東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ ロートンヌ(秋津町) ]


マンゴーを使った対照的なお菓子

 秋津に行くと、用もないのについフラッと「ロートンヌ」に立ち寄ってしまう。ココのケーキを見ていると、幸せな気分になってくるからだ。で、6月ごろからずーっと気になっていたのが、「マンゴープリン」(400円)だ。

マンゴープリン

 四角い容器に入っているのもオシャレだし、見るからに濃厚で美味しそうなのだ。しかし、小さいくせして400円もするから、「うーん、どうしよう……今日はやめとくか」といつも見るだけで終わっていた。
 しかし先日、こんなケーキを見つけてしまった。

コムサ

 まるでゆで卵のような形をした「コムサ」(368円)は、マンゴーとヨーグルトが使われているのだという。このところ、マンゴーがマイブームの私。2つもマンゴーを使ったケーキを見つけたら、もう「食べたい」欲求を抑えられなくて、つい買ってしまった。しかもすぐに食べたかったモノだから、店内の喫茶スペースで、アイス・カフェオレ(473円)を頼んで食べることにした。

コムサとマンゴープリン

 どっちから食べるか迷うところだが、私は「コムサ」から食べてみた。黄色い部分はフワッとした軽い食感のマンゴームース。口溶け感が何ともいい感じ。甘さは控えめで、むしろヨーグルトクリームの方が甘い。夏らしいお菓子だ。
「マンゴープリン」は上にマンゴーの果肉が乗っていて、まずそれから食べてみた。濃厚で美味しいのだが、続いてプリンを食べて驚いた。果肉とほとんど変わらないくらい濃厚なのだ。これには本当にビックリ。「こんなに濃厚なら、この大きさでこの値段は当然かも」と思わせるほどだ。
 それにしてもこの2つ、すごく対照的だ。「コムサ」はマンゴーが苦手という人でも食べられるくらい軽い味わい。それに対し、「マンゴープリン」はマンゴーそのものを食べるような濃厚で重い味わい。どちらも季節の商品だから、この夏、機会があれば食べてみてください。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR