東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


そば屋で軽~く一杯

 夜に友人と会うことになったのだが、食事をするというほどお腹が空いているワケでもなく、かと言ってそれほど飲みたいワケでもなく……こういう時は喫茶店に行くのが一番なんだけど、あいにく久米川駅周辺には夜遅くまでやっている喫茶店はない。
 大した用事でないなら、「マクドナルド」「モスバーガー」「サンマルクカフェ」あたりでもいいんだけど、ちょっと落ち着いた場所で話がしたいとなると、悩んじゃうよね。

 ということで、私が向かったのは、久米川駅南口のそば屋「蕎心庵」

「ほろ酔いセット」があるんだよね

 ここには「ほろ酔いセット」(1050円)といううれしいセットメニューがあるんだよね。喫茶店のコーヒー1杯の代わりに軽~く一杯やりながら話をしようと思ったワケだ。
 落ち着ける雰囲気のそば屋さんだし、何よりこのお店、店内禁煙っていうのが個人的にポイントが高い。

「ほろ酔いセット」は通常はアサヒの「スーパードライ」の瓶ビールなんだけど、飲み物を変えることができる。まあ値段が多少変わるんだけどね。
 私はというと……。

ヱビスビールでお疲れさん

「ヱビスビール」に変えてもらった。値段はプラス20円になるけど、飲むのはコレ1本のつもりだから、これくらいの贅沢はしないとね(笑)。
 久しぶりに飲む「ヱビスビール」は旨いなぁ。この日は暑かったから特に旨く感じたよ。

「ほろ酔いセット」のおつまみ

 と、そこへ「ほろ酔いセット」のおつまみが登場。
 真ん中に刺身かまぼこがあり、その周りにナスの煮浸し、茶豆、稚鮎の天ぷら、そして鴨肉がそれぞれ少しずつ乗っている。
 いいねぇ。見方によっては“豪華なお通し”って感じに思えなくもないんだけど、それほどお腹の空いていない私には十分すぎるご馳走だ。

鴨肉、超旨そう

 特にこの鴨肉が旨そう。食べてみると、柔らかくて肉の旨味たっぷり。稚鮎の天ぷらも揚げたてでサクッとして、わたのほろ苦さが口の中に広がり、旨いこと、旨いこと。

 1品ずつゆっくりと味わいながら、ビールを飲み、友人と談笑。いいねぇ。いかにも“大人の時間”って感じ。
 この「ほろ酔いセット」だけでもよかったのだが、不思議なことに飲むと小腹が空いてきて、「〆にそばを食べよう」ということになった。

せいろそば

 私が頼んだのは「せいろそば」(650円)。運ばれて来た時点でそばの香りが漂い、旨そう。

そばのアップ

 今まで気づかなかったけど、このお店のそばって、少し幅広なんだね。
 では、つゆに付けていただきますか……いやあ、飲んだあとに食べるそばって旨いねぇ。口の中に広がるそばの香りがアルコールをリセットしてくれる感じがする。

そば湯割りで〆

 そばを食べ終えると、つゆをそば湯で割って飲む。いやあ、いいなぁ。何だかとっても和むよ。下手に喫茶店なんかに行くよりよっぽど落ち着く。
 ガッツリ飲み食いしたいという人には物足りないだろうけど、喫茶店のようにゆったりと話がしたいという人には、こういうそば屋さんを利用するってのはいいかもね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-19-34
電話:042-390-4431
営業時間:午前11時~午後3時/午後5時~10時(ラストオーダーは午後9時30分)
定休日:火曜
駐車場なし
全面禁煙




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2012/07/04 03:20 ] 【そば】 蕎心庵(栄町) | TB(-) | CM(2)

スルッと食べられる体が温まるそば

 温かいそばを軽くサッと食べたいなぁと思った私。久米川駅南口にあるそば屋「蕎心庵」の看板が目に入ったので、早速お店に入った。
 注文したのは「とろろそば」(870円)。

とろろそば

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。一緒に薬味のネギと唐辛子が添えられている。

刻み海苔の下には生玉子がある

 たっぷりのとろろの上に刻み海苔、そしてつゆにはユズの皮が浮かんでいる。

ほら、こんな感じ

 よく見ると、刻み海苔の下には生玉子があった。
 ネギを乗せ、とろろと生玉子、刻み海苔をザックリと混ぜてからいただきま~す。

とろろのせいかツルンと入っていく

 そばにとろろが絡むせいか、ツルルンとノド越しがいい。つゆはとろろと生玉子のせいですっかり濁ってしまつたが、飲むとこれが旨いんだなぁ。
 思っていた以上にそばがスルスル入り、あっという間に完食。もちろん、つゆも全部飲み干した。
 とろろの効果なのか、食べ終えると、体はポカポカ。値段を考えると、ランチタイムにガッツリ食べたいなら「おたのしみ膳」(840円)を注文するのが賢明だろうが、サクッと軽く済ますなら、これはいいメニューだと思うなぁ。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-19-34
電話:042-390-4431
営業時間:午前11時~午後3時(ランチタイム)、午後5時~10時
定休日:火曜



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2011/01/24 03:42 ] 【そば】 蕎心庵(栄町) | TB(-) | CM(0)

大満足の限定ランチ

 久米川駅南口にあるそば屋「蕎心庵」を通るたびに気になっているメニューが私にはある。

蕎心庵

 ランチタイムに出ている黒板に書いてあるんだけど……。

限定10食ってのが気になるんだよね

 気になっているのは「おたのしみ膳」(840円)の下に書いてある「蕎膳(そばぜん)」(1000円)だ。何が気になるかっていうと、その下にカッコ書きしてある

限定10食

なんだよね。ちょっと気になるでしょ? ただ、1000円という値段に少しためらっちゃうんですよ。
 今回も「どうしようかなぁ」と思いつつ、一度通り過ぎたんだけど、「うん、思い切って食べてみよう」と引き返してお店に入ったんですよね。

蕎膳

 これが「蕎膳」。いやあ、思い切って頼んでよかったなぁ。おそばに野菜の炊き合わせ、天ぷらに刺身、揚げた大福、そしてご飯とお新香。うん、豪華だ!
 そばつゆは真ん中の薬味の乗った小皿の下にある。

そば

 ほらほら、そばはツヤツヤ。旨そう。

野菜の炊き合わせの揚げ大福

 これは野菜の炊き合わせと揚げた大福。この野菜の炊き合わせは少し薄味で、素材の旨さがシッカリと感じられる。

天ぷらと刺身

 こちらは天ぷらと刺身。天ぷらはナスとカボチャとキスの3種類だが、揚げたてで旨いこと!
 刺身も意外と言っては失礼なんだけど、旨いんですよ。

 そばももちろん旨いんだけど、この日、私が一番旨いと思ったのは、ご飯。ピカピカで粒が立っているご飯は、口に入れるとやや固めで、噛むのが楽しくなるほど食べ応えがある。おかずと一緒に食べると、さらに旨いんだよね。
 全部食べ終わったら、そばつゆにそば湯を足してグビッ……ふぅ~、旨かったなぁ。
 いやあ、これは満足度が高いランチだよ。というか、私は個人的に大満足。量を求める人には、多少物足りないかもしれないけど、私みたいな中高年なら、きっと満足する内容だと思うなぁ。オススメです。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-19-34
電話:042-390-4431
営業時間:午前11時~午後3時(ランチタイム)、午後5時~10時
定休日:火曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2010/07/16 20:10 ] 【そば】 蕎心庵(栄町) | TB(-) | CM(0)

ランチでかけそばの旨さを認識

 ある日のお昼時。久米川駅南口にあるそば屋「蕎心庵」の前を通ったら、何やら看板が入り口前に出ていた。

入り口前に出ていたランチメニューと見本

 よく見ると、ランチメニューを書いた黒板と、見本だ。ちょうどお腹も減っているし、「入ってみるか」と私はお店の入り口を開けた。
 頼んだのは、見本として出ていた「お楽しみ膳」(840円)。

「おそばは温かいモノにしますか? 冷たいモノにしますか?」

 店員さんに聞かれてちょっと迷ったが、私は「温かい方で」と答えた。

お楽しみ膳

 しばらくして運ばれて来たのが、コレ。
 かけそばにミニ親子丼、小鉢にサラダにお新香、そしてかけそばの薬味のネギと七味唐辛子。この構成を見て、「このランチのメインって何?」と思う人もいるかもしれない。
 メインは器の大きさからもわかるように……。

かけそば

 やっぱりかけそばですよ。いや、実は私も「このランチのメインって何?」って見た瞬間、思ったんだけど、このかけそばを食べて「これがメインだよ」とすぐに認識を改めた。

 考えてみたら、私はここ数年、かけそばを食べていない気がする。そばと言えば、「もり」か「ざる」で、温かいそばを頼む時は「月見」か「天ぷら」を食べていた。どうも、かけそばって物足りなさを感じるんだよね。
 でもねぇ、玉子や天ぷらで濁っていないつゆを飲みながら、そばをすすると、これが旨いんだなぁ。そばの味がハッキリわかる感じがする。
 薬味のネギを入れたら、味が変わり、さらに七味を入れたらまた変わっていく。シンプルだから変化がよくわかるんだよね。
 外が寒くて体が冷えていたせいもあるけど、これは旨かったなぁ。

ミニ親子丼

 ミニ親子丼もふわっとした玉子がたっぷりで旨い。親子丼を食べながら、残ったかけそばのつゆをグビリ。旨いなぁ。
 つゆを全部飲み干してお店を出る頃には、すっかり体は温まっていたよ。ごちそうさまでした。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-19-34
電話:042-390-4431
営業時間:午前11時~午後3時(ランチタイム)
      午後5時~10時
定休日:火曜






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック




[ 2008/02/25 20:07 ] 【そば】 蕎心庵(栄町) | TB(-) | CM(0)

喫茶店感覚で軽く一杯できるそば屋さん

「夕方、連絡を取り合って会いましょう」と友人と午前中に約束していながら、調べ物につい時間を費やしてしまい、気が付くと時刻は午後6時近く。この時間からだと、喫茶店で会って話をしましょうって感じじゃないよね。でも、ここ数日、私は体調が悪いのか、どうもアルコールが残りやすくなっている。
 飲むなら、できれば軽く済ませたい……そう思った私は、「あそこならいいかも」とあるお店を思い出した。久米川駅南口にあるそば屋「蕎心庵」だ。確かココには、瓶ビール1本とツマミ数種類がついた「晩酌セット」(1050円)があったハズ。これなら喫茶店感覚で軽く一杯やりながら話ができる。しかもそば屋さんだから、店内もそんなに騒がしくないハスだ。

まずはビールで乾杯

 というワケで、まずはビールをコップに注いで乾杯! 旨いねぇ、ビールの最初の1杯っていうのは。特にこの日は暑かったから、ノドに染みる、染みる。

5種類のツマミ

 続いて「晩酌セット」のツマミが登場。大きなお皿に少量ずつ、5種類のツマミが乗っている。20代の若者なら、「これっぽっちかい」って言いそうな量だが、私のような40代半ばの中年オヤジには実にありがたい。いつの間にか「とにかく量!」という体質から、「いろんな種類を少しずつ」という体質に変わってしまったからね。
 この「晩酌セット」、入り口に見本が出ているのだが、やはりこのセットに魅力を感じるのは中高年なのか、店内は落ち着いた雰囲気を保っている。いいことだ。

 ツマミは出し巻き玉子に、ナス(煮浸し?)、イカ(ひょっとしたらスルメ?)の天ぷら、サバの西京漬、カニとイカの酢の物。料理に詳しくないから、うまく説明できないのだが、どれもひと手間がかかっていて旨い。
 いろいろと友人と話しながら、ツマミをひと口食べ、ビールをチビチビ。

 話が弾むと、なぜか箸もよく動いてしまう私。ツマミを食べ切り、「さてどうしよう」と思案。ツマミを頼めば、お酒も頼むハメになってしまう。でもメニューを見ると、美味しそうな一品料理が並んでいる。
 うーん……と考えた結果、ツマミを頼むことにした。

若竹煮

 これは「若竹煮」(550円)。タケノコは今が旬だからね。

春野菜の天ぷら盛り合わせ

 そしてこれは「春野菜の天ぷら盛り合わせ」(600円)。今年は3月、4月とパタバタして春野菜を使った旬の天ぷらを食べてなかったから、どうしても食べたかったんだよね。
 天ぷらはタケノコ、うど、アスパラ、よもぎなど。抹茶塩でいただく。
 これだけのツマミがあれば、どうしてもお酒が欲しくなるけど、ここはそば茶で我慢。
 お酒が入ったせいか、思いのほか話が弾み、2時間以上も話し込んでしまった。それでいてこれだけしか食べてないから、本当に喫茶店感覚。こりゃ打ち合わせとかにも使えるかもしれないなぁ。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-19-34
電話:042-390-4431
営業時間:午前11時~午後3時(ランチタイム)
      午後5時~10時
定休日:火曜



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック




[ 2007/05/09 20:22 ] 【そば】 蕎心庵(栄町) | TB(-) | CM(0)

東村山の繁盛そば屋

 うどん派の私としては、本格的なそばというのが、どうも苦手だ。本格的になればなるほど苦手の度合いが高まっていく。でも、そば好きの人はいるワケで……というより、そば好きの人の方がこの辺では多いので、そういう人のために今回は「蕎心庵(きょうしんあん)」というそば屋を紹介します。
 場所は久米川駅南口を出てすぐ右にある道路を踏み切りを背にして60メートルほど歩いた左手。

蕎心庵

 外観はオシャレだが、中は極めてシンプルに普通のおそば屋さん風にしている。私はランチタイムに行ったのだが、店は満席。1人だった私は相席で入れたが、外には2人ほど待っている。なかなかの繁盛店だ。
 せいろそば(630円)を頼んでみる。まずはそのまま食べてみる。十割そばということだが、コシがあってノド越しもいい。でも新そばの割には香りがないかな。つゆを付けて食べる。しまった、つい癖でザブンと付けてしまった。……うーん、辛い! これは少しだけ付けてズズッとやらなきゃ、私にはとてもじゃないけど食べられない。
 そうやって食べると、つゆのダシの香りもよくわかり、なかなかおいしい。

せいろそば

 食後、そば湯が出てきたが、これもあまりそばの香りがしなくてちょっと残念。
 せいろそばだけだと普通の人は物足りないかもしれないが、ランチタイムにはこれに天ぷらや小鉢などがついた「そば膳」(1000円)があるから、それを頼むといいかも。うどん好きの私にはイマイチなんだけど、これだけ繁盛しているんだし、そば好きの人は一度行ってみてはどうだろう。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-19-34
電話:042-390-4431
営業時間:午前11時~午後3時(ランチ)
       午後5時~10時
定休日:火曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック



[ 2004/12/04 19:06 ] 【そば】 蕎心庵(栄町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR