東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


東村山鍋焼きうどん選手権エントリーNO.7

【過去のエントリーはこちら】
*エントリーNO.1「玉清」
*エントリーNO.2「八山庵」
*エントリーNO.3「巴屋」
*エントリーNO.4「喜作」
*エントリーNO.5「大村庵」
*エントリーNO.6「文大陣」


 第7回目に取り上げるのは、「扇家」というそば屋。場所は八坂駅を左に出て変則6叉路を右折して江戸街道に入り、西武国分寺線の踏切を超えて100メートルほど歩いた右側にある。

扇家

 店内の壁にはメニューがズラリと張り出されている。鍋焼きうどんを探すと、「なべ焼」とだけ書かれたメニューしか見当たらない。おそらくこれが鍋焼きうどんだろうと思い、私は「なべ焼」(850円)を注文した。

なべ焼

 しばらくして出て来たのがコレ。鉄鍋にはフタがしてあった。取り分け用のお碗とご飯、香の物が付いている。ちょっとした定食という感じだ。

なべ焼きうどんのアップ

 鍋焼きうどんそのものはこんな感じ。ちょっと具が寂しいかなぁ。でも、うどんはたっぷり入っている感じがする。早速いただいてみますか。


【つゆ】★★☆
 色はやや濃いめだが、味そのものはそれほど濃くは感じない。やや甘めかな。半熟玉子の黄身と相性が良さそうなつゆなのだが、残念ながら半熟玉子はないんだなぁ。

【具材】★☆
 エビの天ぷらにかまぼこ、ナルト、伊達巻、ミツバ、そして麩。ちょっと華やかさに欠けるかな。玉子は贅沢だとしても、せめてシイタケやネギは欲しかったなぁ。でもエビ天は旨かった。

【うどん】★★★
 細くて柔らかめなのだが、割と弾力があり、ブチブチ切れたりしない。モチッとしてまずまず旨い。量が多くて食べ応えは十分だ。

うどんのアップ

【値段】★★☆
 具材にやや不満はあるものの、うどん量は多いし、ご飯も付いている。間違いなくお腹いっぱいになれるハズで、そういう意味ではお得感はあるかも。

【総合評価】★★☆
 小鉢が付いているワケではないので、ご飯のおかずは鍋焼きうどんとなるのだが、ハッキリ言って、うどんを食べながらご飯を食べるのは無理だろう。でも、うどんを食べ終わったあと、残ったつゆの中にご飯を入れて食べると旨いし、つゆまで全部食べることができる。もしそれを狙っているのだとしたら、これはいいセットだし、よくできている。その場合でも、玉子が入っていれば、もっと美味しくいただけるんだけどなぁ。


【DATA】
住所:東村山市富士見町5-5-3
電話:042-391-5930




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック




[ 2006/06/12 18:14 ] 【そば】 扇家(富士見町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR