東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


おかわり必至!ご飯が進むレバニラ

 東村山駅東口を背にして正面に真っすぐ延びるさくら通り。このさくら通り沿いに「ラーレ東村山」という商業施設があるのだが、その一角が鬼門スポットとなっている。
 まず最初にオープンしたのはしゃぶしゃぶ専門ファミレス「MKレストラン東村山店」。私は気に入っていたのだが、なぜか閉店してしまい、続いて規模をやや小さくしてステーキとハンバーグをメインにした洋食店「ふくろう」がオープン。しかしすぐに閉店してしまった。その後しばらく空いたままだったのだが、2014年11月にさぬきうどんのお店「さぬか製麺」がオープンしたのだが、これも半年ほどで閉店してしまった。
 またしばらく空いたままだったのだが、2016年5月1日に新たなお店がオープンした。それが今回紹介する中華料理店「餃子市」だ。

餃子市

 このお店、確か当初は「天秤棒 俺の中華」という店名だったと思うんだけど、2カ月ほどで今の店名に変わったんだよね。経営者も変わったのかなぁ。

この日の日替わりランチ

 入り口前には日替わりランチのメニューが書かれたホワイトボードがあった。

ランチメニュー

 それとは別にランチメニューがあるようだ。どれもサラダとお新香、デザートが付いていて、ライスとスープ、そして中国茶がおかわり自由らしい。ライスだけでなく、スープもおかわり自由ってのは、うれしいね。

 私は通常のランチメニューの中から「ニラと豚レバー炒め」(680円+税)を注文した。そして、店名に「餃子」が入っているくらいだから、餃子がウリなんだろうと思い、「焼き餃子 野菜」(280円+税)も頼んでみた。

ニラと豚レバー炒め

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。何だかすごく豪華じゃないの。

ニラレバ

 ニラレバは本当にボリュームたっぷり。食べると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 ちょっとオイリーだけど、モヤシもニラもシャキシャキしているし、何よりもレバーが臭みなく、旨い。ちょい濃い目の味付けも、ご飯と食べればちょうどいい感じ。というか、ご飯が進む、進む。
 すぐにご飯をおかわりし、スープもおかわりした。

焼き餃子 野菜

 そこへ「焼き餃子 野菜」が到着。なかなかいいビジュアルじゃないの。

餃子は割と大きい

 餃子は割と大きい。それではいただいてみますかね。

野菜たっぷり

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 中は野菜たっぷり。皮も薄めだけど旨い。これもご飯によく合って、ご飯が進む、進む。
 ということで、さらにもう1杯、ご飯をおかわり(笑)。まさかランチでこんなにご飯を食べるとは思わなかったなぁ。もうお腹い
っぱい。

中国茶

 デザートを食べ、中国茶をいただく。この中国茶がまた旨いんだ。


 近くに中華ファミレス「バーミヤン」があるから、「大丈夫なのかな?」と思いつつ行ったんだけど、お客さんはそこそこ入っていてホッとしたよ。この味なら私はまた行きたいと思ったな。今度は大好きなホイコーローをいただいてみようかな。またご飯3杯、確実に食べちゃいそうだ(笑)。




【DATA】
住所:東村山市久米川町3-1-4
電話:042-313-3669
営業時間:午前11時~午後11時(ラストオーダーは午後10時)
定休日:なし
駐車場あり
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。またお店のDATAは取材当時のモノであり、変わっている可能性があります。





[ 2017/04/27 14:42 ] 【中華料理】 餃子市(久米川町) | TB(-) | CM(4)

大当たりの“中華のカツ丼”

「そば屋のカレー」が意外と旨いように、「中華料理店のカツ丼」もなかなかイケると私は思っている。実際、閉店してしまった中華料理店「どんどん」は、看板に「サンマーメン」とともに「カツ丼」を明記していて、お店のウリにしていたからね。
 ただ、カレーにはそんなに大きなハズレはないけど、カツ丼の場合だとハズレがあったりする。だから「中華料理店のカツ丼は、なかなかイケる」と思っていても、頼むのにはちょっと勇気が必要だ。

 もう半年ほど前の話になってしまうが、その日の私はカツ丼を食べたい気分だった。
 そして鷹の道を歩いていて目に飛び込んで来たお店は……。

こたか

 中華料理店「幸多加(こたか)」だ。
「このお店のカツ丼、旨いのかなぁ?」と思ったが、次の瞬間、「いや、そもそもこのお店のメニューにカツ丼って、あるのかなぁ?」と思った私。中華料理店だから、当然、カツ丼がない場合も考えられる。だって、カツ丼は中華料理じゃないからね(笑)。

「まあ、いいや。お腹が空いてるし、もしカツ丼がなかったら、中華丼にしよう」と思い、私はお店に入った。

メニューには「二代目こたか」と書いてある

 席に座ると、まずは、メニューにカツ丼があるかどうかのチェックだ。早速メニューを開いてみて、「おや?」と思った。
 店名が「二代目こたか」となっているのだ。これって、どういうことだろう?
 まあ、それはあとで聞くとして(笑)、まずはチェック、チェック……おっ、あった!

カツ丼……950円

 ご飯物の中では「ソースカツ丼」と並んで一番高いメニューだ(中華料理店なのに「ソースカツ丼」もあるんだ、というツッコミはおいといて 笑)。
 ちょっと高めに感じなくもないけど、カツ丼気分がかなり強かったので、私は「カツ丼」を注文した。

 中華料理は基本的に料理は早く出てくるんだけど、カツ丼はやっぱり手間がかかるから、時間もかかる。逆にサッと出て来ると、「カツ、揚げ置きかい!」と残念な気分になってしまう。
 待つことしばし、ようやく来ました、来ました。

カツ丼

 これがこのお店の「カツ丼」。味噌汁ではなくスープが付くのが、中華料理店ならでは。

旨そうなビジュアルだ

 それにしてもこのビジュアル! 超旨そうじゃないの! とんかつ専門店でも、ここまで旨そうなビジュアルはなかなかお目にかかれないと思う。

断面がまたたまらない

 ひと切れを横に倒して、カツの断面を見ると……。

グハッ! (゚д゚lll)超旨そうじゃないッスカ!!

 何、この肉! ひょっとして、このお店の「カツ丼」は当たりなの?

では、いただきま~す

 ウキウキ、ドキドキしながらひと切れを箸でつまみ、お口にIN!

旨いッ!!O(≧∇≦)O大当たりだッ!!!

 何なの、このカツの旨味は! カツも旨いけど、玉子とじの味付けも、好みにバッチリ! いやあ、久しぶりに旨いカツ丼に出合ったなぁ。
 デジカメを置いたら、もう瞬殺。アッと言う間に完食してしまった。いやいや、これなら950円は高くない。
 やっぱり「中華のカツ丼」は侮れないねぇ。


 会計の際、ご主人にメニューにあった「二代目こたか」の店名について聞くと、実は経営者が変わったのだという。そう言われると、以前に見かけたご主人とは違う気がする。
 ということで、今後このお店は「二代目こたか」と表記することにしますね。




【DATA】
住所:東村山市本町1-20-20
電話:042-395-2888
営業時間:午前11時30分~午後3時、午後5時30分~10時
定休日:日曜(日曜を含む連休の場合、連休の最終日)
駐車場:2台分あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





飲める中華料理店

 もともと中華料理店にはビールなどアルコールは置いてあり、「飲める」んだけど、それは「ご飯のついでにどうぞ」という感じだ。
 中華料理の一品料理はツマミになるけど、基本的にはご飯のおかずなので、量が多く、1人飲みにはあまり向かない。お店も積極的に「飲むだけでもOK」という感じではない。
 でも最近ではツマミを充実させた「飲めるラーメン屋」とかファミレスが増えているから、「中華料理店でも、チェーン系ではなく、個人店でそういうお店があるといいんだけどなぁ」と私は常々思っていた。

 で、先日のこと。友人と久米川駅周辺を徘徊し、久米川駅南口の中華料理店「笑顔(にこ)」の前を通ったのだが……。

笑顔

 お店を通り過ぎて、何気なく振り返った時にチラリと見えた置き看板に「ん? エエッ!」と驚いてしまった。

焼酎と日本酒のラインナップ

「プレミア焼酎、日本酒入荷しました」と、日本酒と焼酎の銘柄がズラリと書いてある。しかも「焼酎は全部500円です」だって。
 凄いなぁ。いつの間にこんなにお酒に力を入れだしたの? 「これは入ってみるしかないよね」と友人とともお店の中へ。

 テーブル席に座り、何気なく店内を見回すと……。

ツマミがあるよ

 エエッ、ツマミがあるの? あんまり中華とは関係ないラインナップだけど、200円からっていう価格設定はうれしいねぇ。
 ということで、お酒とともに早速、「豆苗炒め」(350円)を注文。

豆苗炒め

 お酒よりも先に「豆苗炒め」が出てくるあたり、さすが中華料理。これがシャキシャキとした食感で、ニンニクがバッチリ効いていて、旨いんだなぁ。早くお酒、来ないかなぁ(笑)。

「熟柿」という焼酎の水割り

 そこへ来ました、来ました。私が頼んだのは鹿児島県の芋焼酎「熟柿」の水割り。飲みやすくて旨いなぁ。

ご主人からウコンのサービス

 なぜか厨房からご主人がテーブルにやってきて、「これ、よかったら飲んでください」とウコンの錠剤をくれた。「いっぱいお酒を飲んでくれ」ということなのだろう(笑)。でも、こういう気遣いはうれしいなぁ。友人とともにありがたく飲ませてもらった。

ちょっとした小皿が出てきた

 ツマミとして「自家製餃子」(450円)を2人前頼んでいたのだが、それが来る前にこんな小皿を出してくれた。これもサービスみたいだ。いやあ、うれしいなぁ。

「自家製餃子」2人前

 しばらくして「自家製餃子」2人前が運ばれてきた。このお店の餃子は肉がたっぷりで、食べ応えがあるんだよね。

干鍋

 これは「干鍋(ガングォ)」(750円)。初めて見るメニューで、「四川麻辣野菜炒め」という説明書きがあったので頼んでみたんだけど、これはイケる! ご飯のおかずにもいいけど、お酒のツマミにピッタリ。山椒系の痺れる辛さと野菜の旨味がよく合っている。

友人が頼んだ「〆のラーメン」

 私は十分飲んでお腹いっぱいになったんだけど、友人は「〆のラーメン」(500円)を注文。一見、塩ラーメンみたいに見えるけど、これは以前に食べた白醤油ラーメンのようだ。ネギが乗っているだけの、具材のない素ラーメンだけど、飲んだあとの〆にはピッタリかも。


 いやあ、それにしてもわが家の近くに「飲める中華料理店」ができたのは、うれしいというか、危険だな(笑)。今度は日本酒をいただいてみるかな。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-9
電話:042-394-5623
営業時間:午前11時30分~午後2時/午後5時30分~11時
定休日:水曜
フェイスブックはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2015/11/09 15:47 ] 【中華料理】 笑顔(栄町) | TB(-) | CM(0)

0次会にピッタリのお店

 ちょっとした人数の飲み会の前に「少し時間があるから乾杯の練習をしようか?」というのは、よくある話。「0次会」ってヤツだね。
 そんな時にサクッと安く飲めるお店として私がオススメするのは、久米川駅南口の中華チェーン店「ぎょうざの満州久米川南口店」。これがなかなかいいんですよ。

軽いツマミとしてキムチ、メンマ、ザーサイ

 こんなキムチやザーサイ、メンマが1皿162円なんですよ。しかもコレ、ハーフサイズ(86円)にもできるって言うんだからお得でしょ。

レバニラ炒め

 飲み物より頼んだツマミの方が先に到着しちゃうってのも、中華料理店ならでは。
 レバーは肝臓にいいから、0次会のツマミには「レバニラ炒め」(442円)は必須かも(笑)。まあ、効果はともかくとして、旨いから頼んじゃうんだけどね。

やっと紹興酒が登場

 そしてようやくここでお酒が到着。頼んだのは紹興酒のボトル。温めてもらつていたから時間がかかったんだよね。
 このお店はビールの中生が432円だし、チューハイも324円と安いんだけど、私が一番お得だと思うのはこの紹興酒。ボトルで頼むと993円。これを2~3人で飲むと、ちょうどいい酔い加減になるんだよね。

定番の餃子

 で、定番の「餃子」(216円)ですよ。今回は友人と2人で3人前を頼んだんだけど、旨いからペロリだよ。

ネギチャーシューで〆

 そして〆に頼んだのは「ネギチャーシュー」(237円)。


 2人で飲んで食べて合計2806円。ちょっと食べ過ぎたかな?(笑)。でも1人1400円程度で済むんだから安いよね。本番の飲み会は、話すことに夢中になって、案外、料理を食べなかったりすることがあるから、0次会でシッカリ食べておくのも手かも。
 0次会なんて、よほどのお酒好きでない限り、あまりやらないかもしれないけど、単純に昼飲みにも使えるし、覚えておいて損はないと思うよ。




【久米川南口店DATA】
住所:東村山市栄町2-19-17
電話:042-395-6689
営業時間:午前11時~午後9時50分(ラストオーダーは午後9時30分)
ホームページはこちら


【東村山西口店DATA】
住所:東村山市野口町1-3-2
電話:042-395-6097
営業時間:午前11時~午後9時30分(ラストオーダーは午後9時10分)
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





旨くて庶民価格の中華居酒屋

 2015年3月、東村山駅東口にオープンした「東来聚」前回は初めて行くということで、ランチを食べてみたんだけど、このお店は「中華料理店」ではなく「中華居酒屋」と銘打っているんだよね。
 ということで、友人を誘って夜に飲みに行ってみることにした。

東来聚

 昼に行った時には、ランチメニューに気を取られて気づかなかったけど、入り口横に「お酒のつまみ280円」とドーンと書いてあるんだね。税抜き価格とはいえ、1品280円は安いねぇ。

上海ハイボールで乾杯

 テーブル席に座って、まずはドリンクを注文するんだけど、メニューに「上海ハイボール」というモノがあったので頼んでみた。飲んでみると……なるほど、紹興酒のソーダ割りなのね。ちょっと面白い味だなぁ。

 料理メニューを見ると、280円メニューと、もう少し高めの価格帯のメニュー(たぶん税抜き480円だったような気がするんだけど、ちょっと記憶が曖昧。すみません)があり、さらに点心メニューがある。
 280円メニューは、確かに酒のつまみという感じのモノばかりだったので、ここから頼んでみることにした。

キュウリの辛味和え

 最初に来たのは、「キュウリの辛味和え」。単純に豆板醤で和えているだけなのかもしれないけど、これがサッパリとした辛さで旨い。

豚耳の和え物

 次に来たのが「豚耳の和え物」。これ、シンプルだけど、絶品! 280円だから正直なところ、あまり期待はしてなかったんだけど、クオリティーが高いなぁ。

蒸し鶏のネギソースかけ

 そしてこの日、一番驚いたのがコレ。蒸し鶏のネギソースかけなんだけど、かかっているネギソースが温かいんですよ。
 こんもりと盛り上がっていて、ボリュームもあるし……。

裏を見ると、蒸し鶏の下には大根が

 と思ったら、蒸し鶏の下には大根の千切りがあったりなんかして(笑)。でも中華料理って、いわゆるサラダというか生野菜がないので、こういう千切り大根はありがたい。
 では温かいネギソースと一緒に蒸し鶏を食べてみますか……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 これで280円(税別ね 笑)ならお得だと思うなぁ。普通の居酒屋でもこれほどのクオリティーのつまみはなかなか出て来ないからね。

手作り焼き餃子

「中華料理だから、やっぱり頼まなきゃ」ということで「手作り焼き餃子」(税別380円)を注文したんだけど、これもなかなかのビジュアルだと思いません?

中のあんの緑色が透けて見える

 これですよ。皮から中のあんの緑色が透けて見えるでしょ。この手の餃子って、旨いんだよね。

中はこんな感じ

 では、いただきま~す……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 予想通りの旨さ。中身がジューシーでいいね。

 ここでちょっと高めの価格帯メニューも気になったので、頼んでみることにした。

豆苗炒め

 これは「豆苗炒め」。豆苗をニンニクと鷹の爪で炒めたシンプルなモノなんだけど、豆苗がシャキシャキしていて旨い。ビールが欲しくなる味だ。

油淋鶏

 そして「油淋鶏」。これはこれで旨いんだけど、クオリティーとしては「蒸し鶏のネギソースかけ」に軍配が上がるかな。

ソーセージ

 〆に頼んだりは、280円メニューの中にあった「ソーセージ」。これが八角の効いた腸詰めならうれしいんだけど、どうもメニューの写真を見ると違う感じがしたので、頼むのを躊躇していた私。でも気になるから、確認したくて頼んだんだよね。
 運ばれて来たモノを見れば、腸詰めではないことは歴然。単にウインナーを揚げたモノだけど、これはこれで280円のつまみとしては上出来だ。

 いやあ、結構食べたけど、思っていたより安くあがった。このお店、使えるね。今度はもっと大勢で行って、いろいろ食べてみたいな。




【DATA】
住所:東村山市本町2-33-4
電話:042-397-6080
営業時間:午前11時~午後3時/午後5時~11時30分




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2015/08/08 14:47 ] 【中華料理】 東来聚(本町) | TB(-) | CM(0)

黒焼そば食べ歩き2015 エントリーNO.2

【これまでの食べ歩きリスト】
2015年05月26日「星の都」




 今回向かったのは、第四中学校の近くにある中華レストラン「一翠」。以前にも食べたことがあるんだけど(その時の記事はこちら)、「今はかなり違う」という情報を耳にしたので行ってみることにしたんだよね。

一翠

 あれれ、「東村山黒焼そば」の幟が立ってないけど、大丈夫だよね?

冷やしメニューが旨そう!

 店内に入り、案内されたテーブル席に座ると、オススメの冷やしメニューが目に入った。

*五目冷やし中華(1080円)
*冷やし豆乳坦々麺(1080円)


 うーん、旨そう。いやいや、今日は黒焼そばを食べに来たんだから……と、このメニューを脇にやると……。

これも魅力的だなぁ

 エーッ! 「まるごと麻婆豆腐」(1000円)だって! これも気になるなぁ。
 いやいやいや、そうじゃないんだ。今日の目的はコレじゃないんだ(笑)。

初志貫徹で「黒焼きそば」

 ということで、初志貫徹、「黒焼きそば」(950円)を注文。ランチタイムということで、ご飯とスープが付いている。
 確かにコレは、以前とかなり違うなぁ。ちなみに6年前の「黒焼そば」はコレだ。

6年前に食べた「黒焼そば」

 ねっ、かなり違うでしょ。紅生姜が別皿という点は同じだけど、ビジュアルは全然違う。メニュー上は、「黒焼そば」に「き」が入っただけの変化だけど、モノは大違いだ。

海苔たっぷりで旨そう

 たっぷりの海苔の下に、これまたたっぷりとネギが乗っている。そしてお皿にはマヨネーズの線がキレイに入っている。

極細麺

 でも一番大きな違いは麺。以前は中太麺だったけど、コレは極細麺。
 これまで、細麺を使うお店はあったけど、こんな極細麺で黒焼そばをつくるお店は記憶にない。確かにコレならソースによく絡むだろう。
 では、いただいてみますか……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 いやいや、これはいいね。ビーフンみたいにフニャとしてなく、むしろカリッとした食感すら感じられる極細麺と黒焼そばソースの絡み具合が絶妙。モヤシやイカゲソ、豚肉などの具材ともマッチしている。

紅生姜で味変

 意外とボリュームがあるので、途中、紅生姜を投入して味変を……。

これも旨いッO(≧∇≦)O!!!

 紅生姜の酸味がいい感じだ。

食べるラー油があるじゃないか

 ここで卓上の調味料に「食べるラー油」があることに気づいた。これはこのお店特製の「食べるラー油」だ。レジで販売もしている(1個280円)。

たっぷりかけていただきま~す

 これをかけない手はないよね。たっぷりかけていただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いや、参った。旨いよ、コレ。余裕でご飯のおかずにもなっちゃう。
 ということで、ご飯まですっかり完食。超お腹いっぱい(笑)。これはガッツリ君にもオススメだね。
 ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市野口町3-12-8
電話:042-396-5454
営業時間:平日は午前11時30分~午後2時、午後5時~10時(ラストオーダーは午後9時)
定休日:第3火曜
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2015/05/31 12:11 ] 【中華料理】 一翠(野口町) | TB(-) | CM(2)

あのジャイアントラーメンに味噌が登場!

 たまたま車で昭和通りを走っていた時のこと。歌舞伎座が見える三原橋の交差点を少し過ぎたところに「俺の揚子江」という看板が見えた。どうやら「俺のフレンチ」や「俺のイタリアン」を手がけている会社が経営する中華料理店らしい。
 これを見た時、私はちょっと不機嫌になった。

 ケッ、何が「俺の揚子江」だよ。オレにとっての「揚子江」は、東村山の「揚子江」なんだよ!

 ということで、何だか無性に行きたくなって、久しぶりに久米川駅北口の野火止通り沿いにある中華料理店「揚子江」に行ってみた。

揚子江

 今でこそテントも暖簾も明るくて入りやすいけど(暖簾が裏返しになっているのはご愛嬌ということで 笑)、以前はボロボロで本当に入りにくかった(詳しくはこちらの記事を見てください)。

 しかも「ジャイアントラーメン」というメニューが、怪しさを倍増させて入りにくかったんだよなぁ。

と思いつつ、お店に近づいてみるて……。

エエッ、味噌が出たの!

エエッ! (゚д゚lll) 味噌が出たの!?

 いつの間にこんなモノを。知らなかったなぁ。これは食べなきゃね。
 お店に入ると、「おおっ、久しぶり。元気にやってるのか?」と大将。いやいや、大将、それはこっちの台詞ですよ(笑)。厨房から女将さんも顔を出してニッコリ。お2人とも元気そうで何よりだ。
「ミソ味ジャイアントラーメン」(750円)を頼んで、待つことしばし。

これがミソ味ジャイアントラーメン

 来た、来た! これが「ミソ味ジャイアントラーメン」。デカいねぇ。どれくらいデカいかと言うと……。

大きいってことがわかっていただけたかな?

 割り箸を置いてみたんだけど、わかるでしょ、このデカさ。丼にナミナミってワケじゃないから、少なく見えるかもしれないけど、そもそもこの丼がデカ過ぎるんだよね(笑)。

スープは意外とオイリー

 スープは意外と脂が浮いていてオイリーな感じ。レンゲですくって飲んでみると……。

おおっ、旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 決してインパクトはないけど、マイルドでほんのりと味噌の甘さが感じられる。バターは入ってないんだけど、バターを入れた時のようなマイルドな味わいだ。これは個人的に好きな味だなぁ。

麺のアップ

 麺は柔らかいんだけど、これ以上は柔らかくならず、時間が経ってもキープしている。スープとの絡みもよく、旨い。麺の量は結構あるんだけど、最後までほとんど同じ柔らかさで旨かった。
 丼が大きいから、モヤシなどの野菜が散らばって少なく見え目かもしれないけど、これがかなり多く、麺とは対照的にシャキシャキしているところがまたいいんだなぁ。
 チャーシューは1枚だけど、野菜と一緒に炒めた挽き肉がゴロゴロ入っていて、これも旨い。

スープを飲み干して完食

 下に沈んだ挽き肉をサルベージしつつ、スープを飲み干して完食。


 まちの中華料理屋さんが、後継者がいなくてドンドン閉店し、寂しくなっているけど、何とかこのお店は頑張って欲しいな。何たって私にとって「俺の揚子江」はココなんだから。




【DATA】
住所:東村山市萩山町5-2-5
電話:042-394-3525
営業時間:午前11時~午後2時/午後5時~8時
定休日:水曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





[ 2015/04/16 11:29 ] 【中華料理】 揚子江(萩山町) | TB(-) | CM(4)

おかわり必至の麻婆豆腐

 東村山駅東口に2015年3月15日、新しく中華居酒屋がオープンしたという情報を耳にした私。どの辺にオープンしたのか、詳しいことはわからなかったので、とにかく歩いて探してみると……あった、あった。

東来聚

「東来聚」という店名のようだ。
 場所はパン屋「ボンジュール・ボン東村山店」の前を右折し、中央公民館に向かう途中の左側。どうやら居酒屋「しょっぽ家」が閉店し、そのあとにオープンしたようだ。
 すでに入り口前にはいろいろと置き看板が出ている。「昼飲みができるのかな?」と思って近づいてみると……。

ランチメニューは18種類もある

 へぇ、ランチをやっているんだ。「中華居酒屋」と言っても、居酒屋メインというより、「飲める中華料理店」という感じなのかな?
 せっかくだから、ランチを食べてみようかなと思い、メニューを見ると、16種類もある。これに2つの日替りメニューが加わるから合計で18種類。こりゃ迷うなぁ(笑)。「まあ、お店に入ってから決めようかな」と店内へ。
 中は右手にあったカウンター席がなくなってテーブル席になっていたけど、あとは以前とあまり変わってない感じ。
 テーブル席に座った私はランチメニューとにらめっこ。うーん、メニューが多過ぎるのも考えモノだね(笑)。迷いに迷った末、一番左上の「麻婆豆腐」(680円+税)を選んだ。

麻婆豆腐

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。メインの麻婆豆腐にご飯とスープ、ザーサイと杏仁豆腐という構成。これはリーズナブルなんじゃないの。しかも、ご飯はおかわり自由だから、ガッツリ君にはお得かも。

旨そうな色をしている

 麻婆豆腐は山椒の香りこそしないけど、豆鼓も入っているみたいだし、縁を見るとラー油もシッカリ入っている感じ。では、食べてみますか。スプーンですくってパクッ……。

旨いねぇ(´ ▽`).。o♪♪

 思った通り、辛さも適度にあり、ご飯が進みそうな味だ……と思いつつ麻婆豆腐を食べたあと、すぐに舌がピリピリと痺れてきた。

エエッ!(゚д゚lll) これって山椒!?

 香りは感じなかったけど、この舌の痺れは山椒じゃないかなぁ。痺れの残る舌に乗せるように、ご飯を口に入れると……。

旨いッO(≧∇≦)O!!!

 これは旨いなぁ。ご飯にメチャクチャ合う。というか、たぶんご飯が足りなくなるだろうなぁ……。

ご飯はなくなったが、麻婆豆腐がまだ残っている

 案の定、ご飯がなくなっても、麻婆豆腐はまだこんなに残っている。さて、どうしたモノか。
 年齢、健康を考えれば、おかわりはしない方がいいんだろうけど、この麻婆豆腐の旨さは、ご飯と一緒だとさらに増すんだよねぇ。

ライスをおかわり

 ということで、おかわりしちゃいました(笑)。で、この時点でおかわりしたとなれば、当然……。

アイランド!

アイランド(´ ▽`).。oだよね♪♪

 よく混ぜて、少しラー油を加えて食べると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 食べ終えたら、満腹&大満足。麻婆豆腐がこれだけ旨いなら、ほかのメニューもいろいろ食べてみたいなぁ。今度は友人と夜に行って、一品料理をいろいろと頼んでみようかな。




【DATA】
住所:東村山市本町2-33-4
電話:042-397-6080
営業時間:午前11時~午後3時/午後5時~11時30分




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2015/04/08 19:55 ] 【中華料理】 東来聚(本町) | TB(-) | CM(2)

ここにも“山”があった!

 先日、萩山町方面を久しぶりに散策したら、中華料理店「昇楽」「新華」が閉店していてショックを受けた私。東村山市内の「まちの中華料理屋さん」は、年々減ってきているみたいだ。
「あのお店は大丈夫だろうか?」と思って私が向かったのは、八坂小学校から歩いて200メートルほどのところにある「宝来屋」。西武国分寺線の線路を渡ってすぐを左に曲がると見えるハズだが……。

おっ、「宝来屋」の看板が変わってる!

 おおっ、あった、あった! ちゃんと営業してるよ。しかも看板がリニューアルされている。このお店はまだまだ大丈夫だね。
 でも経営を続けるためには、「ラーメン」が350円っていうのはもうないだろうなぁ。さすがに値上げしているだろう。
 そう思って、お店に近づくと……。

ラーメンはいまだ350円!

今も350円!? (゚д゚lll) マジですか!!

 いやあ、驚いたなぁ。私が最初にこのお店で食べたのが2006年だから、もう9年も値段がそのままなんだ。「チャーハン」が450円というのも9年前と同じ。
 うれしいけど、逆に「これでやっていけるの?」と心配になっちゃうよ。

 お店に入ると、中は以前のまま。卓上にあるメニューを見ると……。

麺類メニュー

ご飯類メニュー

 微妙に値段が上がっているのもあるのかな。だけど、主流価格帯が500~700円って凄いなぁ。麺類に至っては、一番高いのが650円だよ。今どき、都心では650円じゃ普通のラーメンを食べることだって厳しいのに、このお店では「チャーシューワンタンメン」が食べられるんだから凄すぎる。
 ここまで安いと、逆に一番高い800円の「カツカレーライス」が気になるよね(笑)。だって中華料理店なのに、一番高いのが「カツカレーライス」って、どういうことなんだろうね? だけど「中華料理店のカツ丼」が侮れないってことは、すでに実証済みだし、カツカレーの旨い中華料理店がかつてあったことも知っている(久米川駅北口にあった「新々飯店」のことなんだけど、知らない人はこの「惜別のギガ」という記事を読んでくださいな)。

 半分、「カツカレーライス」を食べる気になっていた私だが、そこにふと「カタ焼きそば」(550円)の文字が目に入った。

「そう言えば最近、カタ焼きそばを食べてないなぁ。カリッと揚がった麺の上に野菜たっぷりの五目あんがかかっているんだよなぁ。今日はそっちにしようかな。それにカツカレーはちょっと重たいよね」

「カタ焼きそば」の方が「カツカレーライス」より軽い……そう思って注文した私なのだが、ここが「宝来屋」だということをスッカリ忘れていた。
 しばらくして、「カタ焼きそば」が運ばれて来たのだが……。

カタ焼きそば

エッ!? (゚д゚lll) ちょ、ちょ、ちょっとぉ!!

凄いボリュームなのだ

何じゃ (゚д゚lll) この盛り!!

これだよ!もう山だよ

山じゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 まさか、こんなところで“山”に遭遇するとは思わなかった。大盛りじゃないですよ。これが普通盛り。麺を揚げているから嵩(かさ)が増すのはわかるけど、このビジュアルは凄いなぁ。
 でも湯気がゆらりと立っていて旨そうだ。

 では、いただきま~す……。

う~ん、旨いッO(≧∇≦)O!!!

 とがってない優しい塩味のあんにパリッ、カリッとした麺がよくあっている。あんが染みてしっとりした麺の部分とパリッと固い麺の部分があったりして、その染み具合でいろんな食感が生まれて、食べるのが楽しい。

ラー油をかけて味変

 とは言え、ボリュームがハンパないので、途中、ラー油をかけて味に変化つけてみる。これがまた旨いんだなぁ。
 旨いから快調に“山”が低くなり……。

何とか完食

食ったどぉぉぉぉ!!

 いやあ、我ながらよく食べ切ったと思う(笑)。大盛りにしたらどうなっちゃうんだろうね? 怖くて想像できないよ(笑)。
 今度は体調を整えて、「カツカレーライス」に挑戦するぜ!(笑)




【DATA】
住所:東村山市美住町1-6-31
電話:042-391-1579
営業時間:午前11時~午後3時(ラストオーダーは午後2時45分)/午後5時~7時ラストオーダーは午後6時45分)
定休日:木曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2015/02/14 13:56 ] 【中華料理】 宝来屋(美住町) | TB(-) | CM(8)

旨い!安い!腹いっぱい!

 久しぶりに雨の降った日、傘をさして久米川駅南口のモザーク通りからウイング通りへと散歩していた私。中華料理店「彩雅(さいか)」の前に来ると、足がパタッと止まってしまった。原因はコレ。

おっ、本日の日替り定食はホイコーローか

 ナント「本日の日替り定食」(税抜780円)がホイコーローになっているではないか。「ホイコーロー」という文字が、急速に頭の中でビジュアル化されて、「そう言えば、久しく食べてないなぁ。あの甘辛い味付け、いいんだよなぁ」と食べたい気分が膨張してきた。こうなるともうダメ(笑)。食べなきゃ気が済まない。
 ということで、お店の中へ。

ランチタイムはご飯とスープがおかわり自由のほか、コーヒー・紅茶も飲み放題

 ランチはライスとスープがおかわり自由のほか、ナント、コーヒーと紅茶が飲み放題。凄いね。ライスとスープがおかわり自由というだけでもお得なのに、コーヒー、紅茶が飲み放題って、お得過ぎるよ。

これが本日の日替り定食

 しばらくして運ばれて来たのがこちら。メインのホイコーローのほかにサラダとザーサイが付く。
 このホイコーロー、運ばれ来た瞬間から「最強」の予感。
 というのもビジュアルと香りのインパクトがハンパないのだ。お腹が空いていたということを差し引いても、この食欲への刺激はたまんないね。

ホイコーローは肉も野菜もいっぱい

 これですよ、見てくださいよ。ツヤツヤとした茶色に染まった野菜たちが超セクシー(笑)。
 それでは箸で肉と野菜をザクッと掴んで一気にいただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

「ホイコーロー」って「豚肉とキャベツの味噌炒め」とか「豚肉とキャベツの甘辛炒め」とか紹介されるじゃないですか。そんな単純な味じゃない。確かに甘さもあり、ピリッとした辛さもあるけど、もっと味が複雑で深い。
「本格的」というありきたりに言葉は使いたくないけど、明らかに1ランク上の味だ。

 旨いから当然のごとくご飯が進む。このところご飯を控えていたのだが、これは食べざるを得ない。だって旨いんだもん(笑)。

スープがバカ旨

 旨いと言えば、さり気ないんだけど、スープがバカ旨。おかわりをしに行くと、かなり減っていたけど、これはわかるよ。旨いから、みんなおかわりするんだね。

 ご飯2杯で何とかホイコーローを食べ終えたのだが、私はこの時点でジーッとお皿を眺めつつ、しばし考え込んだ。お皿には茶色の汁が残っている。ご飯にこの汁をかけたら間違いなく旨いことは簡単に想像できる。それだけでご飯1杯食べられると思うが、もし汁が足りなくてもスープがあるから大丈夫。たぶんご飯1杯は食べきれるだろう。
 ただ、問題はここでおかわりすると、ご飯を3杯食べてしまうことだ。それはさすがに今の自分としては食べ過ぎだろう。
 ということで、泣く泣くお皿の汁はそのまま残すことにした。いやあ、悔しいなぁ(笑)。

食後にコーヒーを飲んでごちそうさま

 食後にコーヒーを飲んで、ホッとひと息。
 いやあ、この定食は旨いし、安いし、確実にお腹いっぱいになるね。
 ひょっとすると「安い」ということに異論のある人もいるかもしれない。確かに1コインとかじゃないからね。だけど、1コイン系のランチの旨さって、

「この値段でこの味なら上出来」

という一種の妥協的な旨さじゃない?
 その点、このお店の旨さは、

「この味でこの値段は安いよ」

という気持ちにさせる旨さだ。まあ、まずは食べてみてよ。税込みで842円という「本日の日替り定食」をきっと「安い!」と感じると思うよ。
「本日の日替り定食」以外にもいろいろなランチメニューがあるから、2~3人で食べに行って、おかずをシェアし合うのも楽しいと思うな。コーヒーと紅茶が飲み放題だから、食後にまったりとおしゃべりも楽しめるしね。このお店のランチは超オススメだね。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-39-18
電話:042-392-5505
営業時間:午前11時~午後3時(ラストオーダーは午後2時30分)/午後5時~10時30分(ラストオーダーは午後10時)
定休日:火曜
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






[ 2014/05/28 16:29 ] 【中華料理】 彩雅(栄町) | TB(-) | CM(2)
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR