東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

10年ぶりにホッピーズ再起動!

 もう3カ月以上も前の話。今回の話、思い入れがあり過ぎて、なかなか筆が進まなかったんだよね。



 キッカケは2009年、「ユニクロ」がこんなTシャツを発売したことだった。

ホッピーTシャツ

「ホッピービバレッジ」とコラボして出したTシャツなんだけど、「みんなでこのTシャツを着てホッピーを飲んだら楽しいだろうなぁ」というおバカなノリで飲み会を企画して、秋津にある居酒屋「大漁船」(現在は「一心水産」)で飲んだんだよね(その時の記事はこちら)。
 それが「ホッピーズ」の始まりだった。その後、久米川駅南口の居酒屋「サラリーマン久米川店」で2回目のおバカな飲み会をやり(その時の記事はこちら)、それっきりとなってしまった「ホッピーズ」

 フェイスブックで「あれから10年経ったんだね」とおバカな写真を出す友人がいて、「そう言えばあのTシャツ、まだ取ってあるなぁ。ホッピーズの飲み会の時にしか着てないから、まだ2回しか袖を通してないよ」という話から、また「ホッピーズ」をやってみようかという話になった。
 10年ぶりの「ホッピーズ」、面白いじゃないの。「ホッピーズReturn」か。いやいや再起動ということで「ホッピーズReboot」といきましょう。


 では、どこでやるか? 久米川駅南口のイタリア料理店「Kitchen KEIJI」ならツマミは旨いから文句ないんだけど、イタリア料理店だからね、肝心のホッピーがないと思うんだよね。

「Kitchen KEIJI」にホッピーがあればなぁ(笑)。

と、フェイスブックに書き込んだら、ナント、マスターが「ホッピーあります!!」と書き込んできてビックリ。あとで確認したんだけど、やはり「Kitchen KEIJI」にはホッピーは置いてないんだよね。だけど、「ホッピーズ」をやるというのであれば、ホッピーを用意しようじゃないの、ということで「ホッピーあります!!」と書き込んでくれたみたい。ありがたいねぇ。

 ということで、

ホッピーズ O(≧∇≦)O Reboot!!!

 10年ぶりに再起動だぜ!
 参加条件は……。

*ホッピーTシャツを着てくること
*羞恥心は家に置いてくること


 この2つのみ。友人に呼び掛けたところ、私を含めてナント10人の参加となった。内訳は10年前の参加メンバーが私を含めて5人、あとの5人は今回新たに参加。10年前に「ユニクロ」が出したホッピーTシャツはもう販売されていないから、新たに参加する5人はほかの会社が出しているホッピーTシャツを購入しなければならない(笑)。



 ということで、いよいよ当日。

Kitchen KEIJI

 あいにくの小雨模様だったけど、私は堂々とホッピーTシャツ1枚にジーパンという姿で参上。羞恥心は家に置いてきましたから(笑)。

もう11周年なんだ

 入り口横には花がいっぱい。そうか、このお店、オープンしてもう11年になるんだ。大したもんだなぁ。

用意されたホッピー

 お店の人に案内された部屋に入ると、そこには、20本入りのホッピーのケースが2つ用意されていた。よく見ると、1つは通常のホッピー(いわゆる「白」)、そしてもう1つは黒ホッピー。

 実はホッピーを何本にするかで、「Kitchen KEIJI」のマスターから相談を受けていたんだよね。マスターは当初、

「人数×白・黒を各5本くらいの計算で大丈夫ですか?」

と聞いてきたんだけど、いやいや、いくら何でも1人10本のホッピーは無理でしょう(笑)。で、いろいろ考えて、「人数×白・黒を各2本」という設定にしたんだよね。今回は参加者10人だから、白20本、黒20本、計40本となったワケ。

いつものハーフ&ハーフ

 それでは各自、グラスに焼酎を入れ、ホッピーで割って、乾杯といきますか。私は例によって、白ホッピーと黒ホッピーを半分ずつ入れるハーフ&ハーフにしていただくことに。
 居酒屋や焼き鳥店だと、ビールジョッキや「ホッピー」と書かれたグラスを出されるんだけど、さすが「Kitchen KEIJI」、グラスがオシャレだから、何だか別の飲み物に見えちゃうよ(笑)。
 では、皆さん、用意はできましたか? じゃあ、いきますよ。

乾杯ッ! O(≧∇≦)O ホッピーズ!!!

トマトとアボカドのカルパッチョ

 ということで、始まっちゃいました「ホッピーズ」
 今回、料理は3500円でマスターお任せとし、これに1500円の飲み放題プランを付けてみた。

 マスターお任せの料理、第1弾は「トマトとアボカドのカルパッチョ」。ホッピー好きには、奥の緑色の物体がキュウリに見えてしまうのだが、アボカドなんだよね。ホッピーとアボカドの組み合わせなんて、私は初めてだけど、意外と合うもんだね。

アスパラの黒トリュフソース

 こちらは「アスパラの黒トリュフソース」。見た瞬間、「これは旨いだろうな」と思っていたら……。

美味しいッO(≧∇≦)O!!!

という声があちこちで上がった。そして、

「これ、ワインが飲みたくなる」

という声が続出。コラコラ、これは「ホッピーズ」なんだそ。

「でもマサさん、今回は飲み放題プランだから、あのケースのホッピーを全部飲み切ったら、ほかのお酒を飲んでもいいんでしょ?」

 いやまあ、ホッピーがなくなれば、ほかのお酒を飲むしかないよね……そう答えると、なぜかみんな一斉に目の色が変わった。「ホッピー飲みまくるぞ」じゃなく、「早くホッピーを片付けて、ワインを飲むぞ」というモードだ(笑)。おいおい、それって本来の趣旨とは違うんだけどなぁ……まぁ、いいか(笑)。楽しいから。

鰹のカルパッチョ

 こちらは「鰹のカルパッチョ」。「Kitchen KEIJI」のマスターのお兄さんは、久米川駅南口の寿司屋「政寿し」の大将で、海鮮モノは「政寿し」を通じて仕入れているから、鮮度は抜群。そこにマスターのひと手間が加わるワケだから、旨いに決まってるじゃないの。

太刀魚のチーズフリット

 続いて運ばれて来たのは、「太刀魚のチーズフリット」。サクッと軽い食感で、そのままで十分旨い。いやあ、ホッピーが進むなぁ。

キノコの温サラダ

 ちょっと野菜モノが欲しいなぁと思っていたら、「キノコの温サラダ」が出てきてビックリ。冷たい野菜と温かいキノコ、食感と食材の温度の違いが面白い。

フォアグラのブリュレ

 突然、「おおっ!」と声が上がったので、見てみると、こんな一品が出ていた。これは「フォアグラのブリュレ」。どうやら店員さんの料理の説明で、「フォアグラ」と聞いて、声が上がったようだ。

クラッカーに乗せていただきま~す

 ではたっぷりとクラッカーに乗せて、いただいてみますか……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 いやあ、旨い。そして確かにコレはワインが飲みたくなる。まだ、30分しか経ってないけど、ホッピー、どれくらい飲んだんだろうか? ケースを見てみると……。

30分で半分終了。楽勝だね

 おおっ、わずか30分で半分飲んでいるではないか。これは楽勝でホッピーを飲み切って、ワインにたどり着けるかも(笑)。いやいや、これは飽くまでもホッピーを堪能する会なのだから、そんなこと思っちゃダメだよね(笑)。でも、ホッピーがなくなったら、「仕方ない、ワインでも飲むか」となるのもアリだよね(笑)。

牛スジのデミグラ煮込み

「さあ、ホッピーを飲むぞ!」と、再びエンジンがかかったところで、出て来たのが「牛スジのデミグラ煮込み」。いやあ、これは赤ワインが合うだろうなぁ。

バゲットに乗せてパクッ!

 バゲットに乗せて、パクッとな……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 そしてホッピーをグビッ。いやあ、旨い! ホッピーも合う。でも赤ワインの方がもっと合うだろうなぁ。
 ほかの参加者もそう思ったのか、あちこちで「赤ワインが飲みたい」という声が聞こえていたのだが、その声がなぜか「ウワーッ」と悲鳴に近い声になった。見ると……。

アンガス牛のブロシェット

 ドドーンという感じでお出ましなのは、「アンガス牛のブロシェット」。いやいや、ホッピーにも合うけどさ、これはやはり赤ワインが飲みたくなるよね。悲鳴を上げたくなる気持ち、ちょっとわかる(笑)。食べると、これがまた……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 柔らかくて、ジューシーで、とにかく旨い。付け合わせの野菜も、焼き目が香ばしくて旨い。

黒焼きそばソースのシーフードピザ

 料理はまだまだ続く。これは「黒焼きそばソースのシーフードピザ」。ピザなんだけど、刻みネギと刻んだ紅生姜が散らしてあって、和風っぽい味。これはツマミとしてもイケる。

雲丹カルボナーラ

 食事の〆は「雲丹カルボナーラ」。上に乗っている、温泉玉子を崩して混ぜて、各自に取り分けていく。すでに結構食べているハズなのに、スルスルッと入っていき……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 いやあ、これなら2人前でも食べられるかも(笑)。
 と、ここで、参加者の1人から声が上がった。

全部飲んだどーッ!

ホッピー O(≧∇≦)O 終わりましたッ!!!

 飲み始めてから約1時間半、ようやく全部飲み終えた。飲み放題終了まであと30分だ。

ようやく赤ワイン

やっと会えたね (´ ▽`).。o♪♪

 という感じで、私も赤ワインを頼んだものの、ツマミがもうほとんどない状態。
 参加者に「もう少し食べる?」と聞いたところ、

食べるッ O(≧∇≦)O !!!

と二つ返事だったので、頼んじゃいました(笑)。

前菜盛り合わせを追加

「前菜盛り合わせ」をドドーンと追加。どれもワインに合う料理ばかり。この会が「ホッピーズ」だということを忘れてしまっているかの如く、みんなワインを堪能しまくっている。

ブラッドオレンジのシャーベット

 〆のデザートは「ブラッドオレンジのシャーベット」。甘すぎず、口の中がサッパリする。


 いやあ、飲んだ、飲んだ。食った、食った。しゃべった、しゃべった。
 じゃあ、皆さん、記念写真を撮りますよ。おおっ、ホッピーTシャツの下に「キンミヤTシャツ」ですか。「これぞまさにホッピー」というコーディネートだね。
 では、用意はいいですか……。

ザ・ホッピーズ!

We are Hoppys O(≧∇≦)O !!!

 10年前の1回目から参加しているまっすぃーが、よくこんなことを言っているんだよね。

「馬鹿をやるなら全力で」

 いやホント、そうだと思う。全力でバカなことをやると、楽しいし、清々しさすらある。
 いやあ、楽しかった。マスター、無理言ってすみませんでした。料理、全部美味しかったです。ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-395-3325
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後3時/ディナータイムは午後5時~10時30分(日曜は午後10時まで)
定休日:月曜
提携駐車場あり
フェイスブックはこちら
ブログはこちら
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




今回も家族全員が大満足だったパーティーコース

 小学生のころからあまり勉強をしなかった息子。中学に入ってもほとんど成績は上がらず、「どうしたものか」と思っていたけど、中学2年の半ばくらいからようやくヤル気を出し始めて、何とか本人が希望する高校に合格することができた。傍から見ていても、この1年は「よく頑張ったなぁ」と思えたので、カミさんと相談して「合格祝いにみんなで美味しいモノを食べに行こう」ということになった。
 息子に「どこに行きたい?」と聞くと、即座に久米川駅南口のイタリア料理店「Kitchen KEIJI」と答えた。
 ちょうど「春のパーティープラン」に切り替わっていたので、私は「春のイチオシプラン」(3000円)に120分飲み放題の「Aプラン」(1500円)を付けて予約。ちなみに「春のイチオシプラン」の内容はこんな感じだ。

*前菜3品盛り合わせ
*KEIJI風シーザーサラダ
*スモークサーモンのカルパッチョ
*アンガスビーフステーキ
*PIZZAマルゲリータ
*春のおすすめパスタ
*季節のイタリアンジェラート


 今回は私とカミさん、息子と娘の4人に、ずっと息子の高校受験を心配してくれたお義母さんを加えて5人でお店に行くことに。

Kitchen KEIJI

 お店はほぼ満席で、入ると楽しそうな声があちこちから聞こえて来た。
 案内されたテーブルに着くと……。

予約席には箸が置いてある

 こんな感じで箸が置いてある。最後のデザート以外はすべてこの箸で食べられるコースになっているのが、このお店の大きな特徴だと思う。

まずは日本酒で乾杯

 お義母さんが日本酒好きなので、私も合わせて日本酒からスタート。みんなそれぞれ好きな飲み物を手にして、乾杯!

前菜3品盛り合わせ

 まず運ばれて来たのは、「前菜3品盛り合わせ」。5人分まとめて大きな皿に盛られている。1つずつ見ていくと……。

桜海老の入ったキッシュ

 これは桜海老の入ったキッシュ。エビが苦手な娘も、「これは美味しい」とペロッと食べてしまった。

生ハムとトマトとモッツァレラチーズ

 こちらはモッツァレラチーズの上にトマトと生ハム、オニオンスライスが乗ったモノ。まあ、旨いに決まってるよね。

馬肉で野菜を巻いている

 これは紫キャベツを馬肉で巻いモノ。旨いのはもちろんだけど、紫キャベツは消化や肝機能を助ける効果があるので、食べる気マンマン、飲む気マンマンの私にはとってもありがたい(笑)。

KEIJI風シーザーサラダ

 続いて運ばれて来たのは、「KEIJI風シーザーサラダ」。料理が運ばれてくるたびにテンションが上がる子どもたち。それにつられてお義母さんも何だか楽しそうだ。
 もちろん、このサラダも旨い。意外と日本酒にも合うんだよね。

ハイボールにチェンジ

 ということで、早々に日本酒がなくなったので、私はハイボールにチェンジ。飲み放題だから、いろいろ飲んじゃおうと飲む気マンマンなんだよね。

スモークサーモンのカルパッチョ

 お次は「スモークサーモンのカルパッチョ」。お気づきかもしれないけど、ここまでの料理、結構、野菜がいっぱいなんだよね。日ごろ、野菜を苦手としている息子が「美味しい、美味しい」と食べているのを見ると、何だかうれしいやら、おかしいやら(笑)。

2種類のソースがかけられている

 この「スモークサーモンのカルパッチョ」には2種類のソースがかかっていて、野菜などと一緒に口に入れると……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 いやあ、お父さんはお酒が進んじゃうよ(笑)。

次は瓶ビール

 ということで、今度は瓶ビールにチェンジ。

アンガスビーフステーキ

 と、そこへ子どもたちお待ちかねの「アンガスビーフステーキ」が降臨! 子どもたちのテンションが上がる、上がる(笑)。

ローストガーリックが乗ったステーキの上にソースをかけていく

 一緒に運ばれて来たステーキソースを息子にかけさせると、さらに旨そうなビジュアルに!

食べやすいようにすでに切られている

 よく見ると、食べやすいようにすでに切られているんだよね。お皿に取り分けられるなり、速攻で食べ出した子どもたちは「美味しい!」を連発。
 私もひと切れをパクッ……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 確かに旨いわ。お義母さんが食べられるかどうか心配だったけど、「柔らかくて美味しい」と言いつつ、ペロリと食べてしまった。

ナスとミートソースのピザ

「次はマルゲリータだな」と思っていたら、ちょっと小さめサイズの「ナスとミートソースのピザ」が運ばれて来た。

マルゲリータ

「皆さん、よく食べられているので、サイズを少し小さめにして2種類お出しすることにしました」とマスターが、「マルゲリータ」を持ってきてそう話してくれた。
 そうなんだ。うれしいなぁ。子どもたちはどちらのピザも「美味しい」と大喜び。

今度は赤ワイン

 私はというと、赤ワインにチェンジですよ。いろいろ食べられて、いろいろ飲めて、楽しいねぇ(笑)。お父さんは幸せだよ。

釜揚げしらすと豆苗のペペロンチーノ サクラの香り

 ここで「春のイチオシプラン」の最後の料理、「春のおすすめパスタ」が登場。釜揚げしらすと豆苗が入ったペペロンチーノで、桜の花が散らされている。
 目にも旨いし、食べても旨い。子どもたちはもちろんだけど、お義母さんもモリモリ食べている。

「お義母さんって、普段、こんなに食べるの?」とカミさんに聞くと、「ううん。普段はあんまり食べないの。今日は凄く食べてる。楽しいし、料理も美味しいからじゃないかなぁ」とのこと。やっぱりみんなで食べるといいんだよね。


 さて、あと残すはデザートだけなんだけど、まだ食べたい? と子どもたちに聞くと、「食べたい!」と声を揃えて答えたので、メニューを持ってきてもらい、料理を追加注文。

前菜盛り合わせ3人用

 まずはドドーンと、「前菜盛り合わせ3人用」(2500円)。内容はシェフにお任せということなのだが、何なの、この内容。ステーキの時より子どもたちのテンションが上がってるよ。そりゃ7品も料理が乗ってるもんね。

赤エビとドライいちぢくの乗ったバゲット

 娘はドライいちじくの乗っているバゲットに釘付け。このお店で以前食べたドライいちじくが気に入ったみたいで、「また食べたい」と言ってたからなんだよね。
 息子はというと、白子のアヒージョが気に入ったみたいで、バクバク食べている。

ムール貝のグラタンとカキのフリット

 貝類が好きなカミさんは、ムール貝のグラタンとカキのフリットに大喜び。お義母さんもホタルイカをつまんで満足そうだ。

生ハム盛り合わせ

 続いて追加注文第2弾。「生ハム盛り合わせ」(1500円)。お酒が進むから、赤ワインをおかわりしちゃった(笑)。

牛タンの燻製ロースト

 さらに第3弾。「牛タンの燻製ロースト」(420円)。柔らかく旨いんだなぁ。気が付くとお義母さんも食べている。いやあ、みんな気持ちいいぐらい、よく食べるなぁ。

〆のコーヒー

 私はひと足先に、〆のコーヒーをいただくことに。

「祝合格」と書かれた息子のプレート

 そこへ「祝合格」と書かれた息子のデザートプレートが運ばれて来た。マスター、ありがとうございます。

ほかの家族のデザート

 息子以外のデザートはこちら。いやあ、今回も食べたなぁ。
 料理は大皿でボン、ボンと出てくるんだけど、このスタイルはいいね。子どもたちが食べたい料理を多めに取り分けてあげることができるし、逆に苦手な料理は少なめにすることもできる。
 前回の記事でも書いたけど、箸で食べるっていうのがやっぱりいいね。

 いやあ、マスター、ごちそうさま。今回もいろいろとお気遣いしていただき、ありがとうございました。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-395-3325
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後3時/ディナータイムは午後5時~10時30分(日曜は午後10時まで)
定休日:月曜
提携駐車場あり
フェイスブックはこちら
ブログはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




とっても贅沢!でも気取らず箸で食べるパーティーコース

 1月は息子の誕生月。ということで、さて、家族全員での食事会をどこでしようか? いろいろと考えた結果、昨年、娘の誕生日の食事会をした、久米川駅南口のイタリア料理店「Kitchen KEIJI(キッチン・ケイジ)」でやることにした。というのも、昨年末にポストインされたお店のチラシに「冬のパーティープラン」というモノがあって、これが良さそうだったんですよ。
 2500円から4000円まで4つのパーティープランがあるんだけど、私は3500円の「冬のおすすめパーティープラン」を頼むことにした。内容はこんな感じだ。

*前菜5品盛り合わせ
*本日鮮魚のカルパッチョ
*魚介のチーズフリット
*イタリアンサラダ
*厚切りアンガスビーフグリルステーキ
*PIZZAペスカトーレ
*シェフおすすめパスタ
*季節のイタリアンジェラート


 このコースに120分の飲み放題の「Aプラン」(1500円)を付けて予約。子どもたちに食事会のお店のことを話すと、昨年のことを覚えているせいか大喜び。実は私も飲み放題を密かに楽しみにしてたりして(笑)。

キッチンケイジ

 いよいよ当日。家族全員、わくわくウキウキ気分で「Kitchen KEIJI」へ。
 お店の前でいつものように外観をデジカメでパチリとして、「あれ?」と思った。
 入り口右側の壁に掲げられている看板が変わっているのだ。店名は「Kitchen KEIJI」で変わらないんだけど、気になったのはその下の文字。

「洋食レストラン」

 エッ、イタリアンじゃなくなったの? でもパーティーコースの料理には「イタリアン」文字が入ったモノもあったんだけどなぁ。イタリアンにこだわらず、もっと幅広くやっていこうという意思表示かな。10周年を迎えても、守りに入らず、攻めていこうというワケか。やるなぁ、マスター。

赤星で乾杯

 予約席に案内され、まずはドリンクの注文。私はサッポロのラガービール、通称「赤星」を頼んだ。
 へぇ、こんなグラスが出てくるんだ。何だかオシャレだねぇ。

前菜5品盛り合わせ

 みんなで乾杯したあと、「前菜5品盛り合わせ」がドーンと登場。生ハムを巻いたグリッシーニに水菜を巻いたローストビーフ、そしてローストポーク。肉好きの子どもたちは、もう大喜び。カミさんと私はニンジンのマリネと、味噌漬けチーズとプチトマトの串にニンマリ。親子で喜べる前菜を出してくるなんて憎いね。

鮮魚のカルパッチョ

 鮮魚のカルパッチョは、サーモンの上にアボカドとワサビを和えたモノと刻んだトマト、そして一番にナント、キャビアが乗っている。「ワサビ」と聞いてカミさんと娘はちょっと顔をしかめたが(2人ともワサビが苦手なのだ)、食べてみるとツンとくる辛さはなく、単に風味付けになっている。だから2人とも、

美味しいねぇ(´ ▽`).。o♪♪

とニッコリ。私も最初からテンションが上がっちゃって、ビールをクイクイ飲んじゃったよ(笑)。

イタリアンサラダ

 続いては「イタリアンサラダ」。「Kitchen KEIJI」特製のドレッシングをかけて食べると、旨いんだなぁ。

日本酒にチェンジ

「赤星」がなくなってしまったので、日本酒にチェンジ。中身は当然、地元のお酒「東村山」だ。

マグロと白子のフリット

 と、そこへ「マグロと白子のフリット」が登場。白子を食べるのは初めての子どもたち。どんな反応をするか見ていると……。

美味しいッO(≧∇≦)O!!!

 トロッとして甘みのある白子。そりゃ旨いよね。そして日本酒に合うんだなぁ。
 うーん、旨いと思いつつ、箸を持ち直して、ふと気づいた。
 あれ? そう言えば、席に着いた時、取り皿の上に箸が乗っているだけで、フォークやスプーンはなかったなぁ。実際、これまでの料理は箸だけで十分食べられたから気づかなかったけど、まさか、このコース、全部箸で食べられるようになってるの? いやいや、まさかね。

赤ワインにチェンジ

 すぐに日本酒がなくなってしまったので、今度は赤ワインをお願いした。というのも、次に出てくる料理が「厚切りアンガスビーフグリルステーキ」だからだ。さすがにこの料理にはナイフとフォークが出てくるだろう。そう思っていたのだが……。

厚切りアンガスビーフグリルステーキ

いやあ (゚д゚lll) そう来たか!!

すでに食べやすく切ってある

 凄いね。箸で食べられるように、すでにもうカットしてある。そしてそそるピンク色の断面を見せ、旨そうに盛り付けてある。よく見ると、肉の下には焼いたカボチャとズッキーニ、そしてパプリカがある。何、この盛り付け。もうビジュアルですでにKO状態だよ。それは子どもたちも同じ。「凄~い」と大喜び。

メッチャ旨そう!

 まあ、言うまでもないひと言だけど、ここは言わなきゃね。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 あまりに旨いから、赤ワインを一気飲みしてしまったじゃないか(笑)。いやあ、ヤバい。旨いし、楽しいし、飲み過ぎちゃうよ(笑)。

PIZZAペスカトーレ

 これは「PIZZAペスカトーレ」。何も付けなくても十分に旨い。そして赤ワインが進む(笑)。もう何杯目だろうか(笑)。

シェフおすすめパスタ

 ちゃんと何のパスタなのか店員さんが説明してくれたハズなのに、もうすっかり忘れてしまっている。ただ、凄いなと思ったのは、これをお皿に取り分けて食べるじゃないですか。やっぱり箸で十分なんだよね。ここまで箸1本で食べられるコースって凄いよね。


 さあ、あとはデザートを残すのみ……なんだけど、子どもたちが「まだ食べたい」光線をお父さんに向けて出しているので、頼んじゃいました。

追加で頼んだ前菜盛り合わせ

 ドドーンと「前菜盛り合わせ」。何じゃコレ。

凄すぎるじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 オリーブや枝付き干しブドウ、ドライイチジク、ブルーチーズ&ハチミツ、生春巻き……などなど、もう豪華過ぎる。肉の上にウニが乗っている「ウニク」なんてモノまである。こんなモノ出されて、飲むなってのが無理な話だよね(笑)。

こちらも追加で頼んだソーセージ

 さらに追加でこんなソーセージまで頼んだみたい。お父さんはピクルスとクレソン専門で食べまくったよ(笑)。ピクルスが旨かったなぁ。

コーヒー

 ようやく食事メニューが終わり、デザートタイム。まずはコーヒーが出てきて……。

息子のデザートプレート

 店内が急に暗くなり、息子にはロウソクが立てられたデザートプレートが運ばれて来た。うれしいなぁ、お店側のこういう心遣い。家族みんなでハッピーバースデーを歌い、ロウソクの火を吹き消す息子。うれしそうだ。

ジェラートとティラミス

 息子以外の3人のデザートはこちら。ジェラートとティラミス、そしてフルーツが乗っている。「KEIJI」と書かれたクッキーがまたかわいくて旨いんだ。


 いやいや、今回も満足、満足、大満足。さすがに最後のデザートにはスプーンが出て来たけど、箸で食べさせるコースは「お見事」の一語だね。
 ナイフとフォークで食べるコース料理を子どもたちに経験させたいという気持ちもあるけど、ここまで家族全員が笑顔で寛げたのは、どの料理も気取らずに箸1本で食べることができたからだと思う。これはいいコースだなぁ。

 マスター、ごちそうさま。いろいろと心遣い、ありがとうございました。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-395-3325
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後3時/ディナータイムは午後5時~10時30分(日曜は午後10時まで)
定休日:月曜
提携駐車場あり
フェイスブックはこちら
ブログはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




夜9時までのハッピーアワーを堪能

 ドリンク類を割引サービスする「ハッピーアワー」は大体、オープンから1~2時間という設定が多い。だから午後7時くらいで「ハッピーアワー」終了となるお店がほとんどだ。
 だけど、このお店は違うんだなぁ。

ポポラマーマ久米川店

 久米川駅南口にあるイタリアンファミレス「ポポラマーマ久米川店」だ。前回の記事でも紹介したけど、このお店の「ハッピーアワー」はナント……。

夜9時までってのが凄いよね

 午後4時から9時まで、5時間もやっているのだ。しかも単なる割引ではなく、すべて半額なのだから凄いよね。
 この日は私の仕事の関係で、友人と一杯やるスタートが遅くなり、午後7時からとなったのだが、その時間からでもあと2時間も「ハッピーアワー」が続いているのだから、行かない手はないよね(笑)。

おっ、スープパスタがある

 おっ、期間限定のスープパスタがある。スープパスタって、体が温まっていいんだよね。
 では、今宵はスープパスタをいただきつつ、軽く一杯やりましょうかね。

赤ワインで乾杯

 まずは赤ワインで乾杯。「軽く一杯」のつもりならグラスで頼めばいいのに、ついついカラフェを頼んでしまった。このカラフェの量が結構あるんだよね。だから、カラフェを頼んだ時点でもう「軽く一杯」じゃ済まなくなっちゃうんだよね(笑)。

カプレーゼ

 それぞれスープパスタを頼んだけど、それが来るまでのツマミとして、まずは「カプレーゼ」(378円)を注文。フォークでモッツァレラチーズとトマトを突き刺してパクッ。赤ワインをグビッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 久しぶりのお酒だったせいもあるけど、何だか旨くて、ついついクイクイとグラスの赤ワインをすぐに飲み干してしまった。

プロシュートとモッツァレラ

 続いて軽いツマミの第2弾。「プロシュートとモッツァレラ」(313円)が運ばれて来た。このプロシュートと赤ワインがまたよく合うんだな。

海の幸 辛口トマトスープ

 と、そこへスープパスタが到着。こちらは私が頼んだ「海の幸 辛口トマトスープ」(972円)。

牡蠣の海鮮出汁豆乳チャウダー

 そしてこちらが友人の頼んだ「牡蠣の海鮮出汁豆乳チャウダー」(972円)。
 どっちも旨そうでしょ。というか、コレ、以前にも書いたことがあるけど、フォークとスプーンではなく、箸とレンゲで食べたら、どう見てもラーメンだよね(笑)。

カキはプリプリ

 カキはプリプリ。いやあ、旨いなぁ。
 こうなると……。

白ワインにチェンジ

 やっぱり白ワインだよね。またカラフェで頼んじゃった。飲む気マンマンだね(笑)。
 せっかく白ワインを頼んだからということで、海鮮系のツマミを注文。

タコのマリネ

 これは「タコのマリネ」(356円)。シャキシャキした水菜&オニオンスライスと一緒に食べると、旨いんだなぁ。

たっぷりあさりの白ワイン蒸し

 そして「たっぷりあさりの白ワイン蒸し」(421円)も注文。いやあ、白ワインが進んじゃうねぇ(笑)。

 話しながら飲んでいると、すぐに白ワインも空き、スープパスタもツマミも食べ終えてしまった。そろそろ帰ってもいい頃合いではあるけど、「もう少し飲もうか」と赤ワインのカラフェを注文。そしてツマミも追加。

ハーフローストビーフとオニオンのサラダ

「野菜を食べなきゃね」と言いつつ頼んだのが、「ハーフローストビーフとオニオンのサラダ」(421円)。このローストビーフで野菜を巻いて食べると旨いんだ。

ニョッキチーズクリーム

 〆に頼んだのは、「ニョッキチーズクリーム」(421円)。トロッと溶けたチーズとモチッとしたニョッキの食感がたまんない。
 軽くのつもりが、「ハッピーアワー」終了の9時までシッカリ飲んでしまい、前回同様、食べ過ぎ&飲み過ぎてしまった(笑)。いやあ、だけど満足度が高いなぁ。たぶん、また行っちゃうと思うなぁ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-32 晃正プラザビル2階
電話:042-399-3036
営業時間:午前11時~午後10時30分(ラストオーダーは午後10時)
定休日:なし
店内禁煙
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




ポポラマーマ 久米川店
ジャンル:パスタ
アクセス:西武新宿線久米川駅南口 徒歩1分
住所:〒189-0013 東京都東村山市栄町2-9-32 晃正プラザビル2F(地図
周辺のお店のネット予約:
キッチンバー DenjiNのコース一覧
シズール シーフード&グリル ~sizzul~のコース一覧
海鮮居酒屋 はなの舞 光が丘IMA公園通り前店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 東村山×パスタ
情報掲載日:2019年2月1日
レストランブランド情報:ポポラマーマ






お酒半額&全席禁煙というワナ(笑)

 ここ数年、“ちょい飲み層”を取り込もうという考えなのか、お酒を取り揃え、簡単なツマミを出すファミレスが増えてきている。
 中には夕方から2~3時間を「ハッピーアワー」としてアルコール類の割引をするファミレスもあったりする。

ポポラマーマ久米川店

 だから、久米川駅南口のイタリアンファミレス「ポポラマーマ久米川店」が、「ハッピーアワー」をやっていても、別に驚くようなことではない。
 だけど、このポスターを見て、私は驚くというか、のけ反ってしまった。

5時間もハッピーアワーをやってるとは驚き

 もちろん、「半額」って言うのも驚きではあるけど、それよりもっとすごいのは「半額」の文字の上に書かれている「ハッピーアワー」の時間だ。「半額」の文字が大きいから私もすぐには気づかなかったけど、このお店の「ハッピーアワー」はナント、

16:00~21:00

なんですよ。つまり5時間! こんなに長時間の「ハッピーアワー」を設けているお店は、ちょっとないと思う。まあ、庶民としては安く飲める時間が長いのは、うれしい限りなんだけどね。

 これは行かなくちゃと、階段を上っていくと、入り口のドアにこんな貼り紙が……。

しかも店内全席禁煙だって

 どうやら2018年5月1日から店内全席禁煙になったようだ。以前は分煙だったけど、仕切りがあるワケでもなく、強力な空気清浄機を使っているワケでもなかったから、禁煙席でも喫煙席に近い場所だと、タバコの煙が流れてきていたんだよね。
 だから店内全席禁煙って言うのは、タバコを吸わない私にとっては、

最高じゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 タバコを吸われる皆さん、ごめんなさい。つい喜んでしまいました。
 だけど、このお店が店内全席禁煙に踏み切ったのは、階段を降りた先に喫煙所があるからじゃないかと思う。というのも、「ポポラマーマ」の全店舗が店内全席禁煙にしているワケではないからね。
 たとえファミレスであっても、飲食店が店内全席禁煙に踏み切るというのは、まだまだ相当に勇気のいることだと思うなぁ。

赤ワインのカラフェ

 店内に入ると、早速、赤ワインのカラフェを注文。これだけ入った赤ワインのカラフェが445円+税だからね。安いよね。
 しかもファミレスだから、水が飲める。水を飲みながらお酒を飲むと、悪酔いしなくていいんだよね。

 メニューを見ると、ツマミもいろいろと充実している。

前菜3種盛り

 まず頼んだのは「前菜3種盛り」(390円+税)。生ハムとタコのマリネ、それからカプレーゼが乗っている。軽く飲むのにピッタリだ。

赤身もも肉のローストビーフ

 続いて頼んだのは、「赤身もも肉のローストビーフ」(490円+税)。ローストビーフの下にはオニオンスライスがあり、それを巻いて食べると、旨いんだなぁ。

 軽く飲むつもりが、簡単にカラフェが空いてしまい、おかわりしてしまった(笑)。ということで、ツマミを注文。

カプレーゼ

 これは「カプレーゼ」(350円+税)。サラダみたいで旨いんだよね。

ほくほくポテト

 軽くのつもりが、だんだんシッカリ食べるモードになり、「ほくほくポテト」(290円+税)を注文。そしてさらに……。

クワトロチーズのピッツァ

「クワトロチーズのピッツァ」(750円+税)を注文。明らかに食べ過ぎだよね(笑)。アルコール半額のワナに見事にハマッてしまったよ(笑)。
 だけど、ファミレスだから変な酔っ払いはいないし、店内は明るいから飲みながら本を読んだりね資料をチェックしたりもできる。しかも店内全席禁煙。ありがたいねぇ。このお店で飲む機会が増えそうだよ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-32 晃正プラザビル2階
電話:042-399-3036
営業時間:午前11時~午後10時30分(ラストオーダーは午後10時)
定休日:なし
店内禁煙
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。



超満足!贅沢な高級食材コース

 娘の誕生日のお祝いに、みんなで食事でもしようかということになり、「たまには贅沢しちゃおうか」と家族で向かったのは……。

Kitchen KEIJI

 久米川駅南口のイタリア料理店「Kitchen KEIJI(キッチン・ケイジ)」。今年の6月で10周年を迎えたということで、それを記念して、高級食材を使ったパーティープランを期間限定でやっているんだよね。飲み放題付きで1人5000円。わが家は4人家族だから計2万円。手痛い出費だけど、日ごろジャンクフードを「美味しい」と喜んでいる子どもたちに、「もっと美味しいモノがある」ことをそろそろ知ってもらういい機会だと思い、思い切って予約したんだよね。

 お店に入ると、奥のテーブル席に案内された。今年の春に改装して、お店の奥の方にも席ができたようだ。

お父さんはヱビスマイスターで乾杯

 飲み放題ということなので、私はヱビスマイスターを注文。1ランク上のヱビスビールなのだとか。そんな贅沢な生ビールが飲み放題のメニューに入っているなんて凄いね。

雲丹とキャビアのウフ・マヨ

 まず最初に運ばれて来たのは、「雲丹とキャビアのウフ・マヨ」。「ウフ・マヨ」とは、茹で玉子にマヨネーズをかけた料理で、フランスでは定番メニューなのだとか。でも、そこはフランス、単純に茹で玉子にマヨネーズをかけたモノを出すワケではなく、いろいろとアレンジしている。
 で、今回出て来たモノは、その「ウフ・マヨ」のアレンジの、ある意味、究極形かもしれない。だって、ウニとキャビアが乗っているんですよ。茹で玉子の下にあるのも、単なるマヨネーズではないことは一目瞭然。
 では、いただきますか……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 子どもたちも「美味しい」を連発している。自分がつくったワケじゃないのに、子どもたちが「美味しい」と言うと、何だかうれしくなって、ビールが進んじゃうよ(笑)。

昆布締め真鯛のカルパッチョ イタリア産からすみかけ

 続いては、「昆布締め真鯛のカルパッチョ イタリア産からすみかけ」。いやあ、美しい! 「カラスミってのはな、ボラという魚の卵巣を塩漬けして、干したモノなんだぞ」と父親らしく説明したあと、乗っているトマトなどが落ちないよう、箸で真鯛をクルッと丸めて、もったいないけどひと口でパクッ!

これも(´ ▽`).。o旨いねぇ♪♪

 子どもたちも再び「美味しい」を連発。うんうん、いいよいいよ。美味しいモノはちゃんと「美味しい」って口にしないとね。

仏産フォアグラテリーヌのブルスケッタ

 お次は、ナント「仏産フォアグラテリーヌのブルスケッタ」。上に乗っているのはマーマレードみたい。クセのあるチーズにハチミツやマーマレードを合わせることはあるけど、フォアグラにマーマレードってどうなんだろう?と思いつつ、いただいてみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、旨い! 合うんだねぇ。だけど子どもたちにはどうなんだろう?と反応を伺っていると……。
「パパ、これ美味しいッ!」と2人とも絶賛。そして「これ、もう少し食べたい」と2人。おいおい、まだ料理はあるから、それを食べてまだ食べられそうだったらね。
 うーん、そんなに気に入ったのか。それほど子ども向きの料理とは思わないんだけどなぁ。不思議だ。

黒トリュフのキッシュ 黒トリュフソース

 こちらは「黒トリュフのキッシュ 黒トリュフソース」。息子はキノコ全般が苦手なのだが、これは「美味しい」と喜んで食べていた。贅沢な舌だなぁ(笑)。

北あかりのニョッキ ポルチーニ茸クリーム

 高級食材を使った、懐石料理っぽい一品料理が続いた後、ドーンと大皿で出て来たのが、「北あかりのニョッキ ポルチーニ茸クリーム」。キノコが苦手な息子の反応を見ると……。

「これ、美味しい!」

 お前、本当にキノコが苦手なのかよ(笑)。でも確かに「黒トリュフのキッシュ」といい、このニョッキといい、そんなにキノコっぽくないから、これなら食べられるかもね。実際に旨いしね(笑)。

短角牛ローストビーフ フォンドボーバターソース

 そして次も大皿でドーンと「短角牛ローストビーフ フォンドボーバターソース」。出て来た瞬間から、子どもたちのテンションは上がりまくり。やっぱり育ちざかりだから、肉が好きなんだね(笑)。
 喜んで食べている子どもたちを見ながらゆるゆると赤ワインなんぞを飲む……。

幸せじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

「いやいや君たちの笑顔はいいツマミだよ」と思いつつんでいたら、いつの間にかローストビーフは消えていた。
 あれ? お父さんのは?(笑)

パルマ産生ハムと6種のサラダピザ

 料理はまだまだ続く。これは「パルマ産生ハムと6種のサラダピザ」。これ、生ハムはもちろん、ピザそのものも旨くて、ここでも子どもたちは「美味しい」を連発。

日本酒にチェンジ

 飲み放題メニューに日本酒もあったから、つい頼んでしまった。子どもたちが「美味しい」「美味しい」と食べる様子が、凄く「いいツマミ」になって、お酒が進んじゃうんだなぁ。お父さんは何だかホントに幸せだよ(笑)。

KEIJI chefスペシャルパスタ

 いよいよ料理の〆、「KEIJI chefスペシャルパスタ」が登場。食欲をそそるビジュアルと香り。これもまた旨そうだ。

旨そうなのだ

 コレだもんね。旨くないワケがない。娘はパスタが好きだから、多めに取り分けたけど、瞬殺だったね(笑)。

デジャヴ?

 あれ? これってさっき食べた「仏産フォアグラテリーヌのブルスケッタ」じゃないの。デジャヴ?

 パスタでコース料理が終わり、あとはデザートを残すのみなんだけど、子どもたちは「まだもう少し食べたい」と言うので、「じゃあ今まで食べたモノで、もう1回食べたいモノを頼もうか」と提案したところ、この料理をリクエストしたんだよね。子どもたちは今回、この料理が一番気に入ったみたいだ。

前菜盛り合わせ

 ほかにも軽くつまめるモノをと思い、「前菜盛り合わせ」を注文。生春巻きや生ハムを巻いたグリッシーニなど、ちゃんと4人分にしてある。こういう心遣い、うれしいなぁ。

デザートに備えてコーヒー

 さてさて、料理は終わったので、お酒も終了。デザートに備えて、コーヒーをいただくことに。

娘のデザートプレート

 予約の際に、娘の誕生日のことを伝えていたからか、娘のデザートプレートはお祝いの言葉とフルーツが添えられ、ロウソクまで立ててもらって超豪華。マスター、ありがとう。

ヨーグルトジェラート

 娘以外のデザートはこちら。ヨーグルトのジェラート。サッパリしていて〆にピッタリ。
 いやあ、贅沢しちゃったけど、子どもたちもカミさんも喜んでくれたし、私自身、凄い満足感がある。思い切ってこの贅沢コースを頼んでよかったよ。
 
 マスター、改めまして10周年おめでとうございます。この久米川という場所で10年も、しかもただ続けるのではなく、お店を大きくしながら続けてきたこと、本当に凄いと思います。
 そしてマスター、今回は美味しい料理をありがとうございます。また、いろいろ気を使っていただき、申し訳なかったです。ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-395-3325
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後3時/ディナータイムは午後5時~10時30分(日曜は午後10時まで)
定休日:月曜
提携駐車場あり
フェイスブックはこちら
ブログはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





パスタもパンもピザも全部モッチモチ

 学校行事の振り替え休日で月曜が休みになった小学生の娘と、たまたまその日が休みだった私。「映画でも観に行くか」ということになり、その前にどこかで腹ごしらえをしようと、車で向かったのが、2016年10月にオープンした、生パスタがウリのイタリアンファミレス「モッチモパスタAKITSU店」

モッチモパスタAKITSU店

 お昼の12時半ごろに行ったのだが、店内は満席。繁盛しているねぇ。

 このお店、チェーン店なんだけど、聞いたことのない店名だから、ちょっと調べてみたら、兵庫県姫路市に本社があるんだね。西日本を中心に店舗を増やし、初めて東日本、それも東京に出したのが、この「モッチモパスタAKITSU店」。つまり東京では、ここでしか食べられないパスタってワケ。

 待つこと20分。ようやく席に着くことができた。お店は2階建てで、娘と「2階の席に座れるといいね」と話していたのだが、残念ながら案内されたのは1階の席だった。満席だから仕方ない。

お得そうなランチを見っけ

 いろいろとランチメニューがあるけど、この「選べるモッチモパスタランチ」(1230円+税)が、スープとサラダ、バケットにパスタ、そしてドリンクが付いていてお得そうだったから、今回はコレにしてみた。

注文はタブレットでするようだ

 注文はテーブルに置いてあるタブレットに入力するスタイル。「人件費削減のためなのかな?」と思ったが、その割には大勢の店員さんが忙しそうに動いている。人件費の削減というよりは、作業の効率化のためなのかもしれない。
 パスタとバケット、そしてドリンクを選ぶことができるので、娘はパスタを「湯むきトマトと茄子のトマトソース モッツアレラ乗せ」にし、バケットははちみつ、ドリンクはオレンジジュースにした。私はというと、パスタは「エビとアボカドのバジルソース」にし、バケットはガーリック、そしてドリンクはホットコーヒーにした。

まず運ばれて来たのがサラダとスープ

 まず最初に運ばれて来たのは、サラダとスープ。サラダがさっぱりしていて娘にも好評。

ロングバケット。私はガーリックで娘ははちみつ

 続いて運ばれて来たのは、ロングバケット、こういう出し方はちょっとオシャレだね。
 食べてみると……。

モッチモチでO(≧∇≦)O旨いッ!!!

 普通にカリッとしたフランスパンをイメージしていたから、モチッとした食感にビックリ。これはいいねぇ。娘も大喜びだ。

パスタにはその場でチーズをすりおろしてくれる

 と、そこへパスタが運ばれて来た。店員さんがその場で、「ストップ」の声がかかるまでチーズをすりおろしてくれる。目の前でのこのサービス、テンションが上がっていいねぇ。

私の頼んだ「エビとアボカドのバジルソース」

 これは私が頼んだ「エビとアボカドのバジルソース」。量が少なそうに見えるけど、これは単にお皿が大きいからそう見えるだけ。

バジルたっぷりで旨そう

 バジルがたっぷりとパスタに絡んでいる。
 では、いただいてみますかね……。

おおっ(´ ▽`).。oモッチモチ~♪♪

 この食感は好きだなぁ。もう少しバジルの味と香りがすると、嬉しかったかも。

娘が頼んだ「湯むきトマトと茄子のトマトソース モッツアレラ乗せ」

 こちらは娘が頼んだ「湯むきトマトと茄子のトマトソース モッツアレラ乗せ」。

こちらも旨そう

 これも旨そうだ。娘は「これ、『ポポラマーマ』よりも『ジョリーパスタ』よりも美味しい」と話したが、これを聞いて何だか複雑な気持ちになったよ。子どもたちを連れて行くのはファミレスばっかりだったんだなぁ。娘も大きくなったことだし、そろそろ地元の美味しいイタリアンに連れて行かなきゃね。
 確かにこのお店も旨いけど、もっと旨いパスタが地元にはあるからね。

マルゲリータ

 パスタだけでは足りないだろうと、「マルゲリータ」(890円+税)も注文。これも生地がモッチモチだった。なるほどね。モチモチがウリだから、この店名なのね。

コーヒーで〆

 すべてを食べ終えたあと、ホットコーヒーで〆。いやあ、食べた食べた。

 このあと娘と映画「美女と野獣」を見て、2人してジワッと涙を流しましたとさ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市秋津町2-15-5
電話:042-306-4631
営業時間:午前11時~午後2時30分、午後5時~9時30分
定休日:水曜
店内禁煙
駐車場アリ
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




住宅街の本格イタリアン

 2012年12月、東村山駅西口から延びるバス通り沿いの住宅街に、一軒家スタイルのイタリア料理店がオープンしたという話は知っていたのだが、なかなか行けないでいた私。先日、カミさんが「外でランチを食べない?」と言ってきたので、「じゃあ、ちょっと足を延ばして東村山の方に行ってみようか」と、ようやく訪れることができた。
 それが今回紹介するイタリア料理店「LO STIVALE(ロ・スティヴァーレ)」だ。

ロ・スティヴーレ

 場所は東村山駅西口からバス通りを武蔵大和駅方面に向かって8分ほど歩いた右側にある。お店の前に掲げられているイタリア国旗が目印だ。
 ちなみに「STIVALE」とは、イタリア語で「長靴」のこと。オーナーシェフは23年間イタリアに在住し、イタリアのことを知り尽くしていることから、イタリアの国の形状によく例えられる「長靴」という意味の言葉を店名にしたらしい。

ランチメニューの看板が出ている

 お店の前にはランチメニューが書かれた看板が出ている。一番安いメニューが1000円(税別)。イタリア料理店としてはリーズナブルな設定だけど、東村山市でのランチ価格帯から考えると、少し高めに思えなくもない。しかもバス通り沿いとはいえ、周りは住宅街だ。果たしてお客さんは入っているのだろうか……。
 カミさんと一緒にお店に入ると、いやあビックリ。平日だと言うのに、ほぼ満席の大盛況。高い天井とお店の明るい雰囲気が饒舌にさせるのか、静かに食べる人はほとんどなく、みんな楽しそうに話しながら食事をしている。
 カミさんはこの雰囲気、一発で気に入ったようだ。

 ランチは5種類あるが、私もカミさんも「本日のパスタ」(1200円+税)を選択。

サラダと自家製フォカッチャ

 まず運ばれて来たのは、サラダと自家製フォカッチャが乗ったプレート。

スモークチキンが添えられている

 よく見ると、サラダにはスモークチキンが添えられている。旨いねぇ。

「本日のパスタ」である「ボスカイオーラ(ツナとキノコのトマトソース)」

 そして「本日のパスタ」の登場。この日のパスタは「ボスカイオーラ(ツナとキノコのトマトソース)」。プレートにはフォークがだけが添えられている。これも実はオーナーシェフのこだわり。

日本のパスタ料理店でフォークとスプーンが用意されることが多いですが、イタリアではパスタを食べるときにスプーンを使うのは幼児だけ。パスタはフォーク1本で手早くいただくのが大人のたしなみです。

 確かに最近テレビなどでよく聞く話なんだよね。「スプーンを使うのは日本人だけ」とかね。でもスプーンがあるとつい使ってしまうんだよなぁ(笑)。こんな感じで、最初からスプーンがないと、フォークだけで食べるからいいかもね。

トマトソースにはしっかりとガーリックが効いている

 トマトソースにはガーリックが効いていて、香りがもうたまらない。早速、いただきま~す……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 食べだすと、フォークが止まらない。パスタの量は多めだと思うけど、ペロリと食べてしまった(笑)。

デザートのティラミス

 このコースにはデザートが付く。私が選んだのはティラミス。好きなんだよねぇ。

コーヒーで〆

 最後にコーヒーが運ばれて来て、ランチ終了。いやあ、「もっといろいろ食べてみたい!」と思わせるお店だね。
 ディナータイムだけではなく、午後9時から「ワインバータイム」なんてモノもあるから、今度はぜひ夜に来てみたいな。




【DATA】
住所:東村山市野口町3-5-9
電話:042-306-3824
営業時間:ランチは午前11時30分~午後4時30分/デイナーは午後6時~9時/ワインバータイムは午後9時~11時30分
定休日:月曜、第2火曜
ホームページはこちら
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





ほかのメニューの旨さを予感させるランチ

 新秋津駅を背にして右方向にロータリー沿いを歩くとパン屋「サントアン」が見えてくる。その「サントアン」の前の道路を秋津神社に向かって進むと左側に、こんなお店が見えてくる。

KITCHEN ROSSO

 イタリア料理店の「KITCHEN ROSSO(キッチン・ロッソ)」だ。1年半ほど前にオープンし、グルメサイトの「食べログ」では、「居酒屋」として紹介されているけど、表に出ているメニューを見ると……。

いろいろと気になるメニューがいっぱい

 イタリア語で「赤」を意味する「ROSSO」という店名にちなんだ思われる赤いボードには、居酒屋とはちょっと程遠いメニューが並んでいる。

*パテドカンパーニュ(600円)
*豚肉のリエット(500円)
*海苔クリームペンネ(500円)
*チーズフォンデュ(950円)


 うーん、どれも気になるメニューだなぁ。でも中でも気になったのは、この2つ。

*焼ナポリタン(600円)
*チー茸(420円)


 何だろうね、この2つ。気になるなぁ。
 ふと横を見ると、ランチメニューを発見。まあ、まずはランチを食べてみますか。
 お店に入ると、右側に4人掛けのテーブルが1卓、2人掛けのテーブルが2卓、並んでいて、奥にL字のカウンターがある。私はカウンター席に座った。

これがランチメニュー

 ランチメニューはこれ。「今週のプレートランチ」(1200円)と「パスタランチセット」(900円)があり、さらに「パスタランチセット」は「鶏とキノコのトマトソース」と「自家製ミートソース」の2つから選べるようだ。
 私は「パスタランチセット」にし、「自家製ミートソース」をチョイス。

スープと大根サラダ

 まず運ばれて来たのは、スープと大根サラダ。スープも旨かったけど、大根サラダがとにかくバカ旨! 自家製だという「香り白ドレッシング」が旨過ぎる。いやマジで、これだけいっぱい食べてお腹いっぱいにしたいくらい。

自家製ミートソース

 そして自家製ミートソースが運ばれて来た。生パスタの上にこんもりと乗っているミートソースが旨そう!

生パスタ

 ガーッとかき混ぜたい衝動を抑えつつ、生パスタにミートソースを絡めてパクッ……旨いなぁ。ミートソースのパスタなんて久しぶりに食べたけど、これはチーズとか余計なモノはいらないね。そのまんまで十分旨い。

食後のコーヒー

 食後にはコーヒーが付く。
 お店のマスターは気さくだし、ランチがこれだけ旨いなら、ほかの料理も期待できるというモノ。次はぜひ夜に伺って気になる2つのメニューを食べたいモノだ。




【DATA】
住所:東村山市秋津町5-25-91
電話:042-308-3557
営業時間:午前11時30分~午後1時30分/午後5時~11時
定休日:日曜
お店について詳しくはこちら



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






軽く昼飲みにピッタリのランチコース

 今回の記事は1カ月以上も前に取材したモノ。だから料理についてちゃんと覚えていない部分があります。お店の人、申し訳ないです。最初に謝っておきます。


「お酒を飲みながら、ゆるりとランチを」ということで友人とともに向かったのは、久米川駅南口のイタリア料理店「Kitchen KEIJI(キッチン・ケイジ)」。確か「パスタランチコース」(1700円)だと、前菜が付くし、パスタ自体がワインのいいツマミになるからね。

赤ワインで乾杯

 ということで、早速、赤ワインをデカンタで注文し、乾杯。

バケット

 すぐに温かいバケットが登場。そして……。

燻製の盛り合わせ

 前菜が運ばれて来た! これは私が頼んだ「自家製燻製の盛り合わせ」。ホタテや玉子などいろんな種類の燻製が乗っている。お皿から漂う燻製の香りだけで、ワインがイケちゃう。もちろん、食べると、どれも……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 これ、もう1皿頼みたいくらいだよ。

前菜盛り合わせ

 こちらは友人が頼んだ「前菜盛り合わせ」。これも見るからにどれも「いいツマミ」って感じ。

何のパスタだっけ?

 で、パスタなんだけど、これが何のパスタなのか思い出せないんだよね。

何だったっけ?

 こちらも同じ。ただ、マスターが「シェアするだろうから」と、私と友人が頼んだパスタを最初からそれぞれ2つに分けて出してくれたのには、感激したなぁ。当然ながら、パスタはどちらも旨く……。

白ワインにチェンジ

 白ワインにチェンジして、しっかりツマミとしていただきました(笑)。

コーヒー

 ゆるりと飲んで食べたあとは、コーヒーと……。

デザート

 デザート盛り合わせで〆。
 いやあ、繁盛しているお店なんだけど、人がいっぱいいても落ち着いた雰囲気が保たれていて、いいお店だよね。おかげで、目的通りゆるりと飲むことができた。
 マスター、ごちそうさまでした。ちゃんとパスタのこと、覚えてなくてごめんなさい。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-31-1
電話:042-395-3325
営業時間:ランチタイムは午前11時~午後3時(ラストオーダー午後2時30分)、ディナータイムは午後5時~10時(ラストオーダー午後9時30分)
定休日:月曜
お店について詳しくはこちら
店長さんのブログはこちら
ツイッターはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR