東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト
カテゴリー  [ 福ちゃん(野口町) ]


とっても変わった居酒屋

 普段、何気なく通り過ぎているけど、よく見ると「何だか変」というお店ってありませんか? 今回紹介する東村山駅西口から通りに出てすぐのところにある「福ちゃん」は、いつもは「ああ、居酒屋なんだ」と思いながら単に通り過ぎていた。でも先日の昼ごろ、通り過ぎてから、ハタと気が付いた。
「あれ、今のお店、暖簾出てなかったっけ?」
 戻って確認すると、紺地に白で「大衆酒場」と染め抜かれた暖簾が出ている。よくみると入り口横の窓ガラスには「あげたてコロッケ 1ケ50円」という文字が。「エエッ、このお店、コロッケ売ってるの?」
 さらに軒先には「やきとり」と1文字ずつ書かれた小さな提灯がブラ下がり、入り口横には「お食事処」と書かれたノボリがヒラヒラとはためいている。

福ちゃん

「エッ、このお店って何なの?」
 そう思いながら、さらによく見ると暖簾の下にあるコルクボードに気が付いた。

ランチメニュー

 見ると「600円日替わりランチ」とある。この日は「海鮮かき揚げ天丼」らしい。何だか気になるので私はこのお店に入ってみた。
 店内は入ってすぐがコロッケやメンチカツなどの販売所兼レジになっていて、客席はさらにその奥になる。カウンターとテーブル席があり、居酒屋というより定食屋の雰囲気に近い。でも壁に張られたメニューを見ると、間違いなく居酒屋だ。メニューを眺めていて驚いたのは、その安さだ。一番高い料理が550円。あとはすべて500円以下だ。
 私は一杯やりたい誘惑を抑え、日替わりランチの「海鮮かき揚げ天丼」を頼んだ。

海鮮かき揚げ天丼

 しばらくして出てきたのがコレ。ごく普通のかき揚げ丼だ。アップにするとこんな感じ。

天丼アップ

「海鮮かき揚げ」とは言うものの、入っているのはイカとむきエビぐらい。でもサクサクしているし野菜が多くて意外に美味しい。これならワザワザ「海鮮かき揚げ」と言わずに普通に「かき揚げ」と言えばいいのにと思ったが、まあそれはお店の考えだから仕方ない。それに600円と安いしね。
 食べ終えるころに「しまった!」と思いついたのだが、コロッケとメンチカツを付ければもっとリッチなランチになったハズだ。コロッケが50円、メンチカツが200円だから1つずつ加えても250円、ランチと合わせて850円だ。揚げ物ではなく、つまみの一品料理を加えるのもいいだろう。300円程度のモノを頼めば合計でも1000円以下に抑えることができる。
 3~4年前に流行った好きなおかずを取っていく定食屋スタイルみたいに、ランチに好きなおかずを加えるのがこのお店の“正しい利用法”なのかもしれない。
 それにしても昼間っから飲めるお店がこんな近くにあったなんて……危険だ。でも今度メンチカツで一杯やってみようかな。


【DATA】
住所:東村山市野口町1-1-3
電話:042-398-2570





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR