東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

禁断の朝飲み会

 私の今の仕事はちょっと変則的で、大体終わって会社を出るのは、午前4時過ぎ。で、高田馬場から午前5時4分の各停の新所沢行きに乗って、久米川駅に午前5時41分に到着するのが通常パターンだ。
 その電車で時々、友人のマサトと一緒になる。彼も仕事明けで、この時間の電車によく乗るのだという。
 ということで、一緒になった時は、久米川駅南口のダイニングバー「氣ごころ」に立ち寄って、生ビールを1杯だけ飲んでいる。何度かそんなことをしていて、「ほかにも朝、営業しているお店ってないんですかね? 一度、朝からガッツリ飲んでみたいですね」という話になった。

「たぶん、あのお店はやっているんじゃないかなぁ?」ということで、別の日にマサトと一緒に向かったのは、久米川駅南口のこちらのお店。

朝6時なのに赤提灯がついている

「おっ、赤提灯がついてる! やっぱりやってたよ」

 自信はなかったけど、「たぶん、営業してるんじゃないかな」と思って行ったのは、桜通り沿いにある居酒屋「ぷち」だ。

「営業中」だって

 お店に近づくと、ちゃんと「営業中」の看板が出ている。
 このお店の営業形態って不思議なんだよね。
 表には「朝定食」という貼り紙があって午前6時から10時までやっているという。
 で、ほかの貼り紙を見ると、月曜から金曜は午前11時30分から午後1時30分までランチをやっているという。
 そして夕方からは居酒屋営業もやっている。一体いつ休んでいるんだろうか?

 お店に行ったのは、まだ午前6時前だったから、「朝定食」タイムじゃないよね。ということはこの時間まで「居酒屋」タイムだったワケだ。何時から「居酒屋」タイムなのか知らないけど、凄いお店だよ。

熱燗で乾杯

 私とマサト、そして徹夜で仕事をしていたという友人のきりあさんも合流して、3人で禁断の朝飲み会スタート!
 この日はちょっと肌寒かったので、私は熱燗を注文。温かいお通しがうれしい。

えだ豆 ポテトフライ

 まずは軽いツマミを、ということで「えだ豆」(330円)と「ポテトフライ」(370円)を注文。「朝から飲める」っていうことが重要であって、実はツマミはあんまり期待してなかったんだよね。
 でも、出て来た「えだ豆」と「ポテトフライ」に3人ともちょっとビックリ。「えだ豆」は茹でたてだし、「ポテトフライ」も皮つきで熱々のホクホク。旨い、旨いとすぐになくなってしまった。

「ひょっとしてこのお店、かなりいいんじゃないの?」ということで、ここから怒涛のツマミ注文。

塩ホルモン焼き

 これは「塩ホルモン焼き」(530円)。ホルモンは柔らかく、味付けもお酒にピッタリ。

ハムカツ

 3人とも「コレは気になるなぁ」ということで頼んだのが、「ハムカツ」(480円)。赤い縁取りのペラペラの薄いハムを想像していたのだが、そんなノスタルジックなハムカツではなく、分厚いシッカリした「ハムカツ」だった。もちろん、揚げたてで旨い、旨い。

マカロニサラダ 冷やしトマト

 さすがに「冷やしトマト」(420円)は切るだけで、ひと工夫のしようがないんだけど、驚いたのは「マカロニサラダ」(320円)。これこそ作り置きしておいて、サッと出てくるだろうと思っていたのだが、なかなか出てこない。
「注文が通ってないのかなぁ」と思っていたころに運ばれて来たんだけど、これが温かいんですよ。茹でたてのマカロニを使って、「今、つくりました」という感じ。料理って、出来立てが旨いモノだけど、「マカロニサラダ」も例外じゃないね。いやあ、これは旨かったなぁ。

ジャンボメンチカツ

 こちらは「ジャンボメンチカツ」(520円)。これも揚げたて。

断面はこんな感じ

 断面を見ると、ジュワッと脂が出ているいるのがわかる。いやいや、旨いんだけど、朝からこんなにこってりした揚げモノを食べまくっていいんだろうか?(笑)

から揚げ

 とか何とか言いながら、〆に「から揚げ」(520円)を頼んでしまったりして(笑)。
 いやあ、飲んだ、食った。朝6時から飲み始めて、お店を出たのは8時過ぎだったかな。
 出勤で忙しなく歩く人々を横目に、軽い千鳥足で歩く3人。何だか通勤の皆さんに申し訳ないけど、朝から飲むって気持ちいいわ(笑)。マサトきりあさん、付き合ってくれてありがとう。またやろうね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-25-23
電話:042-397-0808




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






スポンサーサイト

発見!朝から飲み食いできる店

 いやあ、この店には驚いた。
 朝、長男を保育所に届けた後、ブラブラと散歩していたら、オレンジ色の暖簾を出している店があったのだ。時刻は朝の8時40分。暖簾には「酒処 ぷち」と黒字で書いてある。いくら何でも飲み屋がこんな朝早くからやっているワケがない。おそらく暖簾を片付け忘れたのだろう……そう思って、店の前を通り過ぎようとしたら、張り紙の文字が目に飛び込んできた。
「エエッ!!」
 そこには「朝定食」の文字があり、3種類のメニューが書かれていた。
(マジでやってたのか…)。驚きながらも、朝定食があるならばと、私は早速、店に入った。

ぷち

 場所は久米川駅南口を出てロータリーの左側を回ってモザーク通りを歩き、信号交差点を左に曲がって100メートルほど歩いた左側にある。
 店内には数人の朝定食を食べるお客のほかに、お酒を飲んで盛り上がっているグループがいた。こんな時間から飲めるなんてうらやましい限りだ。店の奥の壁にはサッカー・FC東京の選手たちのサイン色紙がズラッと張られていた。当然、茂庭や石川、今野といったアテネ五輪で活躍した選手たちのサインもある。単にもらったサインを飾ってあるのか、それともこの店にFC東京の選手たちが来るのだろうか?
 まあ、それはともかくとして、注文だ。朝定食はA魚、Bハムかベーコンエッグ、Cコロッケ、の3種類あったが私は迷わずAを選択。「20分ほど時間がかかります」と言われ、マンガを読みながら待っていると、来ました、来ました、朝定食が!

朝定食

 うーん、ウマそうっ! サンマの開きに切干大根、味付け海苔、おしんこ、そしてご飯と味噌汁。これで525円。やや高い気もするが、朝のこの時間にこういう食事ができるのはうれしい。
 それでは、いっただきまーす。まずは味噌汁をひと口。あー、ホッとするねぇ。ご飯を食べ、いよいよサンマ。うん、うん、ウマいっス。もうあとはなし崩し的にかっ食らうだけ。10分とかからず完食してしまった。
 お店の人に聞くと、ナントこの店、朝の6時半からやっているのだという。朝から飲み食いできる店があったなんて……また1つ、東村山の奥深さを知ったよ。





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。