東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


しみじみ旨いもつ煮で一杯

 東村山駅西口をブラブラと散策。「ふるさと歴史館」のある西宿通りを歩いて行く。以前はいろんなお店が建ち並んだ商店街だったと思うんだけど、今はお店がポツリポツリという感じ。ズンズン歩いて行くと、T字路に突き当たる。左に行けばパン屋の「マドンナ」があり、右に行けば中華料理店の「柳屋」があり、踏み切りを渡って進むと武蔵野うどんのお店「ますや」があり、さらにその先は府中街道との交差点である久米川辻になる。
 私は、右に曲がった。

たけうち食堂

 あっ、そうだ。ここには大衆食堂の「たけうち食堂」があったんだ。大衆食堂なんだけど、このお店は焼き鳥もやっているんだよね……そう思った瞬間、「飲みたい、食べたい」という昼飲みスイッチが入ってしまった私(笑)。
「焼き鳥で一杯、やっちゃおうかなぁ」とニタニタしながらお店の中へ。

瓶ビールで一杯

 まずはお酒だよね。瓶ビールを注文すると、枝豆が付いてきた。いいねぇ。瓶ビールがキリンのラガーってのもいいね。
 さて、それでは焼き鳥を注文しますかね。
「焼き鳥、注文していいですか?」とお店の人に聞くと……。

「すみません。焼き鳥は夕方からなんです」

 ガーン!
 困ったなぁ。もうお酒飲んじゃってるから、今さら定食を頼むってのもナンだよね。
 あわてて壁に貼られたメニューの中から一品料理を探すと……おっ、「もつ煮込み」(450円)があるじゃない。これをお願いするか。「もつ煮込み定食」(650円)があるんだから、これは大丈夫だろう。

もつ煮込み

 そして出てきたコチラが、「もつ煮込み」。何かいい感じでしょ。もつが大きいんだよね。
 ネギと一緒に箸で挟んでお口にIN!

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 いやあ、もつが柔らかいし、この味噌仕立ての優しい味わいがたまらない。ホント、ため息をつくようにしみじみと「旨いねぇ」という言葉が出てくる。
 今はラーメンみたいにいろんな味のもつ煮があるけど、「昔ながらのもつ煮」とか「昭和のもつ煮」というジャンルがあるなら、このお店の「もつ煮込み」はきっと上位に食い込むと思うなぁ。

 コレ、お酒にも合うけど、ご飯にも凄く合うと思う。この汁にご飯を入れて七味を軽く振りかけたら、旨いだろうなぁ。
 そんなことを思いつつ、汁まで飲み干して、ごちそうさま。
 今度は夕方に来て、焼き鳥で一杯をリベンジしよう。




【DATA】
住所:東村山市諏訪町1-20-11
電話:042-394-4029
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。




東村山カキフライ選手権エントリーNO.27

【過去のエントリーはこちら】
*エントリーNO.01「かつ秀」
*エントリーNO.02「新々飯店」
*エントリーNO.03「若松」
*エントリーNO.04「ひの食堂」
*エントリーNO.05「じゃがいも」
*エントリーNO.06「たけくらべ」
*エントリーNO.07「野島うどん」
*エントリーNO.08「あさひ」
*エントリーNO.09「中華洋食 一番」
*エントリーNO.10「巴屋」
*エントリーNO.11「寿楽」
*エントリーNO.12「味っ子」
*エントリーNO.13「とんとん」
*エントリーNO.14「扇屋」
*エントリーNO.15「まごころ亭」
*エントリーNO.16「和楽」
*エントリーNO.17「味よし」
*エントリーNO.18「Big Orbit(ビッグ・オービット)」
*エントリーNO.19「磯久亭」
*エントリーNO.20「CAFE ROSE(カフェ・ロゼ)」
*エントリーNO.21「つくし」
*エントリーNO.22「とん八」
*エントリーNO.23「ごはん家さくら木」
*エントリーNO.24「長めん」
*エントリーNO.25「レパスト」
*エントリーNO.26「肉のかわの」



 今回紹介するのは、東村山駅西口にある大衆食堂「たけうち食堂」の「かきフライ定食」(750円)。

たけうち食堂

 基本的には定食屋さんだと思うんだけど、写真を見てわかるように「やきとり」の暖簾も出ているんですよね。飲める場所でもあるということかな。
 場所は東村山駅から約1キロ北にあるのだが、ちょっと説明しにくいので詳しくはこちらの地図を参照して欲しい。

 店内はこぢんまりとしていて、いかにも大衆食堂という感じ。壁に定食などのメニューが張り出されている。私は「かきフライ定食」(750円)を注文した。

かきフライ定食

 これが「かきフライ定食」。ご飯と味噌汁、そして香の物が付くのだが、ご飯の盛りがよくて、うれしい。

カキフライ

 カキフライは5個。大きさに少しバラつきがあるとはいえ、全体的に大きめだ。見た目だけではあるが、これで750円ならコストパフォーマンスはかなりいいのではないだろうか?
 では、味を確認してみますか。


【コロモ】★★★☆
 明るいキツネ色でいい感じ。食べると、意外にもコロモは薄く、サックリとした食感。

【カキ】★★★☆
 ジューシーなカキ汁が出てくるのだが、これが全く熱くない。以前に紹介した鷹の道沿いにあるそば屋「あさひ」の「カキフライライス」のように、カキがレアなのだ。私は旨いと思うけど、これは好き嫌いが分かれるかもしれない。

【ソース】★★★
 お皿に添えられているのはレモンだけ。タルタルソースはない。テーブルに置いてある中濃ソースや醤油を使っていろいろ試してみる。中がレアだけに醤油とレモンを一緒に使って食べたのが、個人的には旨く感じられた。でもこれって、ポン酢ならもっと旨く感じたってことなのかなぁ。

【値段】★★★★
 この大きさのカキフライ5個で750円は、かなりのコストパフォーマンスだと思う。

【総合評価】★★★☆
 すでに書いたけど、このカキフライは好みが分かれると思う。カキフライを「アチッ、アチッ、ハフッ、ハフッ」と食べるモノだと思っている人は、間違いなく違和感を抱くだろうなぁ。
 でもリーズナブルな値段だし、カキ好きの人は試しに食べてみるといいかもしれない。



【DATA】
住所:東村山市諏訪町1-20-11
電話:042-394-4029



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
極上のぬか漬けが簡単に作れます!
安全で美味しい産地直送のお米





料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す55歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR