今度はうどんを食べてみようかなぁ。そばでこんなにモチモチしているんだから、かなり期待できるかも。


【DATA】
住所:東村山市萩山町4-1-22
電話:042-391-9800





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック




[ 2008/07/14 21:44 ] 【そば】 しなの(栄町) | TB(-) | CM(0)

不思議なそばを地元のそば屋で発見!

 これまでに私はいろんなそば屋さんに入り、そばを食べてきたが、今回紹介する「しなの」のそばほど不思議なモノに出合ったことはない。このお店、場所は久米川駅南口を左に出て、西友と書店の間の道を真っ直ぐ進む。300メートルほど先に交差点があり、そこを左折して踏み切りの手前右側にある。

しなの

 実はこのお店、mixiというネットワークの中にある東村山の情報コーナーで教えてもらったのである。教えてくれた人の説明では、ココはそばもうどんも太くて不ぞろいなのだとか。「おすすめは、ざるそば」ということなので、私は「ざるそば」(570円)を頼んだ。
 待っている間、メニューを見ると、「もり」が420円と安い。考えてみると、「ざる」が570円というのも安い。「この安さも人気なんだろうな」と思っていたら、「お待ちどうさま」と「ざるそば」がやってきた。

ざるそば

 太いことは予め聞いていたから驚かなかったけど、食べようと思ってそばを箸で取った時に「アレ?」とちょっとビックリした。麺が真っ直ぐじゃないのだ。ラーメンのように縮れているのである。
 とりあえず食べてみようということで、まずは何もつけずに食べてみる。風邪を引いているせいもあると思うが、それほどそばの香りはしない。少し驚いたのは食感。モチッとしているのだ。
 今度はつゆを付けて食べてみる。つゆは甘めで私好み。ズズッと食べるのだが、やはり縮れに妙な違和感を覚える。さらにモチッとした食感が違和感を増幅させる。でも、食べ進むうちに私はハッと気づいた。
「普通のそばのイメージを持ったまま食べるからいけないんだ」
 ラーメンに細いのや太いの、ストレートや縮れなどいろんな麺があるように、そばだっていろいろあっていいハズ。それなのに、いつの間にか「そばとはこういうモノ」というイメージが自分の中で出来上がっていたから違和感を覚えたのだ。そこに気づいて、改めて味わってみると、なかなかイケる。
 そばはノド越しとよく言われるけど、このお店の場合、ノドで味わうよりちゃんと噛んで食感を味わった方がいい。でもそう考えると、このそば、ざるよりも温かい汁モノで食べた方が美味しいかも。今度また行った時、試してみよう。


【DATA】
住所:東村山市萩山町4-1-22
電話:042-391-9800




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック



[ 2005/02/23 18:54 ] 【そば】 しなの(栄町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR