東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ め組 久米川本店(栄町) ]


緊張のセルフスタイルのお好み焼き

 広島出身の私にとって「お好み焼き」は、そばやうどんが入ったいわゆる「広島風お好み焼き」だ。そして「お好み焼き」は、「お店の人がつくるモノ」とずっと思っていた。だから上京してきて、自分でつくるセルフスタイルのお好み焼き店に入った時の衝撃といったらなかったね。
 そんな私だから、もんじゃ焼きも衝撃的な食べ物だった。

 カミさんは東村山生まれの東村山育ちだから、セルフスタイルのお好み焼きも、もんじゃ焼きも慣れっこ。というか、大好き。でも、子どもたちが小さいから、熱い鉄板のあるお好み焼き店に行くのを我慢していたんだよね。子どもが鉄板に手を置いてしまうとか、何かあったら困るから。

 でも先日、カミさんが「久しぶりにお好み焼きともんじゃを食べたいなぁ」とボソッとひと言。「じゃあ、行こうか。子どもたちはちゃんと注意すれば大丈夫だと思うから」と私。そんなワケで、家の近くにあるお好み焼き店「め組 久米川本店」に家族全員で行くことになった。

め組

 場所は久米川駅北口を出て、すぐ目の前にみずほ銀行があるのだが、その隣に喫茶店「木巧木好(もこもこ)」が入ったビルがあり、ちょうどそのビルの裏手にお店がある。
 所沢や国分寺などに5店舗あるチェーン店で、同じ久米川駅北口にある居酒屋「一本槍」は姉妹店だという。

ビールで乾杯

「お好み焼きはカミさんがつくるだろう」と思っていた私はビールを頼んで、子どもたちのカルピスと乾杯!

エビ天

 お好み焼きは「エビ天」(609円)を注文。

コーンバター

 子どもたちがすぐ食べられるようにと、「コーンバター」(367円)を頼んだら、ナント、これもセルフで調理するんだね。知らなかったよ。
 子どもたちが騒ぎ出す前に何とかしなきゃと、私は速攻で鉄板にバターを落とし、コーンをドサッ。ヘラを両手に持ってカシャカシャとバターを絡ませながら焼いて、お皿に戻し、子どもたちの前に置いた。
 これで当分、子どもたちはおとなしくなるだろう。「じゃあ、お好み焼きを焼いてよ」とカミさんに言うと、「私、子どもの世話をするから、パパちゃんが焼いてよ」という言葉が返って来た。
 マジ? 私が焼くの?
 苦手なんだよなぁ、お好み焼きって。生焼けになりそうだし、うまく引っくり返せない気がするし……。
 でもまあ、仕方がない。やりますか。

ちょっと広げすぎたかも…

 うーん、生焼けを恐れるあまり、広げすぎちゃったよ。ちゃんと引っくり返せるのか?

出来上がりは何となく旨そう

 無事に何とか引っくり返すことができて、ソースとマヨネーズで化粧することで、何となく旨そうに仕上がったけど、緊張したなぁ。
 味の方はというと、自分でつくった割にはまずまずなんじゃないの。

明太子もちチーズもんじゃ

 と、ここで「明太子もちチーズもんじゃ」(819円)が登場。まさかと思うけど、もんじゃも私がつくるの?
 こっくりとうなずくカミさん……ここから先の映像はとてもじゃないけど、お見せできないのだが、カミさんには好評だったということだけ報告しておきますね(笑)。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-3-21
電話:042-395-5100
営業時間:午後5時~深夜0時
定休日:無休
駐車場あり
ホームページはこちら


★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR