東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

喫茶店でラフテー丼?

 喫茶店の食事メニューと言えば、カレーライスとナポリタン、それからハンバーグあたりが定番だろう。ラーメンなどの汁ありの麺類や丼モノだと、「エエッ? 大丈夫なの?」と少し引いてしまいがちになるのは、私だけではないハズだ。
 だから、東村山駅西口から北山公園に行く途中にある喫茶店「ココCAFE」の看板に「鶏肉のフォー」(680円)の文字を見つけた時は、気になりつつも「旨いのかなぁ?」とちょっと疑問を抱いてしまった。
 このほかにも、看板を見ると「エッ?」と思うようなメニューがズラリと並んでいる。

*「牛肉のフォー」(900円、土・日・月曜のみ)
*「トムヤムクンヌードル」(850円)
*「ラフテー丼」(950円)


 気になるけど、どうなんだろう?……そう思っていたら、読者の方から「ラフテー丼」が美味しかったというコメントが寄せられた。「美味しい」となれば、やっぱ食べに行かなきゃね……ということで先日、お店に行ってきました。
 頼んだのはもちろん、「ラフテー丼」。

ラフテー丼

 これが「ラフテー丼」。シジミの味噌汁が付いている。

「ラフテー丼」のアップ

 上に乗っているのはパクチー。その下に白髪ネギとパプリカ。彩りがいいねぇ。
 では、いただいてみますか。

大きいけど柔らかいのだ

「ラフテー」とは、沖縄風の豚の角煮のこと。ドカッと大きな塊だけど、食べるとトロッと柔らかい。これがパクチーとよく合うんだ。パクチーが苦手な人には酷な料理だけど、この旨さはパクチーあってのモノだと思うなぁ。
 添えられていたのが箸だけなので、最後はちょっと食べづらかったけど、キレイに完食。これで食後にコーヒーが付いていれば最高なんだけど、この値段でそこまでやると採算がとれないんだろうな。

 ふとお店の中の黒板を見ると、500円の1コインで食べられる「ミニ」というメニューがあった。その中には「ラフテー丼」も入っていた。女性の場合、「ミニラフテー丼」と飲み物を頼むと1000円以下のちょうどいいランチになるかもね。


【DATA】
住所:東村山市野口町4-27
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:火曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
スポンサーサイト

ホッとひと息つける喫茶店

 東村山駅西口から北山公園に行くとき、いつも「この通り道に休憩所というか、喫茶店みたいなひと息つけるスポットがあればいいのになぁ」と思っていた私。歩きなれている人には大したことのない距離だが、夏の暑い盛りなど、私は歩いていて何度も「休憩したい」と思った。だから北山公園までの道筋に隠れ家的な飲食スポットができれば、歩くのがもっと楽しくなるだろうなぁと常々考えていたのだ。

 そんな私の思いが通じたのか、東村山駅から北山公園までのルート上のちょうどいい場所に喫茶店がオープンした。それが今回紹介する「ココCAFE」だ。

ココCAFE

 場所は東村山駅西口を出て、最初の信号の変則5叉路を、ブティック横の斜め右に入る道に進む。200メートルほど進むと左に弁天橋が見えてくる。弁天橋を渡って右に100メートルほど歩くと、右側に建物が見えてくる。
 一見すると、普通の住宅のようで見過ごしてしまいそうになる建物だ。表に黒板が出ているから、かろうじてお店だとわかる。その黒板を見ると……。

「店内禁煙」の文字がうれしい

「あったかいゆず茶」なんていいじゃないの。おっ、小さい文字だけど「店内禁煙」と書いてある。これはうれしいなぁ。私、タバコの煙は苦手だから。

 お店に入ると、中は割とこぢんまりしている。「いらっしゃいませ」と女性が声をかけてくれ、その奥の厨房では忙しそうに動く男性の姿が……どうやらご夫婦で切り盛りしているようだ。
 私は2人がけのテーブルに座り、奥さんが出してくれたメニューを見た。本当ならカレーなどの食べ物を頼みたいところなのだが、実はこのお店に来る前に、一軒、取材を兼ねて食べに行ったらひどい目に遭っちゃったんだよね。それでもシッカリ残さず食べたモノだから、お腹はいっぱい状態。
 というワケで、私はドリンクメニューに目を移した。

ついつい「デトックスティー」に目が…

 真っ先に目を引いたのは……もう、おわかりですよね。そう、「デトックスティー」(450円)。健康が気になるお年頃ですから(笑)、やっぱり毒素を出したいワケなんですよ。
 ということで、「デトックスティー」を頼んじゃいました。

デトックスティー

 しばらくして出てきたのが、こちら。透明なポットとティーカップ。オシャレじゃないですか。

ミントの香りに癒される

 茶こしをカップに乗せてから、「デトックスティー」を注ぐ。途端にふわっと漂うミントの香り。いやあ、癒されるなぁ。ジンジャーやレモンピールなどが入っているとメニューには書いてあったが、飲むとミントが強く、味的にはミントティーという感じだ。
 何だかホッとした気分になり、ようやく私はイスの背もたれに体を預けた。そうすると、今まで気付かなかった店内に流れている音楽が耳に入ってきた。
 ボサノバだ。それも「イパネマの娘」だ。アルバム「ゲッツ/ジルベルト」が流れていた。これって私が生まれた翌年の1963年に出されたんだよなぁ……なんてことを思いながら、しばし読書。
 この日、読んだのはコレ。私、アル・パチーノの大ファンなんですよ。




 久々にグルメ取材でハズレを引いて滅入っていたけど、このお店のお陰で悪い気持ちを体から出すことができたよ。「デトックスティー」で体内の毒素がデトックス(解毒)できたかどうかはわからないけど、気持ちがリフレッシュできたのは大きい。こういうお店が欲しかったんだよなぁ。
 また北山公園方面に行くことがあったら、立ち寄ろうっと。


【DATA】
住所:東村山市野口町4-27
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:火曜



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。