東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

笑みを残してキング消ゆ

 すでに私のツイッターの書き込みや、フェイスブックページの書き込み、さらには愛読するブログ「ほぼ毎日、ほぼ昭和食堂」「たくさんの元気と幸せ、ありがとうございました」という記事でご存知だと思うけど、私が心密かに“東村山市のキング・オブ定食屋”と思っている「ひの食堂」が、2020年3月14日をもって閉店した。

 私がそのことを知ったのは3月16日のこと。仕事の途中、ひと息ついてメールをチェックしたら、「ほぼ毎日、ほぼ昭和食堂」を書いているhobohoboさんからメールが来ていた。タイトルが「大変です」とあり、開いてみると、そこには写真が2枚添付してあった。
 1枚は「ひの食堂」の写真。そしてもう1枚は……いやもう、見た瞬間、絶句した。

 そして翌3月17日の朝に仕事から帰宅した私、「これは早くみんなに伝えないと」と思い、仕事明けで眠いけど、hobohoboさんが送ってくれた写真を使って記事を書こう……そう思ったのだが、何となくまだ信じられない思いがあったので、寒い中、サンダル履きで「ひの食堂」まで行ってみた。

ひの食堂

 朝の光に包まれた「ひの食堂」は変わらぬ佇まい。

変わらぬ外観だが…

 今日もまた、あの「定食」と書かれた藍色の暖簾が、あと数時間もすれば出てくるんじゃないかという気がする。しかし、その入り口には貼り紙が……。

閉店の告知

 暖簾はもう出ないんだね。「お客様へのお知らせ」と題した閉店の告知は、とてもシンプルで、それだけに呆気なく、何だかキツネにつままれたような感じすらした。


 家に戻り、ツイッターとフェイスブックページに「ひの食堂」閉店のことを書き込んだ私は、ブログに惜別記事を書こうと思ったのだが、何だか急に力が抜けて、書く気がなくなってしまった。
 そして何をするともなく、自分の書いた「ひの食堂」の記事を読み返していた……。



2005年4月の「ひの食堂」

 私が最初に「ひの食堂」に行ったのは、2005年4月のこと。今から15年前のことだけど、もうその当時から今と変わらない昭和風情のレトロな外観だった。でも閉店の告知にあったように「45年」もやってきたのなら、2005年4月の時点で30年経過していたワケだ。そりゃあ外観もレトロになるよね。

海老フライ焼肉

 で、最初に食べたのは「海老フライ焼肉」。当時から味噌汁はしじみ汁。この「海老フライ焼肉」が旨かったモノだから、その後、私は何度もお店に行き、記事を書いた。その数、計17本。【とんかつ・定食】というカテゴリーにあるお店の中では最多回数だ。食べたモノをザッと振り返ってみると……。

上とんかつ

「上とんかつ」。

かつカレー

「かつカレー」。

カキフライ定食

「カキフライ定食」。

豚スタミナ

「豚スタミナ」。

ミックスフライ

「ミックスフライ」。

しょうが焼

「しょうが焼」。

レバニラ炒め

「レバニラ炒め」。

焼肉定食

「焼肉定食」。

ポークソテー定食

「ポークソテー定食」。

牛スタミナ

「牛スタミナ」。

あじ・いかフライ定食

「あじ・いかフライ定食」。

あじフライ・焼肉定食

「あじフライ・焼肉定食」。

エビフライカレー

「エビフライカレー」。

わかさぎ焼肉定食

「わかさぎ焼肉定食」。

牛ニンニク焼

「牛ニンニク焼」。

上とんかつ定食

「上とんかつ定食」。


 そうか、最後に食べたのは「上とんかつ定食」だったのか。でも17回も食べに行って、ダブッたメニューが「上とんかつ定食」だけというのは凄いなぁ。まだほかにも食べたいメニューがいっぱいあったんだよなぁ。
 どれも美味しかったけど、こうやって振り返って、「もう一度食べたいモノは?」と聞かれたら……。

ポークソテー

ポークソテー

「ポークソテー定食」かもしれない。あのフルーティーでやや甘い特製ソースと一緒に食べると、何とも美味しかったんだよなぁ。




 それにしても……と思ってしまうのは、「どうして3月14日を閉店日にしたんだろうか?」ということ。45年前にオープンした記念日だったのだろうか? それとも何か思い出の日だったのだろうか?

禁煙の貼り紙

 閉店の告知の右上には、4月からの健康増進法改正に対応した「禁煙」の貼り紙があった。ひょっとすると4月以降も営業するつもりだったのだけど、何かの事情で閉店が早まったのだろうか?

 でも、そんなこと、考えても仕方のないことだ。

にっこりとほほ笑んでいるイラスト

「お客様へお知らせ」の貼り紙の下に描かれたご夫婦のイラスト。にっこりとほほ笑んだイラストを見ると、たぶんご夫婦お2人のどちらかが体調を崩して…ということではないのだろうと思う。

ひの食堂

 いつか、そう遠くないうちに、この建物も取り壊されてしまうだろう。だけど、私はこの場所に「ひの食堂」という美味しい定食屋があったことを決して忘れないつもりです。

 45年間もの長きに渡り、美味しい定食をありがとうございました。




【DATA】
住所:東村山市本町3-18-2
電話:042-394-4334
営業時間:午前11時30分~午後3時
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




茶色解禁なるか?試金石としてのキング詣

 近場の“山”を制して、こってり系を食べることに自信を抱くことができた私。しかし、だからと言って茶色系のメニューを解禁していいのだろうか?……まだ少し迷いのある私は、茶色系メニュー解禁の試金石として、キング詣を決行することにした。
 エッ? 「キング」って何かって?
 それはコレですよ。

ひの食堂

 私が東村山市の“キング・オブ定食屋”と密かに思っている、鷹の道からちょいとわき道に入ったところにあるレトロな雰囲気の定食屋「ひの食堂」だ。

この三角形こそがキングの風格

 このトンがった三角形の建物、最初に見た時は「このお店、大丈夫なの?」とビビリまくったモノだが、今はこの三角形こそが“キング風格”と思える。

 このお店の「上とんかつ定食」(950円)を胃もたれすることなくクリアできたら、茶色系メニューを解禁してもいいかも、と思ったワケだ。

 待つことしばし。ラードの香りとともに来た、来た、来ましたよ!

上とんかつ

 これが「上とんかつ定食」。ご飯とシジミ汁、小鉢にお新香、そしてメインの上とんかつ。旨そうな定食レイアウトだ。

旨そうじゃないの

 上とんかつを食べるのは久しぶりだけど、いやあ、見事な揚がり具合だよね。見るからに旨そうだ。

このコロモの薄さがたまらない

 かなりラードの香りがするんだけど、その香りの発生源であるコロモは、肉にピタッと張り付く感じで薄い。端の小さな1切れをまずは何も付けず、そのまま食べてみる。
 いやあ、旨いなぁ。これだけラードの香りがするから、食べると「ウッ」という感じになるかなと思ったけど、全然そんなことはなかった。むしろ味わいとしては軽い。

 今度は、コロモではなく断面の肉にソースをかけ、カラシを付けて食べてみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 もうここからはエンジン全開。箸が全く止まらない。とんかつに隠れているけど、野菜もたっぷりあり、それらを一気に全部食べ終えて完食。
 お店を出た後も全く胃もたれしなかったから、これはクリアしたと考えていいだろう。
 これならもう茶色系メニューを解禁してもいいんじゃないかな? モノは試しということで、ちょっととんかつ専門店を重点的に攻めてみようかな。




【DATA】
住所:東村山市本町3-18-2
電話:042-394-4334
営業時間:午前11時30分~午後3時/午後5時~9時30分
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





テンションが上がる定食

 鷹の道からちょいとわき道に入ったところにあるレトロな雰囲気の定食屋「ひの食堂」。この日、私はちょっと元気がなかったので、「肉でも食べて気分を盛り上げるか」と“キング・オブ定食屋”に行ったのだった。
「牛スタミナ」を頼もうと思っていたたんだけど、「牛肉ニンニク焼」(850円)の文字が見えたので、何となく変えてみた。

牛肉ニンニク焼

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。すぐにフワリとニンニクの香りがして、妙に気分が上がってきた。

これが「牛肉ニンニク焼」

 これが「牛肉ニンニク焼」ね。野菜もたっぷりあるんだけど、それ以上に牛肉がたっぷり。

このビジュアルがたまらない!

 このニンニクがまた旨そうなんだ。ニンニクの1切れとともに牛肉を口に運び、続けてご飯を放り込む。そしてモグモグと噛むベシ、噛むベシ!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 たまんねぇ! 鼻に抜けるニンニクの香り。ちょっと濃いめの甘辛い味付けだから、ご飯と一緒に噛み締めると、ちょうどいい旨味になる。
 食べ終えると、見事にテンションが上がり、「さあ、頑張んべ!」と仕事モードのスイッチが勝手に入ってしまった。
 これって、単純に私の体が肉を欲してたということだろうか? 何だか不思議。また気分が下降気味の時に試してみよう。



【DATA】
住所:東村山市本町3-18-2
電話:042-394-4334
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~9時半
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

“定食三国志”ふたたび

 生活習慣病にならないようにするためには、バランスの良い食生活を心がけなくてはならない。
 しかし、ひと口に「バランス」と言っても、いろいろあるし、個人個人でこだわりもある。

 私の好きな「バランス」は、三国志のように食材がせめぎ合うモノだ。例えば……。

焼き肉

 圧倒的な魅力で惹きつける曹操を擁する魏のような

焼肉!!!

ワカサギフライ

 劉備、関羽、張飛、趙雲、諸葛孔明と弱小ながら人材を揃えている蜀のような

わかさぎフライ!!!

サラダ

 とかく忘れがちだが、いないと困る存在感を持つ呉のような

サラダ!!!



 肉、魚、野菜……うーん、見事なバランスだ(笑)。
 これは私が“キング・オブ定食屋”と呼んでいる「ひの食堂」の「わかさぎ焼肉定食」(750円)。

わかさぎ焼肉定食

「あじ焼肉定食」の時も、バランスが取れていると思ったけど、これもいいよね。

 実際のところはバランスなんて、カケラも取れてないと思うけど、何かこういう構成の定食を食べると「体にいいモノを食べた」って気になるんですよね、私は(笑)。



【DATA】
住所:東村山市本町3-18-2
電話:042-394-4334
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~9時半
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

キングの“しゃちほこカレー”

 私の中では“キング・オブ定食屋”となっている「ひの食堂」。久しぶりに「カツカレー」(800円)を食べたいなぁと思い、先日お店に行ってみた。
 で、カウンターに座り、「カツカレー」と注文の声が出かかった瞬間、私の目にこんな文字が飛び込んで来た。

エビフライカレー 800円

 ちょうど「カツカレー」のすぐ下に書いてあるんだよね。いやあ、今まで気づかなかったなぁ。興味を抱いた私は、予定を変更して、「エビフライカレー」を頼むことにした。

これがキングの「エビフライカレー」だ

 しばらくして運ばれてきたのが、こちら。いつものようにサラダとしじみ汁、そしてお新香が付いている。このしじみ汁がいいんだよね。

旨そうじゃないの

「エビフライカレー」って言うと、大きなエビフライがドーンと乗っているイメージを私は抱いていたけど、この小ぶりなエビフライの軍団も悪くない。というか、これはこれでメチャメチャ旨そうじゃない。
 これって完全に盛りつけの勝利だよね。

これはもう“しゃちほこ”でしょう

 だってコレだよ! これはもう“しゃちほこ”だよ、“しゃちほこ”! シッポも見事に開いていてさ、全体的に反り返っていてさ、旨そうなこと、この上ないよ。

 では、いただきま~す。カレーはいつものマイルドな日本カレー。これを食べながら、エビフライをガブリッ……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 シッポまでボリボリ食べられる。ああ、何で大盛りにしなかったんだろう。いやあ、旨かったなぁ。ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市本町3-18-2
電話:042-394-4334
営業時間:午前11時半~午後3時/午後5時~9時半
定休日:日曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
極上のぬか漬けが簡単に作れます!
安全で美味しい産地直送のお米





個人的にバランスの良さを感じる定食

「バランスのいい定食」と言うと、皆さんはどんな定食を思い浮かべますか?
 栄養だとか、カロリーだとか、コストパフォーマンスだとか、基準を何にするかによって、「バランス」の意味も変わってくると思う。

 では、私にとって「バランスのいい定食」とは何か?

 ちょうど先日、“キング・オブ定食屋”こと「ひの食堂」で、まさに私の考える「バランスのいい定食」と出合ったので、紹介しましょう。その定食とは、「あじフライ・焼肉定食」(750円)。
 まあ、見てくださいよ。

あじフライ・焼肉定食

 ドドーン! ほらほら、バランスいいでしょ?
 エッ? どこがバランスいいのか、わからない? ただの「メタボ定食」じゃないか、だって?
 わかってないなぁ。よく見てよ。

こちら焼き肉サイド

肉!!

こちらはドーンとアジフライ

魚!!

 そして、その後ろにはたっぷりと野菜!!

 まさに“食の三国志状態”。これほどバランスの取れたプレートはちょっとないよ。しかも旨いしね。
 しじみ汁が疲れた肝臓を優しく労わってくれる感じがして旨いんだなぁ。満足、満足。ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市本町3-18-2
電話:042-394-4334
営業時間:午前11時半~午後3時/午後5時~9時半
定休日:日曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
極上のぬか漬けが簡単に作れます!
安全で美味しい産地直送のお米





安くてもキングはさすが!

 私の中では“キング・オブ定食屋”となっているお店「ひの食堂」。最近は近くにオープンしたインド料理店「piaaz(ピアーズ)」に人気を奪われているという話を耳にしたが、いやいや料理のジャンルが違うから大丈夫でしょう。

 先日、ランチタイムに久しぶりに行ってみた私。しかし、懐具合はちょいと寂しい。ということで、一番安い650円の定食の中から選ぶことに。
 私が選んだのは「あじ・いかフライ定食」。「レバたれ焼き」なんてのもあったけど、メニューを見ていたら、アジフライが食べたくなったのだ。

あじ・いかフライ定食

 これが「あじ・いかフライ定食」。ご飯にシジミの味噌汁、メインのおかず、そして白菜の漬け物。完璧な構成です。

あじ・いかフライ

 たっぷりの千切りキャベツの上に盛られたイカフライとアジフライ。では、いただきますか。
 まずはイカフライ。サクッとしたコロモが旨い。ソースをかけ、カラシを付けると旨さが増して、ご飯が進む。
 さて、アジフライだが……アジフライっていろんな食べ方があるみたいだけど、私は醤油派なんですよね。ふんわりと膨らんでいるアジフライに醤油をかけて、パクッ!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ふんわりと揚がっているから想像はできたけど、アジの柔らかくて旨いこと。いやいやご飯が進むよ、これも。
 シジミ汁のシジミも1つ残らず食べて、ごちそうさま。安くてもこのお店は満足度がたかいなぁ。さすが“キング・オブ定食屋”だよ。



【DATA】
住所:東村山市本町3-18-2
電話:042-394-4334
営業時間:午前11時半~午後3時/午後5時~9時半
定休日:日曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
極上のぬか漬けが簡単に作れます!
安全で美味しい産地直送のお米





やっぱりキング、さすがの旨さ

 私が心密かに“キング・オブ定食屋”と呼んでいるお店「ひの食堂」。ガツンと来る料理が多いせいか、このお店で食べると、何となく元気になるんだよね。
 先日も「あんまり食欲ないなぁ」と思っていたんだけど、「いやいや、こういう時こそガツンと来る料理を食べて元気を出さなきゃ」と思いなおして、「ひの食堂」へ。

 何を食べるか迷ったが、「とにかく今必要なのはスタミナだろう」ということで、私は「牛スタミナ」(950円)を注文した。

牛スタミナ

 ジュ~~~ッ! という音とともに運ばれて来たのが、こちら。ご飯とお新香、味噌汁、メイン料理でつくる“定食トライアングル”。いいねぇ。味噌汁は、元気の源となるミネラル・亜鉛を豊富に含んでいるシジミがたっぷり入っている。

牛スタミナのアップ

 いやあ、このグツグツ感、たまらないねぇ。さっきまで「あんまり食欲ないなぁ」と思っていたのに、もう「早く食べててぇ」モードに切り替わっている私。料理のビジュアルって大切だよね。

 ではでは、いただきま~す。熱々の「牛スタミナ」を箸でつまみ、ちょんちょんとご飯の上に垂れてくる汁を吸わせてから、お口にIN! 
 ふぅ~っ、旨いなぁ。味付けはかなり濃い目で、甘辛い。でもご飯と一緒に食べると、絶妙な味わいになる。
 グツグツが収まった鉄板プレートを改めてよく見ると、ニンニクのスライスがごろごろ入っている。いやあ、これはスタミナ付くでしょう。
 食欲のなさなんてどこへやら。アッと言う間に完食してしまった。
 それにしても、キング最高。今のところ、食べたモノにハズレがないっていうのが、何より凄い。
 ごちそうさまでした!


【DATA】
住所:東村山市本町3-18-2
電話:042-394-4334
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~9時半
定休日:日曜






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
極上のぬか漬けが簡単に作れます!
安全で美味しい産地直送のお米





さすがキング!激旨のポークソテー

 レトロなたたずまいと言えば、聞こえはいいが、一見すると入りづらい非オシャレ系の定食屋「ひの食堂」。でも、一度お店に入り、料理を食べると、その旨さにハマッてしまう。私はこのお店を密かに“キング・オブ定食屋”と呼んでいるのだが、このキング、相当に奥が深い。

 先日、友人から「マサさん、ポークソテーを食べました? これはバカ旨ですよ。食べてみてくださいよ」と言われ、居ても立ってもいられず、お店に行ったのだが、ちょうどお昼時の一番込む時間帯で、満席のため入れなかった。
 というワケで、日を改め、満を持してオープン直後にお店に入り、私は「ポークソテー定食」(850円)を注文した。

ポークソテー定食

 これが「ポークソテー定食」。いつものようにメインのポークソテーを奥に配し、左手前にご飯、右手前にシジミ汁、その間にお新香という“黄金のトライアングル”。

これがポークソテー

 ほぉ、これがポークソテーか……実は私、ポークソテーは他のお店でもあまり頼んだことがない。「ポークソテーを頼むくらいなら生姜焼きを頼んだ方がいい」とすら思っている。過去に美味しいポークソテーを食べたことがないからかもしれない。
 さて、このポークソテー、とにかく香りがいいんですよ。香ばしいの。かかっている特製ソースがまた旨そうじゃない。

肉は厚くてジューシィーで、しかも柔らかい

 角度を変えてドン! 断面の中心がほんのりピンク色。今まで食べたポークソテーは、歯応えがあるというか、ちょっと固いのが多かったんだけど、これはちょっと期待できそうだなぁ。
 どれどれ、まずは端の小さなひと切れを……。

う(◎o◎)ま~~~!!!

 いやあ、ビックリ! 肉がメッチャ柔らかい。しかもジューシィー。表面の焼けた香ばしさがまたたまらない!
 特製ソースはフルーティーでやや甘めなんだけど、これがよくマッチしている。人によってはこの甘さが苦手と言うかもしれないけど、私は大好き。これはたまんないねぇ。

 もうね、箸が止まらないんですよ。旨すぎ。まさに激旨。私のストライクゾーンのど真ん中。いやあ、さすがキングだよ。このお店にはまだまだ私が食べてない絶品メニューが隠れているような気がする。
 うーん、何とも幸せなランチだった。ごちそうさまでした。


【DATA】
住所:東村山市本町3-18-2
電話:042-394-4334
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~9時半
定休日:日曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
極上のぬか漬けが簡単に作れます!
安全で美味しい産地直送のお米





1品追加で贅沢ランチ

 昭和を懐かしむ人の間で大ヒットしている映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』。その時代にタイムスリップしたような気分にさせる外観を持っているのが、“キング・オブ・定食屋”こと「ひの食堂」
 外観だけでなく、値段も割と“昭和的”でリーズナブルなんだよね。大体、1000円以上の定食メニューがないってのがいい。普通のサラリーマンだと、ランチは安ければ安いほどいいっていうのが本音だろう。とは言っても、たまには贅沢したいモノで、その上限は人によるとは思うけど、私はやっぱり1000円だなぁ。

 だから先日、「ひの食堂」に行った時、「焼肉定食」(700円)を頼んだあと、ふと見上げるとホワイトボードに1品料理が書いてあるのに気付き、「ちょっと贅沢して、頼んでみようかなぁ」と考えて、「ニラの玉子とじ」(300円)を追加で注文した。あわせてジャスト1000円。うーん、贅沢だ。

焼肉定食

 まず運ばれて来たのは「焼肉定食」。ご飯とシジミ汁にお新香、そしてメインの焼肉という構成。定食の王道トライアングルだね。

お肉がたっぷり

 焼肉はお肉がたっぷり。このお店はタレと言うか、味付けが旨いんだよね。

つゆだくの「ニラの玉子とじ」

 そして「ニラの玉子とじ」の登場。定食の王道トライアングルに加わる1品として恥じないビジュアル。つゆだくなのがいいよね。食べると、つゆはちょい甘めだけどニラの食感と旨さがたまらない。いやいや、ご飯が進んで仕方がないよ。

 食べたあと、すっごく満足感がある。1品加えるだけで、こんなに満足するなんて、私って安上がりな人間だなぁ。まぁ、たまにこういう贅沢も悪くないよね。


【DATA】
住所:東村山市本町3-18-2
電話:042-394-4334
営業時間:午前11時半~午後3時
      午後5時~9時半
定休日:日曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
極上のぬか漬けが簡単に作れます!
安全で美味しい産地直送のお米





料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告