東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


やっぱりブーム?

 お昼時。それほどお腹も空いてなく、どちらかというと「食べなくてもいいかな」と思いながら久米川駅北口を歩いていると、コーヒーショップ「サンマルクカフェ 東京久米川店」の前にこんな看板が出ているのを見つけた。

ランチやってたんだね。知らなかったよ

 ランチをやってたんだね。知らなかったなぁ。メニューは5種類。

*絶品タンドリーチキンバーガー チョコクロランチ(590円)
*名物たまごカレーパン プリンチョコクロランチ(500円)
*週替りピザ、チョコクロランチ(500円)
*やみつきドック、チョコクロランチ(500円)
*サンドイッチランチ(490円)


 どれも“軽いランチ”にもってこいという感じだ。
 この中で私が気になったのは、「絶品タンドリーチキンバーガー チョコクロランチ」。先日、八坂のパン屋「メルポーチ」で食べた時も思ったんだけど、「タンドリーチキン」ってブームなのかなぁ? 最近、この文字をよく見かけるんだよね。

 ということで、私は「絶品タンドリーチキンバーガー チョコクロランチ」を食べるべく、お店に入った。

絶品タンドリーチキンバーガー チョコクロランチ

 これが「絶品タンドリーチキンバーガー チョコクロランチ」。アイスカフェラテと「タンドリーチキンバーガー」、そしてこのお店の定番商品である「チョコクロ」というセット。単品で頼むと800円かかるのだが、バリューランチセットということで590円というワケだ。

タンドリーチキンバーガー

 では「タンドリーチキンバーガー」をいただきま~す……おおっ、これはイケるじゃない。パンがウリのお店だけあってバンズがまず旨い。で、そのバンズの旨味とタンドリーチキンがまたよく合っている。意外と食べ応えもあって旨かったなぁ。

チョコクロ

 続いて「チョコクロ」。「タンドリーチキンバーガー」がメインディッシュとすれば、これはデザートって感じかな。久しぶりに食べたけど、サクッとした食感とバターの香り、そしてジュワッと広がるチョコの甘さ……旨いなぁ。
 食べ終えたあとは、アイスカフェラテをチビチビ飲みながら読書。たまにはこういうゆったりとしたランチもいいよね。



【DATA】
住所:東村山市栄町1-4-26
電話:042-390-6525
営業時間:午前7時半~午後9時半
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

の~んびりと軽~い朝食

 たまたま都心部に用事があって朝早くに家を出たものの、考えてみればまだ約束までに時間がある。
「軽く朝食でも食べるか」と思って、最初に思いついたのが、久米川駅北口のコーヒーショップ「サンマルクカフェ 東京久米川店」

「あのお店にモーニングがあれば最高なんだけどなぁ。まあ、コーヒーと何かパンでも食べるか」

 そう思ってお店に入ったら、ナント「モーニングスタイル」というセットメニューがあるではないか。
 これはオープンから午前11時まで、「チョコクロ」(150円)、「びっくりタマゴ」(150円)、「クロワッサンフランク」(190円)、「ミルクロール」(150円)、「ハムマヨチーズ」(180円)、「シナモンレーズン」(120円)の6種類のパンのいずれかと一緒にコーヒーを注文すると、通常200円のコーヒーが150円になるというサービス。

 よ~く考えると大したサービスじゃない気がしないでもないが、それでも「シナモンレーズン」とコーヒーの組み合わせだったら、たったの270円で済む。安いではないか。
 といっても、私がパン1個で持つワケがなく、「ハムマヨチーズ」も頼んじゃいましたけどね。

私が頼んだのはコーヒーとパン2つ

 それでも合計で450円なら、朝食としてはまずまずリーズナブルな値段じゃないですか? 

左が「シナモンレーズン」で右が「ハムマヨチーズ」

 パンも値段並みの旨さだしね。「シナモンレーズン」は程よい甘さで気に入ったなぁ。

 まあ、量的な物足りなさはあるけど、の~びりと本が読めるし、駅から近いから慌てなくてもいいし、何だか朝から「時間を有効に使っている」って感じがして、私としてはいい気分。これならたまに利用しようかな。少なくとも「マクドナルド」よりは落ち着いて本が読めるからね。


【DATA】
住所:東村山市栄町1-4-26
電話:042-390-6525
営業時間:午前7時半~午後9時半
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

ひと息つけるうれしい場所

 今年3月、久米川駅北口にコーヒーショップ「サンマルクカフェ 東京久米川店」がオープンした。

サンマルクカフェ 東京久米川店

 場所は久米川駅北口を左に出て歩くと、すぐ左側に見えてくる。駅から1分とかからない好立地。久米川駅周辺には喫茶店というか、待ち合わせや時間潰しにピッタリのお店がなかなかないから、このお店のオープンは正直言って、私はうれしかった。

 もともとは岡山市に本社を置くベーカリーレストラン「サンマルク」の系列チェーンだから、パンが旨いのもうれしい。
 特に「サンマルクカフェ」で人気なのは、「チョコクロ」の名称で親しまれているチョコレートクロワッサンだ。バターたっぷりのクロワッサンの中に板チョコが入っていて、これがジュワッとクロワッサンの生地に染み込んで旨いんだよねぇ。

ブラックコーヒーと3種のチョコクロ

 というワケで今回は、ブラックコーヒーのMサイズ(240円)と「チョコクロ」(150円)、「バナナチョコクロ」(180円)、「ヘーゼルナッツチョコクロ」(170円)を頼んだ。

左からチョコクロ、バナナチョコクロ、ヘーゼルナッツチョコクロ

 左から「チョコクロ」、「バナナチョコクロ」、「ヘーゼルナッツチョコクロ」。
「マサさん、1人で3つも食べるの?」という声が聞こえてきそうだが、甘いモノが好きな人だったら、これくらいペロリですよ。

バナナチョコクロの断面

 期間限定の「バナナチョコクロ」は、バナナ味の板チョコが入っているのかと思ったら、全然違った。板チョコと一緒に板状に切られたバナナが入っているのだ。味としては悪くないんだけど、チョコがクロワッサンの生地にジュワッと染み込んでいるのが「チョコクロ」の魅力なんだよね。これだとバナナがジャマして、チョコが全体に染み込まない。まあ、その点を新しい魅力と思えるかどうかで、評価が変ると思うなぁ。

 でも、こういう甘いモノを食べながら本を読むと、本当に落ち着く。家からも近いし、このお店は私にとってうれしい場所だよ。


【DATA】
住所:東村山市栄町1-4-26
電話:042-390-6525
営業時間:午前7時半~午後9時半
ホームページはこちら



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR