東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト


黒焼そば食べ歩きエントリーNO.34

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年04月02日「ほや」
2009年04月03日「いなげや市役所前店」
2009年04月04日「幸多加(こたか)」
2009年04月05日「どんどん」
2009年04月08日「CLOUD(クラウド)」
2009年04月09日「小料理となり」
2009年04月11日「ぼん天」
2009年04月12日「炭味坐(すみざ)」
2009年04月14日「中華洋食 一番」
2009年04月16日「柳屋」
2009年04月17日「彩雅(さいか)」
2009年04月18日「じゃがいも」
2009年04月19日「Don5」
2009年04月22日「ふたば」
2009年04月23日「小料理みどり」
2009年04月25日「とん八」
2009年04月28日「星の都」
2009年05月02日「一翠」
2009年05月07日「まーちゃん」
2009年05月14日「庄や久米川北口店」
2009年05月16日「肉のむら田」
2009年05月17日「味の松華」
2009年05月25日「虎楽(こらく)」
2009年05月27日「Bo Jangle(ボージャングル)」
2009年06月03日「メルポーチ」
2009年06月08日「星の都」
2009年06月11日「Kitchen KEIJI」
2009年06月12日「さんらいず亭」
2009年06月16日「ダイヤ寿司」
2009年06月17日「毘沙門堂」
2009年06月23日「レパスト」
2009年06月24日「長めん」
2009年06月25日「ごはん家さくら木」



 今回訪れたのは、秋津にある居酒屋「三陽」。このお店は500円ランチを出していることで有名だ。だってねぇ、前回の記事でも紹介したけど、そのメニューはハンパじゃないよ。
「500円ランチ」というと、日替りランチだけが500円っていうのが普通じゃないですか。それなのにこのお店ときたら……。

*さんま定食
*さば定食
*しまほっけ定食
*天丼
*親子丼
*かつ丼
*ソースかつ丼
*豚生姜焼丼
*大盛うどん
*大盛ざるそば


 これだけのメニューが全部500円だからね。
 実はこのお店に来るのは1年ぶりだから、ひょっとしてもう500円ランチはやめているかも……と思ったりもしていたんだけど、行ってみると、シッカリやってたよ。しかもちゃんとチェックしてないからハッキリ言えないけど、何となくメニューが増えているような気がする。凄いなぁ。

 でも、ランチメニューには黒焼そばはなかったんだよね。ひょっとしたら夜メニューなのかなぁ。
 少し不安を抱きつつお店の中へ。店内には黒焼そばのメニューを書いた張り紙があったが、値段は650円となっている。ということは……。

「すみませんねぇ。お昼は『黒焼そば』、やってないんですよ」

と大将。「あっ、そうなんですか…」と少しガッカリした声で答えると、かわいそうに思ったのか、「今はお客さんがいないから、特別につくるよ」と大将。うれしいなぁ。

「ウチの『黒焼そば』は肉とシーフードの2種類あるけど、どっちにしますか?」

 うーん、迷うなぁ。大将に聞くと、イカ墨を使ったソースだから、やはりシーフードの方が合うと思うので、聞かれたらシーフードをすすめているとのこと。「じゃあ私も」ということで、「黒焼そば」のシーフードを頼んだ。

黒焼そば

 これが「黒焼そば シーフード版」。出来上がった黒焼そばの上に天カスと青のりがたっぷり乗せられ、真ん中に紅生姜が配置されている。

天カスが入っていて旨そう

 では、いただきま~す……おっ、結構スパイシーかも。具材のいかやエビ、モヤシなどもいいけど、天カスの味とサクッとした食感がすごくいいアクセントになっている。

 大将の話によると、夜は割と「黒焼そば」を注文するお客さんが多いのだそうな。

「近くに住んでいるおばあちゃんなんか、毎日来てお酒と一緒に『黒焼そば』を食べてますよ。ウチの孫も大好きで、よくつくるんですよ」

 エーッ、ちょっとお年寄りや小さい子どもにはスパイシーで辛いと思うけど、大丈夫なんですか?

「普通のお客さんには胡椒と少しの塩を入れてるけど、おばあちゃんや孫にはソースだけで味付けしているから大丈夫」

 それにしても黒焼そばがお年寄りや小さい子どもたちにウケているなんてビックリしたなぁ。今は単なる宣伝文句だけど、本当に「東村山名物」になっちゃうかもね。






【DATA】
住所:東村山市秋津町5-4-154
電話:042-396-5621





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
焼酎飲み比べお試しセット
・鹿児島の本格焼酎買うならココ!焼酎どっとねっと






500円ランチにこだわるうれしいお店

 秋津での用事を終えると、ちょうど時刻はランチタイム。
「さて、どこでお昼ご飯を食べようか?」と考えた時に、真っ先に思い浮かんだのが居酒屋「三陽」だ。このお店、お昼時にはナント500円ランチを出しているのだ。
 とはいえ、今は原油価格高騰の影響で物価がジリジリと上がっている。その影響は飲食店にも出ていて、東村山市内でもラーメン店など値上げをしたお店がある。

「果たして今も500ランチを続けているだろうか?」

 そう思った私は自転車で「三陽」に向かった。
 お店に近づくと……おおっ! まだあったよ、500円ランチの看板が! いやあ、凄い! ちょっと感動的だよ。

 前回行った時は、お店に入ると誰もお客さんはいなかったけど、今回は結構お客さんが入っていた。そりゃそうだよね。だって500円ランチのメニューが豊富なんだもん。

*さんま定食
*さば定食
*しまほっけ定食
*天丼
*親子丼
*かつ丼
*ソースかつ丼
*豚生姜焼丼
*大盛うどん
*大盛ざるそば


 こんなにあるんだよ。それがすべて500円。贅沢して2つ頼んだって1000円なんだよ。人気にならない方がおかしい。

 で、今回、私が頼んだのは「豚生姜焼丼」。一緒に「大盛うどん」も頼もうかと思ったけど、「メタボ」という言葉が頭をよぎり、やめることにした。

豚生姜焼丼

 これが「豚生姜焼丼」。丼をカウンター越しに出しながら、大将は「もう、これがギリギリですよ」と話してくれた。

「もう、いろんなモノが高くなってるでしょ。豚肉も高くなってるんだよね。でも、この500円ランチはやめないつもり。男の意地で続けますよ」

 いやあ、この心意気、うれしいなぁ。

豚生姜焼丼のアップ

「豚生姜焼丼」はご飯の上にキャベツの千切りが乗り、その上に生姜焼きの豚肉がたっぷりと乗っている。確かにこれだけ豚肉を乗せたら、500円じゃ厳しいんじゃないかなぁ。

 では、いただきま~す……うーん、凄く味付けが濃い! でもキャベツの千切り&ご飯と一緒に食べると……旨いッ! 
 味噌汁は油揚げとサツマイモが入っていて、何とも家庭的な味わい。旨いというより、ホッとする味。
 パッと見た感じ、わからなかったのだが、ご飯のボリュームがかなりあり、食べ終えると満腹、満足。500円でこの内容、このボリュームならお得でしょう。
 物価上昇はまだ止まってないけど、できる限り500円ランチを続けて欲しいなぁ。

 大将、ごちそうさまでした!


【DATA】
住所:東村山市秋津町5-4-154
電話:042-396-5621





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




超うれしい500円ランチ

 先日、たまたま用事があって秋津に行った時のこと。「三陽」という居酒屋っぽいお店を発見した。

三陽

 この場所が非常に微妙なんだ。新秋津駅を左に出て、そのまま路地に入って道なりに進むと、左角に有名ケーキ店「ロートンヌ」があるT字路にぶつかる。そこを左折し、踏切を越えて100メートルほど坂を下っていくと、道路の右側にある。
 何が微妙かというと、この辺はちょうど所沢市との境なのだ。住所を確認すると、東村山市であることが判明。私は「ほっ」とした。というのも、どうしてもこのお店に入りたいと思ったからだ。
 その理由がコレ。

ランチの看板。ナントどれも500円!

 お店の表に出ている看板なんだけど、ランチがナントどれも500円だというのだ。今どきランチをワンコインで食べさせるお店って、そうそうない。一体どんなランチが出てくるのか、気になるじゃないですか。
 私は早速、お店に入ってみた。

 店内は左にカウンター、右は小上がりとなっていてこぢんまりとしている。ご夫婦で経営しているらしく、厨房のご主人の掛け声で、奥さんがおしぼりと麦茶を出してくれた。
 頭に「ひれ」と赤文字で書かれた「豚生姜焼丼」も気になったが、この日は魚を食べたい気分だったので、私は「しまほっけ定食」を注文した。

しまほっけ定食

 出て来たモノを見て、私はビックリした。ご飯に味噌汁、そしてシッカリ焼いたしまほっけ。500円ランチなら、これだけで十分じゃないですか。誰も文句を言わないと思う。でもさらに小鉢が2品とお新香まで付いている。これで500円は超お得でしょう。

しまほっけ

 しまほっけは時間をかけてジックリ焼いているから、身がプリプリしている。旨いなぁ。
 小鉢はタケノコの土佐煮にヒジキの煮付け。これもいい味だし、味噌汁なんか油揚げになめこ、さらにはジャガイモまで入っていて、具だくさん。これも十分おかずになる。

 いやあビックリ。こんな所にこんなお店があったなんて……。この500円ランチ、制覇したいなぁ。500円だから、今度来た時は2つ頼んじゃおうかなぁ。それでも1000円だもんね。でもそれをやったら、また体重が増えちゃうよ。罪なお店を見つけちゃったなぁ(笑)。


【DATA】
住所:東村山市秋津町5-4-154
電話:042-396-5621




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR