東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

会話でくつろぐ喫茶店

「1人でホッとひと息つきたい」と思う時、私は知らず知らず2つの行動パターンをしている。1つは全くの1人でボーッとすること。もう1つはそのお店の人と何となくおしゃべりをすること。

 大抵は全くの1人でボーッとすることが多く、「ジョナサン」などのファミレスや「サンマルクカフェ」などのコーヒーショップ、「マクドナルド」などのファーストフード店に行くのだが、たまに何となく話がしたくなる時がある。
 そんな時に萩山駅近くのコミュニティ・カフェ「朋」のような喫茶店が近くにあればなぁといつも思う。

 もう2カ月ぐらい前になるだろうか。気持ちが疲れていた時に「朋」の近くを通りかかったので、久しぶりに入ってみた。


 確か以前はコーヒーもケーキも料金は別だったハズだけど、今回行ってみると、「コーヒーセット」(300円)、「紅茶セット」(300円)となっていた。どちらもプチケーキかゼリーが付いての値段だから、考えてみれば以前と変わらない。
 私は「コーヒーセット」を頼んだ。

コーヒーセット

 これが「コーヒーセット」。これで300円だなんて、うれしいよね。

コーヒー

 安くてもコーヒーはちゃんと1杯ずつ豆を挽いてからドリップしてくれる。

プチケーキ

 プチケーキも手作りの良さが出ていて、ホッとする味わい。
 コーヒーを飲みながらお店の人と、何とはなしに世間話をすると、何だかほんわかと和んでくる。
 気持ちを疲れされる原因のほとんどは人との付き合いなんだけど、気持ちを癒してくれるのも人なんだなぁとしみじみ実感。こういうお店がもっと増えてくれるとうれしいんだけどなぁ。



【DATA】
住所:東村山市萩山町2-8-28
電話:042-397-0428
営業時間:午後1時~7時
定休日:日曜、祝日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
スポンサーサイト
[ 2011/06/16 00:13 ] 【喫茶店・カフェ】 朋(萩山町) | TB(-) | CM(0)

看板がリニューアル!オシャレな喫茶店に変身

 読者の方から萩山駅近くのコミュニティ・カフェ「朋」の看板が新しくなったというコメントが寄せられたので、行ってみた私。
 このお店、以前はどうだったかと言うと……。

以前の看板

 入り口には「コミニティカフェ 朋」と書いてあるものの、その上の緑のテント看板は、それまであったフラワーショップの店名が書かれたままだった。このため、お店を探すのに苦労した人もいると思う。
 以前にお店に行った時、「早く看板を直したい」とお店の人は話していたのだが、それが昨年末にようやく実現したようだ。

 どんな風に変わったかと言うと……。

看板テントがこんなにオシャレに

 基調となる色は以前と同じ緑だけど、かわいいデザインで丸っきりイメージが一新した。これは武蔵野美術大学の学生がデザインしてくれたモノなのだとか。いやいや、オシャレじゃないですか。

手作りケーキもさらに充実

 表に張ってあるメニューを見ると、100円ケーキの種類に「バナナ」が加わっている。手作りケーキも徐々にではあるけど、充実しつつあるようだ。

コーヒーとアップルケーキ

 お店に入り、私が頼んだのはコーヒーとアップルケーキ。これで300円なんだから信じられない。

これで100円は安すぎる

 アップルケーキは以前にも食べたことがあるんだけど、しっとりとして食べ応えがあり、旨い。
 お年寄りのしゃべり場として始めたお店だけど、いい雰囲気で落ち着けるお店だから、若い人もドンドン行ってみて欲しいなぁ。



【DATA】
住所:東村山市萩山町2-8-28
電話:042-397-0428
営業時間:午後1時~7時
定休日:日曜、祝日




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2009/02/07 17:29 ] 【喫茶店・カフェ】 朋(萩山町) | TB(-) | CM(0)

つい長居をしてしまう喫茶店

 前回紹介したら結構な反響があった萩山駅近くのコミュニティ・カフェ「朋」。やっぱりこういうホッとできる場所を求めている人が多いんだろうなぁ。

 いいお店だけに応援したいとは思っているけど、「そう度々、記事にするのもなぁ…」なんて思いながら多摩湖自転車道を自転車で走っていたら、こんな看板を発見。

看板発見!

 多摩湖自転車道は都の管理するモノなので、そこに看板を出しちゃいけないのは知っていたけど、そこからちょっと下がった駐車場のブロック塀に立てられた「朋」の看板。ちょっと目立たないよね。
 でも集客の努力をしているのはうれしい。この日はお店に寄る気は全くなかったのだが、地味な看板にかえって魅せられて、ついついお店に行ってしまった。

 私はコーヒー(200円)とシフォンケーキ(200円)を注文した。

シフォンケーキとコーヒー。これで400円

 挽きたて&淹れたてのコーヒーとシフォンケーキで計400円也。安いよね。

シフォンケーキのアップ

 シフォンケーキはしっとりとした食感で、レモンピールが入っているのか、甘いけど後口が爽やか。旨いなぁ。
 お店の人によると、レモンは国産のモノだけを使っているのだという。私としてはサッと食べて帰るつもりだったのだが、レモンの話から始まって、お店の人やお年寄りのお客さんといろいろ話をしていたら、ついつい長居をしてしまった。

最後に出てくる煎茶

 シフォンケーキを食べ、コーヒーを飲み終えたら、お茶が出て来てくるのだが、そのお茶を飲み終えてもまだ話をし、気が付くと1時間近く経過。
「こういう喫茶店って、いいよなぁ。もっと繁盛して欲しいなぁ」とシミジミ思いながら、私はお店を後にした。


【DATA】
住所:東村山市萩山町2-8-28
電話:042-397-0428
営業時間:午後1時~7時
定休日:日曜、祝日





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2008/02/05 18:19 ] 【喫茶店・カフェ】 朋(萩山町) | TB(-) | CM(0)

超穴場の激安カフェ

 ひと昔前までは、大抵の駅の近くには喫茶店があったモノだ。ハンバーガーショップや1杯180円のコーヒーショップが増えるにつれ、喫茶店はドンドン消えていった。
 以前は「1杯400~500円のコーヒーを出す喫茶店より、180円のコーヒーショップの方がいい。もっと増えないかなぁ」と思っていた私だが、年を重ねるとともに考え方が変わってきた。やっぱ喫茶店は必要だよ。

 値段じゃないんだよね。落ち着ける場所ってのは、あった方がいい。黙って新聞を読んだり、雑誌や本を読んだりできるだけでもいい。お店の人と世間話とかができるようになれば、なおいい。考えてみれば昔はそういう喫茶店が多かった気がする。

 学生時代、アルバイト先の社員さんに連れられ、よく昼飯を一緒に食べたことがある。安い定食屋を知っている人で、600円ぐらいでランチを済ませ、その後は必ずお気に入りの喫茶店に寄っていた。ゆっくり話ができるのはいいのだが、腹いっぱいになる定食屋のランチが600円なのに対して、喫茶店のコーヒー1杯が400円というのが、当時20歳そこそこの私には値段的に納得がいかなかった。
 でも今なら、なぜその社員さんが喫茶店に必ず寄っていたのかわかる気がする。なじみの店員さんやマスターがいて、一言二言、言葉を交わす……こういう何気ないコミュニケーションが、気持ちを癒すし、ストレスを取り除いてくれるんだと思う。


 前置きが長くなったが、今回紹介するのは、そんなくつろげる喫茶店だ。店名は「朋」。萩山駅北口に2007年5月7日にオープンしたというコミュニティ・カフェだ。

上の看板は違うけど、ここが「朋」

 場所は萩山駅北口を出て右側にある路地をそのまま進み、道なりに左に曲がる。真っ直ぐ進むと遊歩道に出るのだが、それをそのまま通り越して進むと、左側に「フラワーショップ かねこ」という緑の看板が見える。そこがコミュニティ・カフェ「朋」だ。

ケーキが激安

 表にはこんな張り紙があった。手作りケーキのアップルとニンジンが100円で、チーズケーキとシフォンケーキが200円? ちょっとちょっと、安過ぎじゃないの?

店内はこぢんまりとしている

 店内はとってもこぢんまりしている。テーブルが3卓しかなく、10人も入ればいっぱいになっちゃうくらい。
 私は手作りケーキのアップルとコーヒーを頼んだ。

これで300円

 これで300円。300円ですよ! コーヒーは注文から豆を挽いて淹れてくれるし、しかも使う水は井戸水だっていうこだわりよう。それでいてケーキとセットで300円だからね。文句なしに「激安」でしょう。

アップルケーキ

 アップルケーキはしっとりとし食感で、シナモンの香りがする。旨いなぁ。本当にこれ、100円でいいの? 余計なお世話かもしれないけど、もっとお金を取った方がいいんじゃないの?……店員さんにそう話すと、こんな答えが返ってきた。

「もともとは寝たきりじゃない独り暮らしのお年寄りに外出してもらおうと思って始めたんです。そういうお年寄りの方の家に行った時、『昨日は誰とも話をしなかった』なんてことを聞いたりしたから、誰かと話せる場所をつくろうと思ったのがキッカケです。そりゃ儲けがあるといいけど、値段を高くして、そのために独り暮らしのお年寄りが月に1回しか来られないとしたら、値段を安くして毎週1回来てもらう方がいいじゃないですか。そのために開いたお店ですから」

 なるほど。それで「コミュニティ・カフェ」なんだ。じゃあ、このお店はそういう独り暮らしのお年寄り専門の喫茶店なの?

「そんなことないですよ。普通の人にもドンドン来て欲しいと思ってます。いきなりは無理でしょうけど、そうやってお年寄りの方とのコミュニケーションの輪が広がればうれしいですよね」

最後にはお茶を出してくれる

 コーヒーを飲み終えたら、お茶を出してくれた。煎茶を挽いて粉状にしたモノらしく、何だか抹茶っぽくて旨い。いいお店だなぁ。

 お店の趣旨も共感できるし、何とか繁盛して欲しいんだけど、お店の人によると「平均すると1日10人来る程度」なのだとか。萩山駅周辺にはもともと喫茶店っぽいお店はなかったから、貴重な存在。どうすれば繁盛するだろうか?
 看板を代えれば、もっとわかりやすくてお客さんも来ると思うのだが、「それはお金がかかるからできない」のだという。うーん、となれば、やっぱり口コミしかないか。

 萩山駅周辺の人、遊歩道を散歩する人、ぜひ寄ってみてください。気持ち的にも懐的にもホッとできますよ。


【DATA】
住所:東村山市萩山町2-8-28
電話:042-397-0428
営業時間:午後1時~7時
定休日:日曜、祝日



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
[ 2008/01/21 18:21 ] 【喫茶店・カフェ】 朋(萩山町) | TB(-) | CM(0)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。