東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

質も量も満足なランチ

 旨いランチを出すお店はいっぱいあるけど、質も量も満足できるお店となると、意外かもしれないけど、私は鷹の道の大踏切近くにあるカラオケスナック「White Beach(ホワイトビーチ)」をオススメしたい。
 お店は地下にあり、その階段の近くにいつもその日のランチメニューを書いたボードが掛けられている。

この日のランチメニュー

 この日のメニューは次の5つ。

*カツカレー(800円)
*新サンマ塩焼(700円)
*焼肉(800円)
*牛茄子焼(800円)
*野菜炒め(700円)


 この日は肉を食べたい気分だったので、「焼肉」と「牛茄子焼」にググッと惹かれたが、私は「カツカレー」をチョイス。

カツカレー

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。いやいや、凄いよね。カツカレーそのものののボリュームもさることながら、これに味噌汁とサラダ、小鉢に漬け物、そしてデザートのチョコレート菓子まで付くんだから。この味噌汁が具だくさんで旨いんだなぁ。

旨そうじゃないの

 カツカレーはタマネギがたっぷり。そのほかの具材も写真では見えないが、結構入っている。ご飯の量も多めだ。

カツもしっかりしている

 カツもほら、コレだよ。ペラペラのカツじゃないよ。厚みのあるシッカリとした肉が使われている。さすがに揚げ立てではないが、コロモはサクッとしているし、肉も柔らかい。
 カレーはバターが効いていて、やや甘めだが十分に旨い。カツとの相性もいい。

 カツカレーなどすべてを食べ終えると、もうお腹いっぱい。

食後にコーヒーが付くのもうれしい

 食後に出されたコーヒーを飲みながら、チョコレート菓子を食べる……うーん、満足。
 このお店、駅から離れているし、地下にあるし、おまけにカラオケスナックだから一見入りにくいのだが、ランチタイムはお客さんでいっぱい。不思議だけど、ランチを食べれば納得。
「今日のランチはどこで食べようかなぁ」と迷っている人には、ぜひ行ってみて欲しいな。



【DATA】
住所:東村山市野口町1-23-23
電話:042-394-4141
営業時間:午前11時半~午後1時(ランチタイム)、午後1時~6時(昼の部)、午後8時~深夜0時(夜の部)
定休日:ランチは土・日・祝日、昼の部は火・土曜、夜の部は日曜が休み




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
スポンサーサイト

タマラーとしてはうれしいんだけど…なランチ

 鷹の道の大踏切近くにあるカラオケスナック「White Beach(ホワイトビーチ)」は、意外にもランチがボリュームたっふりで旨いお店。そのことが口コミで知られているのか、ランチタイムはいつもお客さんでいっぱいだ。
 先日、お店の前を通ったら、ランチメニューに「牛すき煮」(800円)という文字を見つけ、すき焼きが大好きな私はついフラッと入ってしまった。

 店内は案の定、お客さんでいっぱい。「相席よろしいですか?」と店員さんに促され、4人掛けのテーブルに案内された私は、すぐに「牛すき煮」を注文した。

牛すき煮ランチ

 これが「牛すき煮」。ご飯と味噌汁、メインの牛すき煮のほかにお新香と小鉢が付いている。

これが牛すき煮。目玉焼きが2つも乗っている

 牛すき煮は量が多いのもうれしいが、目玉焼きがナント2個も乗っている。これはタマラーとしてはうれしいよね。
 ではでは、いただきま~す。味噌汁をひと口飲み、まずはそのまま牛すき煮を箸でつまんでパクッ……写真ではシラタキが目立つけど、牛肉も結構入っていて旨い。これに目玉焼きの黄身が絡めばもう……。
 そう思いつつ、目玉焼きの黄身の部分を箸で突くと……あれれ? 黄身が流れないよ。半熟っぽく見えたけど、結構、黄身が固まっていたのね。うーん、残念。
 もう1つの目玉焼きも同じ状態。ああ、どっちかがトロトロ半熟だったらこの牛すき煮、もっともっと旨かっただろうなぁ。

 でもまあ、牛すき煮そのものが旨いから、シッカリ完食。

食後にはコーヒーとデザートが付く

 食後にはコーヒーとデザートが付く。この日のデザートはアイスもなか。
 目玉焼きの黄身が、すき焼き好きの私としては少し残念だったけど、全体的にはすごく満足なランチだった。ランチタイムが人気なのはわかるなぁ。



【DATA】
住所:東村山市野口町1-23-23
電話:042-394-4141
営業時間:午前11時半~午後1時(ランチタイム)、午後1時~6時(昼の部)、午後8時~深夜0時(夜の部)
定休日:ランチは土・日・祝日、昼の部は火・土曜、夜の部は日曜が休み




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。

満足度の超高いステーキランチ

 午前中にちょっとした打ち合わせがあり、なぜかその時に「ステーキって、たまにすごく食べたくなる時ってありますよね」という話になった。私もそういうタイプなので、「あるある、あります!」と妙に話が盛り上がってしまった。

 で、打ち合わせが終わって「ランチでも食べるか」と思い、私は東村山駅方面へ歩いて行った。途中までは「黒焼そばを食べよう」と思っていたのだが、打ち合わせで出た話題が妙に頭に残っていて、「久しぶりにステーキを食べたいなぁ」という気持ちになってきた。
 だけど、東村山にはステーキ専門店がないんだよね。食べるならファミリーレストランくらいしかない。「どうしようかなぁ」と思いつつ、鷹の道の大踏切近くにあるカラオケスナック「White Beach(ホワイトビーチ)」を通った時に、ひょいとランチメニューを見たら……。

ランチメニューに「牛ステーキ」を発見!

 おおっ! 何と言う偶然! 「牛ステーキ」(800円)と書いてあるではないか。私はすぐにトントントンと階段を駆け下り、地下にあるお店に入った。頼んだのはもちろん、「牛ステーキ」。

牛ステーキランチ

 しばらくして運ばれて来たのが、コチラ。うひょひょー! 結構大きなステーキじゃないですか。しかもガーリックの何とも言えない食欲をかき立てる香りが漂い、旨そう! ご飯と味噌汁のほかに、小鉢とお新香があるのもうれしい。

見るからに旨そうなのだ

 肉も旨そうなんだけど、かかっているソースがさらにステーキを旨そうに見せてくれる。もう写真なんか撮ってられないよ。とにかく、いただきま~す……。

う(◎o◎)ま~~~!!!

 まさか800円のランチで、こんな旨いステーキが食べられるとは思わなかった。肉はもちろん旨いんだけど、ソースが抜群! 付け合せも旨いし、言うことないね。

フルーツ 食後のコーヒー

 これにフルーツが付いて、食後にはコーヒーまで出る。800円でこの内容なら超お得と言っていいんじゃないだろうか。お腹もいっぱいになったし、満足度の超高いステーキランチだと私は思うよ。
 でもこのお店って、日替りでランチメニューが変わるから、次にこの「牛ステーキ」に出合うのいつの日になることだろうか……。



【DATA】
住所:東村山市野口町1-23-23
電話:042-394-4141
営業時間:午前11時半~午後1時(ランチタイム)
     午後1時~6時(昼の部)
     午後8時~深夜0時(夜の部)
定休日:ランチは土・日・祝日、昼の部は火・土曜、夜の部は日曜が休み





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
「佐藤黒」・「村尾」など他では手の入らない銘酒ぞろい

韓国・済州島でしか飲めなかった、門外不出の「生マッコリ」







人気がうなずけるランチ

 東村山駅西口方面での用事を終え、暑い中、トボトボと歩いていた私。時刻はちょうど午前11時半。普通のお店ならランチタイムが始まる時間だ。
 ということで、私は帰り道に通りかかったカラオケスナック「White Beach(ホワイトビーチ)」をチェック。

ランチの看板

 本日のランチは4種類。どれも旨そうだけど、確か前回、このお店を紹介した時、元お肉屋さんだから肉料理が美味しいというコメントがあった気がする。ならばやはり、「豚生姜焼」(800円)を選ぶべきでしょう。

 トントントンと階段を降りて、地下にあるお店に入ると……あらま、私が一番乗りですか。「豚生姜焼」を注文し、出された麦茶を飲みながらテレビを見ていると、ものの5分もしないうちにドドッと10人以上のお客さんが入ってきて、アッと言う間に満席。いやあ、このお店のランチって人気なんだねぇ。

 お店の繁盛ぶりに驚いていると、「豚生姜焼」が運ばれて来た。

豚生姜焼ランチ

 これが「豚生姜焼」のランチセット。ご飯に味噌汁、そして野菜の乗った豚生姜焼きのメインプレート。普通のランチは大抵この3つの構成か、せいぜいプラス香の物ってところだろう。
 でも、このお店は違う。さらに小鉢とフルーツが付いている。うれしいじゃないですか。

メインの豚生姜焼

 豚生姜焼きは写真ではわかりにくいかもしれないが、肉1枚が割と大きく厚みもある。それでいて柔らかく、しかも生姜が効いた味付けは抜群。お客さんのほとんどが「豚生姜焼」を注文していたが、それだけこのお店の肉料理は定評があるということだろう。

 デザートのスイカを食べ終えて、「ふぅ~」とひと息付いていると、「コーヒーはアイスにしますか? ホットにしますか?」と店員さん。そうだ、思い出したよ。このお店のランチはコーヒーが付くんだった。
 私はホットを頼んだ。

コーヒーまで付いている

 コーヒーを飲みながら、しばしまったり。いやあ、これで800円ならかなりお得なんじゃないかなぁ。そりゃ人気になるよね。私は満席の店内を見回し、納得しながらお店を後にした。


【DATA】
住所:東村山市野口町1-23-23
電話:042-394-4141
営業時間:午前11時半~午後1時(ランチタイム)
     午後1時~6時(昼の部)
     午後8時~深夜0時(夜の部)
定休日:ランチは土・日・祝日、昼の部は火・土曜、夜の部は日曜が休み
詳しくはこちらを見てください





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





侮れないカラオケスナックのランチ

 食べ物のジャンルでは好き嫌いのない私だが、飲食店のジャンルとなると苦手があったりする。一番苦手なのは「カラオケスナック」だ。案外こういうお店は、ママさんやマスターの料理が旨かったりするんだけど、どうもカラオケスナック独特の雰囲気が苦手で、ついつい敬遠しちゃているんですよね。
 でも、「ランチが美味しいんです」というコメントが寄せられれば、話は別だ。そもそもカラオケスナックがランチを出すこと自体、面白いじゃないの。「こりゃ取材しなきゃ」ということで向かったのが、今回紹介する東村山駅西口のカラオケスナック「White Beach(ホワイトビーチ)」だ。

ホワイトビーチ

 場所は東村山駅西口を出てバス通りに進み、左にある最初の路地に入る。建設中の100メートルビルの横を通り、真っ直ぐ進むと鷹の道にぶつかる。その鷹の道に出る左角の建物の地下にお店がある。そう、鷹の道の大踏切沿いにある串焼き店「かちかち山」の入ったビルの地下だ。

 ココにカラオケスナックがあることは知っていたが、「ランチなんてあったっけ?」と、入り口近くを見ると……。

この日のランチメニュー

 おおっ、確かにランチメニューの書かれたボードが出ている。ん? 「ヒ・レかつ定」って何だ? たぶん「ヒレかつ定食」のことだよなぁ。まあ、いいや。とにかく入ってみよう。
 トントントンと階段を降りてドアを開けると……そこは絵に描いたような典型的なカラオケスナック。入って左側にカラオケセットなどがあり、少し広くなっている。おそらく“ステージ”となるのだろう。それを取り囲むようにテーブルとイスが配置されている。
 割とわかりづらい場所だと思うのだが、驚いたことに店内はほぼ満席状態。どうやらこのお店ランチ、知る人ぞ知る人気ランチのようだ。

 私は入り口のボードで気になった「ヒレかつ定食」(800円)を頼んだ。
 しばらくテレビを見ながらボーッとしていたら、来ました、来ました。これが「ヒレかつ定食」だ。

ヒレかつ定食

 何だか凄いじゃないの。ご飯と味噌汁にメインのヒレかつ。小鉢が2つに香の物、そしてミカンまで付いている。たぶんミカンはデザートってことだろうなぁ。
 定食の豪華な構成にも驚いたけど、さらにヒレかつに驚きの事実を発見!

ヒレかつは分厚くてジューシー

 見てくださいよ、この分厚さと断面の色を! ヤバいねぇ。今年のテーマ、「チャレンジ!新規開拓!!」から「チャレンジ!メタボ!!」に変えようかなぁ(笑)。
 いやいや、これはとんかつ屋さん、真っ青でしょう。「カラオケスナックで」と言うと失礼だけど、まさかこんなヒレかつが出てくるとは思わなかった。

 では、まずは何も付けずに1切れをいただきま~す……旨いねぇ! 分厚いけど、柔らかいよ。改めて周りを見渡すと、お客さんは割と年配の人が多い。その人たちも「ヒレかつ定食」を頼んで食べている。この柔らかさなら納得だ。多少歯の弱い人でも大丈夫なんじやないかなぁ。
 ソースを断面にかけて食べると、さらに旨い。これはいいねぇ。肉自体がジューシーだから、塩で食べるともっと旨いんじゃないかなぁ。

小鉢とイクラ

 小鉢は切り干し大根とイクラ。イクラはどうやらお正月特別サービスらしい。

食後にはコーヒーも付く

 ミカンまでキレイに食べ終えて、ひと息付いていると、コーヒーが運ばれて来た。最後にコーヒーまで付くとは……いやあ、恐れ入りました。探せばあるんだねぇ、こんなお得なランチのお店が。
 美味しい情報をくださった王白姫さん、本当にありがとうございました。


【DATA】
住所:東村山市野口町1-23-23
電話:042-394-4141
営業時間:午前11時半~午後1時(ランチタイム)
     午後1時~6時(昼の部)
     午後8時~深夜0時(夜の部)
定休日:ランチは土・日・祝日、昼の部は火・土曜、夜の部は日曜が休み
詳しくはこちらを見てください



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。