東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホールケーキの幸せ

 誕生日にはやっぱりケーキですよね。今まで我が家では「いろんな味を楽しみたい」ってことで、ショートケーキを5~6個買っていた。ホールケーキだと、同じ味が続くから、すぐにお腹いっぱいになっちゃうからね。
 でも、先日のカミさんの誕生日は、ちょっと趣向を変えて、ホールケーキを買ってみた。どうしてホールケーキにしたかというと、キッカケは先月行われたある集まりだった。

 10月21日(土)にテレビ番組『出没!アド街ック天国』東村山が取り上げられたことを覚えているでしょ。この日、私はネットで知り合った友達と一緒に『アド街』鑑賞会をやったんですよ。
 お酒を飲みながら、「何だ、アレが○位かよ」とダベって盛り上がったのだが、番組が終わったあと、友達が「マサさん、明日、誕生日でしょ」とホールケーキを出してくれたのだ。

私のために買ってきてくれたケーキ

 ケーキの真ん中に「マサさん」と書かれていて、もう大感激。ロウソクに火をつけ、みんながハッピーバースデーを歌ってくれたあと、フーッと一気に火を吹き消す。そして周りから「おめでとう」と拍手。いやあ、今まででこんなうれしい誕生祝いはなかった。
 ケーキがね、生クリームとイチゴだけのシンプルなモノなんだけど、これがまた旨かったんですよ。聞けば野火止用水路沿いにあるケーキ店「アンシャンテ」で買ったのだという。
 私はこの時思ったんですよ。「今度のカミさんの誕生日には、『アンシャンテ』でホールケーキを買おう」って。

 というワケで、カミさんの誕生日前日にお店に行って、まずはケーキの予約。大きさは2番目に小さい5号にした。食べるのは私とカミさんと息子の3人だけだからね。
 問題は受け取り時間。平日なので、私がお店に来られるのはどんなに早くても午後9時を回る。私が「9時半までには必ず来ますから」とお願いすると、店長さんは渋い顔をしながらも「わかりました」と言ってくれた。本当は午後7時までなのだという。
 店長さん、無理言ってすみませんでした。

 で、翌日。急いでお店に向かい、5号のホールケーキを受け取った。値段は2620円ナリ。「さあ、早く家に帰ろう」と思ってケーキを持った瞬間、今までにない緊張が走った。ショートケーキをいっぱい買って帰った時は、ケーキが多少崩れることなど全然気にせず、とにかく「早く帰ろう」と思ったモノだが、今回はちょっと違う。何しろケーキの中央に「○○ちゃん おたんじょうび おめでとう」と書き込まれた、一品モノだからね。崩れたら台無しになってしまう……そう思うと、歩きがゆっくりになってしまうんですよ。喜ぶ顔が早く見たいと気は急くんだけど、コケたら水の泡だから、ゆっくり、ゆっくり。
 やたら下をキョロキョロ見ながら、ほとんどスリ足で歩いている私は、ハタから見たら相当怪しい人間に見えたと思う。

 何とかやっと家に着き、ドアを開けると、息子が駆けて来る。
「コラコラ、ストップ! ストップ!」
 ここで抱きつかれたら今までの苦労がすべて無になってしまう。私は慌てて家に上がると、急いでケーキを台所に置いてホッとひと息。着替えてから、カミさんに「誕生日おめでとう。ケーキを買ってきたよ」とテーブルの上に箱から取り出したケーキを置いた。

カミさんの名前を書いてもらったケーキ

「うわぁ、スゴ~い。パパちゃん、ありがとう!」

 このひと言が聞ければ、苦労して買ってきた甲斐があるってモノだ。息子も久々に見るケーキに興奮気味だ。
 早速、ロウソクを立てて火をつけ、部屋の明かりを落とす。

ロウソクの火が幻想的でキレイ

「○○ちゃんが消す~ッ!」と息子が身を乗り出し、今にも消そうとしている。「コラコラ、消すのはお母さんだからね」と注意するものの、消す気満々だ。

 ♪ハッピバースデー トゥ ユー、ハッピバースデー トゥ ユー、ハッピバースデー ディア おかあさん、ハッピバースデー トゥ ユー。

 歌い終わると、カミさんと競うようにして息子がフゥ~ッと息を吹きかける。あんまりケーキに近づき過ぎたのか、チリリリと前髪が少し焼けてしまった。でも本人は全然気にすることなく、上機嫌。
「じゃあ、食べようか」とケーキに包丁を入れる。

生クリームとイチゴだけのシンプルなケーキ

 スポンジの間に生クリームとイチゴが挟んである。すっごくシンプルなケーキだ。でも生クリームがしつこくなくて、旨いんだよね。
 取り分けたケーキを美味しそうに食べているカミさんと息子を見ていると、とても幸せな気分になる。みんなで祝って、同じモノを取り分けて食べる……これまでホールケーキを敬遠していたけど、こんなに幸せな気分になれるのなら、これからはお祝いごとはホールケーキだね。


【DATA】
住所:東村山市栄町3-14-7
電話:042-393-9722
定休日:水曜日



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
スポンサーサイト

幻のシュークリームをGET!

 このブログですでに2度ほど紹介しているケーキ屋「アンシャンテ」。このお店には美味しいシュークリームがあるという情報を私は以前からつかんでいた。シュークリームが大好きな私としてはぜひ食べたいと常々思っていたのだが、このシュークリーム、午後3時ごろには完売してしまうため、なかなか買えなかった。
 そこで先日、午後1時ごろ行き、ようやく念願のシュークリームを買うことができた。そのシュークリーム、名前を「マダガスカル」と言う。情報によると、「ちょっと変わっている」ということなのだが、確かに変わっている。まずショーケースがコレなのだから。

ショーケースのマダガスカル

 商品の見本が置いてあるだけ。どうやらチェーン展開しているシュークリームショップ「ビアード・パパの作りたて工房」と同じように注文を受けてから、シューにクリームを詰めるようだ。そのクリームもこだわりがあるらしく、ショーケースにはその説明書きがあった。
『クリームをひと晩寝かせるため、定休日あけの木曜日は販売ができません』
 通常は当日作りたてのクリームを使うモノだが、クリームをひと晩寝かせるっていうのはどういうことなんだろう? 気になる。
 さらにショーケースには面白い注意書きがあった。この「マダガスカル」、ナント定価はなく、1グラム3.6円で量り売りしているのだという。変わったシュークリームであることは間違いない。それでいて人気ですぐに売り切れてしまうから、私にとっては“幻のシュークリーム”となっていた。

これがマダガスカルだ ミロワール

 私は念願の「マダガスカル」を3個、そして「ミロワール」(270円)を2個買った。私の買った「マダガスカル」は1個199円だった。通常は1個180~300円で、平均すると250円だというから、どうやら今回は少しシューが小さめだったようだ。

マダガスカルの断面。クリームの中にバニラビーンズが見える

「マダガスカル」を3個買ったのにはワケがある。それは1個をすぐに食べようと思ったからだ。注文を受けてからクリームをシューに詰めるということは、すぐに食べないとシューの食感が悪くなるということだろう。私は家に戻ると、中がどうなっているのか知りたくて、「マダガスカル」を半分に切ってみた。シューはサクッとしていて、クリームはトロッとしている。バニラビーンズの粒がたくさん見えるが、クリームがよく冷えているのでそれほど香りはしない。食べると、クリームは見た目ほど重たくはなく、口当たりも軽い。甘いけどしつこくなく、美味しい。これは人気になるハズだ。
 残りのケーキはカミさんと一緒に食べるために冷蔵庫へ。

 子供を寝かしつけ、2人でケーキを食べたのは夜の10時半。「マダガスカル」はシューとクリームがすっかりなじんでしまい、サクッとした食感はもうないが、これはこれで美味しかった。というより、むしろ私はシューがシットリとしたこっちの方が好き。
 一緒に買った「ミロワール」は濃厚なチーズの味がして、これも美味しかった。考えてみれば、2つともケーキとしては安い。それでいてこんなに幸せな気分になれるのだから、お得と言えるかも。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

夜遅くまで開いているケーキ屋さん

 こんなグルメブログを書くほど食べまくっているくせして実は私、今ダイエットをしている。詳しくはダイエットについて書いているもう1つのブログを読んでもらうとして、私はその一環として会社から帰る時は最寄り駅の久米川駅ではなく、その1つ手前の小平駅で降りてそこから歩いて帰ることにしている。
 多摩湖につながる遊歩道をテクテク歩き、萩山駅、八坂駅と通り過ぎ、府中街道に出たら東村山駅方面に進んで帰宅するワケだが、最初のうちは40分くらいかかっていたのが、慣れてくると30分ほどで歩けるようになってしまった。「これでは運動にならない」そう思った私はルートを変更。八坂駅近くまで行ったら府中街道に出ず、野火止用水の通りを久米川駅方面に向かってわざわざ遠回りして帰宅することにした。それを何日か続けていると、あることに気が付いた。野火止通り沿いにあるケーキ屋「アンシャンテ」が夜遅くまで開いているのだ。

アンシャンテ

 最初は「たまたまこの日は遅くまでやっているのかな」と思っていたのだが、翌日もまたその次の日もお店が明るいし、「営業中」の看板が出ていた。ある時なんか午後11時近かったのに開いていた。もちろん、ダイエット中だから寄ったりはしないが、どうも気になって仕方がない。いや、「気になる」というのは、あくまでも「なぜこんな夜遅くまで開いているのか?」ということであって、決してケーキではありません(ホント、ホント)。
 というワケで私、好奇心に負けて先日、お店に寄ってしまいました(決して甘いモノの誘惑に負けたワケではありません。念のため)。時刻は午後10時を少し回ったところ。やはりお店には煌々と明かりがついていました。
「どうしてこんな遅くまでやってるんですか?」と聞くと、ご主人からは意外な答えが返ってきた。
「ケーキ屋は普通、これぐらい遅くまでやっているモノですよ。私が前にいた店もそうだったし。繁華街にある店なら、一杯やった帰りに寄る人が結構多いんですよ。まあ、このお店の場合は通りが寂しいからそういうお客さんは期待できませんけど」
 そう言われれば、都心部では確かに遅くまでやっているケーキ屋があったような気がする。しかしこの辺では夜の11時まで開いているケーキ屋はないと思う。ご主人に閉店時間を聞くと、またも意外な答えが……。
「ええっと、閉店時間は午後7時です。でも気分で11時ぐらいまで開けてます(笑)。モノがなくなれば早く閉めちゃいますけどね。どっちにしても翌日の仕込みのために夜中の1時ぐらいまで店にいるから、それならケーキがあるなら開けとこうかって感じですね(笑)。でも日曜だけは7時でちゃんと閉めますよ。たまにはちゃんと休まないと(笑)」
 なるほど、そういうワケか。疑問が解けた私は「せっかくだから」とケーキを買うことにした。ハハハ、ショーケースを見てたらやっぱり食べたくなったのだ。それに聞くだけ聞いて「じゃあまた」っていうのも失礼でしょ。

ベイクドチーズ カッテージ

マロンブラン ピーチムース

 買ったのは写真上段左から時計回りに「ベイクドチーズ」(270円)、「カッテージ」(294円)、「ピーチムース」(294円)、「マロンブラン」(330円)。どれも300円前後のお手ごろ価格だ。このお店はチーズにこだわっていて、チーズケーキだけで常時5種類は置いているのだという。
 家に帰ると、子供を寝かしつけてテレビを見ていたカミさんと早速ティータイム。チーズケーキ好きのカミさんは、「レアチーズみたいにシットリしていて美味しい」と「ベイクドチーズ」が気に入ったようだ。ほかのケーキも美味しかったが、私が気に入ったのは「マロンブラン」。商品プレートに「当店イチ押しのケーキ」と書いてあったから買ったのだが、これは確かに旨い。栗の味が濃厚で、しかもいろんな食感、味の栗が楽しめる。小さいんだけど、普通のモンブラン3個分くらいの美味しさがギュッと凝縮されている感じ。プレートにも書いてあったけど、これはモンブランが好きな人は食べるべきだね。きっと気に入ると思う。

 しかし……やっちゃったなぁ。ダイエット中なのに、夜中に、しかもケーキを食べるなんて……。こりゃまた、歩くルートを変えなきゃ。こんな美味しいお店が開いてたら、絶対に誘惑に負けちゃうよ。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。