東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ アベル(栄町) ]


滑らかな口溶けのカキ氷

 その日はとても暑かった。私はオカメインコを飼っているのだが、そのエサを買いにJマートまで歩いて行った。ダイエットの一環と思って歩いたのだが、暑さは半端じゃない。その帰り道、「あぢぃ~」と声に出しても仕方ないのについ出してしまうほど暑かったので「コンビニで涼んで帰るか」と思っていた矢先、私の目に「氷」の文字が飛び込んできた。この時期になると、喫茶店などの入り口に置かれるノボリだ。
「カキ氷か。それだ!」。私は吸い寄せられるようにその喫茶店に入った。それが今回紹介する「アベル」だ。場所は久米川駅北口を出て右に進み、50メートルほど歩いた右側にある。

アベル

 この通りはよく歩いているハズなのだが、この喫茶店の存在には今まで全く気づかなかった。お店は細長い造りになっていて、入ると左側にカウンターが5席ほどあり、右側にはテーブルが3卓。初老のご夫婦がお店を切り盛りしている。そのせいか、お客さんはすでに5人ほどいるが、皆さん、ちょっとお年を召されている。おそらく、そういう人たちの“しゃべり場”となっているのだろう。
 壁にカキ氷のメニューが張ってあったので見ると、「イチゴ」「ハワイ」「メロン」「アズキ」と4種類あるようだ。いずれも400円。喫茶店のカキ氷としては安い。ママさんに「ハワイって何?」と聞くと、「青いヤツなんだけどねぇ、さぁ、何味だっけ?」との答え。のんびりしていていいねぇ。アクセク生きている自分が癒されるよ。
 宇治金時が大好きな私だが、ココにはないので少しでもそれに近い「アズキ」を頼むことにした。マスターは氷の塊を取り出すと、カキ氷機にセットし、シャー、シャーと出てくるカキ氷を器を回しながら受け止め、途中1回シロップをかけてから、またカキ氷の山を築いていく。久々に作っている様子を見たモノだから、何だか懐かしい気持ちになってきた。
 で、出てきたのがコレ。

アズキのカキ氷

 底にたっぷりと小豆が入っているのだが、それよりも気づいて欲しいのが氷の細かい輝きだ。食べると滑らかに口の中で溶けていく。いやあ、まさかカキ氷でこんな表現を使うとは思わなかった。口の中でシャリッ、シャリッとする粒の大きい氷ではなく、細かい雪のような氷だからこんな食感になるのだろう。

ちょっとピンボケだが、氷が細かくて旨いんだ

 味はもちろん、旨い。別に小豆にこだわりなどないとは思うが、氷が美味しいから旨く感じる。一気食いしたから例によって頭がキーンと痛くなったが、やっぱりコレをやらないとカキ氷を食った気がしない。暑かったせいもあるのだろうが、久々に美味しいカキ氷を食べたような気がする。暑い日にはまた寄ってみようと思う。
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR