東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


「氷」旗の誘惑

 暑くなると、どうしても目に入ってしまうのが「氷」の旗。今年は気のせいか、ヤケに目に付くような気がする。
 そう言えば、「西友」の入っているビルの上にある中華料理店「寿蘭」や、ウイング通りにある中華料理店「彩雅」にも「氷」の旗が出ていたなぁ……そんなことを考えつつ、久米川駅南口を歩いていたら、「ミスタードーナツ」に「氷」の旗が。しかも100円だという。
「いかん、いかん」と振り切って、通り過ぎたのも束の間、ふと左の路地を見ると……。

エッ、「珈琲館」に「氷」の旗が

「珈琲館」よ (゚д゚lll) お前もか!!

 喫茶店だからカキ氷があってもおかしくはないんだけど、このタイミングで目に入っちゃうと、私はそんなに意志の強いタイプじゃないので、もうダメ。引き寄せられるように「珈琲館 久米川店」に入ってしまった。
 カウンターに座ると、すぐにカキ氷のメニューが目に入った。

いろいろあるねぇ

 へぇ、いろいろあるモノだねぇ。「カルピス」まであるよ。
 私は大好きな「宇治金時」(430円)をミルクがけ(プラス50円)でお願いした。

宇治金時ミルクがけ

 これが「宇治金時ミルクがけ」。お祭りの屋台などでよく見る電動のカキ氷機でつくったモノだけど、紙コップではなくこうやってガラスの器に盛られると涼しげで旨そうだ。

小振りなグラスに小豆がドッサリ

 意外と小振りな器なんだけど、それだけに上に盛られた小豆がドッサリと多いのがわかる。

ミルクのかかった小豆が旨そう

 ミルク、というか練乳だよね。それがかかった小豆が実に旨そう。それではいただきま~す……氷の食感などはお祭りのカキ氷と変わらないし、氷が溶けるのも早いんだけど、こうやって喫茶店でカキ氷を食べるっていう行為自体が、私にはすごく心地よい。このお店は新聞が置いてあるから、スポーツ新聞を読みながら、のんびりまったり。時々、カキ氷を食べるペースが早すぎて頭がキーンとなるんだけど、これがまた楽しかったりして。

「氷」の旗の誘惑に負けてしまったけど、のんびり過ごしてリフレッシュできたから良しとしますか。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-21-2
電話:042-395-5551
営業時間:午前8時~午後8時
定休日:なし
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
簡単便利なドリップコーヒー、インスタントにさようなら。
ハート型のお菓子の専門店


贅沢な朝食

 今はコーヒーメーカーが普及しているから家で手軽に美味しいコーヒーが飲める。外に出たら出たで、コーヒーショップに行けば200円程度でコーヒーが飲める。コーヒーはもはや贅沢品ではない。だから1杯400円以上もするコーヒーを出す喫茶店はドンドン消えつつある。
 そんな中、チェーン店ではあるが、こだわりの“贅沢品としてのコーヒー”にこだわっているのが「珈琲館 久米川店」だ。
 場所は久米川駅南口を出て正面の道を進むと、左側に「サラリーマン久米川店」が見える。その手前の道を左折してすぐ右側にある。

珈琲館 久米川店

「珈琲館ブレンド」が400円だからね。「マクドナルド」の朝マックより高いんだから、朝からココでコーヒーを飲むっていうのは、贅沢だよね。でも、間違いなくこのお店のコーヒーの方が美味しいんだから、たまにはそういう贅沢をしてもいいよね。
 というワケで、私は「完熟珈琲」(400円)を注文。朝11時まではモーニングサービスがあり、プラス150円で厚切りトーストとサラダ、プラス190円でホツトドッグ、プラス200円で厚切りトーストとサラダ&スクランブルエッグ、そしてプラス230円でハムチーズドッグが食べられる。私はハムチーズドッグが気になったので、頼んでみた。
 まず最初に来たのは「完熟珈琲」。

完熟珈琲

 うーん、いい香り。味は濃く、ほのかに甘い。お店に置いてあるスポーツ新聞を広げて読んでいると、ハムチーズドッグが運ばれてきた。

ハムチーズドッグ

 ちょっと小さくて貧相だが、まあこのお店の場合、メインはコーヒーなのだから、仕方ないか。すでに2つに切られており、断面はこんな感じ。

ハムチーズドッグの断面

 食べると、見た目の貧相さほど悪くはない。でも小腹は満たされるけど、朝食としてはちょっと物足りないかな。
 だけどコーヒーを飲みながら静かな空間でゆっくり過ごすのは、すごく気持ちいい。この空間が一番のご馳走だったりして。朝からガッツリ派の人には向かないけど、たまにはこういう贅沢な朝の過ごし方もいいと思うなぁ。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-21-2
電話:042-395-5551
営業時間:午前8時~午後10時
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR