東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


これはお得!イチ押しの居酒屋ランチ

 久米川駅周辺にはランチを出す居酒屋が割と多い。久米川駅北口の「ながしま」や久米川駅南口の「むらやま」などは、すでにランチ営業が定着しているのか、お客さんが結構入っている。ても、「ランチをやっている」こと自体が知られていないのか、旨いのにお客さんが入っていないお店も多い。
 久米川駅南口の「ナイトパブJJ」もそうだし、今回紹介する久米川駅南口の居酒屋「遊仙」も、そんな「ランチが旨いのにお客さんが少ないお店」の1つだ。

 私が思うに、たぶんこのお店の場合、ランチ営業していることが知られてないんだと思う。
 だってね、ランチ営業をしているとわかるモノが……。

ランチ営業を示すホワイトボード

 このホワイトボードだけだからね。気付かない人も多いんじゃないかと思う。
 でもね、このお店のランチは安くて旨くてお得だと私は思う。今までに2回、このお店でランチを食べているけど、2回とも旨かったからねぇ。

 お店に入ると、先客はナシ。私はカウンターに座ると、「豚バラ卵とじ丼セット」(680円)を注文した。

豚バラ卵とじ丼セット

 しばらくして運ばれて来たのが、コレ。どうです、旨そうでしょ? 豚バラ卵とじ丼と味噌汁、冷奴にキュウリとキャベツの漬け物。
 このお店はね、味噌汁がいいんですよ。今回の味噌汁の具はナスなんだけど、油でサッと炒めて入れている。だから香ばしさがあって旨いんだよね。

トロトロ玉子がたまらない

 メインの豚バラ卵とじ丼は、ホラホラ、玉子がトロトロでしょ。これがマズいワケがないじゃないの。ひと口食べてみると……アチッ、アチアチアチッ……でも、

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 親子丼の鶏肉の代わりに豚バラ肉が入っているんだけど、こっちの方が私は好きかも。肉の旨味が玉子とともに感じられる。
 味噌汁も漬け物も旨いし、このランチが680円というのはお得だと思うんだけどなぁ……でも私がお店を出るまで、1人もお客さんは入って来なかった。ホント、不思議でならない。旨いから一度行ってみて欲しいなぁ。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-25-26
電話:042-398-0548
営業時間:午前11時半~午後2時(平日のみ)、午後5時~11時





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
焼酎飲み比べお試しセット
・鹿児島の本格焼酎買うならココ!焼酎どっとねっと






侮れない居酒屋のカレーランチ

「さて、今日のお昼は何を食べようかなぁ」と、あてもなく久米川駅南口をブラブラと歩いていた私。すると、こんなボードが目に入ってきた。

ランチメニューが書かれたボード

「遊仙」という居酒屋のランチメニューだ。私は以前、このお店で「焼き魚セット」を食べて美味しかったことを思い出した。
「今日はここで食べるか」と思って改めてメニューを見ると……ん? 「遊仙特製カレーセット」(630円)だって?

 居酒屋がランチでカレーを出すってだけでもかなり珍しいのに、「遊仙特製」って文字まで付いているんだから、こりゃやっぱり食べなきゃダメでしょ。
 というワケで、お店に入ってカウンターに座るなり、私は「遊仙特製カレーセット」を注文した。

遊仙特製カレーセット

 しばらくして出て来たのがコチラ。ナント、ドライカレーじゃないの。それにモヤシ炒めと冷奴、味噌汁が付いている。これで630円って、安過ぎるんじゃないの。

これが遊仙特製カレー

 ではカレーをいただきま~す。あれ? 全然、辛くない。スパイシーさを期待する人には、拍子抜けしちゃう味だろうなぁ。でも優しい甘味と、ほのかに感じるチーズの味が、何とも旨い。これで辛ければ申し分ないのだが、これはこれで私は好きだなぁ。
 ご主人に「辛くないんですね」と話すと、こんな言葉が返ってきた。

「ほかの料理は全部、私がつくってるんだけど、このカレーだけはウチの奥さんがつくってるんだ。タマネギをいっぱい使っていて美味しいから、お店でも出すようにしたんだよ」

 なるほど、あの優しい甘味はタマネギか。このカレー、本当に辛くないから子どもでも平気で食べられると思う。基本的に居酒屋に子どもを連れて行くのは、大型店以外はNGだと思うけど、このお店の場合、ランチタイムならいいかも。ほかにもランチメニューはあるし、家族で居酒屋ランチに繰り出すってのもいいかもね。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-25-26
電話:042-398-0548
営業時間:午前11時半~午後2時(平日のみ)
      午後5時~11時





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






居酒屋ならではの焼き魚ランチ

 よく通る道でも見落としていることがある。今回紹介する居酒屋「遊仙」というお店、存在そのものは知っていてよくお店の前を通っていた。場所は久米川駅南口を左に出てロータリー沿いに歩き、マツキヨとりそな銀行の間のモザーク通りに入る。交差点を左折し、100メートルほど先の左側にある。「ガッツラーメン」の向かい側と言った方がわかりやすいかもしれない。

遊仙

 このお店の前を先日も通ったのだが、ふと見ると「本日のランチ」と書かれた紙が出ているではないか。
「えっ、このお店、ランチやってたの?」

表に出ていた張り紙

 580円という格安の「おじやセット」や「遊仙カレーセット」(630円)というのも気になる。「そば屋のカレーは旨い」という話はよく聞くが、居酒屋のカレーはどうなんだろう? 他にもすごく興味を引かれたから思い切って入ってみた。
 店内はカウンターが10席ほどあり、奥に小上がりがある。お客は誰もいなくて私1人だけだった。私がカウンターに座ると、ご主人が「焼き魚は甘塩鮭は終わっちゃって、サンマの塩焼きとサンマの風干しのどちらかになります」とひと言。
 ん? 「サンマの風干し」って何? 疑問に思った私はご主人に聞いてみた。
「サンマをみりんに漬けて干したモノです。自家製なんです」
 それではということで、私は「焼き魚セット」(680円)を頼み、焼き魚はサンマの風干しにした。

焼き魚セット

 出て来た「焼き魚セット」はなかなかのボリューム。メインのサンマの風干しのほか、冷奴とホウレンソウのおひたし、香の物があり、ご飯と味噌汁が付く。これで680円はお得と言えるだろう。
 まずは味噌汁をひと口。天かすが入っていて、具はホウレンソウの根元。「何だ、野菜のクズが入っているのか」と思う人がいるかもしれないが、私はすごくうれしく思った。
 私は小さいころ父に「ホウレンソウは根元が甘くて一番美味しいから食べなさい」と言われて育った。その後、私は「親父は実は自分が葉の部分を食べたくて根元を私に押し付けたのでは」と思い、一度調べたことがある。するとホウレンソウの赤い根元には骨の形成に役立つマンガンが多量に含まれているとのこと。しかも甘いという。ウソではなかったのだ。しかし、父がそのことを知っていて言ってたとは思えない。おそらく自分の母親から聞いたのだろう。昔の人の知恵は侮れないと思ったモノだ。
 だから、味噌汁の具にホウレンソウの根元が入っているのを見て、父の言葉を思い出して何となくうれしくなったのである。

サンマの風干し

 サンマの風干しはみりんの甘さとサンマの脂が程よく混じって旨い。ややみりんの味が濃い目なので、ご飯のおかずにもなるが、むしろお酒のつまみの方がピッタリかも。
「どうですか?」とご主人に聞かれたので「お酒が欲しくなりますね」と答えると、こんな返事が戻ってきた。

「もともとはつまみで出していたんですよ。でも2年前からランチを始めたら、お客さんからこれを出してくれって言われて、それで出すようになったんです」

 なるほどね。もともとサンマの風干しはつまみでしたか。居酒屋ならではの焼き魚というワケだね。しかしそれにしても、2年前からランチをやっているという話にはビックリした。いやあ、気づかなかったなぁ。
 店内に張られたメニューを見ると「カキ酢」や「馬刺し」「なめろう」など私の好きな料理が並んでいる。
「今度は夜に来ます」……そう言って私はお店を出た。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-25-26
電話:042-398-0548




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR